« 朝陽 | トップページ | 2016槍ヶ岳② »

2020年11月25日 (水)

2016槍ヶ岳①

記憶を思い起こしながら、山行の過去記事を復活させています。
記事はまだ2016年ですから、過去に登った山はまだまだあります。(つまり記事はまだあります)

ですが、過去記事のメインと言えば、うーん、やっぱりこの槍ヶ岳でしょうか。
北アを目指すと聞けば、当然険しい山を想像します。
とすると自然と、剱岳、槍ヶ岳、奥穂高岳あたりを指すのでしょう。

私はまだ剱岳は未踏なので、北アで凄かった山と言うと、奥穂&槍。
歩いてみると奥穂のゴツゴツ道は歩き応えがあります。

そして槍は、、カッコイイ。
あの尖った穂先。北アのランドマークと呼ばれる、いつかは目指してみたくなる山です。

 

前年の2015年に奥穂に登り、そこから槍を眺めて、「次はあそこだぁー」と誓ってから1年。
狙った通りにすんなりと休暇が取れていざ挑戦。

ところが楽しみにしていた休暇は、天気がぐずついて若干の雨予報。
真の山好きならば、迷わずカッパを着て目指すのでしょうが、私は大の雨嫌い。 ← 仕事中散々カッパ着てますから ><

2泊3日の初日さえ我慢すれば大丈夫そうですが、それを我慢する気力も無かったりして。

 

夜中の1時に自宅を出発。(記憶が定かではないです。初日それほど歩かないから、もうちょい遅かったかも)
沢渡に車を停めて、シャトルバスで河童橋まで。

Img_0001_20201125175701

 

雨が嫌いと言った割には、ちゃんと来たじゃん。
と言われそうですが、天気予報は槍は雨ですが、すぐ近くの奥穂は曇り。
まあ行ってみて、槍が雨なら奥穂に行っちゃおうかなと言う、ヘタレなのでした。
(その2ヵ所なら、片方降れば、もう一方も降るだろう、と言うツッコミは勘弁して下さい)

河童橋に到着して、最新の予報をチェックすると、本当かなー?槍も曇りに変わってます。
どっちも曇りなら未踏の槍を目指すのは当然の流れ。
いずれにしろ横尾までの3時間はルートが一緒だし、とにかく歩き始めます。

1時間歩くと明神館。この辺までは登山者以外の方も結構来ます。

Img_0003_20201125175701

 

梓川沿いは起伏も無く、ほとんど真っ平なので、河童橋から散歩を楽しむ人も居ます。
おっ、ちょっとだけ青空も。

Img_0004_20201125175701

 

更に1時間歩くと、次の休憩ポイント、徳澤園です。
ここはテント泊をするには最高の場所です。(ただ、ここで1泊しちゃうと、山まで遠いですけどね)

Img_0005_20201125175701

 

再び梓川沿いを歩くと、サルですよ、サル。
意外と可愛いです。

Img_0007_20201125175701

 

1時間ほど歩いて(計3時間)横尾に到着。ここが槍と穂高の分岐地点。
本当に槍に行くのかな?ええ、ちゃんと槍を目指しますよ。

Img_0008_20201125175701

 

横尾から穂高を目指すと、山小屋(涸沢ヒュッテ、涸沢小屋)までは3時間。
槍を目指すと(槍沢ロッヂ)1時間40分。
翌日からは雨の心配は無さそう。てことは槍を目指した方が降られなくて済む。

Img_0009_20201125175701

 

特に険しい箇所もなくロッヂに到着。
まだ早いですが、北アの山行ってこんなもんです。午前に移動し、昼過ぎには次へ到着。
遅くても15時頃には到着と言う、実に朝型生活です。普段から自然に早起きなので全然普通の生活リズムです。(笑)

Img_0010_20201125175701

 

ここは、お風呂もあって、実に快適。
と思ったら、お風呂に入っている最中に、雨がザーッと降って来ました。
安心してたけど、結構危なかったかも。山の天気って変わり易いから分からないものですね。

夜が明けないうちに、表に出て星空を眺めます。
よしっ、2日目は晴れるぞー。(つづく)

iine

« 朝陽 | トップページ | 2016槍ヶ岳② »

北ア・槍ヶ岳」カテゴリの記事

コメント

槍、もう50年近くたちます。懐かしいけど私が登った時の様子が違うのは当たり前ですよね。 こんな立派な山小屋なんか見たこと有りません。 雑魚寝に近い状態でした。 寝袋の中ですもの。

ミイさん、こんばんは。

50年前ですか。長いと言えば長いし、短いと言えば短いような。
きっと槍の姿はその時と1ミリも違わないけど、そこへ至る道のり(困難さ)には大きな違いがあるのでしょう。

実は私の兄が、昔から登山をしてまして、40年くらい前にテントを担いで出掛けて、ふらふらになって帰宅しました。
当時のテントは今のより全然重くて、「もうテン泊はしない」とギブアップしてました。
ミイさんは山小屋泊でも寝袋持参、きっと今より装備も重くて大変だったことでしょう。
今は食事も3食とも山小屋が用意してくれますし、ほとんど手ぶらのような状態で行かれます。(感謝)
登山靴も夏ならばそんな大袈裟な物でなく、日帰りトレッキングみたいな靴で行かれます。

②では槍の姿をお見せしますので、楽しみにして下さいね。m(__)m

こんばんは。
山登りはしませんが、10年前になりますか、
明神館に泊まり明神岳の朝焼けを撮影したことがあります。
若いころは少しだけ山歩きをしたので、(槍はいってないですよ、近くで見ただけ)
北アルプスの山々は懐かしいです。

ナルコユリさん、こんばんは。

北アルプスの近くまでは行かれたんですね?
上高地はマイカー規制で行き辛い分、自然が残ってますよね。
無理に歩かなくても、眺めるだけでも雄大な気分が味わえます。
河童橋から見る穂高、大町から見る白馬、新穂高ロープウェイから見る笠ヶ岳など、お手軽に絶景が楽しめます。

私は昔、ダイビングをやっていて、実は海も好きだったりします。

こんにちは^^

槍~~~!
憧れの槍~
いいねを300回ぐらい押したいです!(>▽<)

弥沙さん、こんばんは。

いかがですかぁ?北アルプスの景色は。
私が会った人の中では、岡山からの人、岩手からの人、遠くからでもやって来ますよね。
弥沙さんもいつか車中泊でもしながら目指してみては?

まずは、くじゅうにテン泊でしょうかね。(^^)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝陽 | トップページ | 2016槍ヶ岳② »

フォト
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ