桜・梅など

2020年4月 8日 (水)

小田原城

本日から神奈川県も「緊急事態宣言」により外出自粛です。
と言っても私は今まで通りに仕事ですから、何も変わらない。
変わらないどころか、外出できない人が通販で買い物をするので、むしろ普段よりも忙しい気がする。

こんな緊急事態にアメリカに遊びに行ったアホのせいで、週6日勤務だ。

そうなると外出自粛なんて言われても。
週6日も普段通り、普段以上に働いているのに、その僅か1日の休みは家でじっとして居ろと言うのか。
何かあまり効果が無いような気もしますね。週6で外に居たらね。

 

さて、そんな感じでいつもより忙しくて、記事も更新出来ませんでしたが、これは4月しょっぱなの小田原城の桜です。
さすがに東京に行くのは気が引けたので県内へ。

ここも県内では桜の名所なんですが、東海道線・小田原駅で降りる人も少なく、やっぱり自粛なんでしょうか。

Img_0001_20200408053001

 

時期的には、一番満開のタイミングだと思います。

Img_0005_20200408053001

 

が、屋台もなく、人も閑散としています。

Img_0006_20200408053001

 

桜はコロナのことなど関係なく、美しく花を咲かせてくれています。

Img_0007_20200408053001

 

天守閣には入れません。閉館です。
そう言えば、この数日前に天守閣内で、「小田原城をコロナに感染させる」(だったかな?)と意味不明の叫び声を上げ、逮捕された不審者が居ました。
きっとそんな事件もあって、小田原城に来る人も減っているのでしょう。

Img_0013_20200408053001

 

去年初めて桜の時期に訪れ、ちょっと気に入ったので、今年再訪してみました。

Img_0015_20200408053001

 

桜を撮ったらすぐに移動。海岸へ。
ええ、海も良いです。

Img_0017_20200408053001

 

意外と何も無かったので、再びお城の前を通り駅に戻ります。今年も桜をありがとう。

Img_0021_20200408053001

 

早く心から桜が楽しめる日が来ますように。

Img_0022_20200408053001

 

さて、今日から通勤電車がどの程度人が減りますか。生活がどう変わるか、蓋を開けてみないと分かりません。
少なくとも医療現場がひと息つけるように、皆で協力して感染者数を減らさないと。
早く終息しますように。

iine

2020年4月 2日 (木)

幸手権現堂桜堤②

桜が好きになったのは、いつ頃からだろうか。
漠然とはそりゃもう最初からだろうけど、それは入学式で集合写真なんか撮ると、そこにハラハラと散る桜が思い出に残る感じで、桜そのものが好きと言うよりは、新生活スタートのワクワク感が桜とともに記憶に刻まれていたのかもしれません。

桜の美しさって、つぼみから開花へのワクワク感ではなく、満開から散り際への儚さなんだろうなあ。
それを自分の人生と重ねて、、つまり歳を取れば取るほど好きになると言うか。

 

人生の扉

この歌を聴いてから、とにかく「あと何度桜が見れるだろう」って、毎年春になると桜を追い掛けるようになったのかな。
出来れば初めての桜を見てみたい。少しずつ遠くへ。

 

目黒川、千鳥ヶ淵、外堀公園、山高神代桜、わに塚の桜、松本城、高遠城址公園などなど、遠出も交えて桜を見に行くのが好きで、この幸手権現堂桜堤も去年訪れて、また行きたいと思ったのでした。

Img_0026_20200402110601

 

なかなかこれだけの菜の花畑とのコラボは無いですよね。

Img_0027_20200402110601

 

黙って写真だけ並べるとしましょう。

Img_0029_20200402110601

 

Img_0031_20200402110601

 

Img_0032_20200402110601

 

Img_0033_20200402110601

 

桜を見に訪れる人って、皆幸せそうに感じます。

Img_0034_20200402110601

 

駐車場側から見た桜並木。まるで高波が襲い掛かって来るかのように迫力があります。

Img_0035_20200402110601

 

今年はあまりで歩けませんが、つい行ってみました。

Img_0036_20200402110601

 

来年も再来年も桜を見たいので、今年は少し我慢かな。
大混雑じゃない桜を探してぶらり散歩でもしましょうか。

いつか東北方面の桜も見てみたいです。弘前城なんか行ってみたいですね。(^_-)-☆

iine

2020年4月 1日 (水)

幸手権現堂桜堤①

今年はコロナ騒動で、大好きな桜も、なかなか追い掛ける事も出来ません。

当初は「宴会花見禁止」でした。
元々宴会花見はしない私にとっては、影響はなく、むしろ写真を撮り易くて良いかも程度。
例年は行かない上野恩賜公園にも行ってみたり。

もちろん満開になったら目黒川や千鳥ヶ淵も行くつもりでした。

でも先週末はついに「外出自粛要請」が出て、仕事でしたから関係は無かったものの、目黒川でも花見客に対して注意する監視員が居たりなんて聞くと、今年は行き辛いなあと。

 

これはその自粛前の日の、幸手権現堂桜堤の様子です。

 

その日は病院で、検査結果が出て晴れて無罪放免になるはずの日でした。
(ちょいと予想とは違って、更に追加で検査しないと分からないとのことで検査の予約を入れて帰りました)

気分爽快、晴れ晴れとした気分で、目黒川に花見に行こうかと思ってたのですが。
気分はどんより。「元気を出さなくちゃ。ヨシ花見にでも」 ← 結局どっちにしても花見かい!

最初の予定より遠くまで行っちゃいました。東京を越え埼玉まで。

 

幸手権現堂の桜は、埼玉県では人気No.1の花見スポットです。
去年は駅からかなりの距離を歩きましたが、今年はバスに乗って楽々到着。
のはずが大渋滞。
やっぱり花見禁止とか言っても、宴会しなきゃ良いんでしょ?って感じでしょうか。

Img_0001_20200401011701

 

まずは青空と桜が迎えてくれました。

Img_0002_20200401011701

 

ここの風景はと言うと、広大な菜の花畑と、その後ろに控える桜並木。

Img_0007_20200401011701

 

桜の下では大勢の人が、シートを敷いて座ってますが、写真を撮る人は菜の花畑のこちら側から。

Img_0008_20200401011701

 

所々が通路になっていて、菜の花畑の中で写真を撮れます。

Img_0009_20200401011701

 

有名なのはこの角度かな。

Img_0011_20200401011701

 

まあこんな感じです。

Img_0012_20200401011701

 

ここの桜は背丈が高いこと。

Img_0013_20200401011701

 

では実際の桜並木の下を歩いてみます。

Img_0016_20200401011701

 

今年初めての満開の桜でした。

Img_0023_20200401011701

 

この後、都内及び周辺県での「週末外出自粛要請」が出され、何ともギリギリのタイミングでの花見となりました。

コロナ?別に写真撮るだけなら大丈夫でしょ?
と、ちょっとドキドキしながらも、そこまでの危機感は持ってなかったのですが、志村さんの件もあって今年は考えた方が良いかもってなってます。

今年はすっかり引き籠りを決めた方も居ると思いますので、桜の風景をお裾分けって感じでUPする事にしました。

長期戦になりそうなコロナとの闘いですが、元気出して行きましょう。(^^)v

iine

2020年3月23日 (月)

新宿御苑

一昨日、六義園と上野恩賜公園に桜を見に行き、まだちょっとソメイヨシノは満開には早かったかなと。
それから2日しか経ってないので、状況は変わらず、きっといつも行く目黒川や千鳥ヶ淵も咲き始め程度だろう。
少しでも満開に近い場所、色々と検索して、新宿御苑に行ってみました。

検索してみたら昨日は無料デーだったようで、それは入場に行列を作らないためと言う配慮だったそうです。
(入場料が500円に値上がりしたので、無料デーに行きたかったぁ)

で、行ってみると昨日同様、本日も無料デーでした。
それだけ人が大勢来ていると言うことです。

 

全国的に自粛の雰囲気の中、それでも桜は見逃せないのか、人が多いです。

Img_0003_20200323010101

 

まだ5分咲き程度ですが、咲いている所に寄ってみれば、もう7分咲きは行ってるでしょう。いや満開と言っても良いかも。

Img_0004_20200323010101

 

入り口で係員が、「アルコール禁止、シート使用禁止」をアナウンスしています。

Img_0007_20200323010101

 

確かにシートは敷いてませんが、芝生に直接座って、例年通りのお花見スタイル。

Img_0012_20200323010101

 

今回は桜そのものではなく、お花見の雰囲気が感じられる写真を。

Img_0017_20200323010101

 

ここ新宿御苑は、桜並木とは違うけれど、本数はかなりのもの。

Img_0018_20200323010101

 

皆さん桜が大好きです。コロナで自粛と言われても我慢出来ません。

Img_0027_20200323010101

 

上野も宴会こそありませんでしたが、座ってお弁当を食べる人は結構居ました。御苑はもっと大勢、シートが無いだけで例年通りの様相です。
新宿門から入り、千駄ヶ谷門へ抜けます。

Img_0028_20200323010101

 

その先に何があるかと言うと、新国立競技場です。五輪のオブジェも。
コロナ騒ぎで、改めて五輪は選手ファーストでも何でもなく、ただの商業イベント(金儲け)に成り下がったなと感じます。
米国の放送局ありきの五輪。真夏の酷暑の中をやらないでもとは元々の想い。

現状では7月開催は無理だと思いますが、無観客、1年延期、2年延期、どれも障害があります。
平和の祭典なんだから、世界が力を合わせて感染症に打ち勝ち、金儲けは置いといて、涼しい10月とかに開催して欲しい所です。

Img_0031_20200323010101

 

さて帰りはどこから。と、やっぱり新宿駅が良いでしょうか。
するともう一度新宿御苑を通り抜けた方が良さそうです。入場無料なので。
益々人が増えています。

Img_0039_20200323010101

 

自粛要請なんてどこ吹く風。いや、きっと自粛疲れが出始めているのでしょう。

Img_0044_20200323010201

 

芝生に直に座る人、寝転がる人、何か例年以上の人の数のようにも思えます。

Img_0045_20200323010201

 

果たしてコロナウィルス、終息に向かっているのでしょうか。
それともまだまだこれからでしょうか。

日本人は真面目ですからね。今日も小さな子が「しょうどくー」なんて言いながら手洗いしてました。(笑)
国内を見れば、爆発的感染とは言えない程度で治まっています。
でも死亡者も出続けていますから、油断したら一気に広がることでしょう。

出来ることは、今まで通りに手洗い・うがいぐらい。
後は屋内の人が集まる催しには近寄らないこと。

そして騒がず静かに心穏やかに。
適度なストレス発散も忘れずに。(^_-)-☆

iine

2020年3月21日 (土)

上野恩賜公園

今年はコロナの影響で、上野や隅田川沿いと言った、宴会花見で賑わう場所については自粛要請が出ました。
ならば、と逆に上野に行ってみたくなりました。
(宴会をしていると桜の写真も撮り辛いので、いつもは上野には行きません。今年は宴会の無い桜鑑賞が出来そうなので)

 

六義園から近い桜の名所と言う点でも、上野恩賜公園は丁度良い場所だったので早速向かいました。

上野駅・公園口。この時期に来た事は無いので分かりませんが、何となく閑散としています。

Img_0020_20200321082501

 

美術館、博物館など催し物はほぼ全て中止。動物園も休園中。
宴会花見も禁止(自粛ではなく禁止っぽいですね)で、じゃあこんなそれ用のゴミ箱も要らない気がしますが。

Img_0024_20200321082501

 

まあそれでも花を見に来る人達は大勢居ます。

Img_0025_20200321082501

 

桜の咲き具合はと言うと、陽当りの良い所はまずまず。

Img_0026_20200321082501

 

遠くから見ると寂しい状態ですが、近づくとまずまず咲いています。

Img_0027_20200321082401

 

普段ならブルーシートだらけのこの通りは、辛うじて見頃と言っても良いかと思います。
提灯だけは例年通りにぶら下がっています。

Img_0029_20200321082501

 

ほとんどの人は歩いて、時々写真を撮って、通り過ぎて行きます。

Img_0030_20200321082501

 

それでも3連休初日のポカポカ陽気。宴会は禁止ですが、シートを敷いて、あるいはベンチに座ってお弁当を食べる人達。
このくらいは許されますよね。(*'▽')

Img_0031_20200321082501

 

少しずつ桜の蕾も花を開き、見頃を迎えています。

Img_0032_20200321082502

 

いつ終息を迎えるのか分かりませんが、アウトドアはわりと安全な気もします。
電車は少し空いていて、咳をする人は皆無。きっと風邪を引いたりしている人は外出しないのでしょう。
今、電車の中で咳なんか出来ない雰囲気ですから、健康な人だけ外出しているのかも。

Img_0033_20200321082502

 

咲いている桜の写真だけを見れば、河津桜のような色の濃い桜は美しいです。
が、

ソメイヨシノは、その散る姿が日本人の心を惹き付けるのかもしれませんね。

見頃から満開、そして散り始め。
私はこの花びらが風に舞う姿が一番好きです。

この3連休の後、そして翌週ではちょっと遅いかも。
上手いこと休日には重なりそうもありません。

今日はまたポカポカ陽気で、桜の開花も更に進みそう。
土日休みの方は、やっぱり今日・明日が一番良さそうです。
私は残念、今日は仕事です。(><)

今年も桜前線とともに移動しましょうかねえ。

iine

2020年3月20日 (金)

六義園

いよいよ大好きな桜の季節が目前に。
まだ満開とは行きませんが、そろそろ場所によっては見頃な感じになってます。
まあソメイヨシノ以外ならば、これまでも河津桜を始めあちこちで満開な様子を見せてくれていますが。

自分の休日と、桜の満開、上手いこと重なる年とそうでない年があります。

ここ数年は目黒川からスタートしてましたが、今日はまだ早い気がしたので、ソメイヨシノよりちょい早く満開を迎える所で六義園に。
(小石川後楽園と六義園は、ソメイヨシノよりちょい早いです)

 

コロナの影響でしょうか、長蛇の列もなく、わりとスッと入れました。

Img_0002_20200320202701

 

今日は青空が綺麗です。

Img_0004_20200320202701

 

どうしても桜全体を入れようと距離を取ると、写真を撮る人が写っちゃいますね。

Img_0005_20200320202701

 

近付くと桜が切れちゃうし、超広角が必要でしょうか。

Img_0007_20200320202701

 

超広角どころか本日コンデジです。久々に一眼を使おうとしたら、バッテリー切れでした。使わな過ぎですね。(;^_^A

Img_0010_20200320202701

 

周りを歩く人達も、「今日はサッと入って、写真をチャチャっと撮ったら、早く出よう」なんて言ってます。

Img_0011_20200320203001

 

そうは言ってもメインの桜を撮ってオシマイとは行きません。園内をぐるりと散策。

Img_0013_20200320202701

 

浜離宮や新宿御苑もそうですが、ここも都会の中の庭園って感じです。

Img_0014_20200320202701

 

蓬來島。
中国の神仙思想において、修行により不老不死になった仙人が住むとされる神仙島のひとつ。
日本庭園では古くから不老長寿を願って造られました。
蓬來ねえ。十二国記に登場する蓬來国もこの辺りの考えが反映されてるのでしょうか。

Img_0017_20200320202701

 

園内を1周して出るタイミングで、ちょっと人が少なかったので1枚。

Img_0018_20200320202701

 

もう満開と呼んで良さそうですね。なかなかのタイミングでした。

Img_0019_20200320203101

 

じゃあ駒込の近くでどこか桜は、、と上野恩賜公園に寄って帰るとしましょう。
宴会花見禁止だから、逆に静かな花見風景が見られるかもしれませんね。(^_-)-☆
(つづく)

iine

2020年3月 7日 (土)

大倉山公園

これも先月の写真です。
偕楽園まで遠出したので、残りの冬休みは近場で済まそうと場所(梅の名所)を探します。
三渓園はまだ早かったので、ネットで検索してみると、「大倉山公園」が出て来ました。
行った事が無い場所だったので早速。

場所はズバリ「大倉山」
みなとみらい線で横浜から渋谷方面へ乗り、大倉山駅下車。

Img_0001_20200306142301

 

梅林ではなく公園ですから、ざっと見渡せる広さ。でも白、紅、ピンクと色とりどり。

Img_0003_20200306142301

 

ではいくつか写真を。

Img_0009_20200306142301

 

梅も種類が結構あるんですね。

Img_0010_20200306142301

 

梅林よりも近くで見れるかな。

Img_0012_20200306142301

 

突然決めたので時間は遅く、夕方近く。
何とか陽射しに間に合いました。

Img_0017_20200306142301

 

枝垂れ梅も綺麗です。

Img_0023_20200306142301

 

これが一番だったかな。大きさは。

Img_0024_20200306142301

 

屋台もあり、シートで座る人達も居て、花見っぽい。

Img_0026_20200306142301

 

今年の桜は、各地で宴会花見の自粛が予想されますが、梅の花見も悪くない。

Img_0032_20200306142301

 

あっと言う間に一回り。
最後に再度全体風景を。

Img_0034_20200306142401

 

今年は梅も何ヵ所も楽しめ、なかなかの冬休みになりましたよ。
これにて貯まっていたネタは終了です。(^^)v

iine

2020年2月26日 (水)

曽我梅林

歳を取るに連れて、桜が好きになりました。桜が咲くとあっちへこっちへと桜を追い掛けます。
が、

最近は梅も好きになり、これまたあちらこちら。
水戸偕楽園に行った日、元々は幕山(湯河原梅林)か曽我梅林に行こうと思ってました。
普通ならばそんなに何ヵ所も行かれないのですが、今年はたまたま冬休み(ウチら正月とか休みなしですから)が梅と重なり、幕山も行った事だし曽我梅林も行っちゃえーと。

 

東海道線を国府津駅で降り、御殿場線で下曽我駅へ。

Img_0001_20200226082501

 

そう、この日は天気が悪かったんです。天気が良ければ見える富士山も最初から期待していません。
梅は・・・満開を過ぎて散り始めか。

Img_0003_20200226082501

 

白、紅の順に咲くので、まだまだ華やかに見えますね。写真では。
以前は平日は路駐、休日は路駐も有料にって感じでしたが、今は平日も全て有料です。

Img_0005_20200226082501

 

曽我梅林。この辺から富士山も見えるはずですが、この日はなし。

Img_0006_20200226082501

 

川岸に上がると、梅林が少し目線の下に。うん、思ったより咲いてます。

Img_0009_20200226082501

 

枝垂れ梅は丁度良い塩梅。

Img_0016_20200226082501

 

でも近付くと結構散ってますね。

Img_0017_20200226085001

 

ごくポピュラーな白梅。

Img_0018_20200226082501

 

そして曽我梅林の外の個人邸ですが、実はここの枝垂れ梅が一番見事です。
おっと今年はだいぶ散っちゃってます。残念。

Img_0021_20200226082501

 

去年の写真ですが、満開の日に来れれば、このような見事な梅が見られます。
この梅、下曽我で配っている梅林案内のパンフにも「××宅の枝垂れ梅」と言う具合に、名所として紹介されてます。
もう桜よりも華やかな枝垂れ梅ですね。

Img_0034_20200226120101

 

こんな天気が悪い日に、なぜまた梅なんか見に来たのかと言うと、曽我梅林の向かい側にハイキングコースがあるんですよ。
天気が悪くても、富士山が見えなくても、ダイエットのために歩こうかとやって来ました。

Img_0025_20200226082501

 

民家の上の方、山の斜面にガードレールが見えます。どんどんと車道を登り、途中からはハイキングコースになって国府津駅まで歩けます。
実は前日の高尾山~陣馬山歩きで足が筋肉痛。まあこのぐらいのウォーキングならと来たって訳。
今回は梅はオマケで目的はウォーキング。

Img_0026_20200226082601

 

朝に雨が止んだらあとは曇りって思ってたんですが、下曽我の天気予報はまた違っていて、午後3時頃から傘マーク。
それに駅到着時は梅林は曇りでもハイキングコースは青空でした。
ですが梅を見ている間にどんどんと雲は動いて、今はもうハイキングコース上空も真っ暗で、今にも降り出しそうです。

で、
ハイキングコースは止めて、そのままバス道路を国府津駅まで歩きます。つまんねー。

途中ポツリポツリと来たので、まあ山には登らずに正解ってところでしたね。

iine

2020年2月23日 (日)

幕山公園へ

梅を見に幕山へ行くか、曽我梅林へ行くか。
そんな選択肢に迷いつつ偕楽園に行きましたが、結局その後1人で幕山にも行くことにしました。

幕山公園は9:00から開園ですが、ちょっと早い8:40頃に到着。
一番近い駐車場(第1)はまだ閉まっていて、近い順に第1、第2、第3と並んでいるんですが、いずれも9時から。
9時前に停められる駐車場は第5です。

ちょっと遠くなっちゃいましたが、この第5は300円。それより近い1~4は500円。歩く距離も大したこと無いので第5でOKです。
受付でもまだ9時前でしたが、あとちょっとだったので入れてくれました。入場料は200円で合計500円。まずまずです。

 

例年なかなか休日と晴れが重ならなかったり、あるいは見頃じゃなかったり、ズバリのタイミングで来る事が出来ませんが、今年は丁度冬休みで晴れの日を選んで来る事が出来ました。
山肌を覆うように咲く梅が、今年はちゃんと色付いています。

Img_0002_20200223090101

 

幕山公園、湯河原梅林、何と呼ぶのが正解なのか分かりませんが、湯河原梅林の標がありました。この辺りが登山道入口です。

Img_0003_20200223090101

 

7~8分咲きで、見頃、満開と呼んでも良さそうです。

Img_0004_20200223090101

 

9時前に入場したので、前を歩く人は居ません。振り返ると後ろからはもう人が歩いて来ます。

Img_0006_20200223090101

 

青空がね、綺麗です。

Img_0009_20200223090101

 

この辺りが梅林最高地点。この上は梅林ではなく幕山。つまり普通に山歩きになります。

Img_0013_20200223090101

 

梅林を若干見下ろすように1枚。

Img_0014_20200223090101

 

その上はもう景色はなく、時々開けた所から南側が見えます。これは真鶴半島。

Img_0015_20200223090101

 

あっと言う間の626m。高尾山ぐらいですか。

Img_0017_20200223090101

 

ここは岩登りの練習に来る人も居ます。
左の方は上からロープが降りてますが、右の方はまさに今、ロープを掛けながら登ってます。
若い人達かと思ったら、ナント高齢の方々でした。お元気なことで。凄いです。

Img_0022_20200223090101

 

バスも到着し、団体さんも。

Img_0027_20200223090301

 

隣の南郷山まで歩けば、それなりの山歩きですが、本日は幕山山頂までのピストン。ヘタレですから。
最後にもう1枚。

Img_0036_20200223090301

 

これ、2月20日の記事なんで、丁度今日あたり満開で最高の梅日和ではないでしょうか。

iine

2020年2月19日 (水)

水戸偕楽園に行きました

蝋梅が咲き、梅や河津桜も咲き、あっちこっちで梅まつり、桜まつりが始まっています。
満開の曽我梅林、7分咲きの幕山、さてどちらに行こうか。
山歩きも再開したことだし、よしっ!幕山へ。

なんて思ってたら、職場の同僚が、「僕、明日偕楽園に行こうかと思ってるんですよ」と。
まだ満開じゃないのでは?と思ったんですが、彼が「よく調べてはないけど、今年は去年よりは早そうだから」
ふぅーん。パチンコ集団の職場の中で、桜や梅を見るのが好きな人が居たとは。

で、急遽一緒に偕楽園に行く事に。まあ山はいつでも行かれるから。

 

彼が4時半の始発電車で行こうとしていたので、それなら車で行こうかってことに。
朝6時出発。水戸までは、首都高(神奈川&東京)、常磐道を走って3時間ほど。
最後の最後で駐車場に迷ったけど、まずまず無事到着。

初めて来ました偕楽園。今年から入場料300円だそうです。

Img_0001_20200219142901

 

何分咲きでしょうか。咲いている本数が全体の1/3。
日向はそれなりに咲いていますが、タイミングとしてはもう少し先の方が良かった気がします。

Img_0007_20200219142901

 

彼が持って来たのはナント!デジカメじゃなくて、昔のフィルム一眼レフ。へえー、写真好きだわ。

Img_0009_20200219142901

 

どうも彼は偕楽園に何度か来ているようで、道順を案内してくれます。
線路沿いのこちら側は、白、赤、ピンク色の梅が咲いています。

Img_0010_20200219142901

 

陽当りの良い、花がよく開いた場所を見つけては写真を撮ります。

Img_0016_20200219142901

 

その後は美術館へ。彼、歴史も好きみたいです。
たまたまですが、ご先祖がこの佐竹氏に繋がっているらしく、どうしても行きたくなったみたいです。

Img_0017_20200219142901

 

偕楽園の次は弘道館。

Img_0019_20200219142901

 

偕楽園ほど広くは無いですが、こちらも一部見て回りました。

Img_0020_20200219142901

 

日本では昔は花見と言うと桜ではなく梅だったそうで。
儚く散ってしまうソメイヨシノの美しさは格別ですが、地味に咲く梅もなかなかのもの。

Img_0021_20200219142901

 

水戸までは遠いから、行きたいけどなかなか、な場所でしたが、たまたまのタイミングで行くことが出来ました。

Img_0022_20200219142901

 

さて、9時から回り始めたので、まだまだ時間はあります。
てことで、次へ向かいます。(つづく)

iine

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ