福島・安達太良山

2019年11月 7日 (木)

浄土平へ

安達太良山から下山したのが14時過ぎ。
真っ直ぐ帰ってもどうせ帰宅は真っ暗になってからです。順調に流れても20時過ぎかな。

ならば少し寄り道を。
絶景の道として有名な「磐梯吾妻スカイライン」を走って帰ろう。

カーナビを「浄土平」に設定。
安達太良山から約1時間、浄土平到着です。

すぐ脇に位置する吾妻小富士に登る人達が見えます。

Img_0406

 

逆側は一切経山か。
ただいま一切経山および五色沼へは登山禁止です。魔女の瞳、いつかは見に来たいですね。

Img_0407

 

浄土平に来たという証明写真なのだ。

Img_0408

 

時間が無かったので、どこにも登りませんでしたが、平らな木道歩きコースのようなものも見えて、きっとここを目的地として山行計画を立てて訪れる人も居るのでしょう。私の家からだと遠過ぎる気はしますが。

吾妻磐梯スカイラインを走って帰ろう、なんて計画でしたが、カーナビを自宅へセットすると、今来た道をまるっきり逆戻りしなければなりません。つまり往復2時間分がそのまま上乗せされちゃいました。
帰宅予定時間22時半。7時間も運転ですか。

朝は道路が空いていたので120km/hぐらいで走って来ましたが、帰りはもう真っ暗でスピードは控え目に。

残念なことに渋滞も発生。東北道の渋滞って長く伸びるイメージがあります。
カーナビは迂回路を指示して来ます。
磐越道で水戸へ。東北道ではなく常磐道で東京を目指します。
ただそちらも水戸周辺で30kmの断続渋滞。完全には止まりませんが、ノロノロになってり流れたりを繰り返します。

いくら渋滞でも、茨城から下道なんかじゃ帰れません。
渋滞しようが何しようが、とにかく高速をひたすら自宅に向かいます。

 

もう遅かったからなのか、首都高は渋滞なし。ε-(´∀`*)ホッ

カーナビの予測通り22時自宅到着です。朝4時スタートでしたから時計一回り半、18時間の長旅になりました。
かなり前から行ってみたかった安達太良山。やっとほんとの空を見る事が出来ました。

もっと時間があれば喜多方ラーメンなんかも食べたかったし、鶴ヶ城とか観光?もしたかったですね。
福島は遠かったぁ。。

これでいつかは安達太良山じゃなくて、いつかは一切経山ですね。(^_-)-☆

iine

2019年11月 6日 (水)

下山します

ロープウェイ山麓駅から山頂までは、ほぼ1時間。
てことは、このままピストンで下りたら更に早いはず。それは勿体ない。
せっかく遥々来たのにたったの2時間しか歩かないなんて勿体ない。

そこで、くろがね小屋方面を回って下ります。
歩き始めると、前方を歩く人達が見えます。何だか大勢溜まっている場所がありました。
山頂ではないですが、ここも下の平野がよく見えます。ここ景色良いなあ。

Img_0035_20191105234901

 

後ろを振り返って、見える山頂方面もまた絶景です。

Img_0037_20191105234901

 

くろがね小屋到着。結構歩き易い道ばかりで、すぐ到着です。

Img_0038_20191105234901

 

いつもは下山が苦手で、山ガールにも次々抜かれますが、今日は膝の痛みもなく次々に抜いて行きます。
下山時に人を抜くなんて奇跡。

と思ったら、この分岐でどっちに行って良いのか分かりません。
後から来た人も、旧道へ行く人、馬車道へ行く人、どっちも居るので迷います。
近道っぽい旧道へ。

Img_0039

 

小川も流れ、

Img_0040_20191105234901

 

下の方では紅葉(黄葉)も楽しめました。

Img_0041_20191105234901

 

難所もなく、なかなか居心地の良い山ですね。

Img_0042_20191105234901

 

出不精になってましたが、思い切って出てみると、「来て良かったぁ」って。
去年行った西沢渓谷なんかも思い出して、また紅葉探しの旅に出ようかなんて。

Img_0044_20191105234901

 

さて、8:30スタートを予定してましたが、実際のスタートは10:30過ぎでした。
スマホのGPS(ヤマレコアプリ)で記録した山行ルート&時間が下の通りです。

歩くペースは0.6~0.7(とても速い)だそうです。( ̄ー ̄)ニヤリ

Adatara_ct

 

よく山歩きをしていた頃より+9kgも体重が増えています。ダイエットしたら更に速く歩けそうですね。
ちょっとビール🍺やめてみようかな。(*´σー`)エヘヘ

ここから真っ直ぐ帰宅しても20時ぐらいになりそうですが、せっかく福島まで来たんだから、もうちょっと寄り道してから帰りましょう。
簡単に来れる所では無いですから。

はい、せっかくだから磐梯吾妻スカイラインを走って、それから帰ることにします。

iine

2019年11月 4日 (月)

安達太良山、頂へ

ほんとの空を後にして、目的地の安達太良山頂へ向かいます。
ここからだとCTで1.5hぐらい。きっとすぐでしょう。

Img_0013_20191104151701

 

最初は木道歩きで楽チンです。きっとすぐ着いちゃうから、勿体無くて後ろを振り返りながら歩きます。

Img_0014_20191104151701

 

ほらね。もう着いちゃった。

Img_0016_20191104151701

 

山頂はすぐ目の前。ここまで1h弱、さあてっぺんを目指します。

Img_0017_20191104151701

 

あっと言う間でしたが、それでも標高としてはなかなかのもの。素晴らしい景色です。

Img_0019_20191104151701

 

おっと、山頂ではないのに、まるで山頂であるかのような記念撮影スポット。

Img_0021_20191104151701

 

山頂では記念写真を撮るための行列が出来てます。もちろん並んで、列が進む間にも周りの景色をカシャリ。鉄山方面。

Img_0023_20191104151701

 

肝心の山頂記念写真は顔が写っているのでカット。下山中も梯子が列になっていたので、待ち時間にカシャリ。

Img_0029_20191104151701

 

先程のフォトスポットには人が大勢。観光地化してますね。
まあ徒歩1hだと、丁度高尾山ぐらい。人が大勢居ても不思議じゃないです。
さて、さすがに遥々来てピストン2hじゃ勿体無い。
下りは自分の足で降りましょう。

Img_0031_20191104151701

 

この広場でお昼にします。以前寒過ぎておにぎりが凍ったので、最近は山メシはパン。
本日の相棒はカレーパン1個。別にダイエットじゃないですよ。
もう1個用意したパンは、昨晩ビールを飲みながら食べちゃいました。
飲むと食欲が増して、つい翌日分を食べちゃったり。

カレーパン1個食べたらもうやる事が無くなっちゃって、まあ帰りも遠いーし、歩き始めますか。
下山はくろがね小屋の方を回って帰ります。

iine

ほんとの空

高村光太郎が詠った智恵子抄に、東京には空が無い、本当の空は阿多多羅山にあると言う歌があります。

「あどけない話」
智恵子は東京に空が無いという
ほんとの空が見たいという
私は驚いて空を見る
桜若葉の間に在るのは
切っても切れない
むかしなじみのきれいな空だ
どんよりけむる地平のぼかしは
うすもも色の朝のしめりだ
智恵子は遠くを見ながら言う
阿多多羅山の山の上に
毎日出ている青い空が
智恵子のほんとの空だという
あどけない空の話である。

 

この阿多多羅山と言うのは、安達太良山のことで、これがあったから安達太良山に行ってみたいとずっと思ってたのである。
でも遠くてね、なかなか。

最近の私はと言うと、社員になってから夜勤と言う新しい勤務が始まり、月5,6回は夜勤をする。
そうすると自然と夜勤の翌日が非番となり、つまり22時頃に帰宅しては、翌日の休日に山へ行く。 は家でゴロゴロしてしまう。

 

この安達太良山も自宅からだと車で7時間弱。かなり遠い。
現地で歩く時間は比較的短いので、頑張れば日帰り出来るけれど、そこまで頑張る山でもないかなとか。
百名山だから行って損は無いはずだが、背中を押されるほどでもない。

多分この「智恵子抄」が無かったら、行かなかったような気もする。

 

で、ようやくね、行って来ましたよ。

ひとことで言うと「遠い―です」

東北道を浦和で乗ると、そこから100kmぐらいで宇都宮(日光とか)、更に100kmで二本松(安達太良山)、以前行こうとした仙台はもう一つおまけに100kmだから遠過ぎます。

松島に行きたいとか、栗駒山に登りたいとか、今回安達太良山に行ってみて、これ以上遠いのは無理かなって思っちゃいました。

 

3時起床。珍しく眠くもなく、これなら行ける、と。( ̄ー ̄)ニヤリ
油断して二度寝しちゃったが4時半頃に出発。10時頃に到着。なかなか混んでます。
(9月に計画した時は、2時起床、3時出発でしたが、それに比べるとだいぶ遅いです)

現地で歩く時間はそれほどでも無いので、4時半発でも行けるだろうGOGO。
首都高神奈川、首都高東京、東北道と走り10時着。
幸いまだ紅葉は残っています。

Img_0004_20191104100401

 

ゴンドラは片道。山頂まですぐなんで、下りは歩いて下りることにします。

Img_0005_20191104100401

 

安達太良山の上の空が「ほんとの空」だと詠ってますが、ロープウェイ山麓駅のすぐ近くにこの標があります。

Img_0008_20191104100401

 

この上の空がほんとの空です。

Img_0009_20191104100401

何度も延期して来たほんとの空、やっと見ることが出来ました。\(^o^)/

 

ここからCTで1.5h、安達太良山の頂きを目指します。

iine

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ