« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月29日 (日)

師走は大忙し

師走、師も走る12月と言う事で、皆さん忙しかった事でしょう。
過去形で書いたのは、恐らく仕事納めも終わり、今頃はやっとのんびりしている人が多いと思ったからです。

いや、とんでもない。のんびりどころか帰省でハードスケジュールですよ、なんて人もいらっしゃるとは思いますが。

 

さて、私と言えば、仕事納めどころか、今が丁度連続勤務の真っ最中。
ん?
その大忙しの私が、今日は一体?

はい、今日は休みです。

 

年賀状も年々減り、減ったんだから少しは楽になるかと思いきや。
この会社、とにかく従業員が死ぬほど忙しくないと許さない。
(で、本当に交通事故で死んじゃったりしてるのが洒落にならない訳ですが)

通常年賀配達の準備は12/24からスタートします。
年末は郵便も減るので、26日頃からは配達も午前で終わり、午後~夜は局内で準備です。

 

のはずが今年は酷い。

前回書いたように小包が一向に減りません。
これはヤマトが荷物の引き受け制限をしたためですが、ウチの小包部門は増えた荷物を捌けずパンク状態。
ヤマトは夕方からの時間帯だけ働くバイトを募集したりしてますが、ウチはそういう計画性は一切無し。
人件費削減のため、人を減らし、ただ「頑張れ、もっと早く」と言うだけ。

そのツケはバイクの方へ回り、何と12/24も配達が終ってから、班で数名小包応援です。

例年は12/24からは小包は一切バイクには回さない。
バイクチームはもう昼から全員年賀に専念だったはず。
それが今年は普段と変わらず、普通に小包が回されています。
そしてついに小包だけ積んで夕方出動まで。

 

更に言えば、しわ寄せをくらっているバイクチームも、人件費削減の影響が出てます。

普通は12/24からは全員出勤。
一昨年から1/2は休配日になりましたが、元旦までは全員出勤でとにかく早く配達を終わらせて年賀作業するのです。

が、

上からの指示は、「休日出勤は認めない」
つまり、普段通りの人数で年賀準備をせよとのこと。
てことは週休2日で準備せよと。

本来ならば12人/日ぐらいで業務するのに、今年は8~9人/日とか。
そして思ったより郵便も減らず、午前中に配達が終るどころか、夕方の定時でも終わりません。
17:30だの18:00だのと、そんな時間に帰局して、どれだけ年賀が出来ますか。何も出来ません。

 

去年までは、毎日到着する年賀状を、バイトの子に組み立てて貰い、社員はチェック。
まあ社員はチェックしつつ、自分で組み立てもします。
それでチェックまでは間に合わないけど、組み立てまでは結構終わってました。

それが今年は目の前の棚50口のうち、6~7口しか組み立てが終らない。

てことは、どういうことか。
処理する量よりも、積み残して溜まっていく量の方が多いってこと。

 

こんな状況なのに、管理職は全然作業を見にも来ません。

今年の管理職は何なんでしょうか?
普通は皆が作業している後ろを歩き回って、各班の進捗を見たりするんですが。

相変わらずミーティングで、「営業目標達成までまだ足りません。とにかく声掛けするしかありません。1人1日10件は声掛けするように!」なんて具合で、どうもちぐはぐです。

正直、配達が終らなくて焦っているのに、そんな声を掛けている暇なんてありません。

 

年末なのに書留も大爆発で、平均の倍以上出ています。
いつもは局全体で1200本ぐらいの書留なのに、「えー、本日書留2700本」「どひぇー、終わらないー」

すると管理職、「今日全部やらなくて良いです。年末までに終われば」と、いつものように翌日回しを指示しますが、さて。
だって、いつものことですが、翌日に回せば翌日が忙しくなるだけの話です。

で、実際翌日も、「今日は書留2600本です。まあ昨日からの分もありますが」「だから終わんないだろが」

てな具合。

 

ウチの班、午前で配達が終った人、一昨日はたったの2人、昨日は1人。
遅い人は連日18時頃に帰局して、年賀にはひとつも触れてません。

それでも休日出勤は認めない。

去年からは年末最後の日曜も休配日になり、つまり今日は休みです。
大丈夫かよ。(ダメでしょ)

 

まあ、バイトの子達は出勤するので、各班数名バイトの面倒を見がてら作業をします。
12/29数名、1/2数名。(私、残念ながら1/2の当番です。(;´д`)トホホ)

 

まあ、これはもう開き直るしかない。
間に合わなくたって自分達のせいじゃない。上のケチケチ体質のせい。

ちなみにミーティングでは年賀の話なんてたいして話題になりません。
専ら営業と交通事故の話ばかりです。

あっちこっちの局で、交通事故が多発しているようです。
もちろん上も原因は分かってるはず。
「皆さん、くれぐれも焦らずに運転して下さい」だと。

ここってマッチポンプなことばかり。
こんなに忙しいのに、管理職は昼の帰局が遅い人間をチェックしています。
例年は各班、「あとちょっとで配達が終りそうなら、多少食い込んでも終らせて来い」って指示するのに、今年は帰局が遅いとチェックする管理職。

そうやって、配達中も、帰局中も、焦って運転するから事故が増えるって言うのに。

 

年内に準備が終らないこと確定。もう仕方ない。

と、
自分の年賀状の準備もしないと。

Sugoroku

 

(*´σー`)エヘヘ 写真はこれにしました。雲ノ平。

真ん中に写るは双六小屋。いやあー楽しかったなあー。結局12月はどこにも登れなかったけど、年明け早々どこか登りたいですね。
体力が残ってればですけどね。

iine

2019年12月23日 (月)

小包配達で大忙しです

ついこの間、「もう仕事ネタは書きません」宣言をしました。

が、喉元過ぎれば何とやら、いや、まだ喉元も過ぎてないうちにです。舌の根も乾かぬうちにってやつです。

何しろストレスでパンクしそう。

元々もう書きませんではなく、もうココでは書きません(他で書きます)宣言だったので。書いちゃいます。

 

例年12月はお歳暮配達です。

12/1に配達開始で1週間ほど大忙し、落ち着いたかなあーって頃に、ボーナス支給でお歳暮も第2弾が到着します。
それでも中旬には何とかなり、下旬からは年賀状の準備に入ります。

ところが、今年は未だに連日小包応援に駆り出されてます。

 

理由は簡単、何でも「明日にしろ」っと先送りにしたせいです。

えっ?先送り?何それ?って感じですよね。

 

以前は、12/1に一斉にお歳暮を配ってました。
四輪はもちろん、私達バイクも通常の配達を終えたら全員1往復、多い地域は2往復。

ところが今年は、12/1に全部ではなく、12/1以降配達。
まあ解釈の仕方ですが、12/1~10ぐらいで配り終わればOKって感じで。

 

だからバイクは手伝わず、四輪だけでチョボチョボ配達。
実際は、人を減らし過ぎて、バイクが手伝う余裕もありません。
通常の郵便配達だけで連日残業状態。

 

だからいつまで経ってもお歳暮が残ったまま。

四輪は四輪で、やっぱり人が足りない。
だから12/1~10なんてスパンで楽チンにやってるかと思いきや。

20時過ぎ頃から、課長がドライバーに電話して、「あとどのくらい?21時には上がれる?もしダメならもう帰局して」って。

つまり持ち出している荷物を、もう配らなくて良いから帰れと。

その繰り返し。

 

だから12/10になっても配り終わらないまま、それなのに第2弾が到着しちゃって大慌て。

そして今は、バイクに積めそうな大きさの小包は、ジャンジャンとバイクに回されます。
こっちが本来の郵便が積めなくなってもお構いなし。

Ems

 

私も最近夜勤続きでしたが、小包がジャンジャン来ます。

「ハルさん手伝ってよ。ちょっと多いけどこのくらいお願い出来る?」
と言って7個ぐらい渡されます。

「まあ、はい、積めればやりますよ」

 

で、昼休み(夜勤の休憩は夕方です)が終って席に戻ると、勝手にまた1ケース置いてあります。

おい、さっき多くて申し訳ないけどって話で引き受けたのに、勝手に増やすなよ。
何かさっきのより更に大きい箱が4箱ぐらい。積めるのか?

 

そもそもね、私が本来配達する再配の郵便、まだ貰ってないんですよ?

普通は書留やら何やら受け取った後で、「まだ積める?」って渡すのが普通。
なのに、本職の方より先にギリギリ積めそうな量の小包を渡して来ます。

で、本来の郵便を貰いに行くと、大型定形外なんかもあって1ケース。もう絶対積めねえーっつうの。

で、課長に「こんな大型郵便出ちゃったから、さっきの小包積めませんけど」
って言ったら、「じゃあその大型郵便を車でやって貰おう」だって。

本末転倒だっつうの。

 

で、よく見たら、その小包、時間指定で20~21時とかなってます。

おい、そんな最後の時間帯、誰だって行きたくないっつうの。そういうのを人に回して、自分は代わりに郵便配達を手伝いますってどういうことだよ。

 

色々聞いてみると、四輪チームは連日21時まで残業で、残業がオーバーしてるらしい。
終らなくても帰局せよって言うのは、残業の上限時間との兼ね合いで仕方なくやっていたようで。

だから今はとにかく早く退社させたいらしい。そりゃもう分単位で。

そのため20~21時の小包は、出来るだけ減らしたい。
小さい物ならバイクにやらせたい。

って、そういうことらしい。

 

何でもかんでも「明日、明日」ってやって来たのに、それでも残業時間オーバーっておかしいだろよ。

これまた聞いてみると、四輪の人も、「去年より-2人でいっぱいいっぱいですよ」だと。

ふーん。

 

あっちもこっちも人員削減。
そのくせ何にも働かない人員は削減しないからね、この会社は。
何の仕事してるかまるで分からない人がゴロゴロしています。

「担当課長」とか言う、一体何の担当か分からない課長とか。

現場で働く人間は言ってます。
「働かなくて良い役職者は、たったの1人も減らさないからね。どこが民間なんだよ」
って。

 

いつもなら明日あたりからは、もう年賀に専念しないといけないのに。

今年はどうなるんでしょうか。

今日もJ:COMの冊子が大量に積み上がってますが、さて。

iine

2019年12月22日 (日)

魔性の子/小野不由美

本屋巡りが好きな私、この秋本屋に行くと、何か大々的に広告が打たれている小説があった。

18年ぶりの新刊発売。
えっ?はっ?なんですと?18年ぶり?

どうもこの「十二国記」と言うシリーズ作品が、18年もの間新刊が発表されないままだったらしい。まさに待望の、である。
待ってた人にとってはですが。

 

その18年ぶりの新刊が、何と一気に4冊も出るのだそうで。

本屋の広告だけでなく、雑誌「ダヴィンチ」なんかでも十二国記の世界について説明がなされていたり。

それほど多くの人が、待ち続けたシリーズならば、これは読まない手はない。
が、
シリーズと言うだけあって、すでに10作品も。

文庫本の帯には、読む順番が分かるようになのか、ご丁寧に1から番号が振ってある。

 

と、その中に番号が0の本がある事に気付く。それがこの「魔性の子」なのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

魔性の子 十二国記 (新潮文庫) [ 小野不由美 ]
価格:781円(税込、送料無料) (2019/12/22時点)

楽天で購入

どこにも、僕のいる場所はない──教育実習のため母校に戻った広瀬は、高里という生徒が気に掛かる。周囲に馴染まぬ姿が過ぎし日の自分に重なった。彼を虐めた者が不慮の事故に遭うため、「高里は祟る」と恐れられていたが、彼を取り巻く謎は、”神隠し”を体験したことに関わっているのか。広瀬が庇おうとするなか、更なる惨劇が。心に潜む暗部が繙(ひもと)かれる、「十二国記」戦慄の序章。

 

舞台は普通に日本の高校。

十二国記の舞台は、現状の世界ではなく、もう1つの世界。
そこには神が居て、王が居て、妖魔も居れば半獣も居る。
代々麒麟と言う王の補佐?が居て、その麒麟が王を選ぶのである。

 

魔性の子に登場する主人公・高里は、実は十二国記の戴国の麒麟なのだが、記憶を失い日本で暮らしている。
麒麟としての能力を失い、ごく平凡な人間として暮らす高里には、彼を守るためのボディガード(妖魔)が憑いている。
そのボディガードは、人間ではないので、とにかく高里を守ろうと、害をなすと見られる周囲の人間を次々と殺戮する。

それが、高里の意志とは全く無関係に、しかも正しい判断ではなく実行するので、高里は周りから恐れられ孤立する。

 

高里は、自分こそが害をなす根源なのだと絶望する。
この世界に自分の居場所は無いのだ。

 

と、十二国記の世界から迎えが来て、やっと自分が何者なのか理解する。

 

最後はあまりに「ちゃんと完結した感」が無いのである。

これ、続編が無いと何も分からないですって。
(続編がある、しかもシリーズ化されていることが分かっているから良いものの、である)

 

十二国記の世界観をちっとも知らずに読むと、どうなんでしょう。
学園もののホラーストーリーにしか思えない。
最後も何も完結してないし。

むしろ帯番号1番の、「月の影 影の海」から読み始めた方が、ちゃんと理解出来るのかとも思う。
ただ、月影は戴国のストーリーでは無いので、魔性の子の続きを読みたいなら「風の海 迷宮の岸」である。

 

読んだ感想としては、この「魔性の子」は単独作品としては、ちっともパッとしない。
やっぱりシリーズとしての十二国記があって、その世界観があって初めて楽しめる。
が、

何作か読んだ後だと、日本を舞台にした「魔性の子」の方がむしろ異世界の物語で、逆に入り辛い。

身も蓋もなく言っちゃうと、この「魔性の子」は読んでも読まなくても、なのかも。

 

途中まで主役級の活躍をしていた広瀬が、ほとんど意味の無い雑魚キャラだった事が、ちょいと残念。
てか可哀想ですね。

でも1冊読むと、次、また次、となる事は確か。

今からシリーズ全作読もうとする方は、ぜひこの「魔性の子」から読む事をお勧めします。

iine

2019年12月20日 (金)

70歳定年ですか

今朝TVを見てたら、「定年を70歳に延長」なんて言葉が画面に。「年金は75歳から」

言うは易し行うは難し、ってやつですね。

 

ウチの会社も来年から65歳定年になるようです。

でも、60歳定年、希望者は65歳まで再雇用の現在でも、60歳でスッパリと辞めちゃう人も居ます。
理由は簡単、体力が続かないから。

それがバナナの叩き売りじゃあるまいし、「えーい、どうだ70歳。持ってけドロボー」みたいに威勢よく言われてもねえ。

Image00151

 

言ってる事はつまり、国にお金が無いから、年金支給する財源がありませんよって事ですよね。

100年安心はあっと言う間に崩れたけど、死ぬまで働けって言われても。

 

定年間際の私でもガックリですが、若者はどう思いますかね。

どうせ貰えないとは思ったけれどヤッパリ・・・かな。

だってこれ、どんどん後退する一方で、将来また60歳から支給とかってならないですよね。

 

もう払えないなら払えないってしてくれた方が良いのかもしれないですね。

動けなくなったら生活保護みたいな?

その代わり、徴収しない。当たり前の話。

だって、年金を投資につぎ込んで大損したり、税金だってジャブジャブばら撒いたり、結局自分のお金じゃないからいい加減な使い方をしちゃうんだって思います。

 

政治家は口先だけの商売ですから?

我々は70歳でも働いてるぞ、なんて言うかもしれませんが。
普通の仕事はそういくつまでも出来ません。

肉体労働なんか60歳だってどうなのよって。

今、タクシー運転手なんかも高齢者ばかり。
運転する様子を見ていると結構危ない雰囲気が漂ってます。現に事故も多いしね。

政治家なんて、ちゃんと世の中に貢献している人が一体どのくらい居るのか。

国会だって議論の場じゃなくなってます。足の引っ張り合い。

他人の話は聞かないし、真面目に答えようともしない。

うん。政治家なんかは、70歳どころか55歳ぐらいで辞めて欲しいかな。

それで一度普通の仕事してみたら?って。

 

いやあー、そうかぁー、死ぬまで働くのかぁー。

だったら別の仕事を探さないとだな。┐(´д`)┌ヤレヤレ

iine

2019年12月19日 (木)

スポーツカーは女子の乗り物へ

日本カーオブザイヤーが決まりました。

私、車のことは大好きで、このカーオブザイヤーに関しても、毎年決定前に予想記事(以前のブログ消しちゃってますが)を書いてました。

歴代の受賞車と言えば、やっぱり良い車が多いです。
それも新技術、新提案がある車。

例えばプリウスだったり、ロードスターだったり。
プリウスは説明の必要も無いですね。ハイブリッド技術を切り開いた車です。
ロードスターは原点回帰。安全基準のため大きく、重くなった車。それを走らせるためにハイパワー化した車。それを軽量化しパワーもダウンしたライトウェイトスポーツ。

 

前置きが長くなりましたが、今年の受賞者はこちら。

2019_coty

 

うーん。何か違う気がするなあ。

今年予想記事を書かなかったのは、忙しかったと言うのもありますが、正直あまり興味が湧かなかった。
あまりコレだ!って思う車が無かったから。

となると、最近受賞していないトヨタへ行っちゃう気もしたし、コネクテッドに力を入れたカローラかななんて。

確かに今回のカローラは良い車らしいです。
名前を変えて出していたら、と思う気持ちもあります。

カローラが大賞受賞じゃあなあ。

 

って、思ってたら忘れてました。同じトヨタからRAV4がノミネートされてましたね。

今流行りのSUV。
イヤー車、去年も一昨年もボルボのSUVです。今は売れる車と言えばSUV。

消去法で選ぶとRAV4なのかなあ。もちろん悪い車じゃないですよ。評論家は褒めてますしね。

 

今は時代はSUVなのかなあ。

私達が若い頃は、デートカーと呼ばれるジャンルの車があって、それはクーペ。
カリーナEDから始まり、プレリュード、シルビアなんて、不便な2ドアなのによく売れました。

今デートカーって言うとSUVなんだそうです。
女性がデートの時に、彼氏に乗って来て欲しい車、一緒に乗りたい車、それがSUVだそうで。

広々してるし、目線の位置も高くて、何となくリラックス出来るからと。

 

もちろん今はSUVが一番売れてますから、当然野郎もSUVが好きだったりします。

が、やっぱり速い車、それもバカッ速い車が好きな野郎も居ます。

ポルシェやフェラーリのようなスポーツカー、国産ならGT-Rでしょうか。

 

ところが最近の女子は、スポーツカーがあまり好きではないようです。

昔は、百恵ちゃんの歌にも「真っ赤なポルシェ」なんてのが登場して、イケてる女子はスポーツカーの助手席でした。

今はどうかっつうと、女子はSUVに乗りたがってる。じゃあスポーツカーは?

 

実はスポーツカーは、助手席に乗りたい車じゃなくて、自分で運転したい車に変わって来てるみたいです。

肉食女子、草食男子、って訳じゃないでしょうけど、乗せて貰うなら広くて楽な車。
スピードを出すなら自分の運転でって女子も増えているみたい。

 

GT-Rを開発した水野氏の話だと、フェアレディZが売れなくなったのは、デザインを女子好みから男子好みに変えたからだそうで。

まあモテたい野郎は、可愛い女子に助手席に乗って貰う事が一番で、スピードが出る出ないではないですから。

だから素敵女子が、「その車お洒落、乗せてー」って言う車を買いたいってこと。

 

ははーん、だからランエボは売れなかったのか。
あれ、大人女子の好みではなく、子供男子の好みですよね。ガンダムチックで。

 

つまり売れるスポーツカーは、女子が決めるって話ですよ。

その女子が欲しい、実際に乗ってるスポーツカーと言えば、さすがにポルシェ、フェラーリではありません。
(ポルシェ、フェラーリなんて野郎でも簡単には買えませんしね)

じゃあ例えば?
はい、トヨタ86とかホンダS660とか。
S660は軽ですからスポーツカーと呼ぶのかどうか。

でも、まあ海外では4ドアクーペの人気も高まってますから、SUVだけでなくスポーティーカーが売れる下地はありそうです。

 

もうね、女子だからって、助手席に乗せて貰う時代ではないですね。

私が次に買い替えるなら、やっぱりSUVかなあ。

CX-5、フォレスター、ジムニー。お金があればXC40なんて乗ってみたいです。

 

いくら牛丼生活をしても、こればっかりは無理か。。

 

どこかにスポーツカーの助手席に乗せてくれる、そんな女子は居ませんかねえ。(*'▽')

iine

2019年12月18日 (水)

値上げの秋です

季節は晩秋を過ぎ冬。でも、ブログのタイトルは、~の秋。

そうです。10月から上がった消費税。
この僅か2%のUPが、ボディブローのように生活を苦しめます。

単純に外税方式で価格を決めれば、108円だった物が110円になるだけ。
2円UPで済みます。

ところがそうは問屋が卸さない。

 

庶民は小さな値上げにも敏感です。ちょっと価格が上がっただけで、やれどこどこのお店の方が安い、無駄遣いは止めよう、とそれまでとは違う購買心理が働きます。
当然起きる買い控え。

 

販売する側も、企業努力で値上げをしなかったり。

でも消費税が2%UPするってのは、単に支払う税金が2%UPするだけでは終わりません。
原材料も上がる、燃料費も上がる、色々ひっくるめて価格維持って難しいです。

 

何かね、今まで頑張って来て、限界が来ちゃったのかなあ。
庶民の生活を直撃して来たような気がします。

 

例えば私がよく利用する牛丼屋、

Main_500x707

 

オリジナルカレーを止めて、創業ビーフカレーへとメニューを変えました。
昔に戻って牛バラ肉をとろりと煮込んだカレーだそうです。

ズバリ言うと、そんなもん要らんよ。

わたし的にはスパイシーなオリジナルカレーの方が好きでした。

牛丼はすき家派の私も、カレーに関しては松屋が好き。
その好きだったカレーが、味が変わり、値上がりしたら、うーん、嬉しくないです。

それに牛丼屋ですからね。
牛肉が食べたきゃ牛丼を頼みます。
何でわざわざカレーに牛肉を入れなきゃならんのか。

更に言えば、松屋にはカレギュウ(カレーと牛丼の肉をセットにしたもの)があります。
牛肉好きにはそういうメニューがあるのに、単品カレーに無理矢理牛肉を混ぜ込まなくても。

 

結果、要するに100円値上げしただけじゃないですか。

 

消費税2%UPならば、390円のカレーを400円にすれば良いだけの話ですよ。

それをメニューを変えて100円UPとは、ありがたくないです。

 

 

同じようなことがコンビニでも起きてます。

最近思うんですが、菓子パン(惣菜パン)なんかも、知らないうちに高くなってます。

 

以前は、カレーパン、クリームパン、ジャムパン、あんぱん、そんなのが100円(108円)で売ってたはずなのに。

理屈で言えば、これも110円で売れば良いだけの話。

でもやっぱりそうは行きません。
企業努力も限界なんでしょう。
最初に話したように、原材料費も上がれば、燃料代、輸送費、そして人件費も上がってます。

 

こうなると2円UPじゃ賄えませんよね。

カレーパンもいつの間にか、随分高くなってます。
(下の価格は消費税8%の時のもの、今はもっと高い)

 

Pan

 

いや、それより困るのは、次々に新メニューが投入されて、菓子パンも徐々に豪勢になってます。

これでもか!って生クリームだったり、りんごだったり、そこまで求めてないのにって感じで。

新メニューのパンは140円ぐらいします。高いものだと180円も。

オイオイ、消費税2%UPは、こんなにも値上げの連鎖を生むのかいな。

 

税金を消費税から取るって言うのは、何か間違ってるような気がします。

貧乏人だって3食欠かせません。必ず取られちゃいます。

 

うーん。そしてそのUPした税金の使い方ですよね。

福祉目的と言って上げ、と同時になぜか法人税DOWNしますから。

福祉のためと上げたのに、高齢者の医療費負担も上げ、一体どこに使ってるんだか。

 

最近の政府は、都合の悪い事はとにかく隠蔽しますから。

値上げの秋を過ぎ、心はすっかり真冬ですよ。

たまには暖かい鍋物でも食べてゆっくりしたいですよね。ひゅるるー。

 

アハハ、こりゃ仕事ネタより酷いわぁ。(´Д⊂グスン

iine

2019年12月16日 (月)

仕事ネタは終了します

あー、12月は忙しいです。

12月はお歳暮配達で四輪チームは大忙し。するとバイクでも積めそうな小さい小包は、「これどうよ?」って感じでバイクに回される。
でも正直そんな簡単には積めません。なぜなら同じ時期にカレンダーのような嵩張る郵便が大量に到着しますから。

それを何とか片付けて帰局すると、「誰か手伝える人?」と本来の仕事を終えてから、更に小包配達に駆り出されます。

 

お歳暮って1日から配達しますが、10日のぼうなす時期に第2のピークが来ます。
丁度今が第2のピーク。

 

そして後半はいよいよ年賀状配達の準備です。

通常配達を終えてから、局内で組立作業。
郵便が減る年末は、午前で配達を終え、午後&夜に組立作業。
当然、年末年始と休日返上でぶっ通し勤務です。
(昔だったら15,6連勤なんてことも。今は7連勤ぐらいですかね)

それでもう正月気分なんてまるで無し。

 

そんなストレス満タンな日々を、ブログで吐き出して何とか頑張り続けるのですよ。

 

でも、もう書くのは止めようかなって。。。

Ph1

 

元々私は他ブログをメインにして記事を書いていました。
ココログは趣味に絞って、つまり山登りだけをUPする場として開設。

でもココって色々元気づけてくれる人が多いから、つい色々と書きたくなっちゃいます。
だから、いつの間にかココがメインに。
てか他ブログはまるで書かなくなりましたね。

 

話は変わりますが、他ブログで情報交換していた配達員さんが、ブログが原因で退職しました。

その方も、配達は速く、いつも自分の持ち分以外の配達までさせられていました。
(その方の場合は、応援じゃなくて、そもそもの持ち分を増やされてたのかな)

私の班は、全員全力配達ですが、その方の班はサボリオジサンが居たり、サボリ班長が居たり、想像を絶するストレス状態で。
だからなのか、班員にニックネームを付けて、面白おかしく文章が綴られてました。

私もそれを読んでは、ああウチより悲惨だな。( ̄ー ̄)ニヤリ
それはウチも一緒、どこも同じだな。
と、楽しみにしていました。

が、ある日、その方が退職すると報告があってビックリ。

なぜならその方も、バイトから正社員になって張り切っていたからです。

 

理由はと言うと、

どうもそのブログが職場の人に見つかったらしいのですよ。
実際にそこで勤務している人が読めば、オイこれウチの話じゃねえ?ってなりますわなあ。
当然誰が書いているかも分かるし、変なニックネーム(絶妙なニックネーム)は反感も生まれます。

管理職に質問され、正式にそれ私ですとは白状しなかったものの、やっぱり居づらくなりますよね。
バレたと同時にブログを削除する訳にも行かず、過去文まで読まれちゃうとさすがに。

せっかく正社員になれたのに、辞職して、、結局今何をしているのかは分かりません。
就職はしたらしいですが、仕事ネタは書かなくなったので。

 

ちなみにその方、郵便配達以前は本屋の店長さんをしてまして。
その時もブログに面白話をつらつらと綴り、それが原因で解雇されたそうです。

彼の文章って、天才的に面白い。
てことは、つまり現実に存在する登場人物としては、甚だ不愉快な内容かと。
面白ければ面白いほど、それは現実離れした変人って事ですから。

せっかくの文才も、使い方を間違えると不幸を呼びます。

 

私もね、仕事の愚痴はカッコ悪いとは思いつつ、まあココで発散して職場では何事も無く頑張れればむしろプラスか。
って、自分なりの勝手な解釈で書き続けましたが。。

どこで働いているか特定されちゃうとね、やっぱり良くは無いです。

だから極力場所に繋がる記述はしないようにして来たんですが。

 

うーん。

文章に書かずとも、行動から居住地域は絞られて来ちゃいます。

まあ、無職になりたくないので、この辺でペンを置こうかなってね。

 

ココは?どうする?

仕事以外の記事、があればですが載せようかなと。

 

ストレス発散は?

とりあえず何もせず、どうしても書きたくなったら、他のブログを立ち上げて書けばいいかなと。

 

山歩きの記事って、意外と書けないです。
あまり登らないから。
特に冬はほとんどお休み。

読んだ本の記事、面白かったTVの記事、うーん、意外とネタって無いものかもしれません。

リニューアル?

さてどうしますか。

とにかくココで仕事ネタを書くのは止めることにします。ありがとうございました。m(__)m

2019年12月10日 (火)

タイムシフトマシンが欲しい

去年TVが壊れ、今年はエアコンが壊れ、次々に物が壊れてますが、直すでもなく買うでもなし。

なぜ?それは簡単。無い袖は振れぬってね。

 

TV無くて困らない?

いえ、さすがにTVを見てない訳ではなくですね、昔のブラウン管TV(アナログ)を使ってます。
もちろんデジタル放送を受信する事は出来ないので、BDレコーダーのチューナーで見ています。
BDレコーダーが2チューナーなので、2番組録画しちゃうともう他の番組を見る事は出来ません。

 

TVも買わなくちゃね。4~5万円もあれば買えるんでしょうが。

でもいざ買おうかって思うと、これがまたおかしな事に良いのが欲しくなっちゃうんですね。

無い袖は振れぬと言いつつ、じゃあどんなのが欲しいかっつうとこんなの。

 

エヘヘ、タイムシフトマシンってやつ。6チャンネルくらいを常時録画して、見逃した番組も遡って再生出来ます。
(こんな事を言ってるから、いつまで経っても買えないってのは分かってるんですけどね)

何しろ見たい番組が多過ぎて。💦

今好きなのは、「G線上のあなたと私」


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東芝 43V型4Kチューナー内蔵液晶テレビ REGZA Zシリーズ 43Z730X [43Z730X]【RNH】【SPSP】
価格:124474円(税込、送料別) (2019/12/10時点)

楽天で購入

 

こりゃあ今年もTVは無理だなあ。

さて、ワープアな私も、ぼうなすを頂きました。(あるってだけで嬉しいですよね)

まあTVもだけど、他にも欲しい物はいっぱいあります。

 

20Lぐらいのザック、ワイヤレスイヤホン、電子レンジ、あれもこれもと妄想だけは膨らみます。

で、

本日買った物と言えば、


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

進撃の巨人 30 週刊少年マガジンKC / 諫山創 イサヤマハジメ 【コミック】
価格:495円(税込、送料別) (2019/12/10時点)

楽天で購入

 

進撃の巨人30巻。ああ、オジサンは何て安上がりなんでしょうか。
すっかり貧乏性が浸み付いてます。

 

ちなみに今ハマっているのは、


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

月の影 影の海(上巻) 十二国記 (新潮文庫) [ 小野不由美 ]
価格:572円(税込、送料無料) (2019/12/10時点)

楽天で購入

 

十二国記です。

今年になるまで全く知らなかった小説ですが、今年18年振りに新刊が出た(しかも一気に4冊)そうで、ただいま大人気です。

今から読んで果たして追い着くのかってくらい遅れてますが、一冊ずつ読んで行こうかと思ってますよ。(^^)v

iine

2019年12月 8日 (日)

今年のカラーは黄色で

今年登山靴を一足買いました。普段履いていた靴が、ちょっと水没気味に感じたので。

夏モデル。前からあった靴らしいですが、色がニューカラーだそうで。
何か気に入ったので買っちゃいました。

Fall2019_3_01_20191207095501

 

それは良いのですが、普段私が山で着るウェアが真っ赤なもので、赤と黄色じゃちょい派手過ぎるか。
てかまとまりが無さ過ぎると思い、これを機にとウェアも新調。靴に合わせて黄色をチョイス。
正確にはライムって言うんですか?色の名前はともかく、実際に着て見たら蛍光イエロー。

M_c_1106572_lm

 

ちょっと派手過ぎたかな。けど、前の真っ赤も相当ド派手。
山ならこのくらいはセーフです。

 

さて新しいウェアを着て、沼津アルプスへ出発です。

 

もう寒いから下のウェアも半袖でなく長袖・・・、

ありゃ?長袖のウェアを引っ張り出したら、これまた黄緑色。
パンツもカーキ色で、これじゃ上から下までオール黄色一色。
ちょっとどうなのよ?

 

って、思ったらまだありました。

いつもは使わない手袋。まあほとんど使わないから100円ショップで買った軍手。
これが、こんなのいつ買ったんだよって言う、真っ黄色。

 

おかしいなあ。普段着はどっちかっつうと青系がほとんど。
山じゃなきゃ赤だの黄色だのって着ないです。
それが上から下まで真っ黄色。

 

まあ、別に誰に見られる訳でもなし、良っか。

と電車に乗り、早速読書を始めます。
すると不思議なことに、文庫本のブックカバーも黄色。 ← こんな偶然あるのかよって

 

うーん。
何だろう、よく分からないけど、この秋冬は黄色を使いたくなる気分だったんでしょうか。 ← どんな気分だか

 

で、そのデビューした黄色いシェル(モンベル)ですが、思ったより生地が厚く、歩行中は暑くて着てられません。

この分だとまた真っ赤なシェルに逆戻りかも。まあ赤&黄でも構わないと言えば構わない気もします。

 

次は何を買おうかな。

20Lぐらいの小型ザックが欲しいかな。まあ今の所は欲しいってだけですが。

iine

2019年12月 7日 (土)

沼津アルプス②

お昼を食べ後半戦へ。後半戦は〇〇展望台などと言う場所もあり、今度は駿河湾がよく見えます。

まずは今来た道を振り返り。

Img_0017_20191207054401

 

駿河湾を見下ろすと、丁度太陽の向きも良く、海が光っています。

Img_0018_20191207054401

 

山も、

Img_0020_20191207054401

 

海も心地良い景色が広がっています。

Img_0021_20191207054401

 

そうかと思えば、「主役はこっちだぞ」と顔を出す富士山。大きい。

Img_0022_20191207054401

 

宝永火口でしたっけ?ぽっかりと口を開け、わたし的には滅多に見られない方向からの富士。

Img_0023_20191207054401

 

登り始めた時にちょっと雲が掛かり出したので、途中はもう雲で隠れちゃうのかと思ってましたが、意外と雲は少なく、午後でもこの通り。

Img_0024_20191207054401

 

この日最後となる横山山頂にて。
いつもパパさんとFUJIKAZEさんが、仲良くザックを並べて写真を撮ってますが、同じように撮影。
アハハ、これで晴れてお仲間入りです。

Img_0027_20191207054401

 

お疲れ様でした。ありがとうございました。

最後の香貫山は、時間的なことも考えて行かずに下山。
バスに乗り沼津駅へ。
ギリギリ明るいうちに帰って来ました。
電車に乗るとすぐ暗くなり始め、私の最寄り駅ではもう真っ暗。
最後の1座は今後の宿題となりましたが、時間的には丁度良かったかと。
この時期は昼が短いですからね。

すぐ隣なのに、意外と遠い静岡県。
きっとソロだったら、いつまで経っても沼津アルプスに登ることは無かったでしょう。

良い1日になりました。めでたし、めでたしです。(^^)v

iine

2019年12月 6日 (金)

沼津アルプス①

ココログ仲間の、ハッピーのパパさんと沼津アルプスを歩いて来ました。

沼津アルプスと言うのは、静岡県の伊豆半島にあり、300~400mぐらいの山が7つ連なり、縦走が楽しめる山々の事です。
以前雑誌で読んで、行きたいとは思うものの、電車&バスで現地まで行くのが遠く感じて行かないままになってました。

今回はパパさん(静岡)と私(神奈川)とどこへ行こうかって話で、どちらからも行かれそうな沼津アルプスへ。

面倒臭がりの私ですから、こういう機会でもないと、行きたい、行かなきゃ、のままだったかも。

 

朝5:30に家を出て6:00の電車に乗り沼津駅まで。
8:30にパパさんと合流、バスに乗り登山口(多比)まで。

登る山は順に、大平山、鷲頭山、小鷲頭山、志下山、徳倉山、横山。時間があれば更に香貫山。
(下の地図は逆回りに番号が振ってあります)

781ef921ae9443508411158671caaa7b

と書くと、まるで事前に調べて来たようですが、今回は何の準備も無し。
地図も見なけりゃ、スマホにコースを登録する事も無し。
地元のパパさんの後ろを、ただ着いて行くだけの怠け者登山。
と言っても、着いて行かれなきゃ迷惑掛けちゃいます。しっかり歩かないと。

 

まずは大平山へ登る途中で、本日最初の富士山が見えます。(バスから見えたよってのは置いといて)
ちょっとだけ雲がありますが、見事青空の富士山です。

Img_0001_20191206005401

 

本日の主役は富士山、そして駿河湾。こっちはその駿河湾。

Img_0004_20191206005401

 

事前に教わってはいましたが、1つ隣の山へ行く毎にまずは下り、そして登る。
つまり登り返しを何度も繰り返し、縦走して行くのです。

Img_0006_20191206005401

 

今登った山を振り返り、うーん、稜線歩きとはちょっと違うかな。

Img_0008_20191206005401

 

猿の腰掛。座りたくなるような立派な一品です。

Img_0009_20191206005401

 

鷲頭山では写真を撮り忘れました。その隣の小鷲頭山。ここでお昼にします。

Img_0011_20191206005401

 

初めて見る?駿河湾。
あ、いやいや、大瀬崎でダイビングなんかしてたから、全く初めてと言う事は無いですね。

Img_0012_20191206005401

 

天気予報では気温は低いって話でしたが、歩くとちょっと暑く、休憩するとちょっと涼しくて、まあ丁度良い感じでした。
ついに来たよ沼津アルプス。
この秋もサボっていたから。
秋は安達太良山しか登ってません。

久々に気持ちの良い山歩きです。
地図からも分かる通り、縦走と言っても、その途中途中でどこでもエスケープ出来ます。

きっと気軽に歩き始めても楽しめる事でしょう。

とか言って、コースは急登の連続で意外とキツイかもしれませんけどね。💦
さあ、お昼も食べて後半戦へ。(つづく)

iine

2019年12月 1日 (日)

そんな事でも怒るんだ?

今の世の中、他人と付き合う事が難しいと感じませんか?

 

私が子供の頃は、近所に誰が住んでいて、どんな人だとか言うのは結構知ってました。

町内会の回覧板なんか、よく次の家に届けに行ったものです。

でもいつ頃からでしょうか。回覧板なんか直接渡さずポストに入れておくだけになりました。

 

大型マンションなんてのが建ち並び、それこそ隣の住人が誰かも分からない世の中。

近所の人に挨拶するどころか、挨拶禁止のマンションなんてのもあります。

近所の人と話すらしない。
社員同士も話しもしない。 ← ウチはそう。休憩時間は寝てるかスマホ弄ってるかです。
家族の会話も。。

 

じゃあ皆どこで話してるんでしょうか。

LINE?
Facebook?

いや、Twitterか。

現実世界での情報交換の代わりに、こうしたSNS上の匿名の意見交換は盛んなようです。

でも匿名って下手をすると言葉の暴力になりますよね。誹謗・中傷ってやつ。

 

韓国の元アイドルが自殺して騒ぎになってますが、ああいった自殺の原因も匿名の誹謗・中傷が原因と言う話ですよね。

お隣の国の感情的な国民性は怖いと思います。
何があったから叩かれるのではなく、嫌いなものは何でも叩く。親日だと叩く。

1人、2人に攻撃されても心が痛むのに、有名人は大勢の人から叩かれる。
それこそ世界中から叩かれ、この世の中に居場所は無いと感じてしまうかもしれない。

 

こういうね、弱い者(言い返さない相手)虐めも増えている気がします。

コールセンター、コンビニ店員、飲食店店員、そういった所への文句とか。

 

配達員だってそう。

希望の時間枠に行ったのに、「こんなギリギリじゃなくてもっと早く来れないのか」とか。
(実際はギリギリどころか、間に合わないお宅もあるっつうのに)

ほとんどの場合、言い訳するより謝った方が早いです。

そのせいもあるのかもですが、あれもこれも、文句を言う人が増えました。

いや、ほとんどの方は何も言わなくても、その日たった1人文句を言われただけで凹みます。
そして最近は皆そうだよ、って感覚に陥ります。

 

つい最近もこんな事がありました。

夜勤配達中、車1台分の幅の坂道で、上からバイクの私、下から四輪の知らない人。
車とバイクでもすれ違えない狭さなんで、私が脇に退きました。
たまたま1台分の、あるお宅の駐車場スペースが空いていたので、そこへバイクを入れました。

「どうぞ」 ← とは言ってないが、まあ道路から外れたんだから分かるでしょう。

ところが対向車の車は、動こうとしない。

こっちは次の家へ、内心焦っているので、早くしろよって思ってます。

が、全然こっちへ来ません。

下手に焦れて発進して、と同時に向こうも発進して事故ったりすると大変なんで、そのまま我慢します。

 

やっと対向車が動き出しましたノロノロと。そして私の横へ並び窓を開けひとこと。

「眩しいんだよ!もうちょっと考えろよ!」

はあ?道を譲ってやって怒られるとは何だコイツは。ありがとうぐらい言えんのかい。

Yakin_20191201105401

 

状況はこんな感じ。

坂道でも、すれ違う時は普通の道路と同じですが、たまたま駐車場だったので傾斜を失くし平(に近い状態)になってました。
だからハイビームと同じように顔にライトが当たったようです。

ちょっと眩しいかもですが、たかがバイクのライトですよ。
それに道路いっぱい使って走れるくらい空けて上げたんですよ。

それなのに。

 

わざわざ止まって窓を開け、「どうも」とか言うのかと思えば、「眩しいんだよ!」と文句。

でも、実は郵便屋のバイクって、エンジン掛けると自動で点灯しちゃうんです。
昼間もずっと点灯してます。

だから、「これ消えないんですよ。すみません」

すると更に、「消える消えないの問題じゃないんだよ。こっちに向けるなって言ってんだよ」

いや、それって傲慢過ぎませんか?

 

元々真正面から相対して、それを車1台分脇へ避けたのに、更にバイクの向きまで変えろって言うんですか?

車同士だったらそのまますれ違って終わりじゃないですか。眩しくたって。

 

私がカチンと来たのは、恐らくはこの人、こっちが郵便屋だから文句言ってるんですよ。

こっちがただの一般人、ただのバイクだったら、きっと文句は言わないですよね。

全然知らない相手に、窓を開けて至近距離で文句を言ったりします?

物騒な今の世の中じゃあ、やりませんよね。

だけど郵便屋なら絶対に文句は言わないし、まず謝ります。

もし態度が悪けりゃ、局に電話しますしね。 ← 結構多いですよ。普通に配達してても配達員が横柄とか言って来る人。

 

皆そうやってストレスを溜めながら生きている。嫌ですね。

ウチの配達員でも、「辞めたらめっちゃ文句言ってやるよ。クレーマーとか思われても全然構わない」とか言ってる人居ますしね。

あー、やだやだ。

他人に文句言ったり、ペコペコ謝ったり、それでストレス発散とか心が貧しいよ。

皆ニコニコ生きたいのですよ。ねえ。

iine

2014燧ケ岳

会津駒ヶ岳からの下りで、元々痛めていた膝を、更に痛めてしまい、もう歩ける状態ではありません。
その日の宿(素泊まり、自炊)でも、炊事場でびっこを引いてやっと歩くような状態でした。

友人が、「足大丈夫?明日どうしようか?」
と言うので、正直もう歩きたくないけど、せっかく遥々遠出して来て山(燧ケ岳の予定)に登らないのも悪いし。。

友「早めに出発して渋滞前に帰るか、逆に遅めで渋滞後(夜)に帰るか。どっちが良い?」

 

何だ。

俺の足の心配をしてくれてるのかと思ったら、何の事は無い渋滞の心配だったか。

私「じゃあ早めで」

Dscf0032

 

翌日も天気は快晴。予定では御池からピストンです。

が、上の方へ行くと地面は雪で所々白く。
丁度歩く道が凍結して、上から下りて来る人達が、枝や草に捕まりながら次々に滑って転倒しています。

片足しか踏ん張れない私には、ここを降りるのは無理だなあ。

 

何とこの日、ココ友のらるごさんが同じコースで山頂へ向かっていたそうです。

その事は後から知ったのですが、実を言うと、途中で隊長さんに似ている人を見たんですよね。
まあ似てるだけじゃ分からないですし、「らるごさんですか?」なんて声掛けて違ったら恥ずかしいですし。

違ってたら、全く意味不明の会話です。Σ(・□・;)

 

何とか山頂到着、お昼にします。

Dscf0040

 

景色は綺麗だし、片足でも山頂まで到着したし、ふう。

けど楽しかったのはここまで。

後は膝の痛みを我慢しながら、置いてきぼりをくらってソロ下山でした。
(2人で行ったのに、その姿も見えないほど置いて行かれ、これなら1人で来た方がよっぽど良かったと)

 

早め出発、渋滞前に帰宅の計画が、私が歩けないせいでパアに。

そのせいか元々かは分かりませんが(多分元々)、友人の運転は猛スピードに。

一般道でも平気で100km/h出すし、峠道では前の車を煽る煽る。
センターラインから車体半分だけ出しての、抜かせろアピール。
前の車がハザードを点けて、道を譲るまでやります。今なら悪質煽り運転でしょうね。

そもそも友人は、前に車が1台だけだったら、黄色ラインでも平気で抜きます。
2台だと普通に後ろに着きます。
3台だと、うーん、台数じゃなくて走るペースなのかもしれませんが、物凄くイライラします。
「おっせえんだよ。3台も居たら抜けねえじゃんよ。もっと速く走れよ」
と。

 

いつも私の車で、私が運転。
全く運転も交代しないし、何だか不公平だなあなんて思ってましたが、改めて彼の運転を見たら、こりゃあ一緒に行かない方が良いわぁ。

遠いからなかなか行かれませんが、そのうち尾瀬周辺は再訪したい所ですね。

iine

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ