« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月26日 (水)

曽我梅林

歳を取るに連れて、桜が好きになりました。桜が咲くとあっちへこっちへと桜を追い掛けます。
が、

最近は梅も好きになり、これまたあちらこちら。
水戸偕楽園に行った日、元々は幕山(湯河原梅林)か曽我梅林に行こうと思ってました。
普通ならばそんなに何ヵ所も行かれないのですが、今年はたまたま冬休み(ウチら正月とか休みなしですから)が梅と重なり、幕山も行った事だし曽我梅林も行っちゃえーと。

 

東海道線を国府津駅で降り、御殿場線で下曽我駅へ。

Img_0001_20200226082501

 

そう、この日は天気が悪かったんです。天気が良ければ見える富士山も最初から期待していません。
梅は・・・満開を過ぎて散り始めか。

Img_0003_20200226082501

 

白、紅の順に咲くので、まだまだ華やかに見えますね。写真では。
以前は平日は路駐、休日は路駐も有料にって感じでしたが、今は平日も全て有料です。

Img_0005_20200226082501

 

曽我梅林。この辺から富士山も見えるはずですが、この日はなし。

Img_0006_20200226082501

 

川岸に上がると、梅林が少し目線の下に。うん、思ったより咲いてます。

Img_0009_20200226082501

 

枝垂れ梅は丁度良い塩梅。

Img_0016_20200226082501

 

でも近付くと結構散ってますね。

Img_0017_20200226085001

 

ごくポピュラーな白梅。

Img_0018_20200226082501

 

そして曽我梅林の外の個人邸ですが、実はここの枝垂れ梅が一番見事です。
おっと今年はだいぶ散っちゃってます。残念。

Img_0021_20200226082501

 

去年の写真ですが、満開の日に来れれば、このような見事な梅が見られます。
この梅、下曽我で配っている梅林案内のパンフにも「××宅の枝垂れ梅」と言う具合に、名所として紹介されてます。
もう桜よりも華やかな枝垂れ梅ですね。

Img_0034_20200226120101

 

こんな天気が悪い日に、なぜまた梅なんか見に来たのかと言うと、曽我梅林の向かい側にハイキングコースがあるんですよ。
天気が悪くても、富士山が見えなくても、ダイエットのために歩こうかとやって来ました。

Img_0025_20200226082501

 

民家の上の方、山の斜面にガードレールが見えます。どんどんと車道を登り、途中からはハイキングコースになって国府津駅まで歩けます。
実は前日の高尾山~陣馬山歩きで足が筋肉痛。まあこのぐらいのウォーキングならと来たって訳。
今回は梅はオマケで目的はウォーキング。

Img_0026_20200226082601

 

朝に雨が止んだらあとは曇りって思ってたんですが、下曽我の天気予報はまた違っていて、午後3時頃から傘マーク。
それに駅到着時は梅林は曇りでもハイキングコースは青空でした。
ですが梅を見ている間にどんどんと雲は動いて、今はもうハイキングコース上空も真っ暗で、今にも降り出しそうです。

で、
ハイキングコースは止めて、そのままバス道路を国府津駅まで歩きます。つまんねー。

途中ポツリポツリと来たので、まあ山には登らずに正解ってところでしたね。

iine

2020年2月24日 (月)

高尾山から陣馬山へ

幕山に登った翌日、今度は高尾山へ行って来ました。今回は久し振りに陣馬山まで縦走です。
元々そのつもりだったので、前日は幕山のみで下山しました。(じゃなきゃ南郷山まで歩くところを)
それなのに寝坊。

CTだと高尾山まで90分、陣馬山まではそこから5時間、更に陣馬高原下バス停まで1時間。
合計7時間半ものロングコースなので、いつも高尾山~陣馬山へ歩く時は始発電車です。

始発を逃すとどうなるか。
5時台の電車が6時台になると、もう通勤ラッシュです。何しろ始発でも空いている席はほんの2~3席ですから。
で、それに乗れなきゃもうラッシュが終るのを待ち、自然と高尾山口は11時過ぎとかになっちゃいます。
通勤ラッシュに大型ザックなんか持ち込んだら迷惑ですからね。
当然高尾山だけ登って下山。ここ最近はずっとそのパターン。

これじゃイカンと6時台の電車で立って行きました。幸い網棚は空いていたので、ザックは迷惑を掛ける事もなく。💦

 

9時高尾山口駅到着。この時間ならば陣馬山まで行けそうです。
実に1年半ぶりの陣馬山。随分長いことサボっていたもんです。

Img_0001_20200224063801

 

平日とは言え9時にしては人が少ない気がします。

Img_0002_20200224063801

 

いつものように稲荷山コースを登り山頂到着。
始発で来てもこんなに人が居ないことはありません。シャッターを押して貰うことも出来ませんでしたよ。
これは、、きっとコロナウィルスの影響でしょう。そんな気がします。

ここで10時。陣馬山まで5時間って書いてありますが、恐らく3時間ぐらいで着くでしょう。
景色より何より歩くことが目的(ダイエット目的とも言う)なので、チャッチャと先へ行きましょう。

Img_0003_20200224063801

 

一丁平展望デッキ。残念ですが富士山は見えません。

Img_0005_20200224063801

 

城山。

Img_0006_20200224063801

 

城山なのか小仏峠なのか。

Img_0007_20200224063801

 

景信山。平日なのでどの売店も開いてません。

Img_0008_20200224063801

 

山頂標識。

Img_0009_20200224063801

 

いつもより1時間遅いので、お昼近いです。
陣馬山でお昼にするつもりでしたが、ここ景信山で半分食べる事にします。

Img_0010_20200224063801

 

景信山と陣馬山の中間点、明王峠。

Img_0011_20200224063801

 

ここにも売店がありますが、やっぱりやってません。

Img_0012_20200224063901

 

高尾山から歩くこと3時間、陣馬山到着です。ここの売店は1軒だけ営業してました。

Img_0015_20200224063901

 

いつも記念写真を撮るヘンテコなモニュメント。
もう昼過ぎなのに、やっぱり人が少ないです。歩いていてもトレランの人は結構居ましたが、何となく閑散としていました。

Img_0014_20200224063901

 

ここで残り半分のお昼を食べ、陣馬高原下バス停まで下山します。
ここからはまず和田峠まで下りて、そこからは舗装路歩き。登山靴では歩き辛いです。

Img_0017_20200224063901

 

1年半ぶりと言うことで、随分とサボってた訳ですが、そんなにずっと寝坊していた訳ではありません。
去年だったかは台風以降バスが走らなかったんです。

高尾~陣馬高原下バス停への路線は、途中までしか開通せず、しばらくは行きたくても行けなかったんですね。

まあ、それはただの言い訳で、去年は山へ行ったのは僅か8回。
何でこんなにサボっちゃったかなって言うくらいサボリ続けでしたね。

体重も75kg→82kgまで増えちゃって、これは何とかせねばと。
また仕事が始まったら、「疲れた」「家でゴロっとしよう」ってなっちゃうかもですが、今年は去年よりは頑張らないといけませんね。

とりあえずは低い山でも良いから、とにかく歩け歩け。ガンバレ俺。

iine

2020年2月23日 (日)

幕山公園へ

梅を見に幕山へ行くか、曽我梅林へ行くか。
そんな選択肢に迷いつつ偕楽園に行きましたが、結局その後1人で幕山にも行くことにしました。

幕山公園は9:00から開園ですが、ちょっと早い8:40頃に到着。
一番近い駐車場(第1)はまだ閉まっていて、近い順に第1、第2、第3と並んでいるんですが、いずれも9時から。
9時前に停められる駐車場は第5です。

ちょっと遠くなっちゃいましたが、この第5は300円。それより近い1~4は500円。歩く距離も大したこと無いので第5でOKです。
受付でもまだ9時前でしたが、あとちょっとだったので入れてくれました。入場料は200円で合計500円。まずまずです。

 

例年なかなか休日と晴れが重ならなかったり、あるいは見頃じゃなかったり、ズバリのタイミングで来る事が出来ませんが、今年は丁度冬休みで晴れの日を選んで来る事が出来ました。
山肌を覆うように咲く梅が、今年はちゃんと色付いています。

Img_0002_20200223090101

 

幕山公園、湯河原梅林、何と呼ぶのが正解なのか分かりませんが、湯河原梅林の標がありました。この辺りが登山道入口です。

Img_0003_20200223090101

 

7~8分咲きで、見頃、満開と呼んでも良さそうです。

Img_0004_20200223090101

 

9時前に入場したので、前を歩く人は居ません。振り返ると後ろからはもう人が歩いて来ます。

Img_0006_20200223090101

 

青空がね、綺麗です。

Img_0009_20200223090101

 

この辺りが梅林最高地点。この上は梅林ではなく幕山。つまり普通に山歩きになります。

Img_0013_20200223090101

 

梅林を若干見下ろすように1枚。

Img_0014_20200223090101

 

その上はもう景色はなく、時々開けた所から南側が見えます。これは真鶴半島。

Img_0015_20200223090101

 

あっと言う間の626m。高尾山ぐらいですか。

Img_0017_20200223090101

 

ここは岩登りの練習に来る人も居ます。
左の方は上からロープが降りてますが、右の方はまさに今、ロープを掛けながら登ってます。
若い人達かと思ったら、ナント高齢の方々でした。お元気なことで。凄いです。

Img_0022_20200223090101

 

バスも到着し、団体さんも。

Img_0027_20200223090301

 

隣の南郷山まで歩けば、それなりの山歩きですが、本日は幕山山頂までのピストン。ヘタレですから。
最後にもう1枚。

Img_0036_20200223090301

 

これ、2月20日の記事なんで、丁度今日あたり満開で最高の梅日和ではないでしょうか。

iine

2020年2月22日 (土)

袋田の滝

偕楽園、弘道館と庭園を見て回り、さてお次は。

一緒に行った彼が見たがったのは袋田の滝。
寒い年は、滝が凍るのだとか。

私の車はノーマルタイヤなので、凍る滝は見に行かれませんが、今年は凍ってるはずはありません。
それでもやっぱり行ってみたいらしい。
私も一度も行った事が無いので興味あり。

で、弘道館からだと片道50km。結構遠い―ねえ。
まあ道路も空いていそうだし、行ってみる事にしましょう。

 

滝へ続くトンネルを歩いて行くと、右へ道が開けて展望台があります。
滝を見上げるような感じで。水量豊富な滝ですね。

Img_0024_20200222034901

 

四度の滝、だそうです。

Img_0025_20200222034901

 

広がって流れ落ちる滝。

Img_0027_20200222035601

 

エレベーターでもう一段上に昇ると、上の展望台からは見下ろすように滝が見えます。

Img_0030_20200222034901

 

これが有名な袋田の滝かぁ。紅葉シーズンなんかきっと良いのでしょうね。

Img_0032_20200222034901

 

偕楽園に袋田の滝、全然予定に無かった遠征でしたが楽しめました。
帰りは日が暮れた後の首都高。ちょいと苦手な道路ですが無事帰宅。めでたしめでたし。

次は梅か桜か、はたまた山か。遊びに忙しくなりそうです。(^^)v

iine

2020年2月19日 (水)

水戸偕楽園に行きました

蝋梅が咲き、梅や河津桜も咲き、あっちこっちで梅まつり、桜まつりが始まっています。
満開の曽我梅林、7分咲きの幕山、さてどちらに行こうか。
山歩きも再開したことだし、よしっ!幕山へ。

なんて思ってたら、職場の同僚が、「僕、明日偕楽園に行こうかと思ってるんですよ」と。
まだ満開じゃないのでは?と思ったんですが、彼が「よく調べてはないけど、今年は去年よりは早そうだから」
ふぅーん。パチンコ集団の職場の中で、桜や梅を見るのが好きな人が居たとは。

で、急遽一緒に偕楽園に行く事に。まあ山はいつでも行かれるから。

 

彼が4時半の始発電車で行こうとしていたので、それなら車で行こうかってことに。
朝6時出発。水戸までは、首都高(神奈川&東京)、常磐道を走って3時間ほど。
最後の最後で駐車場に迷ったけど、まずまず無事到着。

初めて来ました偕楽園。今年から入場料300円だそうです。

Img_0001_20200219142901

 

何分咲きでしょうか。咲いている本数が全体の1/3。
日向はそれなりに咲いていますが、タイミングとしてはもう少し先の方が良かった気がします。

Img_0007_20200219142901

 

彼が持って来たのはナント!デジカメじゃなくて、昔のフィルム一眼レフ。へえー、写真好きだわ。

Img_0009_20200219142901

 

どうも彼は偕楽園に何度か来ているようで、道順を案内してくれます。
線路沿いのこちら側は、白、赤、ピンク色の梅が咲いています。

Img_0010_20200219142901

 

陽当りの良い、花がよく開いた場所を見つけては写真を撮ります。

Img_0016_20200219142901

 

その後は美術館へ。彼、歴史も好きみたいです。
たまたまですが、ご先祖がこの佐竹氏に繋がっているらしく、どうしても行きたくなったみたいです。

Img_0017_20200219142901

 

偕楽園の次は弘道館。

Img_0019_20200219142901

 

偕楽園ほど広くは無いですが、こちらも一部見て回りました。

Img_0020_20200219142901

 

日本では昔は花見と言うと桜ではなく梅だったそうで。
儚く散ってしまうソメイヨシノの美しさは格別ですが、地味に咲く梅もなかなかのもの。

Img_0021_20200219142901

 

水戸までは遠いから、行きたいけどなかなか、な場所でしたが、たまたまのタイミングで行くことが出来ました。

Img_0022_20200219142901

 

さて、9時から回り始めたので、まだまだ時間はあります。
てことで、次へ向かいます。(つづく)

iine

2020年2月17日 (月)

ノンアルビール美味しいのは?

人間ドックの結果が送られて来ました。

郵送結果を見るまでもなく、当日判明する数値ですでに「要精検」と言われてました。
前からずっと悪い肝臓だけでなく、今回は腎臓も。
ここには書きませんが他にも。

そしていつもは「経過観察」とかですが、今回は3か月以内に病院に行くように、そして精密検査を必ず受けるようにとのこと。

γ-GTPは長いこと数値が高くて、毎度言われます。
が、

昔はずっと200超だったのが、その頃よりは低いこと。
入院治療した人に言わせると、「200なんて可愛いものよ、俺なんか800とかだったよ。入院直前は3000だったしな」
なんて聞くと、まあ良っか、って。

それにお酒をやめても、このγ-GTP、簡単に数値が下がりません。

下がったのは痩せた時。
体重を10kgぐらい落とした時は90ぐらいまで下がりました。(でも標準値は50だそうで(;^_^A  )

 

いつも何かあると、「よーし、痩せるぞー」って。
そして一気に-10kgぐらい減らしては、ちゃんと冬を越して春になる頃には元通り。

いや、元以上。

反動ですよね。1か月ぐらいダイエットすると、てか簡単に体重が落ちるものだから油断しちゃう。
(その気になればすぐ落とせるからって思っちゃう)

でも必ずリバウンドします。

 

そこで今回の作戦は、「ノンアルコールビール」作戦で。

禁酒するとすぐ体重は落ちて行きます。これは多分仕事で走り回っているからでしょう。
禁酒すると最初の3日間ぐらいは、毎日-1kgぐらい落ちます。

その後ペースは鈍るものの、ほぼ1か月で-10kgぐらい落ちちゃう。

で、もう良いだろうって飲み始めるとリバウンド開始です。

 

長続きするためには、止めないと言う選択も。だからノンアルビールです。

今日試しに1本買ってみました。

 

正直あまり美味しくなかったです。ちょっとビールとは違う味わい。

発泡酒や第三のビールも、最初は「こんなのビールじゃない」って思ったけど、今じゃ何の問題もない。
美味しいです。

だからノンアルビールも、もうかなりビールに近付いてるんじゃないかと期待します。

 

少しずつ色々な銘柄を試し飲みして、美味しいのを見つけようと思います。

今日試したこのALL-FREEも、ビールとは違うけど、これじゃ飲んだ気しないよ。
ってほどじゃなかったです。

飲み比べした記事なんかもありますし、きっと美味しい1本が見つかるでしょう。
今度こそは、持続するダイエットを目指します。

iine

2020年2月16日 (日)

浜石岳へ②

登りと同じ道をピストンで下りながら、そうそう、登る時に「帰りは途中に咲いている河津桜も見てから帰ろう」なんて言ってましたっけ。
どの道が続いているのかもよく分からないまま、とにかく桜を探します。

あった、あった。辿り着きました。

さくら祭りはまだ先ですが、もう花見には丁度良い咲き具合です。

Img_0033_20200216072901

 

山を背景に。
背景が富士山なら最高でしたが、もうこの高さからだと富士山は見えません。

Img_0035_20200216072901

 

まだ蕾も多いですが、河津桜はピンクが濃いので、パット見はもう満開。
いや、このくらいを満開と言うんでしょうね。

Img_0036_20200216072901

 

ここも車道が通っているので、車でも来れます。

Img_0039_20200216072901

 

山登りのついでに河津桜も楽しめるとは思いませんでした。

Img_0044_20200216072901

 

さすが早咲きの桜です。梅と競争するかのように、春の訪れを予感させてくれます。

Img_0045_20200216072901

 

早咲きの中でも、真っ先に咲くのが静岡県と言う気がします。
そもそも河津が静岡県ですから。

Img_0046_20200216072901

 

そしてオマケに携帯の写真を。
今回も携帯カメラの性能の良さを実感しました。

Img_0274

 

日常のストレスを忘れ、絶景の富士山、河津桜と楽しむ事が出来ました。
家でゴロゴロの休日も悪くはないですが、こうして出掛けてみると、やっぱり自然の中が良いですね。(^^)v

目の前に富士山ドーン!の山は、どこへ行っても楽しいです。
なかなかどこが良いか分からなかったりしますが、今回は静岡側からの富士山を紹介、そして案内して下さったハッピーのパパさんに感謝です。

山梨側・静岡側、両方見たから、次はどこかな?
サボりまくって体重もだいぶオーバー気味ですが、ちょいと冬眠から目覚めて、また歩いてみたいなと思いました。

iine

2020年2月15日 (土)

浜石岳へ①

2月11日、宝登山に登った翌日、今度はハッピーのパパさんと静岡県の浜石岳に登りました。
昨年、以前から歩いてみたかった沼津アルプスを案内して頂き、今度は「富士山が見える山」をリクエスト。
どんな山なのか、ほぼ知識0の状態で、とにかく「8時由比駅集合」のミッションを実行するのみ。

普段電車で山に行く時は、最寄り駅の私鉄の始発(5時過ぎ)に乗る事が多いですが、由比駅8時はこれでは間に合わない。
自宅からは少し離れるが、JRの駅まで歩き始発(4時40分)に乗ると、何とか間に合います。

4時10分に家を出て、もちろん始発にはちょっと余裕があったのですが、ホームで電車を待つ間の寒いこと。
前日よりはもちろん厚着でしたが、それでも震えそうなほど寒い。
日の出前の時間帯は、まだまだ寒いです。

電車に乗る事3時間、由比駅到着。パパさんを待ちます。
が、日が昇った後だと言うのに、信じられないほど寒い。
早く歩き始めないと。ブルブル。

 

さて、予定通り8時頃、海抜0m(5~6mぐらい?)からの登山開始です。
CTは3時間半、11時半には山頂到着ですか?
パパさんの計画でも11時到着予定。最近はどこの地図(本)でもCTは遅めなので、まあそんなには掛からないでしょう。
空は青空、来る途中の電車からも綺麗に富士山が見えてました。期待が膨らみます。

Img_0001_20200215013901

 

登山道は舗装路のまま、車も時々通る中、歩いて高度を上げて行きます。
と、富士山が頭を見せてくれましたよ。
まるで怪獣映画で、怪獣が現れたかのように大きな富士山です。そして雲一つ無い。( ̄ー ̄)ニヤリ

Img_0004_20200215013901

 

振り返ると駿河湾。太陽も輝いて、良き登山日和を祝福してくれるかのよう。

Img_0007_20200215013901

 

1時間ほど歩きました。パパさんによれば「2時間で着くかも」との事ですから、半分ぐらい来たみたいです。
まだまだ結構山頂までは高さを残している気もしますが・・・、て事はつまり急登が待っていると。

Img_0008_20200215013901

 

ええ、急登は大好きです。大丈夫。
いつも心配なのは下山だけ。急登を登りながら、時々振り返り、「ここを下りるのか、嫌だなあ」って。
でも今日は階段じゃなくて坂だから。下りも大丈夫でしょう。

おーっと富士山が姿を現しました。

Img_0009_20200215013901

 

裾野に広がる街まで見えてます。良いですねー、滅多に見ない静岡側からの富士。

Img_0012_20200215013901

 

思ったよりも順調に、10時山頂到着。
ザックを並べて記念写真です。至近距離には富士山。

Img_0016_20200215013901

 

707m、標高差はたいしてありませんが急登です。
山頂直下まで車で来れるので、歩くのが苦手な方は車でどうぞ。

Img_0018_20200215013901

 

石割山とか杓子山とか、目の前に富士山が見える山はあっちこっちにあります。
が、

ここは海も見えます。駿河湾。

Img_0020_20200215013901

 

先日訪れた日本平夢テラス、三保松原も見えます。

Img_0021_20200215013901

 

目の前の富士山を改めて撮ります。(クリックで拡大します)

Img_0022_20200215014201

 

いつもは行きの電車の中や、登り始めに綺麗に見える富士山が、山頂到着時には雲が掛かって・・・なんて事も多いですが、この日はバッチリ。
しばらく山頂に長居し、絶景の富士山を満喫しましたよ。(^^)v

Img_0025_20200215014001

 

昼前には到着しないとって感じで始発出発でしたが、何と下山中も(下山後も)雲一つ無い富士山が楽しめました。

Img_0032_20200215014001

 

下山はピストンなので、行きと同じ道ですが、途中河津桜が咲く場所があったので寄り道して由比駅に向かいます。(つづく)

iine

2020年2月13日 (木)

ロウバイ咲く宝登山へ②

現地10時半到着という、山登りとしては遅過ぎるスタートでした。
まあ山頂でお昼を食べるには丁度良かったですが、それでも下山開始が11時半。ピストンで下りたら呆気なさ過ぎます。
さてどうしよう。

地図を広げて検討します。(事前に計画して来ないところが適当過ぎますね)

201804250905310001e1524655023600

うーん。長瀞アルプスって方へ下りるか。
さすがに野上駅まで行っちゃうと遠いかな。て言うのも、来る途中にあった岩畳、これも見て帰らないと。

早速長瀞アルプス方面へ下山すると、何ですか?200段の階段(下り)があります。
下から登って来る人達は皆さん苦しそう。
これを見ちゃうと、逆回りが良かったなあ(つまり200段登りたかった)と。

最初からきちんと調べて計画すれば、野上駅から長瀞アルプス経由で宝登山でしたね。
まあ、いっか。適当で。
それに翌日も山登りだし。そっちで急登がたっぷりあるらしいから。(^^)v

 

結局野上駅へは向かわず、ショートカットで下山して長瀞駅へ向かいます。

Img_0021_20200213050401

 

長瀞駅。この人が退いたら写真を撮ろうと思ったんですが、いくらカメラを向けても全く退こうとしないのでそのままパチリ。

Img_0022_20200213050401

 

長瀞と言えば?
はい、ライン下りですよね。

Img_0023_20200213050401

 

素晴らしい青空が広がり、それはつまり川の水面も青々と見えます。
風も無く、水面は鏡のよう。

Img_0025_20200213050401

 

この川沿いに続く岩場が、岩畳と呼ばれる地形のようです。

Img_0027_20200213050401

 

川の水、澄んだ色ではないですが緑色。碧と表現した方が良いでしょうか。

Img_0033_20200213050401

 

ライン下りもコースによって流れが速かったり、ゆったりだったりあるようです。
ここは船も停まった状態で、船頭さんが何か説明(ガイド)しています。
この穏やかな空間は、日常のせかせかした気分をかき消してくれます。

Img_0034_20200213050401

 

早めに下山した理由は、岩畳と阿左美冷蔵。
最初知らずに阿左美冷蔵の本店(下長瀞駅にあります)を目指してました。
そうしたら支店(宝登山道店)があると知り、急遽そちらへ向かいます。

Img_0038_20200213050401

 

ここで例のかき氷を楽しみ、ロープウェイ乗り場(駐車場)へ。
ゆるゆると休日を過ごしました。

さあて、膝の痛みも癒えて来て、また山歩き再開です。(^^)v

iine

2020年2月12日 (水)

ロウバイ咲く宝登山へ①

前から一度行ってみたいと思っていた宝登山、ロウバイが咲く山へ行って来ました。
ロープウェイの営業時間が9時過ぎからなので、まあそのぐらいの時間に到着すれば十分と、自宅を7時頃に出発します。
(本当は6時出発の計画でしたが、まあ慌てることも無いのでOKです)

関越道で若干渋滞しましたが、10時半頃にロープウェイ乗り場に到着しました。

Img_0002_20200212051801

 

低い山なのでロープウェイには乗らず、そのまま歩いて登ります。
と、僅か30分で山頂駅到着。
低いとは聞いてましたが、あっと言う間過ぎます。

Img_0005_20200212051801

 

のんびり歩いて行くと、周囲の山々が見えて来ます。

Img_0007_20200212051801

 

そして目的のロウバイ園が。

Img_0009_20200212051801

 

青空を背景にロウバイを。

Img_0010_20200212051801

 

山を背景に。

Img_0011_20200212051801

 

ギザギザの山も。

Img_0013_20200212051801

 

ロウバイ園はじっくりと歩いたつもりでしたが、それでも下から1時間で山頂到着。
お昼を食べ、さてとどっちへ下山しようか。

Img_0020_20200212051801

 

このままピストンで下りたら、12時過ぎには駐車場に着いちゃいます。
うーん。
長瀞アルプスと呼ばれる縦走路?を歩いて、隣の野上駅へ向かう事にするか。(つづく)

iine

2020年2月10日 (月)

阿左美冷蔵・寶登山道店

今年はまだ高尾山だけしか登ってないので、急に思い立って宝登山にロウバイを見に行って来ました。
山もですが、久々に運転する車も楽しかったです。

明日も早い(また山ですよー)ので、山の記事は後日改めて。。

今日はコレ。

Asami

 

有名な「阿左美冷蔵」のかき氷。

もうフワッフワな、そんでもってサラッサラなかき氷です。せっかくだから一番お高い1500円のやつを。(≧∇≦)

付いて来るのは黒蜜、そして黒あん、白あん、抹茶あん。おまけに練乳も。
ヤバイくらい美味しいです。

たっぷり歩いた後は、尚更美味しですよ。(*'▽')

iine

2020年2月 9日 (日)

横浜さんぽ

今週は猛烈に忙しいです。
郵便が減っているのに忙しい。一番楽なはずの2月なのに忙しい。
それはなぜか?それは人が居ないからです。

と、
仕事の話はこのくらいにして、最近まるで更新出来ませんが、先週の横浜を散歩した時の写真です。

 

新携帯に機種変して、携帯のカメラを試したく横浜みなとみらい地区を散歩して来ました。

前回は、携帯の写真だけお見せしたので、今回は比較のためコンデジ写真をば。

 

コースをおさらいすると、京急・日ノ出町駅から歩いて伊勢佐木町へ。(伊勢佐木町ブルースの伊勢佐木町です)
そのまま関内を通過、横浜スタジアムを通過、山下公園へ。

最初の1枚がこれ。1週間経ったら何の像か、名前忘れちゃいました。(><)

Yoko01

 

氷川丸。自分が幼稚園児(小学生だったかなあ)の頃に中に入った覚えが。もう50年以上前で忘れました。
先週は良い天気で青空が真っ青、気持ち良いです。

Yoko02

 

鎖の上に並ぶウミネコもご機嫌かも。

Yoko03

 

大桟橋。今日は遠くから眺めて通過。

Yoo04

 

ベイブリッジも綺麗に見えてます。

Yoko05

 

赤レンガ倉庫。

Yoko06

 

でもって、先日の携帯写真を撮った場所から、比較のためコンデジでも1枚。

Yoko07

 

ちなみに先日の携帯カメラの写真がこれ。うーん。

Img_0265

 

どっちが実際の風景に近いのかはともかく、携帯恐るべし。
携帯の方が綺麗に撮れてるようにも見えますよね。ちょっと複雑。(;^_^A

せっかくの新携帯だから、写真は綺麗に撮れた方が嬉しいです。
が、コンデジより綺麗に撮れちゃうとなると、それはそれで何かねえ。

嬉しいような、悲しいような、分かります?

まあ良いや。

 

最後はモンベルみなとみらい店へ。

本当は20Lぐらいのザックが欲しかったんですが、なかなかピンと来る物が無くて、スパッツを買って帰りました。(^^)v

iine

2020年2月 2日 (日)

メガ盛り牛丼を食う男

郵便配達も、今はかなり生活が苦しくなってます。
何しろ郵便なんて減る一方の時代。ついには収入の柱だった年賀状も、前年比-15%と大幅ダウン。
もう会社全体が、これはヤバイ。人件費(つまり給料)を大幅に下げないと、ってなってます。

かんぽ事件のせいで、ボーナスも大幅カットになることが決定事項。

実際毎月の給料もどんどん下がってます。
何しろ一番稼げる12月分が、普段の月とあまり変わらなかったと言う事実。
これはもう節約できる所はしないとですよ。

 

私、バイトで時給が安かった頃、2年間ぐらい昼は牛丼並オンリーでした。
当時、社食のランチが480円。でも牛丼は280円。
もう栄養がどうの、そんなの関係なく、来る日も来る日も牛丼並。

 

時給が上がり、牛丼並も卒業し、その後はとんこつラーメン600円生活に。

 

しかし、今やバイトより安いインチキ正社員。(よくある限定社員みたいなもの)
月の給料はバイトより安く、ぼうなすで何とか巻き返すだけ。それでもトータルで若干安いのよ。(;´д`)トホホ
それがボーナス大幅カットなんて話だと、もうバイトに戻してくれーって叫びたくなるほど。

 

で、牛丼生活復活です。

今は牛丼並も350円ですが、suki passと言う200円の券を買うと、1か月間牛丼が-70円で食べられます。

Sukipass

ムフフ。これでランチは280円でいけるのだ。
今までのとんこつラーメン600円と比べると、-320円。これはデカい。

 

で、連日すき家へ通う毎日。
するとたまに誰かと一緒に行く事も。

先日たまたま班の年下(みんな年下だけどね💦)の子と一緒にすき家へ行きました。

私が「牛丼並」と頼むと、そいつニヤリとし、「じゃあ俺牛丼メガ盛りを」と。

特盛を頼む輩は今までも居ましたが、メガ盛りを頼む輩は初めて。

「へえー、メガ盛りなんて頼むんだ?いつもメガ盛り?」
「いえ、初めてです」

そして登場したのがこんな丼。(画像はWebから)
もう丼からして只者じゃないッス。

その量は、ご飯大盛り、肉は並の3倍、、だそうです。

Megagyu

 

彼、嬉しそうに、と言うか得意そうに、牛丼をわしわしと食べ始めます。

私はへえーっと彼の食べっぷりを観察します。

すると一点気付きました。彼、食べ始めてから一度も丼をテーブルに置かずに食べ続けています。

 

頭に浮かんだのは、椎名誠のエッセイに出て来る、肉体労働者がカツ丼を食べるくだり。

肉体労働者がカツ丼の、丼の底の部分をわしづかみにして、わしわしと食べる。
そして一度も丼を置かずに、すなわち休むことなく食べ続け、そのまま完食すると言うもの。

「哀愁の町に霧が降るのだ」だったかな?

 

まさにそんな光景が目の前に展開されてるのですよ。
頭の中では、(丼置くなよー、置くなよー)と思ってる私。
これは下手に話し掛けちゃイカンよな。食べるの中断したらガッカリしちゃいます。

そのまま完食しろよーって期待しながら見ていると、彼、やりましたね。
見事一度も丼を置くことなく完食です。(^^)v

 

そして凄い得意そうな満面の笑顔。 ← 私もなぜか嬉しいです

 

「凄いねー、メガ盛り一気食いだったねー」

「ええ、美味かったッス」

「よくこんなデカいの食べたねえ」

「今日はちょっとパフォーマンスで食べてみました」 ← 初めてって言ってたもんな

 

以前、小包配達の男と食べに来た時、彼も特盛を食べて、
「いや、このくらい食べないと身体が持ちませんよ」
と得意そう。

じゃ何か?並盛で満足してるオイラは、たいして仕事をこなしてないみたいじゃないの。

 

この肉体労働者の、全然偉くもない大食い自慢、何だか面白いです。

 

そう言えば、私も若い頃、お替り出来るかつ屋(和幸みたいなところ)に行くと、必ずお替りの上限まで食べましたっけね。
ご飯は3杯、キャベツは2回、お替り出来ますなんて言うと、必ずノルマのように食べてたっけねえ。

私は別に肉体労働者じゃなくて、体育会だったからだけど、肉体労働者と共通するものがあります。

 

それで可笑しいのは、以前特盛を頼んだ男も、今回のメガ盛りの彼も、2人とも小太りなんですね。
そしてこのメガ盛りブラザース、どっちもたいして仕事が出来ない所が共通点。(笑)

つまり、周りからは色々言われる2人。

なぜかねえ、私相手に自慢したいみたいです。 ← 私って、自慢されちゃうタイプなのでしょうか

2人とも大食いしちゃあ、「どうだ!」って得意そう。

 

ブラザースの共通点は、おだてるとどんどん昇って行っちゃう所。

凄いですねーとあまり言い過ぎると、調子に乗り過ぎちゃうから適度な所でやめないと。

 

今回の彼は、(俺はいつもこのくらいは食ってるぜ)までは行ってないから、まあ大丈夫でしょう。

「今回はちょっとパフォーマンスでやってみました」なんて言ってたし。

しかし、椎名誠の世界、丼飯わしづかみ男を目の前で見て感動しましたよ。アハハ。

iine

2020年2月 1日 (土)

新携帯試し撮り

携帯を機種変し、そこそこ使いこなせるようになって来ました。
そこでちょっくら試し撮りなど。

京急日ノ出町から歩き始めて、関内、みなとみらいへ。
デジカメであちこち撮りましたが、とりあえず携帯カメラの写真を。

 

赤レンガ倉庫。

Img_0265

 

日本丸。

Img_0266

 

デジカメ写真と比較してないので分かりませんが、なかなか綺麗ですよね。
満足しました。(^^)v

最後はモンベルみなとみらい店でフィニッシュ。

iine

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ