« やっぱりレヴォーグでした | トップページ | 今月は忙しいのです »

2020年12月29日 (火)

久し振りにユーミンのアルバムを買いました

最近は歌にも興味が無くなって来て、いや、TVで歌うアイドルとか、歌番組に興味が無くなったと言うべきか。
とにかく今どんな歌が流行ってるかなんて全然分からない。
坂道グループなんて、誰が誰だかさっぱり分かりません。てか興味も無いけど。

ところがね、TVを見てたら、割と頻繁にユーミンが出てるじゃないですか。
(特にTV出演NGって訳じゃないだろうけど、あまりTVで見る機会は少なかったように思うのに)

歌声は衰えたけど、独特の世界観と言うか、我々世代を魅了したユーミンがそこに居る。

 

昔は12月になるとユーミンのアルバムが発売され、毎年のように買い漁ったものでした。

 

でも段々と新鮮さも無くなり、輝きを失って行ったように思えたのは、もしかしたら自分自身が輝きを失って行ったからかもしれません。
そう思うのは、僕らが好きだったユーミンは、70年代~80年代。
僕らじゃなくて僕、が好きなアルバムは、「NO SIDE」「DA・DI・DA」ぐらいまで。

それ以降はイマイチと思ってたけど、僕らの下の世代はちゃんとその後の歌にハマってる。

てことは何だ、つまり皆それぞれが、自分の青春時代に重ね合わせて共感していたんでしょう。

 

惰性で買っていたと思う時期にも、思い出に残るアルバムはあります。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 LOVE WARS /松任谷由実 【中古】afb
価格:300円(税込、送料別) (2020/12/29時点)

楽天で購入

 

特にこの中の1曲。「WANDERERS」好きでしたね。

黄昏の空はスモーキーに流れて
一等星だけ見えた
袖ちきったシャツをくぐり抜けてゆく
ぬるい春のとばり

好きよ ヘルメットぶつけ
腰にしがみついたあのぬくもり
きみに会えなくなるなんて
きみに会えなくなるなんて

タワーが輝く坂まで走ろう
渋滞をぬいながら
きみのために替えたタイヤと心は
試さなくなったけど

好きさ はじめて想った
少し未来の幸せについて
きみに会えなくなるなんて
きみに会えなくなるなんて

だけど We're WANDERERS はかない夢
だけど We're WANDERERS もういない

きみに会えなくなるなんて
きみに会えなくなるなんて

 

きみに会えなくなるなんて♪

懐かしいですね。

 

ちなみに久し振りに買ったアルバムは、今月発売の「深海の街」です。

今月は忙し過ぎて、まだ1回聴いただけなので、今のところ感想らしきものは無いですが。

忙しい様子も記事にしたいですが、なかなか時間がありませぬ。
今日はここまでで。
ではまた。m(__)m

iine

« やっぱりレヴォーグでした | トップページ | 今月は忙しいのです »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱりレヴォーグでした | トップページ | 今月は忙しいのです »

フォト
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ