旅行・地域

2020年10月28日 (水)

大石公園へ

やっと晴れ(曇りかな?)の日が続いて、さあ、そろそろ山へ行かねばと思っています。 ← 行動が伴わないですが

昨日は定時退社。
早寝して、1時に起きれたら一切経山、3時に起きれたら谷川岳、といよいよやる気に。

ところが布団ではなく、コタツで早寝してしまい、23時に起きたけど寝方が悪かったのか、首が痛い。
2時間程寝直すものの、痛みは全然治まりませぬ。
更に2時間寝てみたものの、やっぱりダメ。 ← きっとやる気が無いのでしょう

 

結局5時に起きて、やる気があれば高尾山や塔ノ岳に行ったでしょうが、やっぱりダメ。
じゃあ紅葉を見に日光でも、、なんて思ったけど、何年か前にいろは坂の大渋滞を経験したのを思い出し尻ごみ。

 

そうしてズルズルと家ゴロ生活をしてしまう昨今。
今日はとにかく外に出よう。
そうしないと腐ってしまう。 ← 心も体もネ

 

てな訳で、比較的近場で紅葉が期待出来る場所を探して行って来ました。
それがココ。
河口湖です。

Kawa01

 

桜前線が北上する時、ここ河口湖は周辺に比べて開花が遅い。
つまり気温が低いってことで、紅葉前線は逆に早いのではと。

そして最近知ったのですが、湖畔の大石公園ではコキアが紅く色づいているとか。

Kawa02

 

じゃーん。こんな感じ。
撮影する人も割と居て、いつカメラを向けても、ほとんど人が入っちゃいます。

Kawa03

 

なかなかシャッターチャンスが無いので、諦めて移動します。
湖面のさざ波も、これはこれで美しい。

Kawa04

 

またコキア畑がありました。
うーん、やっぱり人が多いです。

Kawa05

 

今度は大石公園を脱出して移動。
遊覧船乗り場の駐車場へ。ここは真っ赤な紅葉ありです。

Kawa06

 

丁度遊覧船が出発したので、1枚撮っておきましょうかね。

Kawa07

 

山には行かれなかったけど、良い気分転換にはなりました。

春は桜追っ掛けで山は休みますが、秋も紅葉追っ掛けしたら楽しいかもしれませんよね。
TVを見てたら、軽井沢の紅葉が凄く素敵でした。
後は日光・竜頭の滝とか、新潟・苗場とか、行きたい場所はあるけどなかなか。

あっと言う間に紅葉も終っちゃうから。頑張らないとですね。(^^)v

 

追加でスマホ写真を1枚。

Kawa08

 

最近のスマホは、カメラの性能も素晴らしいですね。(嬉しいような、ちょっと複雑です)

iine

2020年10月24日 (土)

昇仙峡へ

病院通いから解放され、さあ山に行くぞって思ってから、ダラダラと時間だけが過ぎて行きます。

せっかくだから高い山へ行きたい。
遠くの有名な山、高い山、そう考えると必然的に夜中出発になる。
で、夜中に起きては、「眠い。やめとこ」の繰り返し。

なぜ眠いのか、なぜ疲れているのか。
もちろん仕事で身体を酷使しているからなのだが、それを言ってたらずっとどこへも行かれない。

もう山歩きじゃなくても良いじゃん。
とにかく外へ出よう。
車で走るだけでも良いじゃん。

 

と、軽い気持ちで臨んだのがここ。
山梨・昇仙峡。

Syou02

 

確か子供の時に、家族で来て歩いたはずなんだけど、まるで記憶にありません。
まあ歩き直すのも良いかな。

Syou01

 

計画ではハイキングコースの真ん中あたりまで車で行って、真ん中より上の方だけ歩く予定だったのに。
渓谷沿いの道が狭かったので、車を下に停めて、下から歩くことに。

Syou03

 

石門。なんか妙義山のような景色。

Syou04

 

上の屋根になっている岩は、下の岩とは接触していない。こんなことがあるのかな。

Syou05

 

写真だと青空っぽいけど、実際は曇り空で今にも降りそうな天気。
仙峨滝。
まあこの辺りまで来れれば満足と言うことで。

Syou06

 

同じ道をピストンで帰ります。

Syou07

 

実は持って行ったデジカメが、バッテリー切れで1枚も撮影出来ず。
スマホ撮影のみになっちゃいました。

なので「〇〇岩」と名前が付いた岩もいっぱいありましたが、残念。写真は撮れませんでした。

昔の記憶は蘇らず。
でも確かに歩いたはず、としか。

 

景色としては、なかなかのものですね。
紅葉はまだちょっと先みたいです。(^^)v

iine

2020年5月29日 (金)

鎌倉天園のはずが

緊急事態が解除になり、やっと表に出れます。
仕事では毎日表に居ましたが、休日に散歩以外で出歩けるとなれば、もう山に行くしか無いですよね。( ̄ー ̄)ニヤリ

2月に三浦アルプスを歩いて以来(記事は3月に書きました)だから、3か月振りなのか。
例年通り、3月は梅&桜追っ掛け。4月も桜前線を追い掛けて・・・と思ったら外出自粛になりました。

さて、その久し振りの山はどこへ行こうか。

 

まだ県外への移動は許可されてないので、となると塔ノ岳かぁ。いきなりのバカ尾根は無理だろう。

実は前日は仕事が夜勤で、その夜勤後にジョギングなんかしちゃって、早起きも出来ないくらいグッタリだったのでした。
もう完全に明るくなってから、手軽に登れそうな「鎌倉天園ハイキング」に決めたのでした。

いつものように金沢文庫駅をスタート地点にして、六国峠~天園へと歩き、鎌倉or北鎌倉まで歩くとしましょう。

 

まずは駅から住宅地を歩き、六国峠の入口へ。

Img_0001_20200529195101

 

なだらかな階段を昇って行くと幼稚園児がハイキングに来ていました。
すれ違う人も久し振りっぽい感じです。
長く人が歩いていなかったのか、草が生い茂り、いつもとはちょっと違う雰囲気。
ブランクも長く、いつもはスイスイ歩く階段も、心なしか息切れ気味。

Img_0002_20200529195101

 

1時間ほど歩くと金沢動物園へ到着。駐車場には車が0台。まだ開園していないのかも。
緊急事態解除=全面解除って訳でも無いようです。

Img_0003_20200529195101

 

ここからが鎌倉天園コース。まずは横横道路の上を渡ります。

Img_0004_20200529195101

 

もう何度も歩いた道なので、これと言って写真を撮る事も無く歩いて行きますが、途中通行止めになっています。
分岐を通行許可になっている方へ進みますが、どうも本来行きたい方向へは向かってくれません。

ピンクのリボンはあるのですが、歩いて行くと行き止まり。
戻っては違う分岐へ進みますが、行けども行けども行き止まり。

広い道はこんな感じ。鎌倉時代に武士が戦うために利用した切通し。
これで道が間違ってるなんてあり得ません。
でも行き止まりになっちゃうんですね、これが。

崖崩れ、通行止め、まあ何度も歩き直しますが、鎌倉へ近づいている雰囲気は無し。

Img_0005_20200529195101

 

倒木を切って通れるようにしてあります。道は合ってるって事ですよね。

Img_0006_20200529195101

 

迷いながら歩いていると、下に何か会社が見えます。とりあえず山から下りる事は出来そうです。

Img_0007_20200529195101

 

山から下りて何とか車道に出ると、そこは朝比奈峠。GPSで調べると、鎌倉へはこのまま車道を1時間半も歩かなければなりません。
山道を1時間半ならば歩きますが、車道を1時間半歩くのは楽しくない。
それに街中を歩くとなれば、マスク着用と言うことに。

あー、やめやめ。

Img_0008_20200529195101

 

鎌倉は諦めて、引き返す感じに車道歩きをし、六浦駅へ。
体力的に歩けるかどうかじゃなくて、迷子になって終了と言う残念登山。

でも途中の正しい道は通行止めだったからしょうがないですね。

歩いてみての感想は、「ヤバイ、久々過ぎて歩けまへん」

これバカ尾根だったら途中で嫌になってましたね。

これじゃあ北アは遥かに遠いです。
(連日のジョギングで足に疲労が溜まってたって言うのはあるけど、それにしてもダメですわ)

正式に県外に出ても良いのは6/19からだそうで。

その前にもうちょい足慣らしせんと。

 

県外に行かれるようになったとしても、あまり険しい山は無理っぽいなあ。

白駒池なんか狙ってみようかねえ。

無理に山じゃなくても、綺麗な景色を見に行くだけでも良いかもね。(^_-)-☆

iine

2020年3月 5日 (木)

三浦アルプス②

いつからだろう、三浦アルプスなんて名前が付いたのは。
昔は二子山って名前の山があっただけ。
今はそんな二子山なんて呼び方、ほとんど聞きません。
田浦から逗子・葉山まで、三浦半島を横断するように歩けるハイキングコース。でも山らしき山は二子山と仙元山ぐらいか。

アルプスって言うくらいだから、近くの大楠山や鷹取山も含めて三浦アルプスなんだろうか。
(大楠山とは無理矢理繋げて歩けますが、鷹取山はちょっと離れ過ぎかも)

人を呼ぶために無理矢理アルプスにしたんだろうなあ。
思えばここ横須賀市も知らないうちに「カレーの街」なんて名乗ってるし。

 

「梅の里」を抜けて直進すると、横浜・横須賀道路の上を渡り、山歩きっぽくなって来ます。
こんな三浦半島からも富士山が見えます。それも意外と大きくね。

Img_0020_20200305072401

 

振り返ると今上を渡って来た横横道路が見え、その向こうには東京湾。ベイブリッジも見えます。

Img_0026_20200305072401

 

この二子山はどの道が正しいのか分かり辛いです。
初めて行った時は迷子になり、途中他のハイカーさんに道を尋ねるとその方々も迷子。右往左往し行ったり来たり、挙句山頂には着かずに葉山へ。
何しろ山と言うより、子供の頃に遊んだ野山の獣道程度ですから。

Img_0027_20200305072401

 

しかも途中は川の中を歩く必要も。最初はこれが分からなかったです。
この日も川への分岐点手前で家族連れの声が聞こえて来ました。
「本当にこっちで良いの?」「引き返そうよ」

やっぱり案内がしっかりしてないから分かり辛いです。

Img_0028_20200305072401

 

私は過去に数回迷っているので、今回は難なく山頂へ。
まあ景色は途中で見える物と変わらないです。
何しろこの二子山、207mしかありませんから。
三浦半島最高峰の大楠山でも242m。低山と呼ぶよりは子供の頃に遊んだ裏山のようです。

Img_0029_20200305072401

 

山頂もこんな展望台があるだけ。川の中を歩くことが無ければ、普通の運動靴で十分です。

Img_0032_20200305072401

 

実は前回、無事山頂に到着で安心したら、何と下山で迷子になるというなかなかの名山、いや迷山。
(山のせいじゃなくて、自分が方向音痴なだけかもですが)

今回は迷子にならないよう、森戸方面でなく最短で一般道へ下りられる南郷中学校方面へ下山。
もしかしたら一度も迷わずに下山まで出来たのは初めてかも。(^^)v

 

最近山へ持って行くお昼ごはん、お気に入りはコレ。
ファミマのあんバターフランス。

Yamamesi

一時期はカレーパンばっかりだったけど、少し甘いのも入れてみました。
膝が痛まない程度に、ボチボチと山歩きを楽しむ事にします。

iine

三浦アルプス①

世の中コロナウィルスの影響で、色々と自粛ムードです。
コンサート、プロ野球・サッカー、屋形船(こんなの名指しするほど利用者が居るとも思えませんが)、などなど。
もっと危なそうなパチンコについては何も言わなかったり。
なぜか病院に来る人も減ったり。(整形に注射を打ちに行ったらガラガラ。普段から来る必要無いのでは?)

日本人って極端だからね。
オウム事件が起きて、全国からゴミ箱が撤去され、四半世紀経ってもゴミ箱は戻って来ない。
観光地でもゴミはお持ち帰り。
犬のウ〇コだってビニール袋で持ち帰り。それどころかペットボトルを持ち歩いて、小の後始末まで。

一度ルールが決まると、それに反したらもう昔で言う非国民みたいな扱い。

だからきっと屋形船業界も迷惑してるはず。満員電車やタクシーの方がずっと危ないと思うけどなあ。
あと普通の居酒屋とかね。

 

まあそんな訳で、今は外出自粛ムード。
この記事は先日冬休みだった時のもの。

 

水戸偕楽園、幕山、曽我梅林と続けて梅を見に行き、徐々に金欠、もっとお金の掛からない所へってことで、田浦梅の里~三浦アルプスへと梅&山歩きを楽しんで来ました。

JR田浦駅 or 京急田浦駅下車、普通に住宅地を歩いて行く(目印は梅まつりの幟)と梅の里入口へ到着。
ここからは階段を昇って行きます。

Img_0001_20200305004501

 

それほど標高は高くないのに、他の梅林より満開が遅いので、期待はしてませんでした。
まだ早いだろうと思いつつ行ってみました。

Img_0002_20200305004501

 

予想通りまだ早かったです。

Img_0003_20200305004501

 

でも頂上の広場は陽当りが良いのか、結構満開に近い状態でした。

Img_0008_20200305004501

 

咲いている枝を選んで写真を撮ります。

Img_0011_20200305004501

 

自粛前の2月下旬。平日なのに結構人が居ます。

Img_0012_20200305004501

 

シートを敷いてご飯を食べている人達も。
展望台からは東京湾。遠くには房総半島も見えます。海ほたるなんかも見えるんですよねえ。

Img_0018_20200305004501

 

思ったより咲いてた。やっぱり暖冬ですね。

Img_0019_20200305004501

 

さて、では梅の里を通り抜けて、そのまま三浦アルプスへ向かうとしましょう。

iine

2020年2月22日 (土)

袋田の滝

偕楽園、弘道館と庭園を見て回り、さてお次は。

一緒に行った彼が見たがったのは袋田の滝。
寒い年は、滝が凍るのだとか。

私の車はノーマルタイヤなので、凍る滝は見に行かれませんが、今年は凍ってるはずはありません。
それでもやっぱり行ってみたいらしい。
私も一度も行った事が無いので興味あり。

で、弘道館からだと片道50km。結構遠い―ねえ。
まあ道路も空いていそうだし、行ってみる事にしましょう。

 

滝へ続くトンネルを歩いて行くと、右へ道が開けて展望台があります。
滝を見上げるような感じで。水量豊富な滝ですね。

Img_0024_20200222034901

 

四度の滝、だそうです。

Img_0025_20200222034901

 

広がって流れ落ちる滝。

Img_0027_20200222035601

 

エレベーターでもう一段上に昇ると、上の展望台からは見下ろすように滝が見えます。

Img_0030_20200222034901

 

これが有名な袋田の滝かぁ。紅葉シーズンなんかきっと良いのでしょうね。

Img_0032_20200222034901

 

偕楽園に袋田の滝、全然予定に無かった遠征でしたが楽しめました。
帰りは日が暮れた後の首都高。ちょいと苦手な道路ですが無事帰宅。めでたしめでたし。

次は梅か桜か、はたまた山か。遊びに忙しくなりそうです。(^^)v

iine

2020年2月 9日 (日)

横浜さんぽ

今週は猛烈に忙しいです。
郵便が減っているのに忙しい。一番楽なはずの2月なのに忙しい。
それはなぜか?それは人が居ないからです。

と、
仕事の話はこのくらいにして、最近まるで更新出来ませんが、先週の横浜を散歩した時の写真です。

 

新携帯に機種変して、携帯のカメラを試したく横浜みなとみらい地区を散歩して来ました。

前回は、携帯の写真だけお見せしたので、今回は比較のためコンデジ写真をば。

 

コースをおさらいすると、京急・日ノ出町駅から歩いて伊勢佐木町へ。(伊勢佐木町ブルースの伊勢佐木町です)
そのまま関内を通過、横浜スタジアムを通過、山下公園へ。

最初の1枚がこれ。1週間経ったら何の像か、名前忘れちゃいました。(><)

Yoko01

 

氷川丸。自分が幼稚園児(小学生だったかなあ)の頃に中に入った覚えが。もう50年以上前で忘れました。
先週は良い天気で青空が真っ青、気持ち良いです。

Yoko02

 

鎖の上に並ぶウミネコもご機嫌かも。

Yoko03

 

大桟橋。今日は遠くから眺めて通過。

Yoo04

 

ベイブリッジも綺麗に見えてます。

Yoko05

 

赤レンガ倉庫。

Yoko06

 

でもって、先日の携帯写真を撮った場所から、比較のためコンデジでも1枚。

Yoko07

 

ちなみに先日の携帯カメラの写真がこれ。うーん。

Img_0265

 

どっちが実際の風景に近いのかはともかく、携帯恐るべし。
携帯の方が綺麗に撮れてるようにも見えますよね。ちょっと複雑。(;^_^A

せっかくの新携帯だから、写真は綺麗に撮れた方が嬉しいです。
が、コンデジより綺麗に撮れちゃうとなると、それはそれで何かねえ。

嬉しいような、悲しいような、分かります?

まあ良いや。

 

最後はモンベルみなとみらい店へ。

本当は20Lぐらいのザックが欲しかったんですが、なかなかピンと来る物が無くて、スパッツを買って帰りました。(^^)v

iine

2020年1月 9日 (木)

日本平夢テラス、からの③

カーナビを羽衣の松にセットしたまま、その少し先の真崎海岸を目指します。
ハッピーのパパさんに教わった灯台Pへ。
ですが、よく分からない。どんどん道が細くなり、行き止まりになりそうな。
もっと先まで行けそうでしたが、三保海浜公園P(だったかな?)に停めて、後は歩く事にします。

 

うわぁー、見間違えじゃないです。やっぱり頭が顔を出してます。感激です。
海岸名は三保海岸、教わった真崎海岸ではありません。
案内では真崎海岸まで1.1km。そのくらいなら歩いちゃおうかと思いましたが、途中道が崩れて砂浜を歩いたり。
そうしたら途端に歩き辛くなって、途中でやめました。

Img_0021_20200109000301

 

中腹に雲は掛かるものの、まずまず綺麗に見えてます。
さっきまでは何も見えず、まあ昼になったら無理だよねって諦めてたことを考えると奇跡です。

Img_0026_20200109000301

 

無風。

Img_0027_20200109000301

 

砂浜から直接投げ釣りをする人達も大勢居て、何とも長閑な場所です。

Img_0030_20200109000301

 

目の前の奇跡に満足し、でももう一つ、三保松原にも寄って帰りましょう。
実は夢テラスよりもっと前から来てみたかった場所なのです。

Img_0034_20200109000301

 

これが羽衣の松。さすがに天女は居ませんが。 ← 当たり前か

Img_0038_20200109000301

 

さて、海岸に歩いて行くと、、、???

Img_0039_20200109000301

 

うっそぉー!
さっきの海岸(三保海岸)と、ここ三保松原は目と鼻の先。まだ30分ぐらいしか経ってないんですよ。
それなのに中腹に掛かってた雲さえどこかに消えて。

Img_0041_20200109000301

 

これは目に焼き付けて帰らないと。

Img_0046_20200109000301

 

夢テラスで諦めた富士山。それがこんなに綺麗に見えるなんて、こんな素晴らしいことがあるのでしょうか。
こいつは春から縁起が、、、良い事があると良いですね。

Img_0047_20200109000301

 

大満足の三保松原。

Img_0048_20200109000301

 

来て良かったぁ。

Img_0050_20200109000301

 

山梨側の富士山も良いですが、こうして見ると静岡側の富士山も素晴らしい。
対決企画が起きるのもよく分かります。
どっちも素晴らしい。

Img_0052_20200109000301

 

いやあー、大満足して下道で帰ります。
急ぐ旅でもないので、のんびりと国道1号を箱根経由で帰ります。

めでたし、めでたしの夢テラスでした。(^_^)/~

iine

2020年1月 8日 (水)

日本平夢テラス②

せっかく東名高速をぶっ飛ばして来たのに、残念なことに富士山は隠れちゃってます。
まあ途中の運転が楽しかったから、気分は悪くはないですが、ちょっとね。

Img_0005_20200108233601

 

南アルプス方面は雲一つ無く、雪山が眩しく見えます。

Img_0008_20200108233601

 

観光バスも到着するここは、ロープウェイ乗り場。
ここが山頂なんで下へ下りるのかな。久能山東照宮へのロープウェイ。
雲はありますが、駿河湾も光って見える。やっぱり晴れなんですよ。

Img_0010_20200108233601

 

名残惜しくテラスを2周してみる。確かにさっきよりは山頂付近が見えてます。

Img_0015_20200108233601

 

全く見えなかった雪の部分が見えて来ています。このまま待つか、どうするか。

Img_0017_20200108233601

 

雲の流れはと言うと、何だか富士山に向かって雲が進んでいるようにも見えます。
ほぼ無風だったので正直どうなるのか全然分かりません。
でも大抵は雲が切れ掛かるとまた次の雲、って感じで切れませんよね。

Img_0018_20200108233801

 

残念ですが帰る事にします。
富士山が見えないのでは真崎海岸に行っても仕方が無いか。
じゃあ羽衣の松(三保松原)だけでも見て帰るか。

赤い靴の女の子、さようなら。

Img_0019_20200108233601

 

駐車場まで歩き、カーナビを羽衣の松にセットしてGO。
坂道を下りて行くと、チラッと富士山の山頂が見えました。
信じられません。雲が切れて頭を出しています。
速攻でUターンして再度夢テラスから眺めるか、それとも真崎海岸まで一気に行くか。

わざわざここまで来たんだから、真崎海岸、そして三保松原と両方寄って帰りましょう。

 

引っ張り過ぎは良くないので、つづきは一気に掲載。

2020年1月 7日 (火)

日本平夢テラス①

年末年始の再繁忙期を終え、やっと来た休日。
日曜は家でビールを飲み寝正月を楽しみましたが、本日(1/6)は重い腰を上げ出掛ける事にしました。
さすがに山に登る元気はなく、以前から狙っていた日本平夢テラスへGO。

どうせ行くなら、富士山が綺麗に見える冬、混んでいない平日、そして天気予報が晴れ。
ハッピーのパパさんのアドバイスもあり、夢テラス→真崎海岸のコースでGO。

富士山は朝綺麗に見えても、昼には大体雲が掛かって来ます。
出来るだけ早く到着したいものです。
6:30出発予定が寝坊、そして準備に手間取り8:00に。
更にカーナビをセットしようとしたら、地図が古いのか「夢テラス」がありません。更にモタモタ。💦

 

ちょっと遅いけど、まあ車の運転自体が好きなんで、気分転換にドライブも良いかとそのままスタート。
仕事始めの8時過ぎですから、空いてはいませんが、それでも東名高速は気持ち良い。(^^)v

足柄SAでトイレ休憩。
おっと、雲一つ無く輝く富士山が見えました。もしかして、凄い良い日に来ちゃったりして。

Img_0001_20200107053901

 

本当はもっと2月とかでも良かったんでしょうが、普通の日常に戻ると「清水ICまでお金が勿体無いな」って、金銭感覚も日常に戻っちゃうから、ちょっとテンションが上がった正月に飛び出してみました。

運転してるから途中の写真はありませんが、目的地そのものだけじゃなく、途中の道中って言うんですか?
車で走っている時間が楽しくて仕方ありません。

普段ちっぽけな心で、前の車が遅い、黄色で止まるなよ、バスが邪魔、なんてイラついているのが嘘のよう。
穏やかな心で気持ち良くクルージング。
普段乗ってるスーパーカブとMy車では違い過ぎますしね。
音も静か(カブに比べてね)だし、登り坂も苦もなく登ります。

鼻歌なんぞ歌いながら、日本平へ到着。

Img_0002_20200107053901

 

じゃーん。ここが夢テラスです。テラス入口と言うべきか。

Img_0003_20200107053901

 

この3Fの外に200mの廊下、じゃなくてテラスが続いています。
この夢テラスってネーミングが良いんでしょうね。日本平SAとは違ってここ無料で来られますし。

Img_0004_20200107053901

 

さて、では富士山とご対面。

Img_0005_20200107053901

ムムム。

 

何と言う事でしょう。途中ずっと綺麗に見えていたはずの富士山が。
予想通りと言えば予想通りですが、隠れています。

Img_0007_20200107053901

 

周りの人の話し声を聞くと、「段々雲が取れて来たね。もう少し待ってみる?」
えーと。
ここは朝から曇っていたのか、それとも朝は快晴だったけど雲が掛かって、それが少し晴れて来ているのか。

 

うーん。
ここ、富士山が見えないとただのテラスじゃん。
てか他に何も無いです。

もう少し待つことにします。

iine

より以前の記事一覧

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ