« レジ袋の有料化 | トップページ | 熱中症警戒アラート »

2020年8月16日 (日)

怒られてもなあ

少し前の記事の最後、たまには楽な日が欲しいなあと期待したんですが。

 

昨日は夜勤。まあ11時頃から仕事開始なので、午前中から職場には居ます。
班員が持ち出した郵便の量を見れば、ザっとその日の量が分かります。
皆かなり多く持ち出してますから、ふふ、こりゃあ今日は楽かもしれないなと。

さて、組立を始めると、予想通りに郵便が少ない。
最近は、昼の夜勤者ミーティングには出ないで出発することがほとんどですが、この物数なら参加しても終ります。
が、
少しでも早く出た方が、僅かでも気温が低い時間帯に配達出来ます。

 

そこでとっとと出発します。
暑くてバテバテですが、何とか14時には終了。(普段だと15時半頃まで掛かります)
後は中でのPC作業なので快適作業。
きっと夜の再配も少ないから、リフレッシュデーかな?なんて。

 

ところが夜の部をスタートしたら、机に1枚の紙あり。
どうもお客様から苦情のようです。

「お客様のポストに、封が開いた郵便が投函された。誤配開封されたと怒ってらっしゃるので、電話&訪問謝罪するように」と。

まあたまにあるんですよね。封筒の糊付けが甘いやつ。運んでる間はくっ付いていても、投函時とか投函後にパカッと開いちゃう奴。
でも今日のにそんなのあったかな。結構薄手のピシッとした封筒だけだったと思うけど。
まあ仕方無い。とにかく電話してみましょう。

 

「もしもし。私、〇〇郵便局の配達の××と申します」
「はい」
「本日お客様のポストに開封された郵便が投函されたとのことで~」
と話し始めると、


「あの、何言ってるか全然聞こえないんですけど。もっと大きな声で喋って貰えますか?」 ← と喋るお客様は大声です

「もしもし。今日お客様のポストに~
「だから全然聞こえませんっ。もっと大声で」 ← 何だか最初からエキサイトしてます

4523b2e62bed0507b486e4cc57001f0e_600

 

「もしもしっ!今日お客様のポストに開封された郵便が投函されていた件でお電話させて頂いてます。(略)誠にすみませんでした」
「それで、電話して来て一体何か意味があるんですか?」 ← はあ?あなたが掛けろって言ったんでしょうが。電話番号も伝えて

 

正直まだ誤配かどうかも分からないです。封筒の糊が勝手に剥がれる場合もあるので。
ちなみにお客様からの申告では、封がきれいに剥がれていると言う話なので、その可能性の方が高いかと。
とにかく現地確認、実物を見てみない事には。

そして訪問し謝罪する旨を伝えると、

「だから謝られても何にもなりませんって。その郵便を見て何か分かるんですか?中身が全部あるか判断出来るんですか?」
「いえ、分かりません」
「だったら意味無いでしょう。どう責任を取るつもりなんでしょうか」
「責任ですか・・・。でもまずとにかくお伺いしますので」
と時間だけ約束します。

 

局の上司と相談すると、市役所(差出人)に再発送を依頼することは出来ると。
ただ、個人情報など難しい場合もあり、郵便局の依頼ではNOと言われる場合も。
その場合は、お客様と市役所の、直接のやり取りが必要なので、それを説明して来て欲しいと。

 

まあ、時間が約束出来た=会う気になった、と言うことですから何とかなるでしょう。
電話で怒ってる人も、実際に対面すると普通だったりしますから。

と、いざ訪問。
ドアを開けてくれません。
インターホン越しに会話です。(ノ∀`)アチャー

 

「先程お電話した××です」
「だから電話で話した通り、あなたに会って何か意味あるんですか?」
「はい。開封された状態で投函されたと言うことですので、中身が足りない恐れもありますので、市役所に再送依頼させて頂きますので」
「郵便局でやってくれるんですね?」
「はい。それでその郵便を回収させて頂きたいのですが」

ガチャリ。と、ドアが開きます。
が、開いたのはほんの5cmぐらい。
隙間から郵便が差し出されました。
それを受け取り、

「では早速明日に市役所に依頼しますが、再発送は本人からの依頼でないとダメと言われる場合もございますので・・・」
「はあ?何言ってるんですか?悪いのは郵便局。なのに私が面倒な手続きをしなくちゃならないんですか?」
「申し訳ございませんが、そういうケースもありますので、謝罪とそのご説明をしに伺いました」
「もしそうなら、いつになるんですか?いつ新しいのは届くんですか?」
「いえ、ですからそこまでは現状分かりません。明日すぐご連絡致しますので」
「じゃあかなり遅くなりますよね。それは困るんですけど」 ← こっちだって困っちゃいますって

 

ちなみに郵便局が悪かったかどうか、つまり誤配された郵便だったかどうかですが、うーん。
封筒の封はしっかり糊付けされてました。

当初、封がきれいに開封されていたと聞き、勝手に開いたと思っていましたが、手で開封した様子。
これじゃあ誰かが開けて中を見たと思うのも無理はありません。
てか、誤配したなこれ。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

「結局あなたに郵便を渡しても何も解決しないじゃないですか。再発送も当てにならないですよね」
「必ず出来るとは約束出来ません」
「じゃあ結構です。帰って下さい。郵便も返して下さい」

そう言われりゃあ帰るしかありません。郵便を渡し、
「では、失礼します」

 

おおっ、久々だなあこういうの。対面して解決出来ずに終るなんて、今まであったかなあ。

きっとすぐに局に苦情入れてんだろうな。。

で、他の配達を終え帰局し報告。

「おお、もう早速電話が来ましたよ。コールセンターの電話の声が、受話器からここまで聞こえて来たよ」
「そうなると思いましたよ。訪問の約束が出来たから解決出来るかと思ったんですけどね」
「とにかく一方的に怒鳴りまくって、配達員を変えろって怒ってたよ」
「そうですか。すみません。私も二度と行きたくないですけどね」

 

間違いを謝罪した後に、私達に出来ることって何でしょうか。

金銭要求された訳ではないですが、それでも配達員個人が出来ることなんて、ほとんど無いのが現状です。

ちなみにその郵便、昨日以前に私じゃない他の配達員が誤配したと思われますね。

あ~あ。夜勤者って誤配回収とか、誤配謝罪とか、全然自分の不始末でない所に謝罪に行くこともあったりするんですよね。
残念、楽な1日を期待してたのに。
期待ハズレ、大ハズレの1日でした。

昨日は、次から次に苦情の電話が鳴っていました。
お盆に帰省も旅行も出来ず、苛立ってる人が多かったのでしょうか。

 

こういう場合、どうしたら良いのでしょうかねえ。
以前もありました。
雨で濡れた郵便に対する苦情。
「雨に濡れて封が開いていた。どうしてくれるんだ」
って言うもの。

すぐに謝罪はしましたが、
「謝罪して終わりなんだ?それで済むと思ってるのか?」
って。

一体それ以上何を求めてるんでしょうかねえ。出来ることなんか無いのに。 ← 金銭要求ではなさそうでしたが

 

ああ、今日は家の中に居てもすでに暑いです。
そしてこの炎天下、今日も夜勤です。
今年のお盆は、帰省せず家に居る人が多いから、きっと今日も通販物が溢れているでしょう。
ついに楽な日は無かったなあ。(;´д`)トホホ

iine

« レジ袋の有料化 | トップページ | 熱中症警戒アラート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんと申し上げたら良いのか・・・。
弱い立場の人を怒鳴りつけて、その人は満足したのでしょうか。
悲しい人ですね。

ハルさん、ほんと、いつもお疲れ様です

最近の日本人は謝罪謝罪でどこかの国の様ですね
いつからこんな国になったのでしょうか?

もっとほかに怒る事があるでしょうにと思うんですよね。

まあ自分だけはこうならないよう反面教師と思うしかないですね><

誤配ってごくたまにありますけど、あ違うなって思ったら開封しませんよね。
誤配されたと付箋つけてポストに入れちゃったけどホントはどうするのがいいのでしょう?
たいていどーでも良さそうなDMで、同じ人ばかり。下の名前がちょっと違うのですが、番地は大きく離れています。知ってる人なら散歩途中で届けてもいいけど知らない人だからポストへ。
怒りまくるってすっごいエネルギーの無駄遣い。怒っちゃった人、自分に跳ね返ってくるからすごく疲れると思います。眠れないくらい興奮してるんでしょうね。寛容な気持ちになれない人は気の毒といってお腹に毒が溜まっちゃうんです。やばいよぉ~。

ハルさん、こんにちは

なんか泣けてきちゃいました
こんな暑い中、頑張って配達してくれてるのに

間違って配達されたのを、開けるのも犯罪なんですよね

もっと優しい気持ちになれないんだろうか
ありがとうって思えばみんな穏やかな気持ちになれるのに

お疲れ様でした。
本当に大変でしたね。
人類皆兄弟だとして、私から、ほんとにごめんなさい。
そういう人はきっと、イライラしていたのでしょうね。
仕方のないことなのに・・・。
その人にとっては仕方ないではすまないことだったのかな。
どんな内容なのかわかりませんが、
誰かに何か責任取ってもらわないと気がすまないのかな。
自分がどうしても許せないときに、人に当たってしまうことがないように
私も気をつけます。
ハルさん、気分転換して、ストレスになりませんように。

こんにちは!
これはハルさん達郵便局員に対して、堪った鬱憤を吐き出しているだけですね。
そんなの相手にしなければならないなんて、お気の毒です。

私がバイトしていた時もあったのかなぁ・・・。
一度も注意をされたことはありませんでしたが・・・。
そういえば、一度、自転車で配達中に、すれ違った中年男から、「郵便、捨てるなよ!」って言われた事がありますよ。
当時、何処かの配達員が配達すべき郵便物を大量に川原に捨てていたという事件が報道された事があったので、それでたまたま見た私に言ったのだと思いましたが、ぶん殴ってやりたい衝動を抑えて無言で立ち去りました。

しげまるさん、こんばんは。

自分の対応に、どこか落ち度があっただろうか?
なんて思ったりもしましたが、普段その地域を配達してる人と話したら、いつもそんな感じみたいです。
書留を配りに行っても、暗ーい声で喋る人らしい。
そしてドアは、やっぱり5cmぐらいしか開けないそうで。

ちょいと病んでいるのかもしれませんね。

domiさん、こんばんは。

最近は何でも謝罪しろって、そういうのが多くなりました。
今回のは謝罪しても許さないって言うのですから、どう対応すれば満足したのか。
この日、他の苦情では、「配達員だけでなく上司も一緒に謝りに来い」なんてのも。
101号の郵便が102号に入った時なんかでも、「取りに来い」って電話して来ますよね。
どこに届ければ良いのか分からない郵便ならともかく、集合ポストの隣に入れるくらいしてくれれば良いのに。
ミスをどうこうと言うより、謝らせるのが目的になってる人が増えてます。><

ばんびさん、こんばんは。

特に付箋を付けなくても、ポストに投函すれば誤配郵便と分かります。
すでに消印が付いている郵便がポストから回収されれば、イコール誤配郵便と認定されます。
配達員としては、実はそれが一番有難いです。

取りに行かずに済むのと、誰が配ったか分からないからです。
配った人間が特定されると、始末書を書かされます。
上は大好きですから。配達員に色々やらせるのが。

弥沙さん、こんばんは。

そうなんですよ。間違って開けた人へは誰も文句言いません。とにかく郵便局に文句を言うだけ。
今回は言うに事を欠いて、「誤配でなければ、あなたが開けて配ったんですか?」なんて言われました。
「そんなことするはずが無いでしょう」と言ったら、
「そうでしょうね」だと。

あり得ない想定で更に文句を言う姿勢。
それもあって、とことん謝らずに引き上げて来た次第です。┐(´д`)┌ヤレヤレ

ケロさん、こんばんは。

人類皆兄弟ですか。じゃあしょうがないです。
ケロさんが謝ってくれたので終わりにするしかないですね。(笑)

怒る人は、どのスイッチがONになって怒るか分かりません。
例えば3回も4回もピンポン押したのに留守で、不在票を書いたら「居たのに」と怒る人。
そして「なぜドアを叩かないんだ」って怒る人、意外に多いです。
ほとんどの人は普通なのに、たった1人変な人に当ると、もうその日はハズレって思っちゃいます。

FUJIKAZEさん、こんばんは。

昔もあったと思いますよ。まあ昔も今も、話が通じない人は少数派ですが。
それでもこの頃は増えて来た印象はあります。
根っから変と言うよりは、客商売相手には怒っても良いと思ってる感じなのかなあ。
我慢しない、文句を言う、謝らせる。
今回は恐らく、郵便の再発送まで引き受ければ納得したでしょう。
でも引き受けて、後で「出来ませんでした」だと、もっと怒るでしょうから。

幸い、電話で対応した人も、「あれは無理だ、とにかく一方的に怒るだけだから」と理解し、私に関しては特に何もありませんでした。まあ、元々誤配したのも私じゃないですが。(;^_^A
暑い夏、コロナの夏、人の心も壊れていくのかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レジ袋の有料化 | トップページ | 熱中症警戒アラート »

フォト
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ