« 2016雲竜渓谷 | トップページ | 今年の梅雨は大雨ばかり »

2020年6月23日 (火)

今度は転倒

退院後、土曜から勤務を再開していますが、今日は生憎の雨で何だか仕事に行きたくないです。

と言うのも、実はまだ入浴禁止なのですよ。(退院後1週間は入浴禁止です)

カッパを着るとは言え、1日中大雨に降られると、結構濡れます。
大丈夫かなあ?

先週は本当はバイク乗車禁止(術後のためね)だったんだけど、もう大丈夫じゃねえ?って乗っちゃいました。
それを今更「雨はダメなんですよ」とは言い辛い。
誰だって雨の日は嫌だから。

それに私がもし休んだら、雨の日だって言うのに、1人の持ち分が更に増えちゃいます。
行くしか無いですよね。

 

今までも雨は嫌いだったけど、雨を理由に休みたいなんて思うことは無かった。
当たり前です。そう言う仕事ですから。

でも今は病気のことでモヤモヤしています。
あと何年働こう。いつまで働こう。
普通に頑張れば良いんだ、無理に頑張る必要は無いんだ。

 

先週は私以外にも、穴を開けた人が居ます。
そちらは奥様が出産と言う「おめでた」い話ですが、その人は今週も休みです。
先週から積み残したジャパネットもたくさん残ってます。

さすがに雨でもやらない訳には行きません。
雨の日の過積載は怖いです。

 

午前、バイクで出発する時に、どうも後輪の空気圧が甘いような気がしました。
(今日は荷物も満載だから、昼休みにちゃんと空気入れなきゃな)

 

ですが忙しいと忘れちゃいます。
午後も荷物満載で出発。地下駐車場からスロープを登って行くと、ちょっとハンドルがブルブルと揺れています。
過積載だと前輪の接地が甘くなり、時にはハンドルがブルブルします。
だから「積み過ぎたかな」としか思いませんでした。

強風に煽られながら、カーブを少し膨らみながら、あれ?ちょっと危ない感じ。
(もしかして空気抜けてる?)

配達を続けていると、段々とハンドルの揺れも頻繁になり出し、前輪を見ると若干凹んでいる。
一気に抜けてる訳じゃないので、「まだ行けるか?最後まで持つか?」
でもやっぱり段々と抜けています。

この調子だと配達が終るまでは持ちそうもありません。
持ったとしても帰局時は大変なことになりそう。

 

残り1時間の所で諦めて帰局。他のバイクに乗り換えます。
最後は前輪がペッタンコだったから、結構ギリギリでしたね。粘らなくて正解でした。
何しろ外でパンクすると、四輪で代車を運んで貰って配達の続きをします。
そうすると代車が届くまで、1時間ぐらいロスしちゃうので、自力で帰局出来ればロスは少ないです。

それでも局まで1往復30分ぐらいはロスしました。
早速余ってるバイクに乗って出発。
焦ってる訳ではありませんが、借りたバイクのブレーキの効きが悪くて、戸惑いながら運転。
「止まらない―」

D4co8ouu0aahcat
(写真はWebから拾いましたが、死亡事故の写真でした)

 

左折位置をちょっとオーバーして、エンブレを効かせつつ左折。
と、
滑って転倒。(ノ∀`)アチャー

丁度去年労災事故で3週間休んだ時と同じ。

雨で滑って転倒。左足がバイクの下敷きになっちゃいました。

 

痛ってえー。また仕事に穴開けちゃうのか?
通りがかりの人、向かいのバス停に居た人、そう言った近くの人が寄って来て助けてくれます。有難や。

足首のあたりがジンジンと痺れたように痛みますが、何とか自力でバイクを起こし、周囲の人にお礼を言って配達に戻ります。
(てか、格好悪いのでとりあえずその場を立ち去りました)

現場から少し離れてバイクを停め、改めて痛めた左足を見ます。
幸い外傷はなく、何とか歩けるので配達を続けます。

去年の転倒の時は、打撲じゃなくて捻挫。
それも足首の捻挫じゃなくて、足の甲の捻挫でした。曲がらない、関節が無い部分が無理矢理捻じ曲がったとのことで、全治3週間。
あれだけの大型GWを家で寝て過ごしましたっけね。
あの時は、マンション1つ配達してGive upしました。

今年は左足をバイクの下敷きにしましたが、幸い変に捻じれたりせず、打撲で済みました。
と言っても、アキレス腱を真後ろから潰されたのでヒヤッとしましたが。

 

何とか残り1時間の配達を終えて帰局。

すると他班の人が、
「ハルさんの班、何かあったんじゃないの?」
「何かって?」
「いや、特に何か聞いた訳じゃないけどさあ、このバイクボロボロじゃん」

ええ、本来の駐車場所ではなく、修理コーナーに1台バイクが置いてあります。
しかもミラーとか、ひん曲がってます。

 

確か新人君(高卒、4月入社)が乗ってるバイクだよなあ。
今日も乗ってたはずだけど・・・。

エレベーターで2階に上がると、管理職の横で、足をギブスで固めた新人君が座ってます。両手には松葉杖。

うわっ、もう完全に骨折じゃん。

ギブスで固めた後って、痛いのか痛くないのか。痛いに決まってますよね。

それなのに、何人も偉い人が周囲に集まって、労災の手続きのためか知りませんが、事故の詳しい状況を根掘り葉掘り聞いてます。
(そんなの翌日にして、早く家に帰してやれよ。ホントここは書類至上主義と言いましょうか)

少し前に本人の私物を持たせて、「家に送って上げなさい」って立ち上がったはずなのに。
どういう経緯なのか、また椅子に座ってあれこれ質問されてます。

 

で、事故の状況はと言うと、過積載で登り坂を走行中に前輪が浮き上がり、ウイリー状態でバランスを崩したのだと。

私もそうでしたが、左足をバイクの下敷きにし、くるぶし骨折で全治6週間だそうで。(ノ∀`)アチャー

まだ3か月目だって言うのに。
まだ1人前の仕事量をこなせない新人君。
こんな危ない仕事だって思い知らされてどうなんでしょう。
辞めずに続けてくれるでしょうか。

色々と心配です。

 

そして、翌日(つまり今日)のミーティングで事故の報告がありました。

いつものように、「過積載はしないように」との注意が虚しく響きます。

これだけ人数を減らされて、毎日1.5人分の物量を積んで配達してるんですよ?
普通の郵便を積んだだけで、十分過積載ですよ。

そこに今回のようにジャパネットやらJ:COMの冊子が到着すれば、その重量たるや。

新人で運転がまだ未熟だから、なんて報告で済まされてもって奴です。

 

ちなみに他の班の30代の子は、
「もう冗談じゃないですよ。バイク4回倒しましたよ。左に倒れて起こしたら、そのまま右に倒れてもう心が折れましたよ」
って。

ここの過積載ってあり得ないくらい酷いですから。

昔私も、配達区が平な場所だったので、「このくらい行けるでしょ」って言われて積んで行ったら、1軒目でサイドスタンドを立てて離れた瞬間にバイクが転倒し、あまりの重さで後ろのボックスが荷台から外れて転がり落ちるって言う事故に遭いましたっけね。

郵便が1通も減らないうちに転倒したから、これ代車が来ても積めない訳でね。

ナント代車が来るまでの間、とにかく歩いて配達して少しでも郵便を減らすようにって。

 

過積載しないようにって、言うのは簡単ですけど、じゃあどうやって期日までに配達するのさ。

上は「積めなきゃ計配(翌日回し)して下さい」って言うだけ。

でも今は毎日積み切れないほどの郵便。
てか積み切れないほど、配達員の人数が減らされてる状況。
翌日に回したって、翌日はもっと状況が酷くなるだけ。

それにジャパネットは火曜日、J:COMは木曜日までに配達完了して下さい。
ってな具合に期日が決まってます。

 

梅雨時ですからね、せめて晴れてる日には多少遅くなっても残業して片付けたい。
だけどこのケチ会社は、その日の物数を見て、「今日は残業1時間まで」とかすぐ打ち切りの指示をして来ます。
そして「明日に回せ」「もう1日回せ」
なんて言いながら、最後は「期限だから今日は全部やれ」って雨の日に完配させられたり。

昔より天気予報も信頼出来るから、「今日しか晴れる日がない」って分かれば、残業上限の19時まで配らせて欲しいです。

 

ですよねえ。

昨日だって雨&強風で、何もそんな日にって思うんだけど、書留が少ない月曜に少しでもジャパネットを片付けないと。
って状況だったんですよね。

あ~あ。

さすがにこの状況で、「実は私も転倒してケガしちゃいました」とは言えず、今日も痛みを我慢しての配達でした。

しかも聞いたところでは、更に転倒事故が他にも2件発生していて、もうそっち(転倒)が普通になっちゃってます。

何が「安全第一」なんだか。

 

これだけ人が足りないと、どうにもなりません。

いつも班長とかが上に掛け合います。
「何で人を増やしてくれないのか。この人数じゃ過積載するなって言われても無理ですよ」

すると上は、
「四輪チームに大型マンションとか手伝わせるから」

でも準備して待っていると、
「ゴメン、行ってあげたいけど、ウチ(四輪)も今日欠員なんだわ」
って。

 

もう管理職も少し配達に出たらどうですか?

iine

« 2016雲竜渓谷 | トップページ | 今年の梅雨は大雨ばかり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

しばらく皆さんの記事を読めなかったので、今、さかのぼって読んできたのですが・・・。
6月に入ってから、いろいろあったんですね。
検査の結果はまだ出てないんですね。良い結果でありますように・・・
なんて思っていたら、事故ですか(;゚Д゚)!!!
大丈夫だったんですか?気になる~(◎_◎;)

四季さん、こんばんは。

もう疲れちゃって、家に帰ると爆睡(しまった寝ちゃった)してます。
そして夜中に目覚めて、ちょっとPCを点けて。。
今回は記事が途中になってしまいました。m(__)m
さすがに体力回復のため、睡眠が必要と思い、中断しました。

記事続き書きましたが、まあ酷い職場ですよ。
雨の日の配達はもう嫌です。(><)

続き読みましたよ。大きな怪我でなく良かったですが、
痛めた所は無理すると、あとあと不具合出たりしますから
どうぞ、無理をしないように。
小学生の時の捻挫あと(酷かった)、未だに親指からコキコキ音がします( ̄▽ ̄;)

赤文字の6週間に、一回ビックリして、「あれ?良く歩けたよね?」
って思ったのですが、新人さんでしたか。くるぶし(◎_◎;)
早く回復しますように。

雨の配達は、じゅうぶんお気をつけください。

四季さん、おはようございます。

郵便配達なんて、本来暢気な仕事だったはず。
一旦外に出ればうるさい上司の目も無く、
営業職のようなストレスも無く、
それが民営化して「黒字化」のため、おかしくなっちゃってます。

一番無駄に経費が掛かるのは、何と言っても郵便局です。それもお客さんが来ない郵便局。
普通の民間会社だったら、ペイしない拠点は閉鎖(閉店)して行きますが、それも出来ず。
配達だって地方は赤字、と言うか黒字なのはほぼ首都圏(大都市)だけ。
普通なら赤字局の尻を叩くのに、ここはその少ない黒字局の尻を叩いてます。

定年が延びて65歳までになりましたが、デスクワークじゃないので、簡単じゃないですね。
若者と同じ配達持ち分って言うのも、ここ1~2年はキツクなってます。
休日は家でグッタリしてるだけと言うのも何だかねえ。💦
暑いのも嫌ですが、それでも梅雨よりは。マスクももう嫌・・・ですね。

悩みが多くて、大変ですが、くれぐれもお体大事に!
バイクが好きじゃなきゃ、できない仕事ですよね!
何もできないですが、応援してます!

「負けんぢゃねーよ!(^^)v」

酔子さん、こんばんは。

応援ありがとうございます。
もう人手不足が慢性化しています。
5年程前、私が今の班に入った時は10人/日で業務が回ってました。つまり10区あります。
それが9人/日になり、8人/日になり。
更に今は夜勤者も持ち分を増やして、酷い時は10時出勤でほぼ丸1日分。
そして8人も充て切れず、物数が少ない火曜は7人です。

それが新人君のケガで、ついに全曜日7人体制に。
もう1人の持ち分も5~5.5hですよ。本来より2hも多い。
普通に晴れてても終わらないのに、梅雨時は更に厳しいです。これで「焦るな」と言っても・・・です。

そして今日は最近真面目にやっていたサボリーマンがサボりました。
発熱とかじゃありません。「何にもしてないのに足の付け根が痛い」だそうで。
今日は大雨の中、たったの6人。この状況でサボるかね?
つうか皆とっくに足が痛かったりするのに。(><)
どこの班にも使えない人って居ますよね。ではまた。m(__)m

こんにちは!
配達は、何回かに分けて配達するって訳には行かないのですか?
私がバイトしてた時は、自転車に載らない程に多い日は2回に分けていましたが・・・。
まぁ、それが出来る様ならとうにやってますね。
怪我するだけ損ですから、ほどほどに頑張った方が良いですよ。
物理的に無理な物は無理と言って。

まぁ、私的にはJ:COMが遅いと腹が立ちますが・・・(笑)
冗談です。

FUJIKAZEさん、こんばんは。

午前と午後に各1便、計2便しか出させてくれません。
以前はベネッセが大量に届いたり、お中元なんかの時には、配達が終ってから3回目を出ました。
でも今は帰局するとその1往復(30分)が、空で走ってるだけの無駄な残業になるからと、許可されません。
だからお中元の時は、普通郵便と一緒にお中元を積んで配達てな具合。
もう無茶苦茶ですよ。
今週はジャパネットとJ:COMが同時に来ちゃって、とにかくまずは2日間でジャパネットを終わらせろみたいな話で。
そうやって〆切りがあったら、自動的に過積載になるっつうもんです。

でも上からは「過積載はしないように」なんて不可能な指示が。
配達員は増やさない、3便は許可しない、過積載はするな。
でも〆切りまでに終わらせろですから。┐(´д`)┌ヤレヤレ

こんばんは(*^^*)

その後、足はどうですか?
うちなんて自分で捻挫しただけで、未だに痛むのに(> <)

ほんと人手が無いなら、上の人もやるべきだと思います。

お気を付けくださいね。

弥沙さん、こんばんは。

去年、全治3週間だった時と同じ転び方だったので、そのイメージが頭に焼き付いていたみたいです。
つまり、実際の痛み以上に、「マズイ、やっちまった」って感じたみたいです。
確かに痛いことは痛いですが、今回は打撲で済んだようです。
捻挫だと歩いただけで痛みますが、今回は普通に歩くだけなら大丈夫。
走ったり、階段の昇り降りは痛みますが、仕事以外の日常生活なら支障なしです。

今年は病気にケガにと忙しいです。まだコロナに罹ってないのが救いでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016雲竜渓谷 | トップページ | 今年の梅雨は大雨ばかり »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ