« ロウバイ咲く宝登山へ① | トップページ | 浜石岳へ① »

2020年2月13日 (木)

ロウバイ咲く宝登山へ②

現地10時半到着という、山登りとしては遅過ぎるスタートでした。
まあ山頂でお昼を食べるには丁度良かったですが、それでも下山開始が11時半。ピストンで下りたら呆気なさ過ぎます。
さてどうしよう。

地図を広げて検討します。(事前に計画して来ないところが適当過ぎますね)

201804250905310001e1524655023600

うーん。長瀞アルプスって方へ下りるか。
さすがに野上駅まで行っちゃうと遠いかな。て言うのも、来る途中にあった岩畳、これも見て帰らないと。

早速長瀞アルプス方面へ下山すると、何ですか?200段の階段(下り)があります。
下から登って来る人達は皆さん苦しそう。
これを見ちゃうと、逆回りが良かったなあ(つまり200段登りたかった)と。

最初からきちんと調べて計画すれば、野上駅から長瀞アルプス経由で宝登山でしたね。
まあ、いっか。適当で。
それに翌日も山登りだし。そっちで急登がたっぷりあるらしいから。(^^)v

 

結局野上駅へは向かわず、ショートカットで下山して長瀞駅へ向かいます。

Img_0021_20200213050401

 

長瀞駅。この人が退いたら写真を撮ろうと思ったんですが、いくらカメラを向けても全く退こうとしないのでそのままパチリ。

Img_0022_20200213050401

 

長瀞と言えば?
はい、ライン下りですよね。

Img_0023_20200213050401

 

素晴らしい青空が広がり、それはつまり川の水面も青々と見えます。
風も無く、水面は鏡のよう。

Img_0025_20200213050401

 

この川沿いに続く岩場が、岩畳と呼ばれる地形のようです。

Img_0027_20200213050401

 

川の水、澄んだ色ではないですが緑色。碧と表現した方が良いでしょうか。

Img_0033_20200213050401

 

ライン下りもコースによって流れが速かったり、ゆったりだったりあるようです。
ここは船も停まった状態で、船頭さんが何か説明(ガイド)しています。
この穏やかな空間は、日常のせかせかした気分をかき消してくれます。

Img_0034_20200213050401

 

早めに下山した理由は、岩畳と阿左美冷蔵。
最初知らずに阿左美冷蔵の本店(下長瀞駅にあります)を目指してました。
そうしたら支店(宝登山道店)があると知り、急遽そちらへ向かいます。

Img_0038_20200213050401

 

ここで例のかき氷を楽しみ、ロープウェイ乗り場(駐車場)へ。
ゆるゆると休日を過ごしました。

さあて、膝の痛みも癒えて来て、また山歩き再開です。(^^)v

iine

« ロウバイ咲く宝登山へ① | トップページ | 浜石岳へ① »

埼玉・宝登山」カテゴリの記事

コメント

いやいや大したもんですよ この日の翌日に私と浜石岳でしたから 素晴らしい体力だと思いましたよ。

こんばんは!
ご無沙汰してます。

この翌日にパパさんと浜石岳だったんですね。
パパさんのブログによれば、パパさんに遅れることも無く登ったそうじゃないですか。
なんとも大したものです。
やっぱり、牛丼のメガ盛食べる人は違うなぁ・・・。
私には山を連日で登るのも、メガ盛も絶対に無理。
浜石岳の記事、楽しみにしてますよ。

ハッピーのパパさん、こんばんは。

5連勤の後の、2連続登山。
滅多に無いケースでした。山は待っててくれますが、花は待っててくれませんから。(笑)
宝登山は先週ぐらいに行きたくてサボっていたのですよ。
そしてこれを逃すと次の休日は雨予報。もう行っちゃえーって。
行くまでが面倒でも、行ったら何とかなっちゃいます。春が近づくとちょっとやる気になります。

またお願いします。m(__)m

FUJIKAZEさん、こんばんは。

奥様はその後、回復されましたか?
横浜と清水を行ったり来たりは大変ですね。この前夢テラスに行った時に、「こりゃ遠いーな」って思いました。

浜石岳はFUJIKAZEさんも登られましたか。
目の前に富士山、と同時に駿河湾も楽しめて、のんびり出来ました。
ちょっと始発って言うのがきつかったですけどね。
そうそう、私メガ盛りは食べてませんよ。メガ盛りを食べる同僚を見ていただけです。(^^)v

見事な青空ですね。
かき氷は、こちらのお店でしたか。ふわふわで美味しそう。
餡を載せずとも、氷だけでも楽しめそうです。

蝋梅園があるんですね。ちょうど見頃で、青空に映えますね❤
長瀞も、テレビで見るだけですが、岩畳は知りませんでした。
水の色も、神秘的で良いですね~❤

四季さん、こんにちは。

計画なしに行ってしまったので、現地でどこへ下りようか、迷いながらの散策でした。
ロウバイで有名な山なのですが、去年行った松田ロウバイ園(神奈川)の方が圧倒的本数でしたね。
だから山中心のプランではなく、長瀞方面も歩いてみたいなって思ってました。
そして最後はこのかき氷を目指す事に決めてました。
一応行きたい場所へは、ピンポイントで訪問出来たので満足しました。

梅が咲き、ようやく春が近づいて来た感じがしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロウバイ咲く宝登山へ① | トップページ | 浜石岳へ① »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ