« 唐松岳へ② | トップページ | youtube動画を貼り付ける »

2019年8月12日 (月)

唐松岳へ③

8月9日に、弾丸日帰り唐松岳登山して来ました。

8日は夜勤、10日は普通に朝から仕事。
そんなハードスケジュールで行ったのは、やっぱりお盆前に、渋滞する前に、って事で。

去年も同じ時期に足慣らしに乗鞍岳へ行きましたが、その時は夜中1時出発で東名35km渋滞でした。お盆渋滞恐るべしです。

 

さて、久々の北ア、と言うより山自体久し振り。
あまりに久し振り過ぎて歩けません。思ったように足が出ません。バテバテ。

それでも山頂までは辿り着きました。

 

ホッとしつつ、そこから更に続く稜線を眺めます。こちらは白馬方面、ここから進むと「不帰の嶮」と呼ばれる岩場があり、私程度だと言葉通りに帰らぬ人となりそうです。

Kara11

 

白馬方面もガスで見えませんが、前に来た時に見た剱岳、振り返って五竜岳、ほとんど見えません。
景色がない山頂は長く居ても仕方がないので下山します。

唐松岳頂上山荘。少し下にはテント場。いつかテントで来てみたい。

Kara12

 

振り返って今居た唐松岳を見上げます。ちょっと名残惜しいかな。

Kara13

 

私の嫌いな下山が始まります。私はいつも登り=下り、と同じ時間が掛かる程下りが苦手。
それでも今回は膝が痛くないだけ気は楽ですが。

Kara14

 

丸山ケルン。まだまだ先は長いです。

Kara15

 

アハハ、これどこだか全然憶えていません。八方池の近くかなあ。

Kara16

 

山頂まで頑張ったら後は消化試合。そういう気にはなれません。長い長い下りは結構ストレスです。
やっと下ってリフトに乗り、「はあー、何とか登り切ったよぉ」ってね。

行く前は帰りに松本にでも寄って、なんて思ってましたがそんな余裕なし。

ひたすら高速を運転して帰ります。

順当に流れていた高速も、渋滞表示が出ています。
小仏トンネルを先頭に〇kmとか、大月を先頭に〇kmとか。
きっと通過する頃には、その2つの渋滞が繋がってしまうのでしょう。

 

4時間しか寝ていないので、何か高速を走っていても不安です。
前の車のナンバーの細かい字が見えません。ちょっと視力低下。
まあ高速は車線変更もせず、大人しく走っていれば、それほど怖くはありませんが。

 

それより下道に降りてからの方が怖いです。
真っ暗になってからの一般道、後ろを走るワゴン車がピッタリと煽って来ます。

気付くと大型トラックより遅く走ってましたから、後ろはイライラしてたのでしょう。
それでも40km/h制限の道を50km/hぐらいは出してたんですがねえ。

スピードを上げるのも怖かったので、コンビニに入り先に行かせます。

 

最後のバイパスなんか100~110km/hぐらいで流れるのに、80km/hで走りました。
と、前には60km/hで走る車も。
皆さん、お疲れのようです。

 

私もさすがに夜勤明け弾丸日帰りは堪えました。

去年、夜勤後に寝ずにそのまま北ア(富山)まで行った事はありますが、よく考えたら、その時は翌日は山小屋泊でしたから、今回みたいにそのまままた長距離運転で帰って来ると言うのは厳しかったです。

無事帰宅して良かったです。

 

翌日の仕事はそれほど辛くはなかったですが、1日経って日曜に疲れがどっと出たかなあ。

やっぱりブランクが長いとダメですね。これから暇を見ては山へ行かないと。
ええ、今回は口だけじゃなくて、本当に行きまっせ。

ではオシマイ。ありがとうございました。m(__)m

iine

« 唐松岳へ② | トップページ | youtube動画を貼り付ける »

北ア・唐松岳」カテゴリの記事

コメント

念願の北アルプスですね。
けっこうなハードスケジュールだったんですね。
素晴らしい景色、私も一緒に登ったような気持ちになりました。

普段から身体を鍛え、きっと辛い思いもなさって、
登った人だけに与えられる、ご褒美のような景色。
地上にいながらにして、お裾分けを頂きました(#^.^#)

ある日の友達と「先生」の会話。(山の写真を拝見しながら)
「先生。地上は雨なのに、山頂は青空?」
「うん。山頂は雲の上だからね」
注)この友達は、私ではありません^m^

四季さん、こんにちは。

8月後半に連休があるんですが、その前に足慣らしってことで無理矢理行って来ました。
一度も登った事が無い山も良いですし、槍穂なら何度でも行きたいです。
唐松岳は北アにしては短時間で登れるので結構好きですね。
ただ現地までの運転が長過ぎます。自動運転щ(゚Д゚щ)カモーンですね。

山頂が雲の上なら雨は降るはずも無い。それだけ高い山なんですね。
南アも登って見たいなあ。北岳&間ノ岳、甲斐駒、仙丈、行きたい山だらけです。

ブログタイトルの写真素敵ですね。うちの点検おばさんもこんな景色の前で写真撮りたいです(山登りはできなくて無理ですけど^^;)
バイクの事故の後遺症は出てなくて無事に登ってこられたんですね。よかったよかった^^

ばんびさん、こんばんは。

八方尾根ではここの景色が有名です。
ここまでは登山装備は要りません。ゴンドラ3つ乗り継いで、木道歩きで到着出来ますよ。
ただ、サッサと歩かないと、人が大勢写っちゃってちょっと残念かもしれません。
山に登らずとも、あっちこっち絶景はありますって。
滝なんかにも心惹かれます。吹き割りの滝、袋田の滝なんか行ってみたいですね。

バイク事故以降はしばらく足首が痛かったんですが、ええ、夏休みには間に合ったようですよ。
今月中にまた北アを目指しますので。次は宿泊で。(*^^)v

こんばんは^^

ご無事でご帰還、何よりです。
ハードな山登りでしたが、良いリフレッシュになったのではないでしょうか?
今度はどこにしよう?楽しみですね(*´艸`*)


kiriさん、こんばんは。

北アも昼は意外と暑くて参りました。
単純に涼しさだけなら、家でエアコン点けているのが涼しいです。
まあそれでは楽しくないし、達成感もない。
次は出来れば未踏の山、それも百名山を目指したいですね。まだまだ!です。(^^)v

こんにちは!
まだ弾丸登山が出来るのだから体力的には十分若いですよ。
私はもう無理です。
山へ行く日は、多少高速代がかかっても早めに帰ることにしました。
寝ないとね、体力が持ちません。

写真、綺麗ですね。
新しいカメラはG7Xでしたっけ?
山にピッタリですね。

FUJIKAZEさん、こんばんは。

そうですね。無理はいけません。
寝不足は一番ダメですよね。
山で歩いていても、寝不足だと歩けなくなります。
(途中までは普通ですが)

G7Xなかなか具合が良いです。
ちょっと望遠が弱いですが、山ではそれほど望遠も使わないですし。
もし雷鳥でも居たら、望遠が足りないかもしれません。
色々試してみます。m(__)m

唐松岳の記事と写真、懐かしく拝見しました。今後とも、ご活躍ください。

野球狂の詩さん、こんばんは。

山登りをされる方だったんですね?
唐松岳は比較的簡単に登れる北ア、近ければ何度も行ってみたい山です。
また行きたくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 唐松岳へ② | トップページ | youtube動画を貼り付ける »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ