« 労働環境は悪くなるばかり | トップページ | 赤字は許されません »

2019年11月17日 (日)

配るのが仕事なんだけどなあ

郵便配達をしていますが、この頃は個人情報保護法のせいで、非常に仕事がやり辛いです。

元々の法律は、5000件以上のまとまったデータを持つ会社は、その扱いを厳重にしなさいみたいなルールだったかと。

ところが、その手のプライバシーに関する問題は、どんどんと適用範囲を広げ、例えば学校なんかも住所録なんぞ作成出来なくなりました。
クラスの住所録なんか40人程度です。
学校全体にしたって5000人も居ません。

ちょっと何かあると、「俺の個人情報が漏洩した」なんて大騒ぎする人が増えました。

 

郵便配達なんかもまさにそう。

誤配なんぞしようものなら大騒ぎ。それが重要な信書じゃなくDMであっても「取りに来い。謝罪しろ」てなもんで。
だから配る方も必要以上に慎重にならざるを得ない。

必要以上とは、、どんなことかっつうとですね。

 

住んでいるかいないか分からない郵便。

Yubin_20191117095201

 

最近引っ越して来てもね、郵便局に届けを出さない人も多いです。
そして居なくなる時も。

だから案外と今現在誰が住んでいるかって言うのは把握出来ないことがあります。

 

アパートの大家さんも嘆いてました。
「せっかく住人の名前をポストに貼ったのに、みんな剥がしちゃう」

そうなんです。

割りと新しい賃貸物件で、確か全員の名前がポストにあったはずなのに、全部無くなってます。
住人自ら名前を消しちゃうんだそうです。

 

配達していて困るのは、同姓で近所(隣とかのケースも)に2軒あるのに、どっちも名前が出ていない。
だから時々、「太郎君はどっちだっけ?」みたいになります。
確かこっちだよな?なんて配達したら違った、なんて言うともうすぐ苦情電話です。
「この前も間違って投函された。いい加減にしろ」

いや、同姓がすぐ隣にあったらね、名前ぐらい表示してくれりゃあ良いのに。
それか、諦めて隣のポストに入れてくれりゃあ良い。

それをわざわざ引っ掛け問題のように、名前を消して置いて、ミスったらクレームとか大変です。

 

それに人の入れ替わりが激しいアパートなんかだと、山田さんが住んでたはずの部屋に鈴木さん宛ての郵便。

そうなると調べなきゃなりません。
「居住確認のはがき」を投函し、現在こちらの部屋にはどなたがお住まいでしょうか?未届けならこのはがきを出して下さいって。

でもなかなか出してくれません。

結局分からないから還付すると、差出人から「絶対に居るはずだ」と。

 

ヤマトなんかのメール便は、元々誰が住んでいるか知らないで配ってますから、単純に住所通りに配ります。
で、
これが不思議なんですが、ヤマトが間違って配っても、例えば前の住人宛てのメール便を配っても、お客さんは怒りません。

なのに、郵便局が古い住人宛てのを配ると、大抵は「取りに来い」となります。

酷い時は、ヤマトのメール便なのに、郵便局に電話して来て文句を言われることも。

 

そんなですから、我々も違うかも?と思う物は配りません。

ちょっと誤配でもすれば、すぐに苦情になり、結果始末書なんて書かされますから。

 

だから慎重なのは分かりますが、明らかに居るだろ?これ。
って言うのも配らなかったり。

例えばポストに公共料金の請求書なんか入ってる家。
恐らくは新しい人が入ったんでしょうね。
水道代、電気代の請求書なんか入ってます。
そうしたら新しく契約したんだから居るでしょ?普通。
でも「そんなの分からない。水道局が誤配してるかもしれない」なんて言って配らない人も。

あくまで自分達が入れた「居住確認のはがき」が上がって来ないと配らない。頑固すぎ。

 

この前も1通来たんですよ。

学校からだったかな?封筒が。
「田中三郎 様」
って宛名でした。

つまり、本人が自分宛てに連絡が届くように返信用封筒を用意したやつですよ。

これさあ、明らかに住んでるでしょ。自分で自分に宛ててるんだから。

 

私がそれを配ろうとしたら、他の人から「待った」が掛かりましたよ。
「ハルさん、勝手な判断はせず、ちゃんと正当処理して下さい」って。

正当処理とは何か。それは「居住確認はがき」を投函して上がって来たら配る。来なけりゃ還付する。

もう届け出したも同然の郵便じゃないですか。でもダメと。

オイオイ、そんな頭固くてどうするのよ?

親方日の丸じゃなくて、民間会社、サービス業なんだから。
郵便を配るのが仕事でね、返すのが仕事じゃないんだから。

 

いくら言ってもダメ。口論、激論、「こんなの還付したら笑われるって。理解出来ないのか?って思われますよ」
「思われたって言い。てか仕方ない。元々住んでいる届けを出さない方が悪い」

 

この会社の頭カチカチの人は、何を言っても考えを変えない。

例えば新しく入居した人が、ポストに名前を掲示してるのに、それでも配りませんから。
「それは正式な届けじゃない」
なんて言って。

 

ちょっとの事ですぐ始末書を書かされるから、みんな臆病になってます。

だからって何でもかんでも正当処理で、どう考えても居る人の郵便をじゃんじゃん返すのもね、どうなんでしょうねえ。

学校からの郵便も受験票なんかだったらどうすんのさ?
下手すりゃその人の人生をぶっ壊しかねないよ。

 

個人情報保護法って、確か政治家が、自分達のマズイ情報が流されないように成立させたものですよね。

確か与党も野党もほとんど賛成で、全く揉めないままあっと言う間に国会通過だったはず。

今の政治家って、国民のためじゃなくて、ほとんど自分のためだから。(ノ∀`)アチャー

iine

« 労働環境は悪くなるばかり | トップページ | 赤字は許されません »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
そうですねぇ・・・。
私も、横浜の出城には表札を出していませんよ。
何となく嫌だなぁ・・・程度の理由ですがね。
出城は団地なんですが、表札を出している入居者って少ないですよ。
皆転勤族なので入れ替わりが激しくて、同じ棟に誰が住んでいるのか、把握していません。
だから、たまに共益費等を集める当番なんかになると、入居の有無を確認するだけで苦労しますよ。
近所のお付き合いなんて極めて希薄です。
そんな時代ですね。

FUJIKAZEさん、こんばんは。

時代は変わりました。
近所付き合いなんて皆無、在宅でもドアはロック、それが当たり前みたい。
どこぞのマンションでは、住民同士の「挨拶禁止」だそうです。
小さい子供が、知らない人と挨拶して、どこかに連れて行かれちゃうのを防止するためだとか。

昔だったら挨拶は基本。「挨拶しなさい」ってのがしつけだったのに。
それが今は挨拶は自由、どころか挨拶禁止ですよ。
挨拶したらさらわれちゃうってのも極端な解釈です。
挨拶しても、「知らない人に着いて行っちゃダメですよ」って教えれば良いのに。

そもそも隣人=知らない人、って言う括りも寂しい気がしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 労働環境は悪くなるばかり | トップページ | 赤字は許されません »

フォト
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ