中ア・木曽駒ケ岳

2020年8月20日 (木)

木曽駒ケ岳に行って来ました②

石ころだらけの登り坂でしたが、それほど苦労することもなく山頂に到着しました。
早朝スタート、昼到着と言う山ではありません。普通に朝スタート、そのまま朝到着。
まだ雲海もそのままの姿をとどめています。

Kiso12

 

高い山は涼しくて気持ちが良いです。ちょっと北アにも行きたくなりますね。

Kiso13

 

木曽駒ケ岳神社・奥社。

Kiso14

 

歩いている最中の人は、マスクも外し、普通に挨拶して擦れ違います。
コロナ以前の世界に戻ったような気がします。
まあアルプスですからね、体調が悪い人は来ていないのでしょう。

Kiso15

 

さて下山します。再び登り返しです。
この写真は中岳へ戻る途中に振り返って撮った物で、つまり木曽駒です。

Kiso16

 

ここの山小屋は屋根が青いですが、赤い屋根の山小屋も。
この景色はまるで北アルプス。背景に映るは南アルプス。
いつか北岳~間ノ岳の稜線歩きもしてみたい。

Kiso17

 

一気に下山し、ロープウェイ駅より更に下の千畳敷カールまで。

Kiso18

 

ロープウェイ駅まで、また登ることに。

Kiso19

 

それにしても日常とは違う夢空間でした。

Kiso20

 

今回は12時のロープウェイで下山。リベンジ成功です。
参考までに歩いたタイムです。(クリックすると少し拡大します)

Kisorec

 

半年ぶりでしたが、特に問題無く歩けました。これなら北アも歩けそうです。
ちょっとウズウズしています。

どこかもう1座くらい登りたいですね。(^^)v

iine

木曽駒ケ岳に行って来ました①

今年山に行くのはいつ以来でしょう。随分とご無沙汰しています。
近所の散歩みたいな山歩きは行きましたが、それを除けば、2月の浜石岳以来。半年ぶりです。

本当は北アに行きたいのですが、今年は山小屋も完全予約制。テント場でさえ予約が必要。
歩けるかどうかも怪しいし、ここはサラッと日帰りで。
しかもロープウェイのある、中央アルプス・木曽駒ケ岳に行ってみましょう。

ここは前に、職場の同僚と紅葉を見に出掛けたことがあります。(千畳敷カールまで)
その時は大渋滞で、朝8時に駐車場に着いたのに、バスもロープウェイも大行列で、千畳敷駅に着いたのは16時頃。
現地には僅かしか滞在出来ずにとんぼ返り。それも帰宅は午前様。
それっきりリベンジもせず、登り易い山ですが未踏のままでした。

 

朝4時出発でも、8時には菅の台バスセンター(駐車場)に到着出来ます。
始発が8時頃なのに混んでます。
それでもコロナの影響なのか空いているとのこと。

Kiso01

 

うわぁー、可愛らしいお嬢さん。お父さんと一緒にテン泊ですね。

Kiso02

 

ロープウェイであっと言う間に標高を稼ぎます。900mぐらいは登ったでしょうか。もうかなりの標高です。
山頂駅は19℃、都会の猛暑から脱出して快適な旅です。

Kiso03

 

まだ朝早いので雲海が拡がっています。真ん中に見えるは富士山?
方角としては南アルプスですから、多分そうでしょう。

Kiso04

 

ロープウェイ山頂駅すぐ脇には記念写真ポイント。ここは千畳敷なのに、なぜ宝剣岳?

Kiso05

 

9時登り始めます。CTでは山頂まで2時間。きっとあっと言う間でしょう。
振り返りロープウェイ駅&雲海を。

Kiso06

 

中間地点の乗越浄土。奥に見えるは木曽駒?
いや、まだ手前の中岳あたりでしょう。

Kiso07

 

宝剣山荘到着。

Kiso08

 

宝剣岳、中岳と通過すると、登り返し。
苦手が下りが待ってました。

Kiso09

 

相変わらず登りよりも下りが苦手。膝はまずまず大丈夫そうです。
涼しい風が気持ち良い。

Kiso10

 

後はこれと言った騙しもなく、目指す山頂はもう目の前。

Kiso11

 

夏はいつも北アでしたが、中アも景色は似たような感じです。
でもこの景色を見ると、やっぱり北アにも行ってみたくなります。
まあ4時発で登れるアルプスってことで、半年ぶりの山歩きには丁度良いです。②へつづく。

iine

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ