日記・コラム・つぶやき

2021年1月24日 (日)

雨の物語

いやあー、昨日は寒かったです。
いつ以来でしょう。久し振りに雨でした。
バイクでの配達をする身としては、もう雨は大敵。それが更に真冬の寒い時期ともなると、もう(;´д`)トホホ な状況です。

数日前の天気予報では、土曜は午後から雨で、翌日曜が1日雨って話だったのに。
予報って変わりますからね。次第にズレて行き、土曜も朝から雨予報。

このところの人手不足は深刻で、本来の配達量より+1h~+1.5hが当たり前。
そんなに驚くほど増えてないように思えますが、1h余計に配るためには、それを準備する時間も増える訳でして。
何しろ元々の持ち分って3.5hなのですよ。
3.5h配るためにトータル8h勤務するんですから、+1hは増え幅としては大きいです。

もちろん郵便が減っているから可能なんですが、それでも市役所なんかから大量に郵便が到着すると、昔並の物数になっちゃう訳で。

 

実は今週、年金関連のはがきが到着し、今や高齢者も多くほとんど全戸配達。
現状の人員でそれを配るのは無理との判断で、1週間掛けて全戸配達することになってます。

上は1週間あれば余裕と思ってるみたいだけど、その間にもJ:COMの冊子は到着するわ、確定申告用のA4封筒は到着するわ、次から次でグチャグチャ。

そこへ1日中雨と言うことで、上からの指示は、「J:COMと税務署の郵便には手を付けるな。月曜には雨が止むからそうしたらやれ」と。

前だったら、それでも少しぐらいは・・・と無理して頑張ったけど、今は無理。
通販物が大量に到着するのが当たり前になって、ボックスの中は満杯。いや過積載。
無理して積んでも、雨でボロボロになっちゃいますから。

 

そして予報通り、出発直前になって雨が降り出しました。おまけに強風ですよ。
海岸沿いの強風は半端じゃないです。
向かい風で速度が落ちるし、真向いじゃなくて若干の横風でフラフラ。でも後ろの車はピッタリ着けて来るから怖い怖い。

 

今週通区訓練(新しい区を覚える)をしているA君、まあ通区自体は良いことだけど、初めての区でモタモタしてるから、それを私が助けてました。

彼の元々の午後分を全部配達してやったり、本来は自力でやらせなきゃいけない通区地域もほとんど配達してやったり。

さすがに雨の日までは面倒見られないから、班長が「明日は通区は止めよう。元々の区を配らせよう」って言ってたのに、A君「いや頑張らせて下さい」だと。お前どの口が言うんだって感じですよ。 ← 大変になるのは俺じゃんかよ

私も開いた口が塞がらないと言うか、「雨の日までは面倒見切れないですよ?」
班長も「もう自分でやらせましょうよ。出来るって言うんだから」

 

それなら別に構わない。OKです。

で、ちょっと肩の荷が下りて、とにかくサッサと終わらせて、サッサと帰ろう。
鼻歌なんぞ歌いながら(ウソです)1日中雨の中を配達でした。

昨日の1曲はこれ。↓ おいおい、やっぱり鼻歌歌ってんじゃん。(笑)

 

歌は良いですね。明るい歌は心を明るくしてくれるし、懐かしい歌も昔の若かった頃の気持ちを思い起こしてくれます。
この程度で負けるな自分!

ちょっと明るくなる選曲ではなかったけど、まあ雨の日に歌ったぐらいで明るくなりはしないし。💦
それに、どうしても雨が頭から離れないので、自然と「雨の物語」でした。

 

最近どうも明るい話題が無いけど、まあこのご時世で仕方が無い部分もあります。

まあ、今日仕事じゃなかったことを密かに喜ぶことにします。
日曜の配達は、書留&通販物のみ。
つまり普通郵便と違ってえらい面倒臭い。

今や平日よりも日曜勤務の方が大変なのですよ。
それを来年度からは土日休みにするなんて決めて。
余計大変になるだけじゃんかよ。

と、それはさておき、本日出勤の方には「無理しないでね」と。
せめて早く雨が止みますように。m(__)m

 

iine

2021年1月17日 (日)

特別休暇ぐらい取らせろ

コロナが猛威を振るい、ついに私の住む神奈川は緊急事態宣言が発せられました。

去年の緊急事態の時は、もうとにかく「用が無けりゃ家を出るな」って感じでしたよねえ。
「人との接触を8割減らせ」なんて無理な要求を突き付けられ、絶対無理と思ったけど、テレワークが推進されたのか通勤電車も人が減りました。

私は配達業なので、ライフラインなんて言われ、結局普段と同じに仕事の日々でした。
いや、むしろ忙しかったですよね。

 

今回は、前回より緩い制限なので、前回ほど忙しくはないです。
(制限がキツイと、通販での買い物が増えるので)

 

ただ上からの指示は、かなり厳しいです。

公私とも飲み会禁止。 ← まあこれは当たり前
社食および喫煙室での会話禁止。 ← 食事にせよ喫煙にせよ、マスクを外すので、もうその部屋では会話はしないこと
休憩室での会話はマスク着用。 ← 1日中ひと言も喋るなとは言わないけど、人と喋る時は必ずマスクを
毎朝の検温。
帰局時の手洗い・うがい。

 

そして無駄に社内に居ないように、「特別休暇」を許可すると。

おっ!?
(私の脳内の特休のイメージ ↓ )

Holiday

「早く仕事が終わった者は、有給でなく特休で退社することを許可します。これは他の者への感染拡大を防止する意味もあるので、積極的に帰って結構です」

おっ?何て良い会社だ。
まあ2月は1年で一番暇な時期だし、1月でもたまに暇な日はあるはず。(・∀・)ニヤニヤ

 

「ただし・・・」

ん?ただし何ですか?

 

「班内で誰かが残業してるのに、早く終わった人が帰るのは無しですよ。その場合は遅い人を応援して全員終わっている事が条件です」

まあそうだろうね。
最近は配達速い人間が、遅い人間の応援をして、とにかく残業を無くせ。人件費を減らせって体制ですから。

 

「それと小包(四輪)が忙しくて大変なのに、それを手伝わずに退社するのも無しです」

おいおいっ、四輪って普段全然別々に仕事してて、奴らはこっちが忙しい時に何も手伝わないのに。
だいたい普段から二輪に応援を求めてばかり。それに委託の人は全部自力でやってますって。
時給社員の甘えは、、もうちょっと頑張ってくれよって言いたくなります。

 

「それと」

まだあるのか?

 

「普段出来ない原簿の整理(PC入力で手書き原簿を清書する)や、新しい区を覚える通区なども積極的にやって下さい。それらを全てやって、もういくら探してもやる事が無いって言う時に退社して結構です」

(ノ∀`)アチャー
それってさあ、つまり、特別休暇は使えませんって言ってるのと同じことじゃん。

どうしてこの会社はこう、何と言うかストレスを押し付けて来るんだろうか。

だったら「特別休暇で退社出来ます」なんて言わない方がマシ。

 

日々コロナのストレスと闘い、少しでもリラックスして働けるようにとの配慮が特別休暇じゃないの?

それに時差出勤を推進してる政府の意向を汲めば、17時退社でなく、少しでも早く退社出来るならして欲しいって指示なのでは?

普段「もっと速く、もっと速く」と煽るのは分かりますよ。人件費削減のためですから。

だけど必死にやって早く終わった人間を、色々とがんじがらめにして居残らせようって言うのは分からない。

 

そして一部の噂では、
「この特休案外ヤバイ話かもしれませんよ?」

えっ?どんな?

 

「これでどの班が本当は人が足りているのか、あぶり出そうって罠だって言う噂ですよ」

ははーん。なるほどね。
いつも必死に終わらせてる班と、ゆるゆると終わらせてる班があるのは事実です。

特休をニンジンのようにぶら下げて、まんまと引っ掛かって退社した班を、ほーら本当は人が足りてましたよね。
って引っ掛ける餌だって言うのか。

 

本当かよ。 ← 私はそこまで疑ってはいないけど

まあ、それだけ普段が普段、信用されてない会社だっつうことです。

 

えーい、もう知らん!

と、一発特休を取って帰りました。めでたしめでたし。 ← 何となく風当たりが

まあ誰かが先陣切って帰らないと、いつまで経っても誰も帰らないまま、特休期間が終わっちゃうからね。(^_-)-☆

 

iine

2021年1月10日 (日)

暴風の中での配達

前回の記事で、車で三島スカイウォークを目指すも、強風で断念しました。
なんてことを書きました。

その日の写真をネットから拾って来ました。

 

湘南海岸沿いは、海岸からの砂が舞い、砂嵐状態。
青空なんですが靄っとしています。

Erg4n7dvkaactum

 

海は当然大荒れで、台風が来ると喜んで海に入るサーファーも、この日は海を眺めているだけ。
波打ち際だけでなく、沖の方からもう海全体が高波状態。(この写真よりも凄かったのです)

Erhfxyju0ae7ndz

 

50ccのバイクだけでなく、250ccぐらいの中型バイクもノロノロ運転。
横風に煽られて怖いのでしょう。
そんな様子を見て、私は休日でしたが、きっと出勤者は配達大変だろうなって。。

 

翌朝出勤すると、こちらから聞く前に、「昨日は大変だったよ。それに信じられないよ。上の指示が」
などと、いつもはほとんど喋らない人も、興奮状態で話し掛けて来ます。

 

午前中の配達は、とりあえずいつも通りに出発し、各自気を付けながら配達だったそうで。
ところが、あまりの強風にセンターラインを越えて、反対車線まで飛ばされる人。
カーブを曲がった瞬間に強風を受けて一回転(バイクが進行方向とは逆向きになったそうです)する人。

場所によっては、バイクを停めて、サイドスタンドを掛けて降りようとしたら、バイクが右側に倒れそうになったとか。
もう風が強くてバイクから離れられない状態だったそうです。

ほとんど全員がヒヤリハットの連続で、やっと帰局するも、局の近くのいつも風が強い道路は、いつもの横風ではなく向かい風。
横風よりはマシかと思いきや、ナントあまりの強風でバイクが進まなかったとか。
フルスロットルにしても、風の勢いの方が強くて前進出来なかった。
(どうやって帰局したのかまでは聞きませんでしたが、下り坂なんで風の止み間に前進したんでしょう)

 

こんなんじゃあ、危なくて配達なんか無理。

いつも「安全第一」なんて言ってる管理者を説得し、午後は速達やバーコード物(つまり書留&通販物のみ)を配達することに。
大雪の時なんかたまにありますが、もう外をバイクで走れる状態じゃない時に、各班四輪1台借りて、1~2人だけ配達です。

ところが管理者曰く、「今荷物が大量に到着して、四輪は余ってないので、バイクで配達して下さい」と。

そこまでして通販物を当日必ずやらなきゃいけないのかは分かりませんが、それで暴風の中を再度出発したそうです。

まあ、いくら「四輪を貸せ」と言っても、無い物は仕方が無い。無い物は無いのだから。

そこまでは我慢します。てか私は休日でしたから、ヒヤリハットもしてないのだけど、話だけ聞いても何だかなあって。

 

ところが驚いたのはその後の話。

皆スピードはどうでも、とにかく安全第一ってことで、何とか帰局。

すると戻って来たバイク配達員に、
「荷物が多過ぎて捌き切れないから、各班数名、小包の応援に出て下さい」
だと。

オイオイ。

 

いつもミーティングで、「安全第一」だの、「まずは皆さんが無事に帰局すること。それが皆さんの仕事です」なんて言ってるのは何だ?
もちろん口だけだって言うのは分かるけど、それにしても、自分達の本来の配達(郵便)も中止してるんですよ?
普通郵便も配れないほどの暴風で、外に居たら危ないからって言ってそうしたのに。
それなのに、四輪の応援で小包を配れと?

どうしようもない会社だな、ここは。

もちろん貸せる四輪なんて1台も無いから、バイクで出ろってことなんでしょう。あり得ん。

 

あのねえ。

四輪チームが残業になってもやらせて下さいって。

配達員の命よりも人件費削減。
毎年毎年、交通事故死しているバイク配達員が居て、あれやこれやと訓練したり、説教されたりしてるのに。

 

いつだってPCと睨めっこしてるだけの管理職。

「今日の物数だと残業は上限〇分まで」ってそんなことしか考えてないんでしょう。

いつもそうです。

 

大雪で電車だけでなくバスも止まっても、「遅刻扱いしないから出勤せよ」って。
タクシーまで使って行く気にはなりません。
だって行ったって仕事なんて無いんですから。

バスも走れない大雪なのに、チェーン巻いたってバイクが走れるはずが無いです。

実際、やっと動いた電車に乗って、昼頃に出勤したけど、皆局内でやることもなくプラプラしてました。

だったら無理に出勤させなくても。もちろん特別休暇とかじゃなくて、余った有給で処理すれば。
それに無理して出勤して、また雪が降って帰れなくなったって知らん顔ですから。

「帰れなくなったら?」なんて言うのは愚問です。
下手にそんなことを言おうものなら、
「大丈夫。泊まる部屋はあるし」
なんて言われるのがオチですから。

 

班長も副班長も、「酷い会社だよ」って言ってました。
何しろ自分達が何も言わなきゃ、午後も普通に配達をさせようとしてたって言う話でしたから。

 

いやあー、自分休みで良かったです。
バイクの運転には自信なし。
自分が出勤してたら、全員無事故ではなかったかも。┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

あと何年働こうか。

60歳過ぎても働くって言う人が、年々減ってます。(定年は65歳に延長されたはずですが、60歳で賃金ダウンなので)

皆、自分の貯金と、年金支給開始を計算しつつ、なるべく早く辞めたいみたい。

悠々自適じゃなくても、60歳過ぎたら、他で軽いバイトでもって感じで。(;^_^A

 

低賃金社員の私は、奴隷のように働くしか無いのでしょうか。(;´д`)トホホ

先々のことばかり考えても仕方ないですかね。
まずは目先のコロナに用心しなくちゃね。(^_-)-☆

 

iine

2021年1月 7日 (木)

鬼滅の刃23冊揃いました

今日は2021年、2回目の休日です。
初休日は班で一番遅かった私ですが、その代わりと言うか、2回目の休みは早く入れて貰えました。

まだ足がだるかったり、右腕が痺れていたり、疲れが溜まっている自覚はあるので、山歩きなんか無理無理。
車で出掛けることにしました。

狙うは三島スカイウォーク、そして箱根神社(初詣?)。

 

そう思って家を出たんですが、凄い暴風でした。
電信柱はグラグラと揺れ、湘南海岸は高波、そして砂嵐。
車だと関係無さそうですが、ウォッシャー液で窓を拭きながら走っていると、何だか止めた方が良いかなって気に。
いつもは速く流れる湘南沿いの道路も、空いていても皆60km/hぐらいしか出してません。

西湘バイパスが高波で通行止めになったら?
とか、
スカイウォークの吊り橋なんかグラングラン揺れてるんじゃないの?

なんて思うと楽しいイメージが湧きません。

それに江ノ島から見えた富士山も、晴れているのに薄っすらとぼやけてます。

 

やめやめ。

 

登山では山頂に辿り着かない敗退登山ってありますが、そんな感じ。

 

引き返して普通に本屋散策(Bookoff)へ行くことに。

 

すると見つけてしまいましたよ、鬼滅の刃 10巻。

最初全く興味無かったのに、あっちこっちで鬼滅、鬼滅と大ブーム。
映画も記録的ヒットで、それからコミックを読みたくなり、昨年最初に買ったのが最終23巻。 ← 話が全く分からん

どこの本屋でも、ほとんど売り切れで、たまに途中の巻がちょびちょびと入って来るので、飛び飛びでも構わず入荷されると買ってました。

 

飛び飛びでも、まあ読む暇も無かったので、一応1巻から順番に読んでます。
で、あと1冊、10巻だけになってました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Demon Slayer: Kimetsu No Yaiba Vol. 10/鬼滅の刃 10巻
価格:1617円(税込、送料別) (2021/1/7時点)

楽天で購入

 

何と、その10巻がそこにあるじゃないですか?

もう即買い。

価格は440円+税、ん?あれ? 定価より高くなってるじゃないですか?
とは言え定価400円ですから、+40円なら買いですよ。

 

本屋に入荷されると40円損した気分になるから、これは早いとこ読まなきゃ。

ブームには乗り遅れたし、職場では誰も話題にしてないけど、まあ良いでしょう。

牛丼並生活の自分にとっては、全23巻なんてとてつもない出費だわぁ。

 

まあ今年は金運よりも健康運。コロナに侵されず生き延びますように。

案外今年は世界平和を願う人が多いかもしれませんね。

じゃあ今日からはスローペースで読書に励みます。ではでは。(^_^)/~

 

iine

2021年1月 5日 (火)

あっと言う間のお正月でした

今年の正月は、コロナ禍で皆さんはいかが過ごされたでしょうか。

帰省が出来ない。いつも会える友人と会えない。
そんなちょっぴり寂しい正月だったでしょうか?

それとも寝正月でゴロゴロ、その方が気楽で良かったなんて感じる人も居たでしょうか?

 

私はと言えば、もちろん仕事でした。

12/25からはずっと年賀体制。
通常の配達が終ると、局内でその日に到着した年賀状を配る順番に並べる作業。
とにかくその作業を繰り返し、出来上がった束を元旦に一気に配ります。

翌2日は休配日ですが、各班何名かは出勤して、年賀状を並べる作業には休みはありません。
まあ昔と違って、「全員1/5までには1回休日を入れるように」とのお達しで、年始の連続勤務はそれほど長くないですが、私のように班で最後の1/5休みともなると、初休日が待ち遠しいものです。

 

で、やっと初休日を迎えまして、出掛けようと思ったのですが、昨日までの青空は無く曇り空。
この寒空の中では、、、とゴロゴロしています。(笑)

 

出掛けてないので写真もありませぬ。
新年の挨拶代わりに、拾って来たおめでたい画像(一富士二鷹三茄子)でご勘弁を。m(__)m
今年もよろしくお願いします。

Sho003

 

 

さて、年々減少が止まらない年賀状。コロナ禍で今年に限っては意外と増えているとの噂もありましたが、実際に作業してみるとそんなこたあない。
組立作業の高校生バイトを1人も雇わなかった割には、作業は滞りなく進み、夜20時まで残業が1,2回あっただけ。
あとは19時まで、18時まで、と長時間の残業もほとんど無く。

昔のように21時まで勤務して、翌朝「さっき家に帰ったばかりなのに、もう出勤とは大変ですね」なんて言い合う光景は全く無し。

嬉しいような、不安なような。 ← これ以上賃金が減ったら生活出来ないよ。(;´д`)トホホ

 

さて、元旦の朝は7時から配達開始です。
局によってですが、元旦の朝は「出発式」なる朝礼があります。
全員が出発の準備をして整列し、支社長からのメッセージ(読み上げ文)を聞いたり、局長からの新年の抱負を聞いたり。
そして全員一斉に配達に出発するのです。

News4164224_50

 

いや、この寒い中、豪雪地域はご苦労なことです。

18r70xryy96ew23vaimqndhgvqbovg

 

古株社員の話だと、「昔は出発式が終わると、その場で枡酒が渡されて乾杯したんだよなあ」ですと。

あれ?てことは何ですか? いきなり飲酒運転で配達してたんですか?

「あの頃は警察も知ってて見逃してくれてたからなあ。今じゃ考えられないよなあ」

 

ちなみにウチの局は出発式はやりません。

それどころか前日の夜に、すでに年賀状をバイクに積んでおき、7時に朝の体操をしたら即出発です。
(長々とお偉いさんの話を聞くよりよっぽど良いですが、そんな余裕も無いってのが実情かもしれません)

何しろ体操を終えたら、あっと言う間に出発で、7:30頃から配り始めています。
そして午前中には全軒配達を終え、午後からは普通郵便の配達なのです。

だから新年早々、走って配達。
初日の出や初詣に出歩く人を避けながら、サッサと配達を終わらせないと。

 

1/2が休配日になったことで、班員の半分くらいが休めるようになった一方で、1/3に2日分の郵便を配らなければなりません。
だからせめて元旦に到着してる分は、全部空にしておかないと積めないのです。

去年はジャパネットの冊子が出ちゃってもう大変。
元旦から過積載での配達だったような。

 

午前中にほとんどの家に配達に行ってるのに、午後もう1周ですよ。

階段だらけの重労働区は、ただでさえ皆が嫌がる区を2周/日ですから。 ← 去年は自分がそうでした

 

皆、声を大にして不満は言いませんが、心の中では(俺の持ち分がちょっと他より多いんですけど)とか、(どうして俺は50ccのボロバイクなんだよ)とか、不満はあるようです。

私は1/5休みで一見一番悪い扱いですが、実はそんなことは無いのです。
と言うのも、三が日だけ「年始手当5000円/日」が出るんです。
だから1/2に休める人は、三が日に休めて嬉しい反面、手当てが貰えない悲しさがあります。

つまり一番美味しいのは、1/4休日の人なのです。 ← シフトを作る班長は、もちろん1/4休みです

 

まあ、ウチの班はかなり公平に作られたシフトだったので、それほどの不満は無かったかもしれません。

他の班には、何人か「元旦休み」の配達員も居たようです。 ← あり得ませんよ普通は

元旦と言えば、ウチの会社で一番重要な配達日です。
その日に家でゴロゴロして良いなんて、それはつまり戦力外通告されてる訳ですから。

一応、全員分のバイクが無いと言う建前はあるものの、それでも誰が休むかと言えば一番役に立たない人が休む訳でして。(;^_^A

 

某班の、夜勤しかやらない某君、昔からの正社員で高給取りなのに元旦休みだったそうです。

普段から楽ばっかりしてる某君が、いよいよ元旦も休んで良いよと言われ、本人のプライドは傷付いたでしょうが、気にしなけりゃあ勝ち組です。

「もう気にしても居ないかもしれませんね、あの人は。そうなりゃあ勝ち組ですよ。気にしなきゃね」

 

結局低賃金なのに、必死に走って定時退社なんかしてる我々の方が、負け組なのかもしれません。

普通仕事が出来ないと何かと風当たりが強くなりますが、夜勤専門だと班員と顔を合わせることもほとんど無いですからね。
ちょっぴり「戦力外」が羨ましくもある、そんな正月でした。(^^)v

 

iine

2020年12月29日 (火)

今月は忙しいのです

師走は忙しい。郵便局の場合だと、12/1からお歳暮配達が始まり、年末年始は年賀状配達。
この年賀状と言う奴は、年間の収入の10%を稼ぎ出す目玉商品なのです。いや、でしたと言うべきか。

昨今は新年の挨拶もネットで済ませる人が増え、年賀状は年々減少の一途。
一番多い時の半分以下にまで減っています。

私がここで配達のバイトを始めた頃、もう10年以上前ですが、当時は連続勤務も10日以上が当たり前でした。

12/24頃から年賀体制となり、毎日大量の年賀状が搬入され、それを配達順に組立する作業をします。
組立った年賀状は、そのまま普段の作業フロアで保管しますから、通常の郵便を置くスペースも狭いです。
当然のように年末最後の日曜は、いつもとは違い配達日となってました。
(そんなね、日曜の分を貯めておくスペースも無いですし)

1/2も配達でした。
必死に準備した年賀状を元旦に配ると、一旦郵便が空になりますが、翌日もすぐに年賀状の配達なんかしてました。
三が日も働く人が増え、年賀状配達も急がないと。
年賀状より直接顔合わせの方が早いと気分じゃないですからね。

当時は12~13連勤が中心で、若い社員は16連勤なんて人も。 ← さすがに2週間以上ぶっ続けはキツイ

 

私も一番酷かった年は、年明けの初めての休みが1/8だったことがあります。

通勤電車がガラガラになり、また乗客が戻って来て、TVでは「おめでとうございます」なんてやってた時も過ぎ、完全に正月が終わってからの休みです。

もうグッタリで、帰宅してからTVを見る元気もなく、正月番組は録画しました。
が、
正月が終わってから「おめでとうございます」なんてバラエティー、全然面白くない。

ちょっとだけ見て全部消去しました。

 

それが段々と年賀状が減り、連続勤務も減って来ました。
1/2の配達が無くなり。
翌年は年末最後の日曜も配達が無くなり。

 

じゃあだいぶ仕事は楽になっただろう?って。
ええ、楽になりましたよ。
昔に比べればね。

 

ただ、今年はどうかと言うと、小包は猛烈に増えてます。 ← コロナ禍だからなのか、そういう時代なのか

で、いつもなら12/1前後、12/10前後に小包応援をしますが、今年はずーっと12/24までやります。だと。

そして12/25から年賀体制。
さすがにそこからは四輪の手伝いはしませんよと。

ところが大雪だかコロナだか、とにかく小包も遅延が続き、何と年賀に集中するはずの12/25も小包応援。
「ふざけんなよ!」と罵声。
怒鳴ったところで管理職は方針を変えませんから。

 

さて、それでも12/26からは年賀準備に集中です。

R13d4d78a6c1bf6d6080b51b747703f62

今年はコロナで帰省出来ない人も多いことでしょう。
毎年会っているのに、今年は会えなかったなんて人も多いことでしょう。

どこの局も、予想を超えて、去年よりも年賀状が多く到着しているようです。 ← ウチの局はそうでもない

 

すると管理職、突然「もっと年賀はがきの営業をして来い」と言い出しました。
そんな暇無いっつうの。

 

何しろ今年は高校生バイトを1人も募集しませんでした。 ← コロナのためって理由だけど、本当はバイト代をケチった?

 

この時期、我々が外に配達に出ている間、組立バイトさんが中で年賀状を順番に並べる作業をします。 ← 例年はね

そして夕方配達から帰って来ると、そこからはその並んだ年賀状をチェックする作業をします。

特に大型マンションなんかだと、部屋番号順にとにかく並んでると、作業も省力化出来ます。

 

ですが、今年は我々が配達に出ている間は、作業が何も進みません。

つまり、夕方まで年賀作業を全てストップしています。
で、16時頃からやっと作業開始。
もう残業時間にやっと着手出来る。そんな状態です。

さすがにそれじゃあ全然間に合いませんよね。

 

正確には年末は郵便が減るので、夕方まで配達が掛かる訳ではありません。

配達が速い人は午前中でまるっと配り終えて、午後はずっと年賀準備。
終わらなくてもあとちょっとだと、他の人が配って来てくれます。
あとちょっとの人が皆配達に出ると時間の無駄なので、まとめて2~3人で全員分を配って来ます。

そうしてなるべく多い人数を中に残して、午後は局内で年賀準備です。

 

だけど簡単に午前で配達が終るかっつうと、そうでもない。

もう全力ダッシュですよ。息が切れても階段を駆け上がります。
バイクを停めたらポストへダッシュ、ポストからバイクへダッシュ。

普段からチャッチャと走ってますが、そこまで息切れするほどは走りませんから、足へのダメージ(疲労)が凄いです。

帰宅するとちょっと飲みながら、いつの間にかコタツで眠ってます。
起き上がると足がつって、アイタタタ。
と、それが連日。

 

腹が立つのは、こんなオッサンが必死にダッシュしてるのに、、、班で数名は午前で配達完了してるのに、、、
何と普通に夕方にならないと配達が終わらない奴が居ることです。

お前、チンタラ何してんだよ!この野郎。 ← しかも若いくせに

 

普段から配達が速い人間と、遅い人間はハッキリしています。
書留が多いから遅いとか、そういう要因を逆転して、遅い奴はいつも遅いし、速い人はいつも速い。

その差が更に拡がって、仕事に支障が出るほどです。

 

どうせ持ち分を周りより減らしても帰って来ないでしょう。

だから逆に速い人の持ち分を減らして、「とにかく午前中で終わらせてね」って感じになってます。
遅い奴はむしろ周りより多めで、「どうせ終わらないんだから、16~18時指定の郵便もやって来いよ」って。

 

年末最後の日曜も、配達はありませんが局内作業はあります。

もうその日も、配達速い人間だけ出勤して、(まあ大体配達速い人間が組み立ても速いので)局内作業でした。

1人1区担当ではなく、何と「1人2区担当」しての組立作業。
さすがに朝9時から延々と組立作業を続け、18時過ぎまでの作業でした。

もうグッタリですよ。

 

それだけ必死に頑張っているのに、その作業中にも管理職が巡回して来て、「何時になったら上がれるんだ?」
と、いつものように残業終了を催促して来ます。
この人達は「帰れ、帰れ」しか言わないからイラッとします。

もうちょい人を雇えば解決する問題なのにねえ。
皆がイライラしながら作業しています。

 

それにしてもオジサン、配達速いチームですよ。凄いですよね。
その代わり、今日は休日なのです。
膝に注射打ちに行って来ます。(;´д`)トホホ

また明日から頑張らなきゃ。。

iine

2020年12月22日 (火)

転居届も確認が必要で

意外と知られてないのが、引っ越しをしたら郵便局に届けを出さないと、郵便は配達されないってことです。

「届け?ちゃんと出したよ」
って言って、市役所に届けを出して安心している人、たまに居ますね。

ウチ、今はただの民間会社ですから、市役所とは何の連絡も取り合ったりしません。
なので、郵便は郵便局に届けを出さないと。

他所の宅配業者さんだと、住所通りにジャンジャン配達しちゃいます。
前に住んでた人だろうが、これから来る入居前の人だろうが、とりあえず住所通りに配達。

ウチの場合、扱う郵便が信書と言って、個人情報が詰まってたりしますから、確認しないと配達出来ません。

もちろん届けが無いから配れません。返しちゃいましょう。
って訳では無いですが、現地に確認に行き、何度か確認の努力はするものの、最後まで確認出来ず返す場合も。

 

ちゃんと届けを出す人だと、住所の届けだけでなく、「転居届」を出す人が多いですよね。

Tenkyotodoke

これを出して置けば、旧住所宛ての郵便も新住所に送られて来ます。

 

が、
これが最近色々と問題になってます。

郵便局で書類を書かなくても、電話なのかネットなのか、とにかく身分証明書確認しないままに、届けが出せちゃう。

まあね、本人が知らないうちに、勝手に引っ越ししたことになってる。
なんてケースはほとんど無いと思いますが、空家に誰かが引っ越して来た事になってたり。

具体例は挙げませんが、悪用しようと届けを出す輩が居るみたいで。

 

と言うことで、第三者が届けた「転居届」に関しては、全て配達員が現地確認することになっています。
ほとんどは引っ越す本人が忙しいから、そのご家族が転居届を提出しているだけですけどね。
あるいは、年老いた親、それも介護が必要な場合などに、子供が自宅に引き取った場合など。

 

って言うけど、実際は難しいのですよ、これが。

入居だったら簡単ですが、問題は転出の場合ですよ。

一家全員引っ越しして居なければ、誰に確認するんでしょう。
・ピンポンが鳴らなくなった。
・車が無くなった。
・雨戸が閉まったまま。
・電気・ガスメーターが止まった。
なんて具合に雰囲気で確認出来ます。

 

が、問題なのは一部転居です。

普通に考えられるのは、子供が大学生になって下宿するから居なくなったとかね。

そんなの残ってる家族に確認すりゃ良いじゃん。
って思うでしょうけど、実はそれが出来ません。

 

なぜ?

引っ越しの理由も様々だからです。

一番問題になるのは離婚の場合です。それもDV(暴力)による離婚だったりすると、もし万が一転居住所なんか漏れたら一大事です。
いや、それどころか、「あの野郎ウチを出て行く気なのか?」なんて段階の場合もあります。

 

無駄遣いばかりの旦那が、奥さんに内緒で買い物して、ウチに届くと不味いからって、ある期間だけ別の場所へ転送してたことも。
良いか悪いかは別にして、郵便局が勝手に情報漏洩して、お客様の迷惑になることは避けなければなりません。

 

突き詰めていくと、転出の場合は結局何も出来ません。
転居届の確認と言っても、届けが出たことすら匂わせることが出来ませんから。
「最近このような転居の届けが出されたんですけど」と話し掛けるのもNGとなってます。

 

それでも上は、「間違えがあっては困るから、とにかく確認しろ」ってうるさい。
どうやって?
声を掛けたらダメって徹底したのも上の指示なのに、それをどうやって確認しろっつうのか。

以前は電話を掛けて確認してましたが、第三者の虚偽の届けだったら、そこに書かれてる電話番号だって虚偽かもしれないし。

 

この頃世知辛い世の中なのか、何かちょっと不満があると、すぐ「訴える」ってなります。

転居の話とはズレますが、配達の場面でもすぐ「訴える」とかなっちゃってます。

例えば、ポストに入らない郵便。
最近郵便が大型化して投函口から入らない。
ちょいと門を開け、ポストの裏蓋(取り出し口)からポイッと投函。

そうしたら「住居侵入で訴える」と。

 

いくらピンポン押しても聞こえない。
すぐ玄関横の部屋でTVを見てるのが分かるけど、玄関開けて「ごめん下さーい」って声を掛けるなって。
とにかく勝手に玄関を開けてはいけない。
すぐそこに居るのが分かってても、絶対に開けないこと、だそうです。

 

もっと疑問なのは、ポストにポンっと郵便を入れました。
そのままポトンと裏から落ちて、庭に落ちました。 ← 音で分かりますよね
門を開けて拾いに行ったら「住居侵入」になるから止めろと。
郵便を庭に落としっ放しの方が怒られそうですけどね。

 

とにかく上は「訴えられる」のを恐れて、あれもやるな、これもやるな。だけど配達は早く終わらせろとうるさい。

ポストの裏からポンと入れれば終わる物を、わざわざピンポン押して配達。
しかも留守なら不在票を入れろだと。
もう配達が進まなくてイライラしちゃいます。

 

実際はお客さんはピンポン押して聞こえてなかったら、ドアをガンガン叩いてくれて結構とか言ってたりします。
それどころか、玄関開けて荷物置いてってくれって言ってる人も居ます。

だけど上はうるさいです。

 

結果、配達員に「居たのに」ってクレームが来たり。 ← ええ、知ってますよ。居ましたよね。

でも現状は「居たんだって、これからは気を付けろ」って怒られた方がマシな状況が続いています。

 

上はこんなことも言います。
「いくら焦ってても誤配は絶対にしないように。訴えられたら皆さんは裁判所で何て言い訳するんですか?郵便がくっ付いてて誤配したなんて言うんですか?それで相手が納得すると思いますか?」

あのなあ。法廷にいちいち配達員が出て裁かれちゃうのか?

一体ここはどういう会社なんだよ。
あれやれ、これやれ。それは分かる。
けど、言った通りにやってミスが発生したら、そこから先は会社が窓口になるのが普通なんじゃないのかなあ?

会社が訴えられてるのに、配達員個人を被告人にするつもりか?

 

証言の場が与えられたら、オイラだったら会社の無茶な現状を訴えますけどね。(笑)

それこそ年賀はがきの自爆営業が問題になってニュースで取り上げられたようにね。

かんぽの強引な営業もそうだし、全部上からの無茶なノルマのせいだろうに。
あの時も「暴走した社員をコントロール出来なかった責任は感じてます」って他人事でしたっけねえ。

 

ニャハハ。

年賀状配達も、経費削減で年末年始のバイトを0人にしちゃったけど、どうなることやらです。

コロナで例年より年賀はがきの販売も多いようで。
予想を上回る枚数が売れてるみたいで、ウチの局も慌てて「もっと売れ、チラシを撒け」とグッタリです。

先月終わりにチラシの全戸配布を終えたばかりなのに、10日もしないうちに「もう1回全戸配布しろー」と。
さすがに班長も、「無駄なことはやめようよ」って。

だってさあ、一方では夕方小包(四輪)の応援に出るんだから、早く帰って来いと言いつつですから。

 

いやもう、愚痴が止まりませんよ。(;´д`)トホホ

 

あっ、でも今年に限って言えば、「仕事があるだけマシ」って話もありますけどね。

iine

バーコード郵便が大量過ぎて

年々減り続ける郵便。
今や個人間の連絡なんざ、メールやLINEでお手軽に出来ます。
しかもネットだと無料(ほとんど定額契約)ですから、こりゃあ郵便なんて減る訳です。

配ってる郵便もほとんどがDM系。あるいは公共料金系。
普通に切手を貼って個人が送る手紙やらハガキなんて壊滅状態です。

朝のミーティングでも、「本日の要配数(郵便の数)は55000。65%です」なんて具合に、その日の郵便の数を発表しちゃあ、このぐらいの数だったら余裕で定時退社でしょ。
って感じで上は余裕のつもりで長々とミーティングをする。

また、「今日は時間があるから、営業もだけど、まずは年賀のチラシ配りして下さい」なんて。

 

ふっ、分かってないね。 ← 最近は状況は分かって来て定時退社とは言わなくなったけど・・・

 

郵便が激減しても終わらない理由はズバリ。
通販物(Amazonとかね)が多くて、それも積み切れないほど多くて悲鳴を上げてるのですよ。
バーコードが付いた郵便で、配達する度に端末で「配達完了」と入力する郵便。
普通郵便と違って嵩張るので、ポストに入らない場合も多く、いちいちピンポンしたり不在票を書いたり。 ← イライラの原因っす

 

配達しない背広組が考える新商品って、これ儲かるの?人件費考えたらかえって赤字じゃないの?なんてものが多い。

ポストに入らない→ ピンポンする→ 不在票を書く→ 再配達→ 再配依頼しといて留守(なんてことも)

 

最近の商品でポストに入らないと言えばコレ。
ゆうパケットプラス。
375円(箱代を合わせても440円)で全国一律、どこへでも送れますってやつ。

そりゃあポストにポンって入れば良いけど、ほとんどピンポンして対面配達。
しかもバイクに積む時は嵩張るんだこれが。

Yu01

だって、今、1日に配達するバーコード郵便の数と来たら、多い日は100本超える日も。
入力物って話なので書留と合わせた数ですけど、純粋にバーコードものだけでも50~70ぐらいあったりして。
バイクのボックスの半分以上は、バーコードもので埋まってます。

上は、「昼休みは時間通りに帰局しろ。ちゃんと休憩すること」なんて言って、立ち番までしていますが、こっちからしたら
「午前中に〇〇番地まで進めとかないと、午後荷物が積み切れないだろうが」
みたいな焦りもあります。

 

それから本来はそこまで嵩張らないレターパック。
赤いのは対面配達でハンコを貰うやつ。青いのはポストに投函するだけのやつ。
金額に差がありますが、まあ書留みたいにハンコ貰うから、確実ってのはありますよね。
それと赤いのは速達扱い。

Yu02

 

つまり確実に届きますよっつう安心感の差だったと思ったんですけど。
意外な所に大きな差があって、それは何かと言うと送れるものの厚さ制限。
上の写真を見て貰うと分かりますが、青い方は3cmまで。
赤い方は特に制限はなく4kgまでなら何でもあり。

まあ3cmを超えちゃったら赤いの使ってねって感じ。

 

ところが、厚さ無制限って解釈が、、こんな使い方まで生み出しちゃって。

Yu03

おいっ、もう小包と変わんないじゃんかよ。これで510円。しかも全国一律料金ぜよ。
(⌒▽⌒)アハハ!

真似しないで下さいよ。 ← 違反じゃないから仕方ないか

 

ほとんど連日バーコード郵便配りですよ。
もう過積載。ピンポンして配れればまだ良いけど、留守でそのまま積んでると、下に積んだ郵便を取り出すのもままなりませぬ。

なるべく綺麗に順番に積んで行きたいけれど、中途半端な大きさのゆうパケプラスなんか、積み辛いこと。
順番とは別に隙間にねじ込んで行くと、忘れて次へ行っちゃって順路を戻って来たり。(;^_^A

朝積んだ大量の郵便を、昼には空にして戻らないと、午後の郵便が積めません状態が続いてます。

 

更に更に、お歳暮シーズンからの帰省暮だったり。
コロナ禍で、マスクやらお米やら、とにかく小包も例年の150%とか言う時期もありまして。
午前中必死に頑張って郵便を減らしたのに、昼に小包がいっぱい四輪から二輪へ送られて来ます。 ← 四輪の応援

それでも足りず、夕方になるとバイクに小包を積んで、本来なら出ない3度目の配達へ。

 

残業が減り、稼ぎも減り、いつもなら3度目の配達に出るなんて言ったらニコニコする輩も居ますが、今はそれより早く終わりたい。早く帰りたい。

「今日小包応援に出れる人?」
「シーン・・・」
「誰か居ねえのかよ」
「シーン・・・」

てな具合。

 

バイクに満載したって個数にしたらたかが知れてます。

大きさにもよりますが、9個、10個ぐらいしか積めません。そのくらい車でやってよ。

もうこの頃は真っ暗だし、震えるほど寒いし。
しかも雨だったり雹だったり。
自分の仕事が終わってから、四輪の応援に出るなんて・・・。

 

それを24日までやるなんて言ってますから。
もう班内もギスギスしちゃって大変。

「嫌なら良いよ、使えねえ野郎だな」とか、「何で俺ばっかり持ち分多いんだよ」とか。

挨拶しても無視する奴とか(こっちも無視)、机蹴っ飛ばす奴とか、もう笑顔の無い職場ですよ。

 

帰宅するとバタンキューの日々。
そして夜中に目が覚めて寝れなくなったりです。

 

局内もだけど、最近はお客さんもギスギスしちゃって、すぐに「訴える」だの何だのって。

おっともう夜中じゃないですか。
目が冴えて眠れないから、つい更新しちゃいましたけど、寝なきゃ。

では皆さん、久し振りの更新でしたが、近況報告ってことで。m(__)m

iine

2020年12月 5日 (土)

もう限界じゃないの

仕事もメリハリが無いとやってられません。
今みたいな繁忙期(お歳暮・年賀状)は忙しくても、それ以外はマイペースでやれるとまだ何とかなります。

暇なニッパチだって、ただ楽してる訳じゃなくて、その時期にしか出来ない通区訓練(新しい区を覚える)をしたりしてたんです。
精通者が、新たに覚える人間を後ろに従えて、グルっと順路を一回り。
ここはこんな所(階段の裏とか)にポストがあるんだぜなんて教えたり。

さすがに真夏の猛暑日だと、ゴメン早く帰りますみたいな?
そのくらい良いと思いませんか? ← ちゃんと有給使ってるんだし

 

まあね、「いや有給なんて取れないのが普通だから」って言われたら、そうかもしれませんけど。
郵便配達の場合、郵便を全部配ったら、もう配る物が無いわけで。
毎日洗車したってしょうがないし。

そう思ってたら、今はその無駄な時間(上は経費削減のため空き時間は無駄と判断します)を撲滅するためなのか、とにかく班の人員を減らして来ます。

余剰人員をカットしたつもりが、本人都合の辞職もあり、今度はその穴が埋まらない。
たまに応募があると、普通なら欠員が多い班に配属されるんだけど、その欠員の考え方がまた厳しい。

何が厳しいかっつうと、-2人でも何とかなってる班と、-1人でもアップアップの班とだと、-1人の方に補充する。
上は残業を減らしたいから、その方が合理的と思ってるのかもしれません。

 

でも、その仕事に対する集中度と言うか、危うさと言うか、それはもう大違い。
ちょっとペチャクチャ喋ってる人間が居たりする班もあれば、ウチみたいに誰もひと言も喋らず、張り詰めている班もある。
ウチの班は全員驚くほど出発が早いです。

隣の班は1人の持ち分3.5hで、ウチの班は5.0h。
もう全然違うのに、ウチの班員が残業してる日は、隣の班も似たような残業をしてる。
(つまり配達の中身・密度が全然違うってこと)

じゃあ、ウチの班が特別優秀かっつうと、そこまでじゃない。
現に雨が降れば、隣の班なんかサッサと帰局します。 ← てことは普段は90%ぐらいなのかも

 

ウチは速い分、誤配や苦情が物凄く多い。
管理者からは、「また〇班だ。そこばっかりじゃないか」と怒られることも多い。

だけど言い訳というか、それ当たり前じゃないの?

よくある苦情は、「居たのに不在票が入った」
だって、のんびりピンポン何回も押して待ち続けてられません。まあ2回ぐらいは押しますけど。

とにかく午前中に3.0h分(最低でも2.5h)くらい終わらせないと、下手したら午後荷物が積み切れないですから。

誤配も多いし、この前なんか小包を1個路上に落っことして気付かなかったらしい。 ← 拾った方が通報してくれて紛失せず
(好意での連絡ではなく、苦情としての通報ですけどね)

 

そんなだから、どうもこの頃皆さん限界のようで。 ← オジサンなんかとっくに限界ですよ、本心は

いよいよ迎えたお歳暮シーズン。

1446451151_49416

 

昔は、お歳暮=12/1配達でした。
だから12/1の忙しさと言ったら凄まじい。バイクチームも夕方からお歳暮だけを積んで出発でした。
更に四輪を借りて出発することも。

今は、これまた経費削減なんでしょう。

12/1配達ではなく、「12/1以降配達」となってます。
つまり12/1,2,3・・・と、10日ぐらい掛けて配達します。
もちろんそれでも定時なんかじゃ終わりません。四輪が捌き切れない班はバイクチームも応援です。

 

普通は我々が帰局した後、四輪の様子を見に行き、どの町の荷物が捌けないのか、それによって誰が出るかを決めます。
その区を知っている人間が出るのが基本です。

だけど、正直誰だって出たくない訳ですよ。もうクタクタですから。

それと「良いですよ」って承知する人も居れば、渋る人も居たり、「今日は用事があるので」ってノーと言う人も居ます。
で、今は夕方いきなり決めるんじゃなくて、ある程度昼のうちに予測しておいて、

「今日は〇班、夕方お願いするかも」

って早めに予告されます。
それで昼のミーティングで、「今日もしお願いされたら誰かお願いしますね」と。

 

実は先週(まだお歳暮前ですが)そんなような日があったようです。
たまたま私は非番だったんですが、一触即発じゃないけど、班員同志が揉めたようで。

副班長が「今日出れる人居る?」って聞いたら、誰も応えなかったらしい。
返事をしないと言うより、全員がノー。
副班長もその場では怒らず、「まあ、まだあるかどうか分かりませんが、もし荷物があったら誰かお願いしますよ。もちろん俺も」と。

 

そして夕方。荷物があったのですが、それでも渋る面々。
1人、「じゃあ俺出ますよ。その区知らないんで、地図貸して下さい」と何とかその場を収めたみたいで。

いやいや、普通さあ、その区を知ってる人間が出るものですよ。
真っ暗な中、地図を調べながらなんてねえ。

副班長もその1人にお礼を言い、「あのAとかBとかよ、ざけんなよ。正社員のくせによ」と吐き捨ててたそうです。
何だかよく分かりませんが、日頃からキツイ物言いの副班長に反発もあるみたいで。

へえー、オジサン、班内のそう言ったギスギスを知らな過ぎましたね。
怖い、怖い。

 

今月のお歳暮も早速応援が必要で、昼のミーティングで班長が「誰か出れる人?」
って聞くと、Aさんと私が「ハイッ!」と手を挙げ終了。

その時点では先週の揉め事をしらなかったオジサン、手を挙げる人が少なくてちょっとビックリ。
てか普通「出れる人?」なんて聞かないですから。だって仕事だから。

夕方応援が必要って話で四輪の所へ行くと、大きな荷物ばっかりで、ほとんど積めません。
「小さいのだけで良いからお願いしますよ」
て言うけど、四輪が思う小さい荷物って、バイクにしたら意外と大きい。

結局小さいのだけ拾ったら4個だっけ?たったのですよ、たったの。
2人で応援に出て8,9個しかない。

だったら四輪1人でやれよって話ですが。

 

たったの4個配るだけなのに、50分ぐらい残業しちゃいましたよ。(*'▽')
だって現地まで15分、往復で30分掛かるからそんなもん。
日頃口うるさく「帰れ、帰れ」言われてる身としては、こんな美味しい仕事はない。

するってえと、応援を断ったBさんが、「ハルさん、美味しい仕事ですねえ」だと。
だったら君が行けば?って思う気持ちもあったりして

 

今週は、朝班の速達を各区に分ける係が、「俺、今週もう2日続けてやってるんで誰か代わって下さいよ」とギブアップ。
速達だけじゃなく、通販物を全部分けるから、物凄くストレスな仕事なのは確か。
だけど、その日の配達業務量を見て、負担が少ない人に振り分けてるんだから。
(彼が一番少なくはないけど、その仕事とても出来ない人も居ますから)

結局頼まれて、オジサンが代わってあげましたよ。
そうしたら急に2人も手伝ってくれちゃって、オジサン嬉しかったですよ。
捨てる神あれば拾う神あり。

 

この頃は本当ギスギスしてます。

誰が楽してるとかズルイとか。
案外一番楽な人間ほど文句言ってたりするから参っちゃいます。

 

そろそろ1人補充してくれないかね。
オジサンももう限界ですって。(;^_^A

iine

2020年12月 4日 (金)

牛丼生活11か月目

いやあー、もう生活が苦しくて。

ただいま郵便配達をしていますが、私が最初にバイトで入った時は、時給1000円。
当時は無職だったし、コンビニバイトなんか7~800円ぐらいだったから、まあ良いかなって。

でも時給だと2月なんか、そりゃもう苦しかったですよ。
週休2日だから実働20日/月。
1日8000円だから月16万円。
ニッパチは暇で残業も0で、手取り14万とかね。

8~17時フルタイムで働いて14万。途方に暮れますよね。
31日の月だとそれより+24000円。全然違います。 ← って言ってもそんなもんですから

時給がワンランク(+80円)上がった時は、+640円/日だから、えーとランチ分くらいは浮いたことになるのか。と大喜び。

 

まあそんなでしたから、お昼はと言うと、とにかく安い店を探して・・・って牛丼屋オンリーでしたよ。

会社の近くにすき家と松屋があるんですが、その時々で安い方へ行ってましたよ。
何月何日まで牛丼260円です。とか言うとすぐそっちへ鞍替え。

丸2年くらい、ずーーっと牛丼並でした。(笑)

その後、時給は徐々に上がり、牛丼から豚骨ラーメンに格上げしましたが、今年の人間ドックで色々見つかり。
それと体重も増えて来たので、また牛丼に戻しました。

 

色々種類はありますが、牛丼並一本やりです。
なぜ?はい、安いからです。
牛丼並350円也。
Photo_gyudon_100100

 

これに-70円引きのSukipassを買うと、毎回280円で牛丼並が食べられます。

Photo_20191129_sukipass

 

バイトの最後は時給1600円でしたが、社員になって給料は逆戻りです。あり得んよね。

ちゃんとした社員のワンランク下。限定社員って身分。
仕事上の違いは単に転勤が無いっつうだけの話でして。
転勤ぐらいすりゃ良い―じゃん、って言われそうですが、本人の希望じゃなくてその形の社員しか採用しないのですよ。
高卒の新卒なんかも、すべてそれ。メチャメチャ給料が安い。

何しろバイトの最低時給以下っつうんだから舐めてます。

「月々は安いけど、ぼうなすを合わせたらトントンかな?」みたいな説明だったのに。

いざ採用になったら給料ガタ減り。
「トントンじゃなくて安くなりましたよ」って管理職に話したら、
「やっぱりそうだったか」だと。 ← やっぱりそうだったかじゃないよ

そう言う所は事前にちゃんと説明して欲しいですよね。

 

その後も、どっかのバイトが「正社員と同じ待遇を!」なんて裁判を起こして勝訴。
社員にだけ出てた年末年始手当。これなんか同じに出ることになり、正社員の手当てがカットになりました。 ← 高い方に合わせろよ
年末手当0、年始は三が日だけ5千円。と言っても2日は休日になっちゃったからねえ。

住居手当も、限定社員だけカット。 ← 何だよそれ。

バイトが「社員と同じ待遇を」って言うなら、逆に訴えてやりたいですよ。同じ賃金(時給)に下がってから言えって。

 

まあ若干他に手当てもあるんですが、引かれる分も増えるから、プラマイで言うとやっぱりマイナス。(´Д⊂グスン

 

と、いつものように話が逸れてますが、

そうそう牛丼280円生活も、遂に今月で11か月目です。 ← 身体壊しそう

 

行くと、可愛いお姉さんが、「いつもありがとうございます。またお願いします」ってニッコリしてくれます。
注文を取りに来る際も、牛丼並ですよね、私ちゃんと覚えてますからね。って感じで嬉しかったり。

ところがですよ。

今日は何だか不愛想な姉ちゃんが注文取りに来て。
こっちが注文を言う前から、牛丼並だろどうせ、みたいな感じ。
実際オーダーする前に向こうから、「牛丼並でよろしいですか?」って言われたし。

そして、ここが大事なんですが、可愛いお姉さんが物凄くそっけなくて、余所余所しい。
今まで無かったことですよ、これは。

大事件です。

 

私が思うに。
きっと店内では、「まったあのオヤジだよ。いつも牛丼並しか頼まねえの。もう毎日来るんだぜ」みたいな会話でもあったのでしょう。

 

被害妄想?
いや絶対あるから。

 

さて、明日からどうしようね。
まさかいきなり牛丼サラダセットなんて頼む訳にも行かないしなあ。
そんなことしたら、「あのオヤジどうしちゃったんだ?サラダセットだってよウケる」とか言われそう。

以前ね、牛丼並生活を2年したと言いましたが、その時はたまにカレーなんか食べることもありました。
で、
レジでお金を払おうとしたら、「290円、あっ、失礼しました480円です」なんてことも。(当時の値段)
もう恥ずかし過ぎますよね。

 

今日の夜のご飯は、肉無しカレーでした。もっと薄めてスープカレーにしようかな。(笑)

これじゃあ頑張っても経済は回らないですね。(^_-)-☆

iine

より以前の記事一覧

フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ