« 雨宿り | トップページ | やっとひと安心です »

2020年10月12日 (月)

やっと止みました

先週は大変でした。もう疲れ切ってグッタリです。
家に帰り、自分の部屋で、PCの電源を入れ起動する前にウトウト。
何もせず電源を落とす、そんな日々でした。

月曜日は久し振りに物増。
年金はがきが大量に到着。そして大型(A4)郵便がやたらと多い。

ポスト投函された郵便とは違い、後納で郵便局に持ち込まれた郵便は通数が多いため、2~3日に分けて配達する場合があります。
本来は12万通ある郵便を、今日は9万通にしときますよ。明日積み残し3万通上乗せね、と。

もちろん、普通はどの班も均等に3万通分を積み残すのですが、今回は物凄く杜撰。
適当に3万通を引っこ抜いたので、多い班は丸々全部出て150%、少ない班は75%と倍も違うと言ういい加減さ。
ざっくりと言うと、減らない班は1通も減らない。減った班は-6万通分くらい減る。
それが半々だとして、局としては-3万通分を翌日回しにしましたと。

12万通の班と、6万通の班が混在した状態でスタート。

 

ウチの班は、減った班です。
\(^_^)/

と喜ぶことは出来ません。むしろ逆。

 

減ったと言っても、それは単に火曜に回されただけです。そして火曜は普通は物数が少ないので、人員配置も少なめにしています。
普段でも持ち分が+1hなのに、火曜は+1.5hです。そこに更に+6万通相当の追加が来るとなるとね。

 

それをやっと片付けたと思ったら、翌水曜からはずっと雨。
台風&秋雨前線がもたらした雨は、全く止むことなく降り続けました。
そして台風接近前からの強風です。

台風接近の日は、最悪途中で配達打ち切りになります。
(アホだから、もう終わる頃に連絡が来て、「途中でも良いから帰局しなさい」なんて。そんな連絡18時頃にするなよ)

最初っから配達出来そうもない日は、ポストに入り辛い大型は置いて行けなんて指示が出る時も。
もっと酷い日は、普通郵便も切手貼付だけの場合も。

 

だけど今回は、「明日に回しても、明日も雨だから。全部やるように」ですと。(;´д`)トホホ

 

さすがに最接近の土曜は、夜間の再配達だけコールセンターでストップしました。
(えーと、つまり普通の配達は、普通にやったってことですね。書留なんかボロボロですよ)

 

まあそれでもね、日曜はついに雨が上がりそうって予報で、ホッとしました。ε-(´∀`*)ホッ

何度も言ってますが、最近は平日よりも日曜の方が大変です。
普段は8~9人で配る通販物を、たった2人で配らなきゃなりません。
指示は、「通販物は残業になっても全部やれ。書留は終わらなかったら月曜に回せ」です。

必死にやっても終わらない前提ですよ。

普段は昼から出勤の夜勤者も、10時から勤務開始で午前&午後と配達です。

 

で、

ナント、期待してた天気ですが、降ってるじゃないですか。ポツリポツリと。

普通郵便と違って通販物は大きいから、ポストに入らず対面配達。
そして留守なら不在票と、手間が掛かります。
そして持ち戻るとなると、ボックスに積みっ放し。
蓋を開け閉めするごとに濡れてボロボロに。
それを防ぐため、1個1個ビニール袋に入れますが、新聞と違って全部手作業です。
(午前だけで100個ぐらい袋詰めします)

普通なら11時に出発出来る所が、11時半出発とか。
それでいて、「午前」希望の郵便も配らなきゃなりません。
もうどこをどの順番で回れば良いのか。

 

あーっ!

空が明るくなって来ました。( ̄ー ̄)ニヤリ

Sun

 

薄っすらと青空が見えてます。
晴れと雨では大違い。

ふうー。

何とか積み残すことなく完配しました。(^^)v

 

最近は、みんな日曜の大変さを分かってますから、書留が残っても誰も文句は言いませんが、それでも綺麗に片付けたいですよね。
何とか終わって脱力の月曜日です。┐(´д`)┌ヤレヤレ

iine

« 雨宿り | トップページ | やっとひと安心です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(*^-^*)
お仕事お疲れ様です。暑い時・寒い時・雨でも休めない外勤は、しんどい日もあるでしょうね。
配達品は次々と持ち込まれて終わりがない訳だし・・・。
涼しくなってきます。くれぐれもお体大切に。

霊のお話、ありましたね。
私も娘も、見えませんが、感じます。娘は、生霊と死霊の区別がつくそうです。
私は、負のオーラを引き付けてしまいます。
肩に乗っかって、痛くて重いので、誰かに背中をパーンとたたいてもらうか、
大きな音を立てて手を叩くようにしています。(←これ、お勧め)
たぶん、こういうのは、感じない方が幸せだと思います(;^ω^)

四季さん、こんばんは。

肩が痛くて重い・・・。実害がある訳ですね?
そういう時、娘さんには見えているんですかねえ。何が憑いているか。
怖いものは見えない方が良いです。見える人の所にはどんどんと寄って来そうです。
霊の存在は信じますが、凡人のままが良いかも。(*'▽')

お部屋に何か感じた時は、大きく両手でかしわ手を打ってください。パーンって。
霊は大きな音に弱いと聞いた事があります。
自分に活を入れて、払いのけ、寄せ付けない意味でもね。

見える訳ではないので、娘も私も「感じる」だけです。
たぶん、私に乗るのは生霊。何かの思いが訴えているのでしょう。
床に押さえつけられるように、動けなくなります。
誰なのかその時はわかりません。あとで「ああ!」って。
母は、それに比べると、遠慮がちにちょこっと乗ってます(#^.^#)

四季さん、こんにちは。

何度も体験されているのですね?
生霊と言うことは、実在の人物、それも知人だったりする訳で。。
その方が怖く感じるかもしれませんね。
何か伝えたいことがあったりして。

私は多分あまり感じない方だと思います。
小学校の林間学校でも、「出る」と噂の部屋に泊りましたが、皆が「出た」と言った時も何も感じませんでした。
霊もUFOも信じてますが、全然見ないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨宿り | トップページ | やっとひと安心です »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ