« ひと足早い春を | トップページ | このカップ麺は美味い »

2021年2月11日 (木)

国民は頑張ってますよ

世界中で猛威を振るう新型コロナウィルス。
欧米のそれは、日本のとは桁違いの爆発力。

日本の清潔さ、医学、そしてマスク装着率、これらがコロナを抑え込んでいる部分も確かにあるだろう。
が、ロックダウンしても抑え込めない欧米のそれは、もしかすると違うウィルスなのかもしれない。

まあそれは置いておいて、日本国民の頑張りと、それと対称的な政府のダメさ加減。

 

第一波が沈静化した時に、前安倍首相は日本のコロナ対策を自画自賛し、コロナに打ち勝ったと宣言した。
そしてこの日本スタイルは世界に誇れるようなことも。
もちろん世界での評価は全然違っていたけれど、そんなことはお構いなし。

多くの専門家は、これで終わるはずが無いと予想していたはず。
そして次に来る第二波に向け、今出来る準備をしておかないとと言っていたはず。

 

病床が足りない、医者が足りない、医療逼迫。
確かにね、現場で頑張っていらっしゃる医療関係者には頭が下がります。感謝の気持ちしかありません。

が、コロナお断りの病院が数多くあるのも事実。

コロナを受け入れる病院は、関係者が心身共に限界を超え、とにかく少しでも休ませてあげないとな状態。
それだけ働いているのに経営はむしろ悪化。
ぼうなすはカットされたり、辞職者も続出。

それに対して政府がする事と言えば、お金を増額するのみ。 ← 当初はそれすら無かったんだけどね

 

もっと非協力的な病院に協力体制を求める(当然実行させないと)。
あるいは、大きなコロナ専門病院(センター)を建てて、非協力病院から人員を拠出させる。
など、準備出来る事は色々あったのでは?と。
それだけの時間はあったはず。

でも国がやってる事と言えば、多くの補正予算を族議員が自分の支援団体に配っていただけのように感じてしまう。

GoToだって、やるのは構わないけど、「まだ早い」と思われても強行したり。
逆に「もう中断したら」と思われても止められなかったり。
どうも国民の事よりも、政治家が自分の支援団体に良い顔してるだけのように思えてしまう。

 

自分が迷惑しているのは、とにかくいつまで経っても終わらない道路工事。
まあよく「ガス管入れ替え」だの、「水道管入れ替え」だのはあります。
それと「舗装工事」も。

だけど今年のは酷い。掘って埋めて、掘って埋めて、ずっとやってます。
今度は一体何の工事だよって思うくらい。

この前はマンホールの蓋の周りのコンクリートを、全部新しくしていました。 ← 緊急性なし そんなにお金が余ってるのか?

ウチの近所では何十年も取り換えた事のない、アーケードの屋根を全面取り換え工事を始めました。

 

何か政治家の頭の中身って、硬直しているのでは?
新しいアイデアは無く、昔からの族議員バラマキに終始しています。
公共工事で景気UPのつもりなんだろうけど、減収分を戻すとかじゃなくて、生活出来る出来ないのレベルの困窮者が大勢居るのに。

 

いやあー、スマンスマン。
つい熱くなっちゃいまして。これ前置き。

 

実は日曜日、配達の仕事をしていると、いつものように海岸沿いはもう人出が凄い。
それを見る度に、「外出自粛って誰もしてないだろうが?」なんて思うのです。
いつもより凄かったのは、走る車&バイクの多さだけではなく、駐車場に入り切れない車がそれでも入庫待ちで列になっている姿。

あっちのPも、こっちのPも、駐車待ち。
ここでこんなだから、きっと湘南なんかもっと凄いんだろうな?
と思ったら予想通り。

きっと政府もまた予想通りの台詞を言うんだろうな。
「ちょっと国民の気が緩んでるんじゃないか」
と。

 

予想通りでした。

 

けど思うのですよ。

国民は頑張ってますよって。

むしろ緩んでいるのは政治家の方ではないですか?って。

 

国民にあれやこれや要求を突きつけておいて、自分達は時短も守らず会食。
感染すれば順番待ちを飛び越えて入院。
ちっとも終息しないコロナを分かってるくせに、国会は予定通り閉会。

医療がいくら逼迫しても、政治家は優先して治療して貰えるんだから、そりゃあ危機感は無いわなあ。

 

ワクチンだって先進国の中では相当遅い。
遅いどころか、いざスタートとなったら、今度は注射器が足りないと来た。

お粗末過ぎます。

 

おっとまた話が脱線しちゃう。そう、国民は頑張ってますよって話ですよ。

いや、むしろ頑張り過ぎて、変な自粛警察が出動しちゃうほどです。
マスクしてるしてないじゃなくて、鼻マスクやめろ、不織布マスク以外認めないと。
エスカレートしているのは、知識が付いたからなのか。

 

尾見会長が、会食時は片手でマスクを外しご飯を口に入れたら、すぐマスクをする。

2020110900010003wordleafv00010view

と言った時、世間の反応は「あり得ない」と。
こんなこと面倒臭くてやらないって。こんなことするくらいならランチなんてしないで家で食べますって。
(これが本当は外食するなと言いたいのを、あえてこういう言い方をしたなら凄いです)

 

もちろん私も、こんなこと出来るかよ!って思いましたよ。

けど、もしそうすれば飲食店が時短しなくて良いのなら、それもありかな?と。

ここで言う「それ」と言うのは、さすがにマスクの着け外しではないですが、例えば飲食中は喋らない。
つまり一人で飲食する分には、何時まででも良いんじゃない?とか。

最近やってる店もあるけど、お1人様居酒屋。
各1人ずつ仕切られたスペースでお酒を出す。

などなど。

国民も色々知識が付いて来て、以前だったら「はあ?そんなこと出来るかよ」って言うことにも、結構協力的な気がします。

 

それより、これだけ信用出来ない政治家が決めるルールに、黙って従って自殺までするのはおかしいです。

「過料が30万円なら、それを支払って営業します」と宣言する居酒屋も登場しました。

これなんか、決まったルールに則ってやるんだから、後は感染させない努力と、利用する側の努力で持続を願うのみです。

 

何しろ感染者数が減っているのだって怪しいですから。

単純に濃厚接触者を追跡しなくなっただけじゃないの?なんて考えもあれば、また五輪を強行開催するために検査数を絞ってるんじゃないの?とも。
あるいは飲食店だけを悪者にした、それが正しかった証明がしたいだけ?

だって死者数は増加の一途ですから。

 

日本国民は頑張ってるし、あまり文句も言いませんが、世界が日本(の政治家)を見る目は厳しくなってますね。

一番はもちろん森会長の男女差別発言ですが、五輪に関しちゃあそもそもの放射能はアンダーコントロールも信用されてないはず。

 

森会長はすぐ余計な事を喋っちゃう。
リップサービスのつもりもあるんだろうけど、失言率が高過ぎて周りも常にヒヤヒヤ。
私は個人的にはその発言よりも、「コロナがどうなっても開催する」と言う発言や、謝罪会見で質問者に「聞こえないからマスク取れ」とか、そっちの方が問題な気もする。

今まではどんな失言があっても、有耶無耶にして来て、今回も火消して終わりにしたかったようだけど、世界が怒っちゃってるからそうは問屋が卸さない。

更に火消しのつもりの二階幹事長も火に油。
ボランティアの方々も更に辞退者が出て、可哀想なのは頑張って来た選手ですよ。

選手ファーストははなっから無い、猛暑・酷暑の五輪計画。
金儲け主義の一大イベントに成り下がっちゃってます。

 

今や何でも金、金、金が価値観の世の中。

後進国がワクチン接種するために、また莫大な予算を出したそうですが、そんなジャブジャブ配るお金があるのかな?
借金大国なのに無駄遣いが止まらない政治家たち。
自国民すら救済出来てないのに、他国に配るお金があるって言うのが不思議です。

日本ではクーデターなんて起こらないんでしょうか。起こらないんでしょうね。
NOと言えない日本人ではダメな気もしますが。

 

iine

« ひと足早い春を | トップページ | このカップ麺は美味い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先月ですかね、用事があって保健所行きましたが緊迫感全くなし、PCR検査云々のときにですよ。

その検査も外国に比べて日本の検査のPt値は高すぎるとか、ちょっとウイルスがいりゃあ、はい陽性!の運びとなるようです。

そりゃ数が少なきゃ発症しないわな。(^o^;)

報道なんかいくらでも操作できますから、1000人越えしたのもホントかどうか…。

もうマスクしてるだけで体調悪くなりそうです。(実際長時間着用は危険です)

たこ拳ぢさん、こんにちは。

私とは逆で、1000人越えした方にむしろ信憑性が低いと。
なるほど。そう言う見方もありますね。
飲食業の方は、生活に直撃ですから、尚更不満でしょうね。
とにかくどうなったら緊急事態なのか、解除なのか、それすら分からない。
基準も決めずに、何となくの空気だけで延長されても。

本当はたいして危機じゃないのに、飲食業だけ悪者にされ狙い撃ちじゃ堪らないですね。

こんにちは(#^.^#)
そうそう。国民は頑張ってますよ~。
だから、なおのこと目につく、議員さん達の醜態。ほんと、自粛してるのが、ばかばかしくなりますね。
国民は自粛してないのではなく、こういう防衛策を取れば、ある程度は行動しても大丈夫って、
わかってきたのもありますよね。飲食店にしても、すごく対策がんばってらっしゃる。
自粛自粛で、ノイローゼになるのも困るし、DVや虐待が増えたとも。どこかで息抜きも・・・ね。
皆さん、生き残りに必死なのですよね。

四季さん、こんにちは。

毒性が弱いウィルスって、こんなに厄介な物だったんですね。
あっと言う間に劇症化すれば、治療も迅速に。
ところが長い潜伏期間やら、無症状のまま感染とか。そして無症状だったはずが・・・と。

政府はお願いをするだけで、それもそのはず、最初は自助・共助などと言ってたんですから。
それでも結構皆さん真面目に努力しています。
電車内でも話をする声は皆無。いや咳する人も居ませんから。
ただ、いつまでも「努力しろ」だけでは持続しませんよね。

国会でも政争の具にして闘って欲しくはないです。ちゃんと国民を守るための議会運営を。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひと足早い春を | トップページ | このカップ麺は美味い »

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ