« I dream | トップページ | サボリーマン(その1) »

2020年7月29日 (水)

そんなんで辞めるかね

人手不足の我が会社、でも不思議なのは、忙しい所と暇な所が両極端なこと。

配達は猛烈に忙しいのに、中の事務職は凄い暇とか、そういうあるあるな話ではありません。
同じ配達員なのに、なぜあっちはそんなに楽チンなの?って話。

 

例えばウチの班なんか、本来は1日10人必要なのに7~8人で回ってます。
ここまで持ち分が増えちゃうと、さすがに「残業するな」とは言われませんが、帰局するとすぐ「お疲れ様」のひと言も無く、「早く帰れ」って言われやる気を失くします。

それなのに某団地配達。
元々は女性配達員がやってましたが、身体を悪くしたらしく、その女性は今は配達はしてません。
で、
そこへは定年後の元課長が入りました。

が、その元課長が病気になり、その人も配達には出なくなりました。

そして普通の健常男子配達員が入ることに。
すると、それまで1日掛かってた配達が、実は午前中で終わる事が判明。
それも午前目一杯の12:30ではなく、11:30頃には帰局してプラプラしています。

そんな人が足りている団地に、なぜか新たにバイトを雇い入れて、2人で配達しています。 ← 全く意味が分からない
しかも病気の元課長も、団地の組立は依然としてやってます。
つまり1人で半日で終わる所を、3人体制でやってるって訳。

 

何であそこは優遇されてるのかって、管理職に抗議した人も居ますが、今のところ楽チンな状態が続いています。

まあ完全に別の班ですからね。よく分かりません。

 

でも同じ班内でも楽チンな人が居ます。
それは、、夜勤者です。

Irregular_hours01

 

普通は夜勤って言うと、重労働です。
てか、周囲と違う時間帯に一人ぼっちで働く、肉体的より精神的にキツイ仕事です。

ですが、ウチの場合は、仕事は配達ですから21時で終了。
てことは夜勤と言っても、12~21時と言う半日遅い勤務。遅番って言う程度。
もちろん夜勤手当もありません。

 

以前の夜勤は結構大変でした。
17時に書留を貰い配達へ、19時には一旦帰局し追加の書留を貰い配達でした。
当日配達のAmazonと合わせると結構な数で、時間枠に回れるかヒヤヒヤ。

ところがシステムが変わり、17時に当日分を一括交付。
つまり再配受け付けを17時〆に変更したのですね。
そうすれば一度帰局する手間も無くなりだいぶ楽に。

更に当日配達のAmazonも、他社に取られて0に。 ← ここは会社としては痛いところですが

今は回り切れないなんてことは無く、それどころか20時くらいには終了です。

 

いくつかの班で設定している「夜勤専従者」は凄い楽チン。
周りは、「あれで良いのかよ」って言うくらい。

 

でも、実はもっと楽してる人が居ます。

それは「短時間社員」と言う人達。

この人達、夜勤の再配を手伝うために雇われた人達。しかも正社員です。
1日4時間だけ働く社員で、勤務時間は17~21時。
だけど、この人達も仕事内容は、通常の夜勤者と同じですから20時頃には終わっちゃいます。

すると21時までブラブラ。

 

いえ、もっと言うと、そもそも17時から仕事を始めてません。

まあ再配希望時間が18時からですから、現地に18時に到着すれば良い。
てことは17:45頃に局を出発すれば良い。
で、終わるのが20時?
あれ?2時間ぐらいしか働いてないじゃん。

そう思ったら、そもそもの出発も17:45どころか18:30だったり。

 

どういうことかと言うと、その人達は21時までの勤務だから、20時に帰局されてブラブラされたら会社としては損。
だから「20~21時」の希望時間の荷物も持って行って貰ってます。

そうするとその人達、あまり早く配達が終っちゃうと、外でやることが無くなっちゃいます。
一旦帰局して、また20時に出発なんてやってましたが、それも無駄。
で、
出発を遅らせて18:30にしたみたいです。

 

あまり変わらないですね。
早く帰局して20時からブラブラするか、最初18:30までブラブラしてそれから配達に行くか。

連日19時まで残業してた私達にとっては、面白くない話です。
たった2時間ぐらいしか働かないのに、4時間分の給料を貰い続けてますからね。その人達は。

 

会社もコスパが悪いと判断し、仕事を増やしました。
「夜の再配だけでなく、普通の配達もやって欲しい。団地だけで構わん」と。

まあ団地だけなら、集合ポストにポンポン入れるだけですから、対して負担にはならんだろうからと。
もちろん17時からじゃ時間が足りないので、「15:30から出勤してやってくれ」と。

悪い話じゃないですよね。団地にポンポン郵便放り込むだけで、更に1.5h分の給料上乗せですから。

 

と、ところがですよ。

短時間社員の1人が、「こんな階段の上までいちいち書留なんか配れるか!」っと怒りだして、ナント辞めちゃいました。

オイオイ。何て甘っちょろい人だよ。

4時間分の給料を貰いながら、たった2時間しか働かない生活に慣れてしまったんでしょうか。
たかがマンション1つ担当を増やされただけで、「やってられるか!」とはまた。

それだけの理由で辞める自由があるなんて。
ある意味羨ましいかも。

 

それだけ仕事が軽いんだから、その辞めた1人分は残りの短時間でやってくれりゃあ良いのに、なぜかそこは各班で。
だそうです。

どうもウチの会社は、仕事する人はする。それも猛烈に忙しい。
なのに、仕事しない人はしない。
って言うのが通っちゃってます。

でも、まさか辞めてでも、今以上の仕事はしたくない、ってことになるとは思いませんでしたね。┐(´д`)┌ヤレヤレ

iine

« I dream | トップページ | サボリーマン(その1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ハルさん、こんばんは!
今日も一日お疲れ様でした<m(__)m>

確かに!最近の若い子は、面倒な労働したくないけど、お金はたくさん欲しいですものね。そもそも間違ってます!
だから、高齢者再雇用とか、定年延長しなければ、労働人口がそのものが少ない。
だから、職場環境にひずみが出てるけど、知ってても面倒なことには口を出さないのが日本の現状ですね。このままでは、ダメになる!わかっているけど、パンピーの私にも方法がわからない!

頼りの外国人労働者にも優しくできてるのかなぁ~~。この度のコロナで帰るに帰れなかった外国人労働者にも、何らかの形の給付金はあったのかしら・・・今の日本には貴重な労働力なんだから、もっと大切にと思います。

そして、もっと自由に就業できるような制度にしたら良いのにね!そしたらハルさんとこの職場にも労働者が増えるはず!!!

つくづく、私がいた職場の班にそっくりです!えっ???同じ職場って思うくらい・・・・つまり、何も変わってなくて・・・どこも同じで問題だらけ・・・ってことね。。。

酔子さん、こんばんは。

郵便配達は外国人には難しいかも。
単純作業ですから、何の能力も要らないですが、漢字が読めないと辛いかも。
ウチの職場でも漢字が苦手な男の子が、正しい宛名の郵便を全部還付してたことがあります。
「まさかその字をそう読むなんて、、読めないですよぉ」って。

原簿は漢字ですが、何て読むか知らずに配ってたみたいで、カタカナで来た郵便を返してたんですね。
でも同じカタカナで何通も来たら、もしや?って思って周りに聞くとかすれば良いのに。
まあ贅沢は言えません、誰でも良いから応募して、人員不足解消して欲しいです。

こんばんは!
啖呵を切って辞める?
羨ましいな。
やってみたいです。
私?他に能力は無いからしがみつくだけですよ。
馬鹿だなコイツって思う上司にもニッコリ笑ってね。
たいがいのサラリーマンってそんなもんですよね。
啖呵を切って辞める・・・理想だな。

FUJIKAZEさん、こんばんは。

彼が辞めてから4~5日後。
夜勤のために更衣室にヘッドライトを取りに行くと、彼が出勤して着替えてました。
最初荷物を取りに来たのかと思ったら、制服に着替えてる。
???
辞めたのって他の人だったのか…?
などと思いつつ、でも他の短時間社員は全員居るしなあ。

すると短時間の1人がやって来て、
「あいつ何だよ、黙って何も無かったみてえに席に付いてよ。普通挨拶ぐらいあるだろよ」
「あれ、やっぱり辞めたのあの人でしたか」
「何で来てんのか分かんねえよ。何も無しに普通に仕事しようとしてるしよ」

よく分からない会社です。
ハッキリ辞めるって言って休んでたはずなのに。
啖呵を切って辞めない。良い御身分ですね。

こんにちは、
いつもきらりありがとうございます。

本当にいいご身分、といいたくなりますね。
しかも、何事もまかったように勤務するとは…

私の職場は、このコロナ騒ぎで時短になり勤務日も減らされてしまいましたが、それでも表向きは会社の方針に従ってやってます。
毎月、月初めに出されるシフトが「ええ~なんでいきなりコレなの?」というここ3ヶ月でしたので、こんな啖呵きれたらスッキリするんだろうなと思います。
でも年齢的に再就職先もなさそうだしね。「辞めます」なんて言えないわ(T_T)

silent-hollyさん、こんばんは。

普通の人は、理不尽な会社のやり方に、不満を溜め込み我慢しています。
お金を稼ぐのは楽じゃないって分かってますから。
それがどうでしょう。
楽な仕事しかやりませんからっつう態度。余計な仕事がちょっと増えただけで拒否、それも辞職してまで拒否。
有耶無耶なままに彼は戻って来ましたが、いつの間にかその余計な仕事は無くなってます。
てことは、何ですか、結果だけ見れば彼の要求通りじゃないですか。

これじゃあブラック企業どころか、ホワイト企業じゃないですか。
どこにも居ますよね、自分の要求をごり押しする人。困ったもんです。><

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« I dream | トップページ | サボリーマン(その1) »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ