« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月29日 (日)

しまった!ポイント消失

今朝、恒例のブログ巡り(つぶやきから辿っているので非常に限定的ですが)をしていて、OKCHANさんの「規制違反なのか」と言う記事を読ませて頂きました。

 

記事の内容は、自分が読んだ本を紹介する際に、本の表紙写真を載せると著作権違反だそうだが、さてどうしたものかと言う内容です。

私はミステリーが好きで、特に東野圭吾が好きです。
まあ、その時々でハマる作品と言うのは変わりますが、面白いと思った本を紹介したりって言うのはあります。

 

私は楽天アフィリエイトを使って、表紙写真を取り込んでいます。

ただ、これは著作権を意識してそうした訳ではなく、アフィリエイトですから、その記事を元に誰かがその本を購入するに至った場合、紹介した私にポイントが入って来るからです。

例えばこんな感じ↓ に本を紹介し、興味を持った方がここから通販で購入すると、私にポイントが入るものです。

(これ自分で買ってもポイントが入るから、数%引きで購入したのと同じ効果があります)

 

一時期アフィリエイトも随分と流行って、どうしたら人が訪れるかとか、ポイントを期待出来るブログ記事の書き方とか、サラッと読んだことはあります。

ええ、もちろん現実は甘くないです。
ほとんどノーポイントです。

ちなみになぜ楽天なのかと言うと、私、当時は楽天ブログをメインにしていました。
ココログに来たのは、あれもこれもブログではなく、特定のテーマに絞って書いてみたかったからです。

50代になってから始めた山歩き。 ← 遅過ぎですよね

あっちの山、こっちの山へ出掛けては写真を撮り、楽しい記事限定で発信して行けたらなと。

 

つまりメインブログは楽天のまま、その都度思い付いたことを楽天で書き、ココログには山の記事のみを。
しかし、山なんてそんなにしょっちゅう行かれる訳でもありません。

少しずつでも周囲の方と交流が生まれて来ると、次の記事を書きたくなりますよね。

ココの居心地の良さは、皆さんご存知の通り。

 

いつの間にやらココがメインブログになり、楽天の方は放置してました。
もう1年以上記事も更新していません。

昔々、楽天でお互いお気に入り登録していたブロ友さんは、もう皆さんやめてしまっています。

ずっと気にしてもいなかったのですが、今日ふと楽天ブログを訪問してみました。

 

すると、

 

あっ

 

しまった!ほとんどノーポイントとは言え、若干のポイントはありました。

何年も掛けて少しポイントが貯まると、東野圭吾のハードカバーを購入したりしてました。
ポイント清算ですから、1円も払うこと無く、ポチッとするだけで届きます。
近くのコンビニ受け取りにして、取りに行く形で。

確かハードカバー1冊買えるぐらいはあったんですよね。(;´д`)トホホ

 

もちろん今月末で失効するポイントは何ポイントで、なんて毎月のように表示もあったはずですが、全然確認してませんでした。

ちなみにココログ上で紹介しても、楽天会員ではないとココから辿って買いには行かないですよね?

 

アフィリエイトを生かすなら当然「楽天ブログ」に記事を書いた方が良いはずです。

どうせノーポイントだからどうでも良いや、と思ってましたが、いざ2000ポイント近くが消えてみると、後悔先に立たずってやつです。

 

あ~あ。

ちょびっとずつ楽天に軸足を戻そうかな。

-2000ポイントの衝撃。(´Д⊂グスン

ニフ、サービスも低下の一途だし。

iine

今年のカーオブザイヤーは?

私、車好きです。
と言っても、最近はサンデードライバーどころかマンスリードライバー。いや、もっと酷いかも。
(過去に年1回しか給油しなかった年もあるほど)

最近は車雑誌を読むだけの車好き。
それでもカーオブザイヤーと聞くと、何となく興味もあって、どの車が受賞するか予想するのが好きです。

予想しては、当たった外れたと1人で喜ぶだけなのですが、それでも決定前に予想をしないと居られない。

かつてはカーオブザイヤー受賞車を、実際に購入したことも。

 

今年もノミネート車10台が発表されました。

 

レヴォーグ
2020_01
何と言っても評判なのはアイサイトX、すなわち運転支援システムです。
徐々に自動運転に向かって進化中。
車好きはトヨタ車でなくスバル好き、マツダ好きが多いです。(かつては日産車がその立ち位置でした)

 

ヤリス/ヤリスクロス/GRヤリス
2020_02
ヴィッツが名前を変えてヤリスとして登場。まるで別物です。
トヨタ車にしては?素晴らしい。
走って良し、燃費良し。恐らく支持者も多い事でしょう。

 

キックス
2020_03
ゴーン体制では、国内での新車はほとんど販売されず、久々の新型車か。
日産が売りにしているe-power。そしてプロパイロット。
悪くはないけど、コンパクトSUVにしては価格が高いような。

 

フィット
2020_04
ヤリスと張り合えるライバル車です。
広い室内、運転し易い広い視界、後席の広さも含めて使い勝手ならフィットが上でしょう。
平均点では上ですが、どれも90点のフィットと、後席を犠牲にして走行性能・燃費で図抜けたヤリス。
ヤリスの方が売れてます。

 

MX-30
2020_05
CX-5からスタートしたスカイアクティブ。
走る楽しさだったり、燃費、スタイル。そう言った物が成熟し次のステップへ。
ドアが観音開きなのがちと残念。その必要はあったのでしょうか。

 

e-tron Sportback
2020_06
厳しくなるヨーロッパの環境対策。
アウディが発する電気自動車の提案です。良い車ですけど、庶民にはフーンとしか。

 

2シリーズグランクーペ
2020_07
BMWも同じくです。良い車なんでしょうねえ。庶民にはウーン。

 

BMW ALPINA B3
2020_08
BMWが普通のシリーズより上位に置くのは、Mシリーズとこのアルピナ。
アルピナは速いだけでなく、足がしなやか。
これまた素晴らしく良い車でしょう。ええ。

 

ディフェンダー
2020_09
もうこの価格帯の車だと良くて当たり前。だから?って感じです。
オフロードだけでなく、オンロードも快適ですが。

 

208/e-208
2020_10
ヨーロッパ車と言うとドイツ車が主流ですが、最近はフランス車も面白い。
ルノーもプジョーも、猫足だけが売りでなく、若干ドイツ車寄りの緻密さを入れて来ています。

 

カーオブザイヤーって、「日本カーオブザイヤー」と言うくらいで、滅多なことじゃあ輸入車は取れないです。
長いことこの伝統を崩せず、初めて輸入車で戴冠したのがゴルフ7。
それからはボルボが2年連続受賞したりしていますが、今年はやっぱり国産車かなあ。

予想はズバリ、レヴォーグです。

この車の完成度は、恐ろしく高い。

ただの足を固めたスポーツ車ではなく、しなやかに、そして粘り強く動く足。
スバルと言うと、一時期はビルシュタインの足でしたが、今評判が良いのはザックス。
そしてこれ、もちろんザックスの足です。

車好きが減ってる今の時代に、走りがどうのって・・・と思うかもしれませんが、レヴォーグの売りはアイサイトX。
日産プロパイロット同様に、3D地図を元にカーブの先の先まで見て曲がって行きます。

カーブではちゃんと減速して曲がり、そして加速する。

料金所では勝手に20km/hまで減速して通過、そして加速する。

道を知らなきゃ走るのは嫌だなって思う首都高でさえ、自動運転で走れちゃうようです。
あんな、左からも右からも合流がある、そして次々に分岐がある首都高をですよ?
公道試乗の記事が出たばかりなので、ちょっと不安もありますけど。

 

カーオブザイヤーって、単に良い車を選ぶだけでなく、その年度(時代)を表す車。
プリウスやリーフなど、新技術は評価されます。
そう言う点では、燃費が素晴らしいよりは、自動運転もここまで進化したか、の方が強いのかなあ。

と、予想はオシマイ。

 

今年は予想しててもモチベーションが上がりません。

それは多分、自動車評論家って要らなくないですか?の記事で書いたように、評論家の感覚と、一般人の感覚が乖離して来たと思うからです。

もっと言えば、カーオブザイヤー?ふーん?
って感じですかねえ。

つまり趣味で車を買う人なんて、もう少ないですよ。

レヴォーグが受賞しようが、私は買うとしたらヤリス。そんな感じかなあ。

 

予想が当たりましたパチパチ、外れましたガックシ。
で、オシマイ。

 

賢明なる方々は、走行性能、使い勝手、維持費、価格、それらを総合判断して(自分で買うんだから当たり前です)、少しでも良い車を購入します。

何だかんだで良い車は、数多く売れてます。

となると、一番売れてる車は何だ?この中だとヤリスですね。

しかもヤリスは、単独じゃなくて、ヤリスクロス、GRヤリスと3台まとめての判断ですしね。

 

私自身、車買い替えの予定が全く無いので、ちいとも盛り上がらない勝手な予想なのでした。ではでは。

iine

2016槍ヶ岳③

山頂直下の槍ヶ岳山荘に泊り、さあ最終日3日目です。
山小屋では大抵みなさん、日の出前から行動開始します。
日の出が近いオレンジ色の空。カメラを構える人も多い時間帯。

Img_0001_20201127170901

 

ヘッドライトを点けて、日の出前から槍の穂先へアタックする人達も大勢居ます。
あんな岩場へ、足元も暗いと言うのに凄いです。
ヘッドライトの列はまだまだ続き、あんなに大勢、山頂に同時に滞在出来たっけ?と言うほど。

Img_0003_20201127170901

 

いよいよ雲海の中から太陽が現れます。

Img_0015_20201127170901

 

日の出の瞬間も良いですが、私はこんな薄っすら明るい、ぼんやりした景色も好きです。

Img_0022_20201127170901

 

地面がオレンジ色に染まって来ます。

Img_0023_20201127170901

 

槍ヶ岳から見下ろす雲海。感動的な景色です。

Img_0024

 

幻想的な時間は去り、普段の槍が見えて来ました。
私はもう帰るだけ。そのまま上高地へ向かって下山しますが、まだここから先を目指す人達も居ます。

まだ薄暗いうちから、穂高方面へ、大キレットに向かう人達も。
槍だけで十分体力を使ってるのに、更に大キレットとは恐れ入ります。

Img_0028_20201127170901

 

下山途中に播隆窟を見掛けました。

昔、槍ヶ岳に初登はんした播隆上人と言う方が、槍ヶ岳に行者ではない普通の人々を引っ張り上げるために鎖を作ったそうです。
その上人が登山の際、籠った岩屋だそうです。

Img_0031_20201127170901

 

更に下りて行くと、前日と同じ光景が。もう真っ青な空&槍の穂先を心に刻んで帰ります。

Img_0032_20201127170901

 

下山時って意外と写真を撮らないものです。同じコースをピストンするので。
写真は一気に飛んで河童橋。
穂高連峰には雲が掛かっています。山の天気っていつもこうです。
朝はスカッと青空、それが次第に雲が掛かって行きます。

Img_0033

 

3日目は、2日掛けて登った距離を一気に下るので、行程は長いです。
行きにパスした天狗原からの逆さ槍、結局帰りもパスでした。

山頂からの景色が見えなかったのだけが残念ですが、それが無くても十分に満足な山行。
これを超える山旅を、私はその後することが出来るのでしょうか。

そう思うほど楽しかった槍制覇の旅でした。(^_-)-☆

iine

2020年11月27日 (金)

2016槍ヶ岳②

夜明け前に星空を眺め、2日目は好天が期待出来そうです。
槍沢ロッヂを出発して少しすると、ババ平と言うテント場があります。
初心者向けの槍沢コースだと、初日の上高地~槍沢ロッヂがちと物足りない。と言うか、もうちょい先まで足を進めておきたいのです。
だからテン泊でこのババ平まで進んだ方が都合が良い。ただし、荷物が重くなるのでその分キツイかも。

Img_0006_20201127062601

 

実は、槍沢ロッヂを出てすぐに槍ヶ岳が遠くに見えます。遥か彼方・・・にですが。
槍への道のりは、険しいと言うより、とにかく長いです。

Img_0009_20201127062601

 

途中に天狗原への分岐。天狗原からは逆さ槍が見れます。
が、行きに迂回する余裕は無く、真っ直ぐ槍を目指します。

Img_0010_20201127062601

 

真っ青な青空。これぞ北アの風景です。

Img_0012_20201127062601

 

ひたすら上を目指し登り続けます。

Img_0013_20201127062601

 

突然景色が開けて、念願の槍が目の前に。
ルート的にはここからジグザグにまだまだ歩きます。

Img_0017

 

なかなか近づかないので、ズームで一気に寄ってみます。まさに北アのランドマーク。カッコイイ。

Img_0018_20201127062601

 

周囲を回る様に、少しずつ近づいて行きます。ちょっと雲が出て来ましたよ。

Img_0021_20201127062601

 

いよいよ山頂が見えました。山頂まで梯子が掛かってます。直登も直登、90°の角度で登ります。
山頂付近は、登りと下りが別々になっていて、一方通行です。
(が、この日もそうでしたが、間違える人が居てちょっと危険)

あれまあ、空が・・・、真っ白。

Img_0025_20201127062601

 

着きましたー。1年前から「行くぞ」と決意した槍ヶ岳。途中ももちろんですが、山頂もゴツゴツしてます。
この狭い山頂で、順番を待ちながら記念撮影。
1年前の奥穂、そしてこの槍、忘れられない思い出です。
(あとは雲ノ平が印象的でしたね)

Img_0031

 

1年前、奥穂から槍を眺め、「次はあそこだぁー」と決めた登山計画。
今回見える次の山は、剱でしょうか。
と、残念。何も見えません。
360°見事に何も見えません。(´Д⊂グスン

Img_0034_20201127062701

 

雲が切れるまで山頂に居座ることは出来ないのがこの槍です。
何しろ狭い山頂を目指し、下から次々に梯子を登って来る人が居ます。
記念撮影をし、景色を見回したら下山となります。
(お昼は下で食べましょう)

さて、写真に写るこの梯子。これを降りるのです。高所恐怖症の人には辛いかも。

Img_0035

 

景色が見えなくても、この達成感。大満足の山旅です。
山頂を降り、すぐその場の槍ヶ岳山荘で2泊目です。
2日間掛けて登ったコースを、3日目は一気に下ります。
3日目は長いですが、それでもこの槍沢ルートが一番登り易いかな。
昼からビールで乾杯です。

Img_0091

(つづく)

iine

2020年11月25日 (水)

2016槍ヶ岳①

記憶を思い起こしながら、山行の過去記事を復活させています。
記事はまだ2016年ですから、過去に登った山はまだまだあります。(つまり記事はまだあります)

ですが、過去記事のメインと言えば、うーん、やっぱりこの槍ヶ岳でしょうか。
北アを目指すと聞けば、当然険しい山を想像します。
とすると自然と、剱岳、槍ヶ岳、奥穂高岳あたりを指すのでしょう。

私はまだ剱岳は未踏なので、北アで凄かった山と言うと、奥穂&槍。
歩いてみると奥穂のゴツゴツ道は歩き応えがあります。

そして槍は、、カッコイイ。
あの尖った穂先。北アのランドマークと呼ばれる、いつかは目指してみたくなる山です。

 

前年の2015年に奥穂に登り、そこから槍を眺めて、「次はあそこだぁー」と誓ってから1年。
狙った通りにすんなりと休暇が取れていざ挑戦。

ところが楽しみにしていた休暇は、天気がぐずついて若干の雨予報。
真の山好きならば、迷わずカッパを着て目指すのでしょうが、私は大の雨嫌い。 ← 仕事中散々カッパ着てますから ><

2泊3日の初日さえ我慢すれば大丈夫そうですが、それを我慢する気力も無かったりして。

 

夜中の1時に自宅を出発。(記憶が定かではないです。初日それほど歩かないから、もうちょい遅かったかも)
沢渡に車を停めて、シャトルバスで河童橋まで。

Img_0001_20201125175701

 

雨が嫌いと言った割には、ちゃんと来たじゃん。
と言われそうですが、天気予報は槍は雨ですが、すぐ近くの奥穂は曇り。
まあ行ってみて、槍が雨なら奥穂に行っちゃおうかなと言う、ヘタレなのでした。
(その2ヵ所なら、片方降れば、もう一方も降るだろう、と言うツッコミは勘弁して下さい)

河童橋に到着して、最新の予報をチェックすると、本当かなー?槍も曇りに変わってます。
どっちも曇りなら未踏の槍を目指すのは当然の流れ。
いずれにしろ横尾までの3時間はルートが一緒だし、とにかく歩き始めます。

1時間歩くと明神館。この辺までは登山者以外の方も結構来ます。

Img_0003_20201125175701

 

梓川沿いは起伏も無く、ほとんど真っ平なので、河童橋から散歩を楽しむ人も居ます。
おっ、ちょっとだけ青空も。

Img_0004_20201125175701

 

更に1時間歩くと、次の休憩ポイント、徳澤園です。
ここはテント泊をするには最高の場所です。(ただ、ここで1泊しちゃうと、山まで遠いですけどね)

Img_0005_20201125175701

 

再び梓川沿いを歩くと、サルですよ、サル。
意外と可愛いです。

Img_0007_20201125175701

 

1時間ほど歩いて(計3時間)横尾に到着。ここが槍と穂高の分岐地点。
本当に槍に行くのかな?ええ、ちゃんと槍を目指しますよ。

Img_0008_20201125175701

 

横尾から穂高を目指すと、山小屋(涸沢ヒュッテ、涸沢小屋)までは3時間。
槍を目指すと(槍沢ロッヂ)1時間40分。
翌日からは雨の心配は無さそう。てことは槍を目指した方が降られなくて済む。

Img_0009_20201125175701

 

特に険しい箇所もなくロッヂに到着。
まだ早いですが、北アの山行ってこんなもんです。午前に移動し、昼過ぎには次へ到着。
遅くても15時頃には到着と言う、実に朝型生活です。普段から自然に早起きなので全然普通の生活リズムです。(笑)

Img_0010_20201125175701

 

ここは、お風呂もあって、実に快適。
と思ったら、お風呂に入っている最中に、雨がザーッと降って来ました。
安心してたけど、結構危なかったかも。山の天気って変わり易いから分からないものですね。

夜が明けないうちに、表に出て星空を眺めます。
よしっ、2日目は晴れるぞー。(つづく)

iine

朝陽

最近はCDなんて買わなくなりました。
お金が無くて買わないと言う理由もありますが、今はダウンロードの時代ではないでしょうか。 ← ダウンロードもしてないだろっ!

たまに買っても、それは新譜ではなく中古。つまりBookoffです。
もちろん最新盤なんてありません。
だから自然と今流行ってる曲ではなく、一度は聞いた音楽ばかりになったりする訳で。

すると選ぶのは、時代をだいぶ遡り、フォークだったりニューミュージックだったり。

 

そんな私ですが、最近1枚CDを買いました。それもBookoffではなく新作を。Σ(・□・;)
ええ、思い切って買ってやりましたよ。
牛丼10杯分だから大英断ですよ。

 

実はステレオも調子が悪いので、音楽を聴くと言うと、もっぱら車の中です。
ちょい乗りなんてほとんどしませんから、一度乗ったらCD何枚分も聴いちゃいます。

すると思いがけず良い曲に巡り会うことも。

「おいしいパスタがあると聞いて」を買った時は、もちろん「裸の心」だったり、「ハルノヒ」を聴くために買いました。
けど、何度も聴いているうちに、この曲良いな!って言う歌もあります。

例えば、この「朝陽」

 

最初聴いた時は、そんなに良い曲とは思わなかったけど、何度も聴くうちにハマって来た感じ。

思い切って新譜を買わなかったら出会わなかった一曲。そんな気がします。

ふう。

たまには新譜も買ってみるもんですね。意外な出会いに感謝!です。(^_-)-☆

iine

2020年11月23日 (月)

自動改札の残高表示

通勤電車に乗り、毎日自動改札を通ります。
普段は定期利用なんで気にしませんが、遊びに出掛けたりすると、やっぱり残高がいくら残っているかは気になりますよね。

だから、その時必要じゃなくても、降りる瞬間には「残高」を目で追います。
残高「1980円」
まだ大丈夫だな。。

ところが最近は目で追っても見逃すことが多いです。

┐(´д`)┌ヤレヤレ オイラも遂に老眼か。。いや動体視力が弱いのかねえ。

どっちにしても老化現象です。

 

実はこれ、もう数年前からですが、残高表示の場所が変わったんですね。

以前は改札の出口付近にあった表示窓が、今はタッチ部分のすぐ先にあります。

だから朝の通勤時間のように、改札を押し出されるようにサッサと出ると、タッチした直後にはもう身体は表示窓部分を過ぎて、改札を出そうなあたりに居ます。

ゆっくり歩いてモタモタしてる訳にも行きません。

で、表示窓部分を事前に確認し、タッチと同時に見ようと頑張ります。

Kaisatsu

 

いやあー、やっぱりダメ。
一瞬でも立ち止まれないと見えませんて。

でも目ではしっかり追ってます。
じゃあ何が見えてるかっつうと、ナント前に通った人の残高が表示されてます。

 

まあほとんどの皆さんは、1000~3000円台ぐらいの残高です。 ← 結構沢山見ちゃいました(笑)

 

ですが、たまに残高「19000円」なんてのもあって、そんな時はスゲエー、金持ちー、負けたー。
そんなにチャージする必要あるのかよー。
などと勝手に他人の個人情報を覗いてはガッカリします。

まあ私なんぞは大抵1000円台しかチャージしてませんから。
(残高が減ると1000円チャージします)

最近は電車・バスだけでなく、スイカで買い物する人も居るから、残高も端数だったりします。
残高「853円」とかね。

 

滅多に無いですが、残高が驚くほど少ない人も。

この前、残高「6円」なんて表示を見て、思わず( ̄ー ̄)ニヤリ

 

他人の残高が多くても少なくても、それで私の残高が変わる訳じゃない。

なのに残高が少ない人を見ると、嬉しくなってしまう自分。
なんてちっぽけな人間なんでしょう。

 

私の後ろの人が、私の残高を見て( ̄ー ̄)ニヤリとしてるかもしれませんけどね。

よっぽど普段楽しいことが無いんだな。。。と思われた方、正解です。

ストレスだらけの毎日、年金が貰える年を指折り数え、惰性で生きてます。(ΦωΦ)フフフ…

 

年金を貰う頃には体力も落ちちゃうから、その前に1つ2つ高い山に登っておきましょうかねえ。

もうちょっと頑張らなきゃね。(^_-)-☆

 

アハハ、また話が脱線しちゃいました。ではまた。m(__)m

iine

2020年11月22日 (日)

日光へ行って来ました②

鳴き龍は見学出来ませんでしたが、概ね満足出来ました。
楽しそうな修学旅行生を見ていると、昔自分が林間学校で来たことを思い出します。
その頃はお土産と言うと刀(木製の)でしたね。
皆、刀と絵葉書(写真)を買っていたような。 ← 男子小学生の定番

では東照宮を後にして、次へ向かうことにします。

Dsc00058

 

まだ真っ赤な紅葉も見られました。

Dsc00062

 

綺麗ですが、落葉も始まっていて、掃除が大変そう。

Dsc00063

 

さて、いろは坂を登り、華厳の滝へ到着です。

Dsc00066

 

エレベーターには乗らず、上から眺め降ろす感じで。
(エレベーターに乗ると、下に降りて滝の正面から写真が撮れるみたいです)

Dsc00067

 

駐車場の目の前には、雄大な男体山。また登りたいです。

Dsc00070

 

再び移動して向かったのは戦場ヶ原。
林間学校の時はここにも来ました。ここで集合写真を撮りましたっけね。

Dsc00071

 

山ではないですが、戦場ヶ原は尾瀬のように歩くコースもあるようです。
そのうちに歩いてみたいとも思いますが、まだ山優先でしょうか。

Dsc00072

 

もう中禅寺湖から上は紅葉も終ってます。近くに竜頭の滝もありますが、やめておきましょう。
そのままいろは坂を下り、帰ります。

そう言えば、50年前のいろは坂は、大型バスが一回で曲がり切れず、切り返しが必要なカーブがありました。
どのバスも、バスガイドさんがバスから降りて、切り返しを誘導してたのを覚えています。
今はやらない所を見ると、道路幅を広げたのでしょうかね。

日光、懐かしい場所です。
私の通った小学校では、5年・箱根、6年・日光と決まっていました。
50年前に見た風景が、少しも変わらず、そのまま残っています。

戦国時代とか良い時代だったとは思いませんが、強大な力を持った将軍が歴史に残る建造物をたくさん残しました。
平和な現代に、そんな歴史を見学出来ることは幸せなことです。
こうしてみると、まだまだ行きたい所が多過ぎて、お金も時間も足りません。
が、
元気だけは保って、少しでも出掛けられたらなと思います。

iine

2020年11月19日 (木)

日光へ行って来ました①

鎌倉に続いて、またしても山には登らずに普通の観光です。
行き先は日光。
小学校の林間学校で行き、大人になってからも数回行ってますが、平成の大修理が終わってからは初めて。
陽明門は綺麗になったかな?

少し前の日光は、中禅寺湖周辺が紅葉し、いろは坂は恒例の大渋滞でした。
紅葉は下に降りて、東照宮が紅葉真っ盛りになると、今度は東照宮も大渋滞となったようでした。

平日なのに8時にはもう満車?
離れた駐車場に停め、歩いて東照宮へ?

朝早く到着しないとダメそうですが、そうは言っても東照宮入場は9時から。
1時間以上も前に駐車場では、ちょっと早過ぎる気もする。
けど、わざわざ行ったのに停められないのも困ります。

で、紅葉が最盛期を過ぎた頃を狙ってアタック。

 

計画よりちょっと遅い9:15頃に駐車場に到着。
200台くらい停められる大駐車場なので、まあ余裕でした。

紅葉はかなり散っていましたが、まだまだ紅葉・黄葉も残っています。

Dsc00031

 

何年ぶりだろう。楽しみです。

Dsc00032

 

五重塔を過ぎるとチケット売り場があります。
チケットを購入済みの団体さんが大勢で、売り場はそれほど混んでいません。

Dsc00033

 

三陣庫。地味な建物ですが、屋根の下の彫刻は「想像の象」と言って、まだ日本に象が居なかった頃の作品です。

Dsc00034

 

有名な三猿。

Dsc00036

 

いよいよ陽明門です。
平成の大修理で、色鮮やかに蘇ったのかと思いましたが、それ以前に来た時もこんな感じだったような。

Dsc00039

 

さすがは徳川家康を祀る国宝(世界遺産)だけのことはあります。
400年も前の建物なのに、光り輝いています。

Dsc00040

 

家康のお墓(奥宮)がある場所へは、この眠り猫の彫刻がある門をくぐって行きます。

Dsc00042

 

家康が眠る奥宮。

Dsc00043

 

唐門。

Dsc00048

 

鳴き龍。修学旅行生が大勢居たので、行くのは止めました。何年か前に体験済みなので。

Dsc00051

 

最後にもう一度陽明門を撮っておきましょう。

Dsc00053

 

戦国時代を勝ち抜いた将軍様の力(権威)は強大です。
人力で資材を運搬し、年月を掛けて建てるのですから。

Dsc00054

 

11時過ぎに東照宮を出ましたが、噂通りで駐車場には空車待ちの大行列。
平日だって言うのに、随分と沢山の人が押し掛けています。
GoTo修学旅行なのか、バスも何台も来ています。

なかなか良いタイミングで見学出来ました。
その足で次は?

iine

2020年11月16日 (月)

2016谷川岳

私の記事(過去記事でも)を楽しみにしてくれている方も居ると言うので、過去記事ではありますが、頑張って書いてみたいと思います。
2016年谷川岳です。
一応マイルールとしては、過去記事は山の紹介として載せているので、一度記事にした山は省略しています。

が、この時の谷川岳は、以前に書いたロープウェイ登山ではなく、西黒尾根を頑張って歩いた記事なので、二度目の山ですが載せてみます。

 

ロープウェイ乗り場の建物を出て、そのまま裏手の登山道へ入って行きます。

Img_0001_20201116222401

 

西黒尾根と言うのは、「日本三大急登」と呼ばれる、それはもうキツイ登り坂がある登山道です。
実際に登ってみるとそこまでキツイとは思いませんが、チャレンジする価値はありそうです。

Img_0004_20201116222401

 

途中に何ヵ所も鎖場がありますが、誰もがスイスイ登れる訳でもなく、順番待ちの行列が出来ちゃいます。

Img_0005_20201116222301

 

待つ間、やることも無いので、とにかく周りの景色でも楽しみましょう。

Img_0006_20201116222301

 

鎖場やガレ場の連続。こんな険しい道なのに、テント泊装備の大ザックの人も居ましたよ。
中にはロープに捕まったまま左右に身体を振られる人も。危ない!

Img_0007

 

山ガールのスカートの中を覗いて喜んでる人も居ました。(タイツしか見えませんが)
ちなみにその写真はありません。
載せないのではなく、撮ってませんので。

Img_0008_20201116222301

 

とにかく鎖場での待ち時間が長いです。
その度に景色を眺めてぼんやり。

Img_0010_20201116222301

 

何しろずっと登りですから。もちろん適当に休憩する人も。

Img_0011_20201116222301

 

まあよく登ることで。

Img_0012

 

尾根に出たのかな。と言ってもまだ7合目。ここから山頂まではまだひと踏ん張り。
ここらあたりが、ロープウェイ組との合流ポイントです。

Img_0021_20201116222301

 

まずは山頂・トマの耳。
ここは双耳峰(同じくらいの高さの山頂が2つある)なので、もう一つの山頂・オキの耳を目指します。

Img_0022

 

が、あれ?写真はこれで終わってます。
オキの耳、撮らなかったっけ?
オキの耳で昼食を食べ、下山は西黒尾根ではなくロープウェイでした。

実は今年も10月に狙ってたんですが、紅葉にはちょっと間に合わず、山頂は雪が積もったと聞き止めました。
また機会があれば登ってみたい山の一つです。

iine

2020年11月15日 (日)

鎌倉散歩②

大仏を後にして、次に向かったのは鶴岡八幡宮。
池には普段居ないアオサギ?も。

Dsc00016

 

海岸や小町通りには修学旅行生も多く居ましたが、こちら八幡宮は静かなものです。
紅葉もまだまだ。

Dsc00017

 

この時期は菊の展示もされています。

Dsc00018

 

展示じゃなくて販売か。

Dsc00020

 

立派なものですね。

Dsc00021

 

ちょっと習字が下手なようにも感じますが、まあ良いでしょう。

Dsc00022

 

いよいよ参拝。

Dsc00024

 

子供の頃は、正月の初詣はいつもここでした。

Dsc00025

 

そして八幡宮を抜け北鎌倉へ。
当初の計画では、紅葉を見に長谷寺と明月院に行くつもりでしたが、まだ紅葉には早かったようで、どちらにも入らず。
比較的紅葉が早い円覚寺を、外から眺めるのみ。
ここもまだ早かったかな。

Dsc00027

 

紅葉が目的と言うよりは、歩くこと自体が目的だったので、晴天の中を散歩してリフレッシュしました。(^^)v
次はどこへ出没しようかな。

iine

2020年11月14日 (土)

鎌倉散歩①

奥多摩の紅葉が綺麗だったので、もっと手軽に行かれる近場を散策することに。
ぶらっと鎌倉を歩いて来ました。

天気が良かったので、まずは海へ。
江ノ電に乗り稲村ケ崎へ。

Dsc00003

 

キラキラと輝く海。癒されますなあ。

Dsc00004

 

そして稲村ケ崎から見える景色と言えば、はい、江の島&富士山です。
残念、富士山は写りませんでした。

Dsc00005

 

次は長谷寺に行くつもりでしたが、まだ紅葉には早いようで、大仏を見に行くことに。
由比ヶ浜海岸もそうでしたが、修学旅行や遠足の子供たちがいっぱいです。

Dsc00006

 

心穏やかに。

Dsc00008

 

鎮座する大仏を眺めます。

Dsc00009

 

ぐるりと一周。

Dsc00013

 

鎌倉散歩と言いつつ、大仏だけになってしまいました。

Dsc00014

 

この後、鎌倉、そして北鎌倉まで歩いたのでした。
今日はここまで。(^_^)/~

iine

2020年11月10日 (火)

大菩薩峠へ②

賽の河原に到着。避難小屋でしょうか。
写真の左上、小高い丘の方へ進みます。

Img_0018

 

丘のてっぺんからは、いよいよ目標地点の大菩薩峠が見えます。
建物は介山荘。

Img_0019_20201110070801

 

介山荘に着くと、大菩薩峠の撮影スポットが。
本来の山頂・大菩薩嶺は全然景色が良くないので、メインの撮影場所はこちらになります。
ここには山座同定用の案内板もあり、富士山、南アルプス、八ヶ岳の山々が見られます。

Img_0020_20201110070801

 

上の写真の背景にも写ってますが、大菩薩峠直前の道はまるでゴルフコースのようです。
(ただし歩く所は石でゴツゴツしてますが)

Img_0026_20201110070801

 

後は一気に下るだけ。登り返しも無く、とにかく下りです。
福ちゃん荘に到着。スタート地点のロッジ長兵衛を目指してあとちょっと。

Img_0028

 

下山したのは11時半。まだお昼前なので、余裕で寄り道を楽しむことにします。
行きたかったのは「大菩薩ライン」と言う景色が良い道路。
丁度紅葉真っ盛りで素晴らしい景色を満喫出来ることでしょう。

ちなみにこんな道路(Webより)です。

47

行きは勝沼ICから大菩薩嶺に行きますが、右に曲がらずそのまま真っ直ぐ国道411号へ行くと、奥多摩まで抜けることが出来ます。
その道が「大菩薩ライン」(無料)です。

予想通り紅葉に包まれるような景色が続き、時には道路の両側が一面ススキの原っぱだったり、それは感動ものの美しさ。
ですが、ソロツーリング(ドライブ)なので、写真は1枚もありません。
そのまま奥多摩湖に到着。

Img_0030

 

紅葉も黄葉も、とにかく周囲は秋真っ盛りの風景。

Img_0032

 

そのまま直進して国道20号に行けば帰れますが、何しろ時間に余裕があったので、逆戻りして「奥多摩周遊道路」を走って帰ることに。
そこは峠道を攻めるライダーが大勢居ます。
四輪で攻めている人は、、以前は居ましたが、今は少ないのかなあ。

サーキットかよ?って言うほど、バイクを倒しているライダーも居ました。
なかにはセンターラインギリギリを攻めて、頭だけはみ出しているライダーも。 ← ちょっと危ないよ

久し振りに山に登ったし、奥多摩の紅葉も見れたし、運転好きをあらためて自覚して楽しめました。(*'▽')

 

次はどの山に登ろうかな。もうちょい頑張らないとなあ。

iine

大菩薩峠へ①

夜勤明けの月曜日。さすがにそろそろ山へ行かねば。
と谷川岳を計画。(10/28からロープウェイが運転再開されました)
ただ紅葉にはちと遅いのでは。そして山頂は雪かも。 ← チェーンスパイクで登れる程度
ちなみに紅葉はすでに麓まで下りちゃってるそうです。

悩んだ末に、やっぱり眠いので断念。夜勤明けはなかなかその気になれません。
でもここでまたどこにも行かないと言うのも。。

で、お気楽登山が出来る山、山梨県の大菩薩嶺に行ってみました。

 

5時半頃に出発。通勤時間にも重なる東名道・圏央道・中央道を乗り継ぎ、3時間ほどで到着。
9時ちょい前に登山開始します。
ロッジ長兵衛の右脇に登山道入り口があります。

Img_0001_20201110022501

 

まずは福ちゃん荘まで。そこの利用客は福ちゃん荘の駐車場まで車で行かれます。
そんな人も車も居る場所で、「ガサリ」と大きめの音が。
見ると鹿が居ました。大菩薩で見るのは初めてです。
しかも全然逃げません。それどころか寄って来ましたよ。(*´σー`)エヘヘ

Img_0003_20201110022501

 

20分ほどで福ちゃん荘に到着。案内図を見ると雷岩までは1時間。あっと言う間ですね。

Img_0004_20201110022501

 

登りながら振り返ると富士山が。
あっと言う間に登っちゃうのは勿体無い。ちょっと登っては振り返り、高度を上げると湖も見えました。
何枚も写真を撮りながら登ります。

Img_0006_20201110022501

 

目の前に雷岩。ここまで40分、やっぱりあっと言う間でしたね。

Img_0009_20201110022501

 

岩の上に乗り富士山を。右に見えるは甲府盆地。
はあー、癒される。

Img_0010_20201110022501

 

富士山を横に見ながら稜線歩き。
ここは首都圏から一番近い稜線歩きが出来る山なのです。
2000mの稜線歩き。しかも駐車場がすでに1500mなので、たった500m登るだけで稜線歩きが出来るのですよ。

Img_0013_20201110022501

 

こんな感じ。時計回りでも反時計回りでも楽しめますが、私は時計回りが好きです。
理由は前方に富士山を見ながら歩けるから。

Img_0015

 

微かに雲が掛かっていますが、まあまあじゃないでしょうか。
まだ朝10時。気持ちの良いハイキングを満喫です。

Img_0016_20201110022501

 

今回は山頂である大菩薩嶺はパス。まあ景色が何も無いと言うこともありますが、実は大菩薩峠の帰りに寄り道したい所があったのですね。
それは・・・。
(つづく)

iine

2020年11月 4日 (水)

2016赤城山

ネタが無いので、過去の山歩き記事です。
どのくらいネタが無いのかと言いますとですね、ナント!今年山に行った回数、たったの3回。

宝登山、浜石岳、木曽駒ケ岳。
ヤバイですね。
趣味「山歩き」って、完全に詐欺ですな。

これが果たしてコロナのせいなのか、はたまた仕事疲れのせいなのか、それは神のみぞ知るってやつです。

 

思えばこの2016年は、何とここ(ココログ)で知り合った方々と、一緒に山歩きなんかしてた頃です。

当然ですが、夜中に起きて「眠い」なんて弱音は吐かなかったですよ。
眠くたって無理矢理起きて出発!
行けば楽しい山歩きが待ってましたから。

それに比べて今は、ちょっと眠いともう「止めた」です。

 

丁度2016年、梅雨入り宣言初日のことでした。
ココ友との山歩きですから、居住地もバラバラで、当然のように現地集合です。

私は赤城山は初めてで、何の下調べもせず、ただ着いて行くだけ。
あった、ありました、登山口です。

Akagi01

 

どこが名所なのか、珍しい花なのかも分からず、ココ友さん達が写真を撮ると、一緒にカシャッとシャッターを押す。
イイねえ、何も考えずに連れられ登山です。

Akagi02

 

とくにキツイと感じる登りもなく、優雅な休日。
今では考えられません。

Akagi03

 

あっと言う間に黒檜山到着。展望台から山座同定しますが、よく分かりません。
てか山の写真が1枚も残ってませんわ。
これは一体、、何をしに行ったんだろうか。

Akagi04

 

お次は隣の山へ。途中に神社を通り。

Akagi05

 

またもあっと言う間に駒ヶ岳です。
何か楽しく話しているうちに到着しちゃいました。

Akagi06

 

そして、そして、お待ちかね。山ごはんです。
写真を見れば分かる通り、この頃はかなりやる気ありましたね。 ← とか言って、ココ友さんが用意してくれたものがほとんど(笑)
今はコンビニのパンを買って持って行くだけですから。
そうです。行き先が北アでもコンビニパン。

Akagi07

 

大満足の山歩き。とても梅雨入りしたとは思えない晴天。
確か山の上は曇ってたけど、下山すると晴天と言う、よくある光景です。

Akagi08

 

ちょっとカメラの性能が悪い気もします。ピントが甘いような。
ちなみにまだ現役カメラとして使っているCanonSX610です。

Akagi09

 

さて。
やる気があった頃の写真を見て、また頑張らなきゃあなあ、なんて。

今年のGoToには縁がありませんが、まだ紅葉には間に合うでしょう。

少し仕事を手抜きして、山歩きの体力を残しましょうか。(笑)

それか、またどなたか一緒に登ってくれませんかねえ。

良き友達を繋いでくれたココログ、無くなって欲しくないですねえ。

iine

穏やかな休日に

昨日は祝日出勤でした。何度も記事に書いているように、この頃は平日よりも日祝の方が忙しい。
昔は日曜の郵便配達は速達だけだったとか。
ウチの班の元社員、現サボリーマンの方も仰ってます。
「昔はホント速達だけ。書留もやらなかったんだよなあ。通販物なんか無かったし」

てことは?
「そうだよ。1日に2~3通配達したら、あとはボケ―っとしてたよ」
「はあ。それは楽で良いっすね」

 

それが今は、通販物がジャンジャン到着して、書留よりも優先して配ってます。
何しろ通販物は、本人が注文した品物だから、来るのが分かってる。
だから配り切れないからと翌日回しにしたりすると、すぐ電話が掛かって来ます。
「何で配達しないんだ。ウチのやつは今日中に持って来い」

そうなんです。
今は自宅のPCで、自分の注文品が現在どこにあるか、リアルタイムで分かります。
〇〇局到着、△△局到着、配達持ち出し中。
じゃあそろそろ来るな、と待っていると、いきなり「配達予定×日」と表示が変わります。

すると、お客さん、「おいおい、何で待ってるのに配達しないんだ。勝手に明日に回してんじゃねえよ」と。

 

だから上からの指示は、「通販物はとにかく当日中に片付けろ。終わらなきゃ書留を明日に回せ」です。

 

日曜は出勤が班で2名。
1人は8~17時、もう1人は12~21時。
朝からの人は午前・午後と配達、昼からの人は午後だけ配達(夜は再配のみ)です。

ところがそれだと月曜に大量に書留が残っちゃいます。
で、夜勤者は10~21時と早出になり、午前・午後と配達に出ます。
もちろん朝からの人も、終わらなければ19時まで配達です。

それでも終わらない日も。
そんななんで、物量が多い班は3人体制だったり。

 

ウチは物量が比較的少ない班なので、日曜は2人、祝日は3人でシフトが組まれています。
祝日の方が物量が多いので。

昨日は久し振りの祝日出勤。
また大量の荷物が到着して、3人掛かりでも悲鳴を上げることになるのでしょう。

ただ、GoToが始まったからなのか、最近通販物の数が減ってます。
自分で買い物に行かれるようになったし、それより旅行で忙しいのかも。

 

朝の出勤電車は、レジャー客で満員。( ̄ー ̄)ニヤリ
もしかしたら荷物が少ないかも。

ちょっとだけ期待しつつ出勤すると。。

Sky

ムフフ。
今日は何て良い日だ。

そこに置かれていたのは、過去に経験が無いくらいの少ない物量。

いつもはファイバー4箱ぐらいの荷物を、1~2回に分けて積載し配達に出ます。
もう積めるか積めないかって言うギリギリの線。
どうしても積めなきゃ、夜勤時間に積み残しを片付けます。

が、

 

ポツンと置かれた箱は、、たったの1箱。

バイクに積んだら、ギュウギュウの反対でスカスカ。

じゃあ書留はと言うと、これがまたたったの12本。
ん?

書留と通販物を合わせても50個もありません。

 

普段は150~190個ぐらいあるのにねえ。

ちなみに日曜も出勤でしたが、実は日曜も130個しか無くて、「今日は楽だったなあー」って喜んだばかり。

いやいや、これ罪悪感を感じるほど少ないです。3人必要無かったですね。
しかも祝日出勤って割増賃金だったりしますから。(笑) ← 笑いが止まりません

 

班長に「こんなに楽しちゃって申し訳無いですね」って言ったら、

「たまにはこんな日があっても良いじゃないですか。普段頑張ってるご褒美ですよ」って。

もちろん楽だったのは私だけじゃなくて、朝から出勤の2人もかなり楽だったようです。

 

ちなみに、私の夜の再配はと言うと、
これがまた犯罪的に少ない本数で、書留がたったの5本、通販物が10個。
こんなんで良いのだろうか。 ← いいのだ

 

ウハウハしてたら、隣の班員は「俺なんか書留2本だぜ?」 ← 負けた

他の班員も「俺は全部で10個だから」 ← あり得ん

素晴らしきラッキーデーでした。(*'▽')

 

私が19時ちょい過ぎに帰局する(勤務時間は21時まで)と、全部で10個の人がバイクで帰宅するところでした。
エレベーターで上に上がると、書留2本の人はもうすでに退勤してました。

やっぱり皆相当楽勝だったんですね。(⌒▽⌒)アハハ!

 

私も21時までのところを、20時で退勤しました。
まあ1時間分の賃金は損しましたが、そもそも7時間分の労働もしてないしね。
3時間分ぐらいしか働いて無いかも。

そんな中、チンタラやって21時までしっかり残ってた人も居ましたけどね。(ΦωΦ)フフフ…

iine

2020年11月 3日 (火)

ついに年賀はバイト0です

毎日過積載で働いているのに、何がマズイのか、会社の業績は悪化し続けているようです。

個人的には、ズバリ!社内に不要な人員が多いせいかと思うのですよ。

局長、部長のような管理職はともかく、何してるんだか分からない「計画」なんて部署があって、1日中PCを眺めているだけのような?
それも、揃いも揃って肥満体の輩が、偉そうにブラブラしてます。
そして、ウチの会社ったら、そういう扶養家族(他人の働きで食ってる)のような人員枠だけは、絶対に減らしません。

 

つまり配達員100人、内勤15人だったら、郵便が減り配達員が70人に減っても、内勤は15人のままって訳。

この肥満ブラザーズは、どんだけ物数が増えて忙しくても、一切手伝いなどしないですから。

ちょっと運転してマンションだけでも配達するとか、外に出ないまでも組立を手伝うとか、「残業を減らせ」って言うんだから少しは手伝えば良いと思うんですが、全くやらないです。

 

もっと言えば、支社からやって来て、重箱の隅をつつくように文句を言いに来る監査役。

文句の内容だって、「体操の動きが揃ってない」とか、どうでも良い事ばかり。
それでいて配達員なんかより、よっぽど良い給料を貰ってる。

あんなの1人減らせば、バイト2~3人雇えるのによ、ってな具合。

 

配達員を1人増やすと、それに伴って年金・保険とか、賃金以外の経費が上積みされるから、だったら残業で乗り切ろうみたいな感じで。
若い人は乗り切れても、ロートルは連日残業だと厳しいです。
ましてや、連日残業じゃなくて、それを「定時でやれ」って言う状態ですから。

 

さて、前回書いたように10月ぐらいから、郵便物数も増えて、「やれ」と掛け声を掛けても「無理」な状況になって来ました。

そして驚いたのは、今年の年賀はとうとうバイトを雇わないのだそうです。

Nenga

大丈夫なのかなあ?

 

以前は年賀のバイトと言うと、高校男子(主に野球部とか)がやって来て、元気一杯に自転車で配達していました。
聞く所によると、配達は全部バイトで、社員は朝から夕方までずっと中で年賀の準備だったようです。

私が入った頃は、局内に数人/班だけ残り、社員&バイトで配達でした。
配達に出た人間も夕方には帰局し、残業時間は年賀の準備。

 

ところが誤配が多いのと、どうもバイトが事故に遭ったみたいで、最近は配達は全て社員がやってます。
で、
年賀のバイトはと言うと、高校女子が中心で、中で年賀の組立作業です。

配達員が配達に出ている間に、せっせと組み立てをし、夕方に帰局した配達員がそこから確認作業をします。

なので、誰も何もせず、作業がストップしている時間はありません。

 

それが今年はついにバイト0だそうで。

てことは、配達員が配達を終えて帰局するまで、何もせず年賀は放置されるってことですね。
夕方に帰って来て、それから初めて作業開始ってことです。

年末の最後の方は、午前中で配達が終ったりもしますが、確か去年は初日は配達そのものが定時では終わらなかった気がします。
配達だけで残業なのに、そこからスタートって、気が遠くなりますよね。

 

それに機械が年賀を並べてくれますが、毎日やっつけないと、せっかく並んでる年賀が2セット、3セットと増えたら、それらを合わせる作業が増えて大変です。

どうせブラブラしてる偉い人員は、「はい、時間ですよ」みたいなことを言うだけだしね。

 

もう住所・氏名なんかチラ見して、即組み込み、そのまま配達ですよ。
そして間違えると始末書。
何てアホらしいんだ。

誤配するな、よく確認しろ、なんて言うくせに、それを出来ない体制ばかり作り上げていく会社。

 

もっとも、今年はコロナのせいなのか会社が出す年賀状も減りそうで、初版刷り枚数は昨年比-17%だとか。

年々減る年賀状。
令和を機に「年賀仕舞い」をした人も多いでしょう。

本社もバイト0でも乗り切れると踏んでいるんでしょうけど、だったら「売れ、売れ」とうるさく言わないで欲しいですよね。

 

蓋を開けて見なけりゃ分かりません。

去年なんか、残業が毎日1時間ぐらいしか無くて、年賀なのに普段の月とたいして給料が変わりませんでしたから。

 

昔は連日20時、21時まで残業で、当時バイトだった私らでも12月の給料は35万ぐらい行きました。

去年は25ぐらいだったでしょうか?
普段が10万円台だから、これじゃあなって言う人も多くて、高卒でせっかく正社員になったのに退職した人間も。

さて、バイト0で忙しくて泣くか、稼ぎが増えて笑うか、どうなることでしょうね。

 

それにしても毎日忙しいのは忙しいんだけど、ちっとも暮らしは良くなりませぬ。(´Д⊂グスン

 

さてと、今日もこれから出勤(夜勤)です。
雨が止んだだけ良かったです。
通販物配達ですが、GoToの影響なのか、最近ちょっと減ってます。( ̄ー ̄)ニヤリ

今日の仕事、早く終わらないかな。ではでは。

iine

2020年11月 2日 (月)

コストカット間違ってませんか

今年はコロナ禍で経済(産業)が低迷しています。
ただいま経済回復のため、GoTo政策を推し進めていますが、果たしてどうなの?と。
結局は税金を大量に投入して、旅行へGo、食事へGo、商店街?へGoと言う話ですが、予算が尽きても延長してやることなのか疑問です。
だって後に待っているのは増税ですからねえ。
つまり消費を先食いしてるだけ(どうせ後で取られるなら使わなきゃ損)で、増税後はまた経済が冷え込みます。それも全体が。

コロナ禍で、逆に潤った業界もあると思いますがどうでしょう。

 

我が郵便事業は、社会全体が不要不急の外出を控えるよう言われた時も、ライフライン扱いされ、まんま普段通りの勤務でした。
通販物は連日ジャンジャン到着し、猛烈に忙しかった。さぞかし増益かと思いきや。

「今年度はコロナの影響で、郵便の数は大幅減。小包も減。利幅の少ないバーコード物だけ若干増えましたが、収支の話で言うと大幅減です。このままでは・・・」

あれ?そうなの?
あんなに忙しかったのに?

密を避けるためバーゲンも無くなり、当然DMは減り、郵便が減ったのは分かります。
でもあんなに米・水みたいな重い物やマスクとか、例年以上に配達してたように思うんですけど。
ところが数にしたら去年より減ってる。
しかも対面しないポストに投函するだけの通販物(バーコード郵便)、これが増え過ぎて苦しいのに、「あれは儲からん」だと。

 

いやいや、誰だよ、そんな働いても儲からん商品を作り出したのは。

配達には人件費もガソリン代も掛かります。
だから当然利益が必要なのに、下手すりゃ封1通より安かったりしますからね。 ← 大型顧客の1個は格安も格安だから

それでいて、「もっと早く」だの「早く帰れ(退社しろ)」だの言われるだけですから、何か間違ってるよなあ。

 

そして「このままでは・・・」に続く話は、収入が減れば当然賃金も減る。そうならないためにも年賀販売頑張れと言う話です。
出た出た。また配達員の尻を叩く話ばかりです。

それと同時に、「今年はコロナの密を避けるため、年賀の臨時販売所は出しません。なのでより一層配達員の販売に掛かってます」だと。

出た出た。絶対に間違ったコストカットですよ、これ。

Cost

 

ウチの会社の一番おかしいのが、この年賀営業だと思うんですよね。

郵便局が売ろうが、配達員が売ろうが、グループとしての利益は一緒。
だったら競争したって仕方が無いのに。

それにコストを考えたら、お客さんが自ら買いに来てくれる方(郵便局)が、明らかに手間が小さいはず。

配達員が届けるには、まず対面時に時間を掛けて営業。釣銭を用意して訪問・お届け。帰局してから入金して清算調書作成。
大したこと無さそうですが、配達員が現金管理機に列を作って、出勤・入金するのは時間の無駄。
それだけで残業になっちゃったりの混雑ぶりです。

でも、上からは膨大なノルマを突き付けられ、ニュースにもなったように、自爆営業(自分で大量に買って金券ショップに売る)する輩も。
そして、わざわざ金券ショップを監視する人員も居たりして。

もう全て無駄に思えますよ。

 

局と配達の販売競争だって、以前は駅の1Fと2Fに両社がそれぞれ臨時販売所を出して争ってたり。
大型スーパーに販売所を出したり、局のすぐ前にウチが販売所を出したり。

でも我々が書留配達の度に、「いかがですか?」なんてお願いする枚数よりも、黙ってお店を広げてた方が遥かに売れます。

それに配達員は必死に配達してナンボですから。

それでもノルマに達しない分を、普段ブラブラしてる管理者が、せめてもと臨時販売所で売り上げに貢献するのがいつもの風景なのですよ。

 

それなのに、「今年は臨時販売所は出しません」だと。 ← 自分達が仕事しないことはすぐに決めやがる

 

コロナの密を避けるって言うけどね、販売員がピンポンして玄関に入って来る方が、危険度高いと思いませんか?

スーパーと一緒でね、買う時に並ぶ列をね、ちょっと間隔空けたら終わる話ですよ。

 

それと、以前は偉い人ほどノルマは多かったんですよ。
配達員3000枚、課長5000枚、局長10000枚とかね。
なのに数年前から、外に出ない人間は営業機会が無いからと、課長やら局長のノルマを廃止。 ← 何だそりゃ?

それでいて配達員は、あんなニュースに出ちゃうほどの追い詰められようで。

 

まあ、そもそも支社からの命令も異常なんですよ。

配達員が頑張って営業し、目標ノルマを達成して万歳。
かと思ったら、周辺の郵便局の売り上げが落ちているとの指摘。
そして地域全体の売り上げUPを達成せよだと。
配達会社だけでなく、地域の郵便局も全てノルマ達成出来るように、地域を上げて取り組むようにだと。

いや、絶対無理でしょ。

そもそもの総売り上げ枚数が減ってるのに、その小さいパイを奪い合っているのに、全部がノルマ達成とか不可能です。

 

年賀営業でコストカットしたかったら、配達員のお届けサービスなんて止めて、配達員は配達に専念。
そして早く帰局し、早く退社しなさい。
その代わり臨時販売所で、普段働かない管理職が汗を流せば良いのだ。 ← 1日中仕事せずブラブラしてんだから

まあ絶対にやらないでしょうけどね。

 

ウチの会社、肝心の配達員の人数は減らしても、仕事しない役職の数は絶対に死守しますからね。(笑)

あ~あ、毎日身体が痛いですよ。
もうボロボロ。(´Д⊂グスン

iine

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ