« 黒部の山賊(その2)/伊藤正一 | トップページ | 残念またもテン泊はお預けです »

2019年9月19日 (木)

2013大菩薩嶺

登山靴しか持たない当時の私は、ロープウェイで登れる山を探しては、休日になると山へ出掛けていました。

日光白根山、八方尾根と、段々遠距離になって来たので、そろそろロープウェイは卒業して自力で登れる山を探してみました。

 

そしてやって来たのは大菩薩嶺。

勝沼IC下車と、首都圏からは割りと近く、駐車場も1500mの場所にあるので、さほど登らなくても済みそうです。

「僅か500mしか登らずに、稜線歩きが楽しめる山」と言うことでここに決定。

駐車場に着くと、ポルシェで来ている人がいてビックリ!( ゚Д゚)
時々ベンツとかも見ますが、それはワゴンだったりで、まさかポルシェ、まさかスポーツカー。
まあそれだけ首都圏からすぐ来れると言うことでしょう。

 

歩き始めると、紅葉の向こうに、それもすぐ目の前に富士山が見えます。

Dscf0020

 

そこからは、ずっと右側に富士山を見ながら、気持ち良い稜線歩きが楽しめます。

大菩薩嶺・山頂は何もありません。景色すら無い。

どちらかと言うと、介山荘が建つここ大菩薩峠の方が有名ポイントかなあ。

この頃の私は、間違いなく晴れ男。八方尾根も快晴でしたがここも快晴。

Dscf0030

 

こんな青空&紅葉に出会えたら、そりゃあ山って良いなって思いますよね。(^_-)-☆

ここは何ともお手軽な百名山。日光白根山の方が大変でしたね。

iine

« 黒部の山賊(その2)/伊藤正一 | トップページ | 残念またもテン泊はお預けです »

山梨・大菩薩嶺」カテゴリの記事

コメント

山の歩き始めは、まず山を楽しめることに尽きますね^^
もう一回登りたい~から、稜線を歩きたい、縦走したい、
山に泊まりたい~~
果てしないです^^;

弥沙さん、おはようございます。

山小屋に泊まりたーい、テン泊したーい。
弥沙さんは、あっと言う間に駆け抜けて行きそうです。
私はいつまでもテン泊するする詐欺で停滞中。
なかなかタイミングが。。また雨。

大菩薩 懐かしいですよ 良い山ですよねあそこは 3回かな行ったのは 内1回は真冬 泊りで行ったんですが山にあった温度計が確か-18度と記憶してます。で その時とんだハプニング 履いていたアイゼンが折れちゃいましてね 縦走は諦めて下山した記憶がありますよ もう古い話ですが。

ハッピーのパパさん、おはようございます。

手軽に稜線歩きが出来るって言うのが良いですよね。しかも富士山を見ながら。
冬には行った事が無いですが、そんなに寒いですか。
標高は2000mぐらいありますからね。
しかしアイゼンも折れるなんて、カチンコチンの氷でもありましたか?
凍結路をアイゼン無しでは歩けません。撤収やむなしですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黒部の山賊(その2)/伊藤正一 | トップページ | 残念またもテン泊はお預けです »

フォト
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ