旅行・地域

2021年2月 1日 (月)

山中湖へリベンジ

緊急事態宣言下、家で大人しくするのも良いけど、感染の危険を避けて出掛ける方法は無いかと考え、車で出掛けることに。

車で出掛けても、外で食事したり、観光したりすれば、確率は下がるものの一緒だろうって?

いや、そんなことは無いのだ。
なぜなら、車からは降りないから。(`・∀・´)エッヘン!!

それのどこが楽しいのかって?
運転好きにはそれでも十分楽しいのです。車変態だから。

 

と言う訳で、実は少し前の休日、予報は午後から雨でしたが、午前中なら大丈夫と山中湖を目指したのでした。

なぜ山中湖かと言うと、高速に乗らなくても行かれそうだから。
河口湖や本栖湖だと、高速無しではちと辛い。 ← 目的は運転することなので、なるべく下道でね
そして富士山なんかも見てみたい。

ザックリ言うと、橋本~三ケ木~(道志みち)~山中湖へ。

 

ところが予想より早く、山中湖手前10kmぐらいで雨がパラパラと。
と思ったらフロントガラスで六角形の結晶に。
ありゃりゃ、こりゃ霙か?

まあ山中湖や河口湖の辺りは気温も低いし、その数日前には降雪で雪が積もっている。
と、
霙かと思った粒は、あっと言う間に普通の雪に変わり、次第に道路にも白い塊となって積もり始めている。

マズイ。
オイラの車はノーマルタイヤのFF車。これが4WDならまだしも、普通のFF車だから雪にゃあ滅法弱い。

 

道志みち残り10kmでヤバイと思ったから、Uターンは勘弁。
あの狭くて長い(遠い)クネクネ道をまた帰ると言う選択肢はありません。雪だし。

となると須走方面へ下りるしかない。
その前にまず篭坂峠を登らないと。
そこだって下手すりゃ雪で危ない訳でして。💦

山中湖畔はもう吹雪状態。正面から雪が吹きかけて来ます。

雪国の人には笑われそうだけど、とにかく早く帰らなきゃと必死。
コンビニにも寄らず、公衆トイレだけ寄り、即撤収したのでした。

 

そして夜勤明けの本日、ちょっとだけ晴れ予報に気を良くして、山中湖へリベンジ。
今日の目的は、、前回と同じです。

ふふふん。
運転さえすりゃあ楽しいのだ。

道志みちから行くと、山中湖直前に眼前に富士山がドカーンと広がります。
本当はそこから写真を撮った方が綺麗そうなんだけど、まあ駐車場も無いし。

で、
長池親水公園までGO。
車を停めて、一瞬車から降りて、パチリ。

Dsc00124

 

残念、雲が掛かっちゃった。
って、そんなことは気にしないのです。
家でじっとしているよりは、ずっとマシ。

ああ、本当はロウバイなんか見に行きたかったな。
山にも登りたかったな。
まあ夜勤明けだからね。こんなもんよ。

どれ、もう1枚。

Dsc00126

 

トリミングしただけだろうって?
一応2枚目の写真ですけど。

当てのないドライブ旅だから、どこか寄り道しちゃう?
車からは降りない、走って楽しい場所は?

ポン(と手を叩き)、箱根方面行っちゃう?

前回同様、篭坂峠から須走へ下りて、そのまま箱根方面へ。

 

すると何ですか?
138号線は滑り止めが必要ですと。

つまり冬タイヤかチェーン。

どっちも無いわ。

 

高速なんか乗ったら、無駄な出費でストレス溜まっちゃうから、246号を選択。

ほぼこの往復だけで休日終了。

でもそれもまたヨシ。

とりあえず今日はガソリンも入れてないから、出費も無いし。(*´σー`)エヘヘ

 

何しろ普段の仕事の方が、よっぽど感染の危険が高い気がします。
普通に通勤電車に乗り、普通にお客さんのお宅へ行き、マスクしてないお客さんと会話。
時にはハンコを借り、またボールペンを貸し。

でも凄いなあと思うのは、今年風邪引いて咳してるお客さん0です。

いつもはゴホンゴホン咳して、風邪うつされちゃうよ、な人が居るんですが、今年は居ない。

手洗い・うがい&マスクで、これだけ防げるものかと感動すら覚えます。

 

ウチの職場も1人PCR検査を受ける度に大騒ぎ。
(濃厚接触者だったり、発熱だったり)

今コロナ陽性だと、まるで犯罪者のようですからね。本当は病人なのに。

 

ちょっとだけストレス発散して、またリラックスして頑張りませう。ね。

 

iine

2021年1月11日 (月)

三島スカイウォーク、リベンジして来ました

1/7の強風の日、無謀にも三島スカイウォークへ行こうとし、途中で断念しましたが、それから僅か4日の本日、リベンジして来ました。
何もそんなに急がなくてもとも思うのですが、緊急事態宣言が発せられ、そのうちまた自粛警察が行動開始しそうなので、その動きが活発にならないうちに行ったれと言うことで。

緊急事態の意味分かってる?
と言われそうですが、普段電車通勤してる感じよりはよっぽど安全かも。
車に乗って、現地では飲食店にも入らなけりゃあ、誰かとお喋りすることもない。もちろんマスクを外すこともない。
これで感染するなら、とっくにうつってるはず。

と自分に言い聞かせ、とにかく出発です。
昨日の青空の下で行かれればもっと良かったけど、まあ薄曇りの割には富士山がクッキリと見えてます。
(晴天の日よりもよく見えてるから不思議)

Img_0326

 

西湘バイパス、箱根新道と駆け上がり到着。湘南から見た富士山は、雲も掛からずそのままの姿を見せてくれてます。

Dsc00101

 

さすがにガラガラですね。駐車場も空いてました。よっしゃ―!

Dsc00103

 

前に来た時は、結構人が居て混雑してました。これは最高の日に来ちゃったか?

Dsc00104

 

橋の真ん中のグレーチング(網)から下を覗くと、何十mも下の地面が透けて見えます。
高所恐怖症の人には堪らないことでしょう。私は違います。

Dsc00106

 

などとニコニコしてたんですが、ガラガラ過ぎて、あっと言う間に渡り終わっちゃいました。
モタモタ歩く人が居ないのは嬉しいのですが、一つ誤算がありました。

それは、、

この吊り橋、わざと揺れる(ローリング)ように設計してあるんですが、あまりに歩く人が少なくて全く揺れない。
歩いていて吊り橋感が全くないです。
これじゃあ、ただの鉄筋の建物を歩いているだけです。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

Dsc00111

 

ちょっとだけ残念に思いながら橋を引き返していると、ヘルメットを被った集団が居ます。

Dsc00113

 

ロングジップスライドと言って、橋の脇に並行して張ってあるロープにぶら下がって、谷の上を渡るアトラクションです。
シュルシュルシュルと音を立てながら、人がただロープにぶら下がり移動しています。

結構怖そう。

Dsc00114

 

すると後から移動して来た女性が、途中で勢いがなくなりストップ。完全に宙ぶらりんです。
丁度真ん中あたりで、止まったままぶらーん、ぶらーん、と上下に揺れてます。

係員がメガホンで、「金具の向きを縦に直して下さーい」なんて叫んでます。
手を伸ばしてガチャガチャやってますがダメ。万事休すか。

こうなるとロープウェイが停止するより怖いです。何しろ身一つ、丸出しですから。
(つд⊂)エーン

吊り橋の上では、ギャラリーが集まり、どうなることかと見守っています。

メガホンの声は、「そのままじっとしていて下さい。係員が向かいますので」
(ゴール地点から係員が逆走して救出に向かいます)

Dsc00116

 

逆走なんで途中からは若干の上りなのか、係員も現場に到着する前に勢いが0に。
両手でロープを手繰り寄せながら、女性を救出に向かいます。こわいよー。

多分スピードが出過ぎないよう、ロープが緩やかな傾斜になっているんでしょう。
体重が軽すぎる人が乗ると、勢いが無さ過ぎて、途中で止まったりしちゃうようです。

きっと「もう絶対乗らない!」って思ったでしょうね。
高所恐怖症じゃなくても怖いですよ、これは。

Dsc00117

 

富士山は何事も無かったかのように、悠然とそびえています。
前回来た時は、全然富士山も見えなかったので、楽しかったとは言えますが、吊り橋がまるで揺れないのはちょっと。

やっぱり少しは混んでいる方が楽しいですね。ここは。

Dsc00119

 

まあ運転してるだけでも気分転換になりましたよー。(^^)v

Dsc00120

 

このあと箱根神社に向かい、おみくじなんぞ引きましたが、「末吉」で一つも良いことが書いてなかったので、即捨てました。

Dsc00122

 

この日の初詣は無かった事にしましょう。
改めて別の神社に初詣に行くことにします。
願うはもちろん「世界平和」です。(笑) ← ホントにそうだったりするのだ

 

今年の初登りは、まだ先になりそうです。ではでは。

 

iine

2020年12月15日 (火)

忙しいです

はあー忙しい。何だかドタバタしちゃって、記事を書く気にもなりません。

えーと。だからいつ行ったんだっけなあ。
休日もドタバタしてて、北鎌倉の明月院(あじさい寺)と円覚寺へ紅葉を見に行ったんだけど、入場時間を過ぎて到着。(ノ∀`)アチャー
入場時間なんてすっかり忘れてましたよ。もう暗くなる前に到着しないとってそればかり考えてて。

 

今日はもう時間も無いので、写真を2枚だけ。

 

円覚寺の入り口前です。
もちろん時間が時間だけに空いてますが、1人のおじさんが「皆が待ってるんだから早ようどけ」と、階段に居座る輩を追っ払ってました。
カメラを構える人は結構居ましたが、まるで誰も居ないかのような写真が撮れました。

Dsc00095

 

と喜んでいるうちにも、ドンドンと辺りは暗くなって行きます。
慌ててもう1枚だけ。

Dsc00098

 

慌ただしい休日でした。そして皆さんお休みなさい。zzz

iine

2020年11月22日 (日)

日光へ行って来ました②

鳴き龍は見学出来ませんでしたが、概ね満足出来ました。
楽しそうな修学旅行生を見ていると、昔自分が林間学校で来たことを思い出します。
その頃はお土産と言うと刀(木製の)でしたね。
皆、刀と絵葉書(写真)を買っていたような。 ← 男子小学生の定番

では東照宮を後にして、次へ向かうことにします。

Dsc00058

 

まだ真っ赤な紅葉も見られました。

Dsc00062

 

綺麗ですが、落葉も始まっていて、掃除が大変そう。

Dsc00063

 

さて、いろは坂を登り、華厳の滝へ到着です。

Dsc00066

 

エレベーターには乗らず、上から眺め降ろす感じで。
(エレベーターに乗ると、下に降りて滝の正面から写真が撮れるみたいです)

Dsc00067

 

駐車場の目の前には、雄大な男体山。また登りたいです。

Dsc00070

 

再び移動して向かったのは戦場ヶ原。
林間学校の時はここにも来ました。ここで集合写真を撮りましたっけね。

Dsc00071

 

山ではないですが、戦場ヶ原は尾瀬のように歩くコースもあるようです。
そのうちに歩いてみたいとも思いますが、まだ山優先でしょうか。

Dsc00072

 

もう中禅寺湖から上は紅葉も終ってます。近くに竜頭の滝もありますが、やめておきましょう。
そのままいろは坂を下り、帰ります。

そう言えば、50年前のいろは坂は、大型バスが一回で曲がり切れず、切り返しが必要なカーブがありました。
どのバスも、バスガイドさんがバスから降りて、切り返しを誘導してたのを覚えています。
今はやらない所を見ると、道路幅を広げたのでしょうかね。

日光、懐かしい場所です。
私の通った小学校では、5年・箱根、6年・日光と決まっていました。
50年前に見た風景が、少しも変わらず、そのまま残っています。

戦国時代とか良い時代だったとは思いませんが、強大な力を持った将軍が歴史に残る建造物をたくさん残しました。
平和な現代に、そんな歴史を見学出来ることは幸せなことです。
こうしてみると、まだまだ行きたい所が多過ぎて、お金も時間も足りません。
が、
元気だけは保って、少しでも出掛けられたらなと思います。

iine

2020年11月19日 (木)

日光へ行って来ました①

鎌倉に続いて、またしても山には登らずに普通の観光です。
行き先は日光。
小学校の林間学校で行き、大人になってからも数回行ってますが、平成の大修理が終わってからは初めて。
陽明門は綺麗になったかな?

少し前の日光は、中禅寺湖周辺が紅葉し、いろは坂は恒例の大渋滞でした。
紅葉は下に降りて、東照宮が紅葉真っ盛りになると、今度は東照宮も大渋滞となったようでした。

平日なのに8時にはもう満車?
離れた駐車場に停め、歩いて東照宮へ?

朝早く到着しないとダメそうですが、そうは言っても東照宮入場は9時から。
1時間以上も前に駐車場では、ちょっと早過ぎる気もする。
けど、わざわざ行ったのに停められないのも困ります。

で、紅葉が最盛期を過ぎた頃を狙ってアタック。

 

計画よりちょっと遅い9:15頃に駐車場に到着。
200台くらい停められる大駐車場なので、まあ余裕でした。

紅葉はかなり散っていましたが、まだまだ紅葉・黄葉も残っています。

Dsc00031

 

何年ぶりだろう。楽しみです。

Dsc00032

 

五重塔を過ぎるとチケット売り場があります。
チケットを購入済みの団体さんが大勢で、売り場はそれほど混んでいません。

Dsc00033

 

三陣庫。地味な建物ですが、屋根の下の彫刻は「想像の象」と言って、まだ日本に象が居なかった頃の作品です。

Dsc00034

 

有名な三猿。

Dsc00036

 

いよいよ陽明門です。
平成の大修理で、色鮮やかに蘇ったのかと思いましたが、それ以前に来た時もこんな感じだったような。

Dsc00039

 

さすがは徳川家康を祀る国宝(世界遺産)だけのことはあります。
400年も前の建物なのに、光り輝いています。

Dsc00040

 

家康のお墓(奥宮)がある場所へは、この眠り猫の彫刻がある門をくぐって行きます。

Dsc00042

 

家康が眠る奥宮。

Dsc00043

 

唐門。

Dsc00048

 

鳴き龍。修学旅行生が大勢居たので、行くのは止めました。何年か前に体験済みなので。

Dsc00051

 

最後にもう一度陽明門を撮っておきましょう。

Dsc00053

 

戦国時代を勝ち抜いた将軍様の力(権威)は強大です。
人力で資材を運搬し、年月を掛けて建てるのですから。

Dsc00054

 

11時過ぎに東照宮を出ましたが、噂通りで駐車場には空車待ちの大行列。
平日だって言うのに、随分と沢山の人が押し掛けています。
GoTo修学旅行なのか、バスも何台も来ています。

なかなか良いタイミングで見学出来ました。
その足で次は?

iine

2020年11月15日 (日)

鎌倉散歩②

大仏を後にして、次に向かったのは鶴岡八幡宮。
池には普段居ないアオサギ?も。

Dsc00016

 

海岸や小町通りには修学旅行生も多く居ましたが、こちら八幡宮は静かなものです。
紅葉もまだまだ。

Dsc00017

 

この時期は菊の展示もされています。

Dsc00018

 

展示じゃなくて販売か。

Dsc00020

 

立派なものですね。

Dsc00021

 

ちょっと習字が下手なようにも感じますが、まあ良いでしょう。

Dsc00022

 

いよいよ参拝。

Dsc00024

 

子供の頃は、正月の初詣はいつもここでした。

Dsc00025

 

そして八幡宮を抜け北鎌倉へ。
当初の計画では、紅葉を見に長谷寺と明月院に行くつもりでしたが、まだ紅葉には早かったようで、どちらにも入らず。
比較的紅葉が早い円覚寺を、外から眺めるのみ。
ここもまだ早かったかな。

Dsc00027

 

紅葉が目的と言うよりは、歩くこと自体が目的だったので、晴天の中を散歩してリフレッシュしました。(^^)v
次はどこへ出没しようかな。

iine

2020年11月14日 (土)

鎌倉散歩①

奥多摩の紅葉が綺麗だったので、もっと手軽に行かれる近場を散策することに。
ぶらっと鎌倉を歩いて来ました。

天気が良かったので、まずは海へ。
江ノ電に乗り稲村ケ崎へ。

Dsc00003

 

キラキラと輝く海。癒されますなあ。

Dsc00004

 

そして稲村ケ崎から見える景色と言えば、はい、江の島&富士山です。
残念、富士山は写りませんでした。

Dsc00005

 

次は長谷寺に行くつもりでしたが、まだ紅葉には早いようで、大仏を見に行くことに。
由比ヶ浜海岸もそうでしたが、修学旅行や遠足の子供たちがいっぱいです。

Dsc00006

 

心穏やかに。

Dsc00008

 

鎮座する大仏を眺めます。

Dsc00009

 

ぐるりと一周。

Dsc00013

 

鎌倉散歩と言いつつ、大仏だけになってしまいました。

Dsc00014

 

この後、鎌倉、そして北鎌倉まで歩いたのでした。
今日はここまで。(^_^)/~

iine

2020年10月28日 (水)

大石公園へ

やっと晴れ(曇りかな?)の日が続いて、さあ、そろそろ山へ行かねばと思っています。 ← 行動が伴わないですが

昨日は定時退社。
早寝して、1時に起きれたら一切経山、3時に起きれたら谷川岳、といよいよやる気に。

ところが布団ではなく、コタツで早寝してしまい、23時に起きたけど寝方が悪かったのか、首が痛い。
2時間程寝直すものの、痛みは全然治まりませぬ。
更に2時間寝てみたものの、やっぱりダメ。 ← きっとやる気が無いのでしょう

 

結局5時に起きて、やる気があれば高尾山や塔ノ岳に行ったでしょうが、やっぱりダメ。
じゃあ紅葉を見に日光でも、、なんて思ったけど、何年か前にいろは坂の大渋滞を経験したのを思い出し尻ごみ。

 

そうしてズルズルと家ゴロ生活をしてしまう昨今。
今日はとにかく外に出よう。
そうしないと腐ってしまう。 ← 心も体もネ

 

てな訳で、比較的近場で紅葉が期待出来る場所を探して行って来ました。
それがココ。
河口湖です。

Kawa01

 

桜前線が北上する時、ここ河口湖は周辺に比べて開花が遅い。
つまり気温が低いってことで、紅葉前線は逆に早いのではと。

そして最近知ったのですが、湖畔の大石公園ではコキアが紅く色づいているとか。

Kawa02

 

じゃーん。こんな感じ。
撮影する人も割と居て、いつカメラを向けても、ほとんど人が入っちゃいます。

Kawa03

 

なかなかシャッターチャンスが無いので、諦めて移動します。
湖面のさざ波も、これはこれで美しい。

Kawa04

 

またコキア畑がありました。
うーん、やっぱり人が多いです。

Kawa05

 

今度は大石公園を脱出して移動。
遊覧船乗り場の駐車場へ。ここは真っ赤な紅葉ありです。

Kawa06

 

丁度遊覧船が出発したので、1枚撮っておきましょうかね。

Kawa07

 

山には行かれなかったけど、良い気分転換にはなりました。

春は桜追っ掛けで山は休みますが、秋も紅葉追っ掛けしたら楽しいかもしれませんよね。
TVを見てたら、軽井沢の紅葉が凄く素敵でした。
後は日光・竜頭の滝とか、新潟・苗場とか、行きたい場所はあるけどなかなか。

あっと言う間に紅葉も終っちゃうから。頑張らないとですね。(^^)v

 

追加でスマホ写真を1枚。

Kawa08

 

最近のスマホは、カメラの性能も素晴らしいですね。(嬉しいような、ちょっと複雑です)

iine

2020年10月24日 (土)

昇仙峡へ

病院通いから解放され、さあ山に行くぞって思ってから、ダラダラと時間だけが過ぎて行きます。

せっかくだから高い山へ行きたい。
遠くの有名な山、高い山、そう考えると必然的に夜中出発になる。
で、夜中に起きては、「眠い。やめとこ」の繰り返し。

なぜ眠いのか、なぜ疲れているのか。
もちろん仕事で身体を酷使しているからなのだが、それを言ってたらずっとどこへも行かれない。

もう山歩きじゃなくても良いじゃん。
とにかく外へ出よう。
車で走るだけでも良いじゃん。

 

と、軽い気持ちで臨んだのがここ。
山梨・昇仙峡。

Syou02

 

確か子供の時に、家族で来て歩いたはずなんだけど、まるで記憶にありません。
まあ歩き直すのも良いかな。

Syou01

 

計画ではハイキングコースの真ん中あたりまで車で行って、真ん中より上の方だけ歩く予定だったのに。
渓谷沿いの道が狭かったので、車を下に停めて、下から歩くことに。

Syou03

 

石門。なんか妙義山のような景色。

Syou04

 

上の屋根になっている岩は、下の岩とは接触していない。こんなことがあるのかな。

Syou05

 

写真だと青空っぽいけど、実際は曇り空で今にも降りそうな天気。
仙峨滝。
まあこの辺りまで来れれば満足と言うことで。

Syou06

 

同じ道をピストンで帰ります。

Syou07

 

実は持って行ったデジカメが、バッテリー切れで1枚も撮影出来ず。
スマホ撮影のみになっちゃいました。

なので「〇〇岩」と名前が付いた岩もいっぱいありましたが、残念。写真は撮れませんでした。

昔の記憶は蘇らず。
でも確かに歩いたはず、としか。

 

景色としては、なかなかのものですね。
紅葉はまだちょっと先みたいです。(^^)v

iine

2020年5月29日 (金)

鎌倉天園のはずが

緊急事態が解除になり、やっと表に出れます。
仕事では毎日表に居ましたが、休日に散歩以外で出歩けるとなれば、もう山に行くしか無いですよね。( ̄ー ̄)ニヤリ

2月に三浦アルプスを歩いて以来(記事は3月に書きました)だから、3か月振りなのか。
例年通り、3月は梅&桜追っ掛け。4月も桜前線を追い掛けて・・・と思ったら外出自粛になりました。

さて、その久し振りの山はどこへ行こうか。

 

まだ県外への移動は許可されてないので、となると塔ノ岳かぁ。いきなりのバカ尾根は無理だろう。

実は前日は仕事が夜勤で、その夜勤後にジョギングなんかしちゃって、早起きも出来ないくらいグッタリだったのでした。
もう完全に明るくなってから、手軽に登れそうな「鎌倉天園ハイキング」に決めたのでした。

いつものように金沢文庫駅をスタート地点にして、六国峠~天園へと歩き、鎌倉or北鎌倉まで歩くとしましょう。

 

まずは駅から住宅地を歩き、六国峠の入口へ。

Img_0001_20200529195101

 

なだらかな階段を昇って行くと幼稚園児がハイキングに来ていました。
すれ違う人も久し振りっぽい感じです。
長く人が歩いていなかったのか、草が生い茂り、いつもとはちょっと違う雰囲気。
ブランクも長く、いつもはスイスイ歩く階段も、心なしか息切れ気味。

Img_0002_20200529195101

 

1時間ほど歩くと金沢動物園へ到着。駐車場には車が0台。まだ開園していないのかも。
緊急事態解除=全面解除って訳でも無いようです。

Img_0003_20200529195101

 

ここからが鎌倉天園コース。まずは横横道路の上を渡ります。

Img_0004_20200529195101

 

もう何度も歩いた道なので、これと言って写真を撮る事も無く歩いて行きますが、途中通行止めになっています。
分岐を通行許可になっている方へ進みますが、どうも本来行きたい方向へは向かってくれません。

ピンクのリボンはあるのですが、歩いて行くと行き止まり。
戻っては違う分岐へ進みますが、行けども行けども行き止まり。

広い道はこんな感じ。鎌倉時代に武士が戦うために利用した切通し。
これで道が間違ってるなんてあり得ません。
でも行き止まりになっちゃうんですね、これが。

崖崩れ、通行止め、まあ何度も歩き直しますが、鎌倉へ近づいている雰囲気は無し。

Img_0005_20200529195101

 

倒木を切って通れるようにしてあります。道は合ってるって事ですよね。

Img_0006_20200529195101

 

迷いながら歩いていると、下に何か会社が見えます。とりあえず山から下りる事は出来そうです。

Img_0007_20200529195101

 

山から下りて何とか車道に出ると、そこは朝比奈峠。GPSで調べると、鎌倉へはこのまま車道を1時間半も歩かなければなりません。
山道を1時間半ならば歩きますが、車道を1時間半歩くのは楽しくない。
それに街中を歩くとなれば、マスク着用と言うことに。

あー、やめやめ。

Img_0008_20200529195101

 

鎌倉は諦めて、引き返す感じに車道歩きをし、六浦駅へ。
体力的に歩けるかどうかじゃなくて、迷子になって終了と言う残念登山。

でも途中の正しい道は通行止めだったからしょうがないですね。

歩いてみての感想は、「ヤバイ、久々過ぎて歩けまへん」

これバカ尾根だったら途中で嫌になってましたね。

これじゃあ北アは遥かに遠いです。
(連日のジョギングで足に疲労が溜まってたって言うのはあるけど、それにしてもダメですわ)

正式に県外に出ても良いのは6/19からだそうで。

その前にもうちょい足慣らしせんと。

 

県外に行かれるようになったとしても、あまり険しい山は無理っぽいなあ。

白駒池なんか狙ってみようかねえ。

無理に山じゃなくても、綺麗な景色を見に行くだけでも良いかもね。(^_-)-☆

iine

より以前の記事一覧

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ