2020年6月29日 (月)

2016雲取山

雪山登山はしない私なので、冬は近場で足慣らし(兼トレーニング)ばかり。
何しろ地元・神奈川には百名山は丹沢山だけ。
隣の東京も雲取山だけ。千葉は無かったかな?

近いと言えば近い雲取山ですが、それまで登らなかった理由は、日帰りが難しいからです。
奥多摩の鴨沢駐車場に車を停め、そこから山頂まで往復するとCTは11時間以上ってなってます。
当時は連休なんて貰えなかったし、11時間も一気に歩くなんて考えられませんでした。
最初に私を山に誘ったワンゲル部顧問の友人も、「あそこは日帰りは無理だよぉ」との事で一緒には行ってくれませんでした。

その未踏の雲取山へ、私を誘い出してくれた方が居ました。

 

ナント驚きですが、ココで知り合った山仲間です。
私が「日帰りは無理じゃないか?」って聞くと、「全然大丈夫だよ」って。ホントかな?歩くスピードって個人差ありますからね。

その頃丁度TVでこの雲取山の放送があって、まあ登った人が舞の海だから参考になりませんが、もうヒィーヒィー言ってギブアップしてました。

「じゃあ日帰り出来るかどうか、下見して来よう」ってことで、本番より前の3月にソロでチャレンジ。
(8時前に出発すれば何とかなりそうですね)

Dscf0001_20200629162201

 

ってことで本番の日。ちょっと天気が心配でしたが、スタートは晴れ。
ここ、険しさは無いですが、行程が長いです。目指す山頂はどこかな?

Img_0001_20200629162201

 

しばらく歩かないと景色も広がって来ません。しばらくは樹林帯の中を歩くだけ。
せっかく見えた富士山ですが、残念、山頂には雲が掛かっています。

Img_0005_20200629162201

 

だいぶ歩くと、雲取山名物「ダンシングツリー」が。ホント踊ってるみたい。
何だか雲行きが怪しいです。予報は夕方から雨となってます。

Img_0007_20200629162201

 

下見に来た時はまだ雪もありましたっけね。青空なのが救いでした。

Dscf0003_20200629162201

 

11時間は掛かりませんが、大抵は1泊を薦めています。確かに長いわぁ。

Img_0009_20200629162201

 

このぐらい青空だと、ゆったり、のんびり、って感じですか。

Dscf0006

 

山頂到着。ここは東京と書きましたが、正確には東京・埼玉・山梨の三県に跨る山だそうです。

Img_0010_20200629162201

 

日帰り出来るかどうかなんて言ってましたが、帰りは七ツ石山に寄り道する余裕も。

Img_0021_20200629162201

 

何も無いと言えば、何も無い山でしたが。

Img_0023_20200629162201

 

何とか夕方には麓まで下りて来ました。

Img_0026_20200629162201

 

雲取山には、この時に下見と本番で2回登りましたが、それ以来一度も足を運んでいません。
面倒臭がって、なかなか高い山に行かない私なので、この時誘い出してくれたココ仲間には感謝ですね。m(__)m

多分それが無かったら、今でも未踏のままだったような。(;^_^A

コロナが収まったら、また高い山へチャレンジしたいですね。
もうすっかり足も鈍っちゃったかもですが。

iine

2016竜ヶ岳

2015年夏、ついに奥穂高に登り、満足したのか燃え尽きたのか。その年の秋はほとんどどこにも登らずサボりっ放し。

年が明け冬になり、まあ冬は近場しか登らないので、せいぜい高尾山か塔ノ岳か。
自分の中でもそれで十分(バカ尾根が登れれば北アも大丈夫)って気になってました。

だから、あっちの山、こっちの山へと遠征するのは止めて、丹沢周辺の山ばかり歩いてましたかね。

 

さて、そんな2016年冬ですが、ナント私、バイトから社員に昇格したのですよ。
仕事はそれまでと何も変わらないのに、3月で一旦退社扱いになるそうで。

えーと、それは一体?何か変わるのか? ← ええ、春のぼうなすが小遣い程度になります。4月入社なので。くそっ。

それはさておき、残った有給を消化せよとの事で、ナナナント!3月が丸々1か月有給月間になりました。
へえー。今まで有給なんてものは冠婚葬祭でしか消化出来ないものでした。
それが退職となると全部消化させてくれるんですねえ。

 

そんなに休みがあるんじゃあ、丹沢ばっかりって訳には行かないです。
で、山梨県の竜ヶ岳に行きました。

2月末でまだ路面も所々凍結してました。登山者用駐車場があるのに、場所が分からず、近くの市営駐車場に停めて歩きました。

Dscf0020_20200629115101

 

登り始めの最初は、軽アイゼンが必要なくらい凍ってました。
が、陽当りが良い側に出ると、雪なんか全く無い夏山風景。まあ歩く道には雪が残ってますけどね。

Dscf0003

 

初めて登る山って楽しいですね。

Dscf0004

 

スカッと青空ではなく、靄ッとした青空。でも富士山が見えてご機嫌です。

Dscf0008_20200629115101

 

山頂に到着。あっけないものです。
穂高に登った経験が、近場の山を楽に感じるようにさせたのかも。

Dscf0009

 

先客が作った雪だるまを入れて、富士山を撮影。ちょっと逆光ですが。

Dscf0013

 

竜ヶ岳って、よくダイヤモンド富士を狙って登山する人が居ます。
私は特にそういう下調べもしていないので、素直にすぐに下山します。

Dscf0016

 

登りは楽勝でしたが、下る頃には雪が融けてドロドロ道が歩き辛かったです。
あまりにドロドロなので、変に縦走とかはせずに、そのまま本栖湖に下りちゃいました。

Dscf0018

 

そして湖畔の道路(車道)をそのまま駐車場に向かって歩きます。日陰はまだしっかり雪道ですね。

Dscf0019

 

過去の山記事なんで、二度目以降の山は載せませんが、この時は毎日が日曜だったんで、よく登りましたね。
確か体重も74kgぐらいしか無かったような。
よぉーし!今年の夏も北ア狙うぜ。穂高の次は槍だ!なんて。

ちなみに槍には無事登頂したので、いずれちゃんと記事にするつもりで、タイトル写真は少し前から槍ヶ岳にしてあります。

iine

今年の梅雨は大雨ばかり

バイクでの配達にとって、雨は嫌なものです。
梅雨入りすると、もう連日雨が降り続いて、気分も憂鬱になります。
毎日毎日、しとしとと降る雨。

ところが今年はしとしとなんて可愛い降り方はしません。
各地で雨が降る度に、「1日で1か月分の雨が降りました」みたいな?

 

本日、日曜はそんな豪雨の中を配達です。

よくお客さんに、「日曜も配達やるんですか?」なんて聞かれますが、「やります」
昔はそれこそ速達だけで、日曜勤務は楽してお金を稼げる日だったようですが、今は速達&書留&通販物。

特にこの通販物が大変なのですよね。Amazonみたいなやつね。

 

1日中配達したって全部は終わらなかったり。
すると優先順位は、速達>通販物>書留の順に。

速達は当然ですが、通販物は極力終わらせるように。
多少残業になっても終わらせます。
(どうしても時間が足りない日は、書留だけ翌日回しにします。出来る限り捌いて少しでも少ない本数を翌日へ)

 

ですが、コロナで外出自粛になって、通販物が物凄く増えてます。
普段の平日だって積み切れないほどあるのに、日曜は出勤人数が各班2~3人です。
普通郵便は配りませんが、朝から通販物に全力投球ですよ。

2人出勤の班は、1人が朝から(日勤者)、1人は昼から(夜勤者)です。
日勤者は午前も午後も通販物配達。
夜勤者は午後に通販物。そして夜は再配のみ。

ところがコロナ以降は、通販物が増え過ぎて、勤務時間も変わりました。
夜勤者は昼からじゃなくて朝10時から。
午前と午後の2回、通販物の配達に出ます。しかも積み切れない分は夜もやります。再配を回りつつ通販物も配達です。

日勤者は朝8時から。もちろん午前・午後と2回出ますが、酷い時は夕方更にもう1回。
19時までやってる日もあります。

 

だから「日曜も配達やるんですか?」の問いには、「むしろ日曜の方が大変なんです」よ。💦

 

それが更に雨ともなれば、もうどうしよう?どうしようもないねこれは、ってなります。

通販物が雨でボロボロにならないように、1個1個ビニール袋に入れて行きますが、「そんな時間無いっつうの」
何しろ夜勤者でも通販&書留で180本くらいありますから、日勤者なんて250本くらいはあるのでは。
通販物だけで200個、それをビニール袋に入れてたら、それだけで時間がどんどん過ぎて行きます。

 

あー、行きたくない。でも行かなくちゃ。カッパを着て、長靴履いて、土砂降りの中を出発します。

Riofootwear_okamoto382bk_1

長靴は少しでも動き易いように、ショートタイプの長靴です。
普通の長靴でドタドタ歩いてたら終わりません。特に日曜じゃなくて平日は長靴でも走らないと。だからショート丈。

 

でもこのショート丈が曲者で、バイクに跨ると、カッパのズボンの長さが足りないのか、足首あたりに丁度隙間が出来て、チョロチョロと雨水が入ります。
カッパのズボンがずり落ちると、股下が余って歩き辛い。だから少しでもずり落ちるとずり上げます。
そのせいで足首あたりに隙間が開いちゃうって訳。でも仕方ないです。
なかには配達が終わらないからと、雨でも普通の靴で出る人も居ます。

 

今日はマスクなんかしちゃってるから、シールドは曇るし、メガネは水滴だらけ。もう最悪です。

おまけに道路は冠水して川が流れているよう。
場所によっては長靴丈よりも水深が深くなっててドバドバって浸水。

強風じゃなかったのがせめてもの救いですが、海岸沿いの道路なんか怖い怖い。
何が怖いって、遊びに来た車なんだか知らないけど、スピード出し過ぎですって。

道路が水浸しで、怖々と走るバイクの後ろから、猛然と追い上げて来ます。
(車だと雨なんて関係無いから)

ミラーにグングンと近付いて来る車が映ります。もう怖いから左にウインカー点けて、先に行かせます。

 

配達証にハンコを貰うのも大変。
不在票を書くのも大変。
貰ったハンコがインクが流れて読めなくなっちゃってます。

 

もうそれだけ大変な思いをしてもね、月曜に書留を回すと、「あの野郎やりやがった」「もっと真面目にやれよ」なんて文句言われる人も。

2人出勤の班より、3人出勤の班の方が楽ですが、ウチはそんな人数の余裕はありませんから。
何しろ平日だって人が足りないのに、日曜に増員配置してる余裕なし。

ところが3人体制の班の人は、「3人はかえって大変ですよ。その分書留がたくさん配れて、不在票もたくさん入って、夜の再配が増えちゃいますから」だと。

あのねえ、2人より3人の方が楽に決まってんだろが。平気で翌日回しにしちゃう人だと2人の方が良いってなるのかもしれませんがね。

まあ日曜の日勤だけはやりたくないです。
(私は配れる区が少ないので、日曜は自動的に夜勤ですけどね)

今日も日勤者に随分と助けられましたよ。ありがとうございました。m(__)m

 

まだまだ雨が続きます。今週は健康保険証(書留)が大量に到着します。
人が足りないので休日出勤、週6日勤務です。

また転倒しないと良いのですが。(;´д`)トホホ

iine

2020年6月23日 (火)

今度は転倒

退院後、土曜から勤務を再開していますが、今日は生憎の雨で何だか仕事に行きたくないです。

と言うのも、実はまだ入浴禁止なのですよ。(退院後1週間は入浴禁止です)

カッパを着るとは言え、1日中大雨に降られると、結構濡れます。
大丈夫かなあ?

先週は本当はバイク乗車禁止(術後のためね)だったんだけど、もう大丈夫じゃねえ?って乗っちゃいました。
それを今更「雨はダメなんですよ」とは言い辛い。
誰だって雨の日は嫌だから。

それに私がもし休んだら、雨の日だって言うのに、1人の持ち分が更に増えちゃいます。
行くしか無いですよね。

 

今までも雨は嫌いだったけど、雨を理由に休みたいなんて思うことは無かった。
当たり前です。そう言う仕事ですから。

でも今は病気のことでモヤモヤしています。
あと何年働こう。いつまで働こう。
普通に頑張れば良いんだ、無理に頑張る必要は無いんだ。

 

先週は私以外にも、穴を開けた人が居ます。
そちらは奥様が出産と言う「おめでた」い話ですが、その人は今週も休みです。
先週から積み残したジャパネットもたくさん残ってます。

さすがに雨でもやらない訳には行きません。
雨の日の過積載は怖いです。

 

午前、バイクで出発する時に、どうも後輪の空気圧が甘いような気がしました。
(今日は荷物も満載だから、昼休みにちゃんと空気入れなきゃな)

 

ですが忙しいと忘れちゃいます。
午後も荷物満載で出発。地下駐車場からスロープを登って行くと、ちょっとハンドルがブルブルと揺れています。
過積載だと前輪の接地が甘くなり、時にはハンドルがブルブルします。
だから「積み過ぎたかな」としか思いませんでした。

強風に煽られながら、カーブを少し膨らみながら、あれ?ちょっと危ない感じ。
(もしかして空気抜けてる?)

配達を続けていると、段々とハンドルの揺れも頻繁になり出し、前輪を見ると若干凹んでいる。
一気に抜けてる訳じゃないので、「まだ行けるか?最後まで持つか?」
でもやっぱり段々と抜けています。

この調子だと配達が終るまでは持ちそうもありません。
持ったとしても帰局時は大変なことになりそう。

 

残り1時間の所で諦めて帰局。他のバイクに乗り換えます。
最後は前輪がペッタンコだったから、結構ギリギリでしたね。粘らなくて正解でした。
何しろ外でパンクすると、四輪で代車を運んで貰って配達の続きをします。
そうすると代車が届くまで、1時間ぐらいロスしちゃうので、自力で帰局出来ればロスは少ないです。

それでも局まで1往復30分ぐらいはロスしました。
早速余ってるバイクに乗って出発。
焦ってる訳ではありませんが、借りたバイクのブレーキの効きが悪くて、戸惑いながら運転。
「止まらない―」

D4co8ouu0aahcat
(写真はWebから拾いましたが、死亡事故の写真でした)

 

左折位置をちょっとオーバーして、エンブレを効かせつつ左折。
と、
滑って転倒。(ノ∀`)アチャー

丁度去年労災事故で3週間休んだ時と同じ。

雨で滑って転倒。左足がバイクの下敷きになっちゃいました。

 

痛ってえー。また仕事に穴開けちゃうのか?
通りがかりの人、向かいのバス停に居た人、そう言った近くの人が寄って来て助けてくれます。有難や。

足首のあたりがジンジンと痺れたように痛みますが、何とか自力でバイクを起こし、周囲の人にお礼を言って配達に戻ります。
(てか、格好悪いのでとりあえずその場を立ち去りました)

現場から少し離れてバイクを停め、改めて痛めた左足を見ます。
幸い外傷はなく、何とか歩けるので配達を続けます。

去年の転倒の時は、打撲じゃなくて捻挫。
それも足首の捻挫じゃなくて、足の甲の捻挫でした。曲がらない、関節が無い部分が無理矢理捻じ曲がったとのことで、全治3週間。
あれだけの大型GWを家で寝て過ごしましたっけね。
あの時は、マンション1つ配達してGive upしました。

今年は左足をバイクの下敷きにしましたが、幸い変に捻じれたりせず、打撲で済みました。
と言っても、アキレス腱を真後ろから潰されたのでヒヤッとしましたが。

 

何とか残り1時間の配達を終えて帰局。

すると他班の人が、
「ハルさんの班、何かあったんじゃないの?」
「何かって?」
「いや、特に何か聞いた訳じゃないけどさあ、このバイクボロボロじゃん」

ええ、本来の駐車場所ではなく、修理コーナーに1台バイクが置いてあります。
しかもミラーとか、ひん曲がってます。

 

確か新人君(高卒、4月入社)が乗ってるバイクだよなあ。
今日も乗ってたはずだけど・・・。

エレベーターで2階に上がると、管理職の横で、足をギブスで固めた新人君が座ってます。両手には松葉杖。

うわっ、もう完全に骨折じゃん。

ギブスで固めた後って、痛いのか痛くないのか。痛いに決まってますよね。

それなのに、何人も偉い人が周囲に集まって、労災の手続きのためか知りませんが、事故の詳しい状況を根掘り葉掘り聞いてます。
(そんなの翌日にして、早く家に帰してやれよ。ホントここは書類至上主義と言いましょうか)

少し前に本人の私物を持たせて、「家に送って上げなさい」って立ち上がったはずなのに。
どういう経緯なのか、また椅子に座ってあれこれ質問されてます。

 

で、事故の状況はと言うと、過積載で登り坂を走行中に前輪が浮き上がり、ウイリー状態でバランスを崩したのだと。

私もそうでしたが、左足をバイクの下敷きにし、くるぶし骨折で全治6週間だそうで。(ノ∀`)アチャー

まだ3か月目だって言うのに。
まだ1人前の仕事量をこなせない新人君。
こんな危ない仕事だって思い知らされてどうなんでしょう。
辞めずに続けてくれるでしょうか。

色々と心配です。

 

そして、翌日(つまり今日)のミーティングで事故の報告がありました。

いつものように、「過積載はしないように」との注意が虚しく響きます。

これだけ人数を減らされて、毎日1.5人分の物量を積んで配達してるんですよ?
普通の郵便を積んだだけで、十分過積載ですよ。

そこに今回のようにジャパネットやらJ:COMの冊子が到着すれば、その重量たるや。

新人で運転がまだ未熟だから、なんて報告で済まされてもって奴です。

 

ちなみに他の班の30代の子は、
「もう冗談じゃないですよ。バイク4回倒しましたよ。左に倒れて起こしたら、そのまま右に倒れてもう心が折れましたよ」
って。

ここの過積載ってあり得ないくらい酷いですから。

昔私も、配達区が平な場所だったので、「このくらい行けるでしょ」って言われて積んで行ったら、1軒目でサイドスタンドを立てて離れた瞬間にバイクが転倒し、あまりの重さで後ろのボックスが荷台から外れて転がり落ちるって言う事故に遭いましたっけね。

郵便が1通も減らないうちに転倒したから、これ代車が来ても積めない訳でね。

ナント代車が来るまでの間、とにかく歩いて配達して少しでも郵便を減らすようにって。

 

過積載しないようにって、言うのは簡単ですけど、じゃあどうやって期日までに配達するのさ。

上は「積めなきゃ計配(翌日回し)して下さい」って言うだけ。

でも今は毎日積み切れないほどの郵便。
てか積み切れないほど、配達員の人数が減らされてる状況。
翌日に回したって、翌日はもっと状況が酷くなるだけ。

それにジャパネットは火曜日、J:COMは木曜日までに配達完了して下さい。
ってな具合に期日が決まってます。

 

梅雨時ですからね、せめて晴れてる日には多少遅くなっても残業して片付けたい。
だけどこのケチ会社は、その日の物数を見て、「今日は残業1時間まで」とかすぐ打ち切りの指示をして来ます。
そして「明日に回せ」「もう1日回せ」
なんて言いながら、最後は「期限だから今日は全部やれ」って雨の日に完配させられたり。

昔より天気予報も信頼出来るから、「今日しか晴れる日がない」って分かれば、残業上限の19時まで配らせて欲しいです。

 

ですよねえ。

昨日だって雨&強風で、何もそんな日にって思うんだけど、書留が少ない月曜に少しでもジャパネットを片付けないと。
って状況だったんですよね。

あ~あ。

さすがにこの状況で、「実は私も転倒してケガしちゃいました」とは言えず、今日も痛みを我慢しての配達でした。

しかも聞いたところでは、更に転倒事故が他にも2件発生していて、もうそっち(転倒)が普通になっちゃってます。

何が「安全第一」なんだか。

 

これだけ人が足りないと、どうにもなりません。

いつも班長とかが上に掛け合います。
「何で人を増やしてくれないのか。この人数じゃ過積載するなって言われても無理ですよ」

すると上は、
「四輪チームに大型マンションとか手伝わせるから」

でも準備して待っていると、
「ゴメン、行ってあげたいけど、ウチ(四輪)も今日欠員なんだわ」
って。

 

もう管理職も少し配達に出たらどうですか?

iine

2020年6月21日 (日)

2016雲竜渓谷

2013年夏、友人に誘われ尾瀬から始まった山歩きも、2年後の夏に奥穂高に登り、ようやく「趣味は山歩きです」と人に言えるくらいにはなったかな。

最初は近県のちょい有名な山を狙っては出掛けてましたが、一度北アに登ってみると、(経済的な理由もあって)北ア以外は無理に遠くへ行かなくても良いかなあなんて。地元神奈川の塔ノ岳(バカ尾根)で歩く練習さえしておけば、まあ北アも登れるような気もします。

春~初夏はバカ尾根を登って足慣らし、真夏は北ア、そして秋は紅葉の山を1つ2つ。じゃあ冬は?

さすがに雪山へソロで行くのは無謀です。特に初心者ですし。
尾瀬に一緒に行った友人も、「雪山には登らない」って言ってる人だったし。
それでも一時は雪山も狙う気持ちがあって、一応装備は揃えました。

 

なので、危なくない雪山、正確には山じゃないですけど、2016年栃木県の雲竜渓谷に行ってみました。

山登りで県外に行く時はほぼ車ですが、2月の日光ですからノーマルタイヤでは無理。
ここは電車で行きます。
JRの始発が4:40。まだ暗いうちに出発。東武日光駅には8時到着。タクシーで雲竜渓谷に向かいます。

 

数年前に「山と渓谷」で紹介されて以来、大人気スポットになっちゃいまして。
大きな滝が凍るのは、1月末~2月頭のほんの2,3週間のみ。
ツアーで登山客が来たりの大混雑。
日曜はタクシーで行ってもゲートまで入れません。表通りで下車してゲートまでは延々と林道歩き。
そして最後の滝の前も、写真を撮る人達が順番待ちで大変みたい。

私は平日休みの利を生かして、月曜狙いで行きました。
ゲート入口までタクシーで到着。

Dscf0001_20200621134401

 

ゲートを越えると、そこからはずっと林道歩きです。
救助訓練か何かの車が通るようで轍がしっかり付いています。

Dscf0002_20200621134401

 

しかも前日の日曜に150人くらいが、ここを歩いたようで道迷いの心配はありません。

Dscf0005_20200621134401

 

ずっと林道を歩けば良かったんですが、ちょっと斜面を越えて行くコースがあって、他のグループが軽アイゼンで進んで行ったので、12本爪持参の私は「まだ良いか」ってアイゼンを履かずに歩き、ついに斜面途中でギブアップ。
滑っちゃって昇る事も降りる事も出来なくなっちゃいました。

Dscf0009_20200621134401

 

どうしたかって?
その滑る斜面で木に体を寄りかからせた状態でアイゼンを履くことに。
でも実はこの日が12本爪デビューで、何となく履き方は分かっていても、上手く紐が結べなかったり。

Dscf0010

 

この最高の景色とは裏腹に、なかなかヘッポコなアイゼンデビューとなりました。

Dscf0011_20200621134401

 

それでも神奈川では見られないような滝が凍る風景を見ながら、核心部へ進みます。

Dscf0018_20200621134401

 

太い氷柱が2本。光の加減によっては青白く輝いています。
このあたりが「山と渓谷」の表紙に使われた場所です。

Dscf0021_20200621141201

 

雪山ではありませんが、ヘルメット着用を推奨しています。
何しろ大きなつららが上から落ちて来ます。
先が尖ったつららだけではなく、結構大きな氷の塊が落ちています。

Dscf0022

 

そしてもちろん尖ったつららも。

Dscf0023_20200621134401

 

ここまでは軽アイゼンでも問題なく到着しますが、メインの氷瀑を見るには、最後急斜面を登らなくてはなりません。
そこを登るつもりなら軽アイゼンではなく、普通のアイゼンを履いた方が良いでしょう。実によく地面に刺さります。

Dscf0024_20200621134801

 

そしてついに雲竜渓谷のメイン氷瀑とご対面。
まあ見事に凍っています。ど真ん中の滝もその凍る姿が綺麗ですが、そこから羽を広げるように広がる氷が素敵です。
通称・氷の神殿。

Dscf0033_20200621134801

 

2015夏に奥穂に登って以来、全く地元を離れて居ません。
そしてしばらくぶりの遠征でした。

Dscf0034_20200621134801

 

平日休みがある人は、ぜひ平日狙いで。
日光駅あたりまでマイカーで行って、そこからタクシーで送迎して貰う人も居るみたいです。
もちろん交渉してタクシー会社にマイカーを置かせて貰って。

奥穂以来サボっていた山歩き、再開しましたっけね。

iine

誰もしゃべらない班

もう何年も前から「挨拶出来ない若者が増えた」なんて話を聞きます。

ウチの職場は社交的な人間は少ないですが、営業職なんかでもそうみたいです。
あんな対人商売の人でも社員同士は挨拶もしないなんて驚きです。

私が今居る班は、挨拶もしなけりゃあ、普段の会話も無い。
過去に居た班は、ここまで酷くはなかったのに。

 

最初の班は平均年齢が低くて、社員もバイトも若者ばかり。
若い社員が、若いバイトをバカにしてはワイワイやってました。
でも話のほとんどは「パチンコ」「バイク」「ゲーム」
どれにも興味がない中高年は蚊帳の外。

 

次の班は30~40代が中心で、まあ落ち着いてました。
が、話す内容は仕事の事ばかり。 ← まあ普通と言えば普通かな
昼休みは休憩所(食事場所のベンチだったり、畳の部屋だったり)で寝てる人が多くて、あまり接点が無かったです。

接点と言うか、まあ必要無いことは喋らない、そんな感じでしたね。

前から居る人は言います。
「ここおかしいよ。何年も隣の席で働いているのに、その人の事って何にも分からないんだよ」
「何にもですか?」
「趣味が何かとかそんな話じゃないよ。家族が居るのかとか、どこから通って来るのかとか、そんなのも全然分かんないんだぜ?」
「確かに」

極端に言えば、配達に必要な話しかしない。
だから同じ区を配ってる人としか会話が無いのですよ。(ノ∀`)アチャー

 

班の異動って基本的にはありません。
4月の人事異動で欠員が集中した班があると、そのタイミングで異動するだけ。
だから私もバイトから社員に昇格した時に今の班に来ました。

まあ、誰もしゃべらない班ですよ、ここは。

挨拶も自分からはしない。
歓送迎会でもほとんどの人が出席しない。
配達中にバイクですれ違ってもペコリともしない。

いやいや、凄い班だわ。
普通路上ですれ違ったらペコッて頭下げますよ。
だから他の班の人とは挨拶してるのに、同じ班の人間はペコリともしない。 ← 変だよねー

 

私が入る時に丁度辞めた人は、班に入る時に班長から、
「この班は誰も話し掛けて来ないから、頑張って自分から話し掛けて下さい。そうしないと誰とも話出来ませんから」
なんて言われたそう。

普通だったら新入りに言うんじゃなくて、前から居る人に「新人さんに話し掛けましょう」って言わないかい?

 

そんな普段からほとんどしゃべらない人達が揃う班。
仕事はバリバリやってます。
黙々と組立しちゃあ、サッサと出発してダッシュで配達。そんな班ですから。

そんな班に居ながらね、今回入院で2日も予定外に休んじゃいました

まあ検査入院とは言え、手術もしたんですから。仕方無いですよね。

 

迷惑掛けちゃったかな。どうなるかな。ちょっとドキドキ。

F9lopq5yizmcuds7vwowk64q3rvk3hehndw9t25d

 

出勤すると班長は、「大丈夫ですか?一応持ち分減らしてますけど、様子見て無理そうだったら言って下さい」って、普通に対応してくれました。

だけど他の人と言えば、何かいつも通り?
もちろん2日も穴を開けた事をあれこれ言う人は居ないし、その2日間どんだけ大変だったかなんて言う人も居ない。
てか、そもそも話をしないんだから。

逆に「いつ退院したんですか?」とか、「もう大丈夫なんですか?」なんて聞いて来る人もなし。 ← 普通そのくらい言うだろうよ
それどころか、全く普段通りに挨拶もしない奴も。 (;´д`)トホホ

 

仕事が始まって少しして、不愛想だけど優しいSさんが、「今日は無理しないで下さいね。ダメなら残しちゃって構わないですから」って言ってくれて、ちょっとホッとします。

何だかブスっとしてる奴も、こっちが話し掛けるとまあ普通。取り越し苦労か?

 

でもやっぱり周りの様子がちょっと変。

いつも私と仲良く話すI君も、今日の昼休みは机に突っ伏して寝ています。顔を上げません。

4月に入った新人君も、いつもは自分の席で昼休みを過ごすのですが、私が席に戻って来たらどこかへ行っちゃいました。

何だろ?文句を言われるようなことはしてないはずだけど、と。

 

で、退社する時に、これから夜勤仕事が始まるIさんに、
「お先に失礼します」
って言ったら、Iさんこっちをチラリとも見ずに、下を向いたまま声も出さずに、
「ハイ、ハイ、ハイ」
と3度頷くだけ。

 

ハハーン、ようやく分かった。

私の今回の病名が「がん」だから、皆どう接して良いか分からないみたいです。
まだ100%確定じゃないんだから、普段通りで良いんですが、そうか、そうは行かないか。

 

確かに「肺がんステージ4」って診断されたはずのKさんが出勤して来た時も、「大丈夫なんですか?」なんて話掛けられませんでした。
大丈夫な訳ないし。

Kさんは同じ班じゃなかったから、余計にその時だけ話すのは不自然だったしね。

ああなるほど。まあ皆しゃべらないだけで、心優しき連中ですからね。

 

と、帰りの電車に乗っていると、班長から電話。
何か忘れ物しちゃったっけ?

「ハルさん、今どこですか?もう局に帰ってますか?」

あっ、そうか。
班長、もし私がまだ配達してたら応援してくれるつもりだったんだ。
それで配達区に居ないからきっと電話して来たんでしょう。
何しろ班長の持ち分と来たら、6hぐらいあったから。(私は4.5h)

「スミマセン。局どころか、もう電車に乗ってます」
「えっ、もう退社したんですか?アハハそれなら良いです。お疲れ様」

そう。事前に班長が、
「ハルさん、今日は早く終わってもどこも応援に入らないで良いですから。自分の分だけやって帰って下さい」
って言ってたから、有り難くそうさせて貰ったんですが。

それにしても早く終わり過ぎましたね。

 

まあ、これなら月曜からは普通の持ち分になるでしょう。

また頑張らないと。(^^)v

iine

2020年6月19日 (金)

VHS 対 β って知ってますか

ただいま部屋を片付け中。ゴミを片付けると言っても、ゴミ以外の物を片付けない事にはどうにもなりません。

一昨日は朝から大量に書籍を「資源回収ゴミ」に出し、ちょいと高く売れそうなハードカバーはBookoffまで持って行きました。
(実際は期待ハズレで、段ボール2箱・37冊も運んだのに570円)

今日は「燃せるゴミ」の日。
今年からこの「燃せるゴミ」の分類が随分と変わりました。
今までは「容器・包装プラスチック」以外のプラスチックだとか、ゴムなんかは資源回収でした。
それが今年からは「燃せるゴミ」に変わったのですよ。

具体的には、CD、ビデオテープ、靴、長靴、ボールペン、歯ブラシ、なんて感じで、本当に「燃せるゴミ」で良いの?って。
でも冊子にハッキリ書いてあります。

じゃあ試しに今日はビデオテープでも捨てちゃおうかなーって。今までなかなか捨てられなかったテープを大量に。

 

と、

皆さん話は変わりますが、VHS対ベータのビデオ戦争ってご存知でしょうか?
(ココに来る人は知ってるのでは?)

画質など高性能なのはベータ。
私は理系男子に多いスペック主義なので、当然ベータ派でした。

日立が開発したVHSと、SONYが開発したベータ。
当初は両陣営とも仲間が居て、完全に対決ムードでしたよね。
日立は技術を広く公開して、仲間を増やして行きました。
そしていつの間にか日立対SONYではなく、ナショナル対SONYの図式に。

Vhsbeta1

技術のSONYか、販売のナショナルか。

決定的になったのは画質の優劣ではなく、録画時間でした。
ベータは1時間、VHSは2時間。映画を録画するにはVHSだよなって。

ベータは録画時間を延ばす事に必死、VHSは高画質化・小型化に必死になり、更にお互い色々な型式を生み出しました。

310224800_1

私なんか、更に高画質のED-Betaなんてのも買っちゃいましたから。
当時はもうSONYファンでした。

最終的にはご存知のように、VHSの勝利。

 

技術を追求する孤高のSONYよりも、周囲と仲良く団らんを目指したナショナルの勝利。

うっ💦

何だか融通の利かない理系男子が、世渡り上手の文系男子に負けたかのような敗北感。。

 

今日はそんな思いでのベータテープを遂に断捨離。
な訳無いか。

さすがに手元にはすでにベータテープはありません。

今日大量に捨てたのは、Hi-8テープです。
ベータが負けても素直にVHSを使いたくなかった私は、ハンディカムがSONYの8ミリだったので、据え置き型レコーダーもHi-8にしたのですよ。ああ、負けず嫌い男子。

まあカセットテープサイズでラックに保存出来たから、スペース的には随分と助かりましたけどね。
大量に出て来たテープは大好きなプロレスのビデオでした。

元々アントニオ猪木の大ファンでしたが、Hi-8の時代に録画したビデオはリングス、前田日明の試合ばかりです。
もうレコーダーが無いから持ってても仕方無いのに、なかなか捨てられなかった代物です。

 

あの頃はレーザーディスクだVHDだ。DVテープだMDだ。
常に技術競争が生まれ、それは不毛でもあったけど、日本の高度な技術戦争の時代だったのかもしれません。

当時持っていた物って、今じゃ全部使えない物になってます。

 

まあほとんどの物が「燃せるゴミ」で出せるようになったから、懐かしい思い出も1つずつ整理して行きましょう。

サラバ昭和よ。サラバ平成よ。

iine

2020年6月18日 (木)

マスク届きましたか?

国民全世帯にマスクを配るという「アベノマスク」
発表から届くまでが時間が掛かり過ぎて、今となっては有難味も半減ですが、発表当時は私はマスク1枚も持ってなくて、電車に乗るにも肩身が狭い思いでした。
だから、このいかにもな布マスクが届いたら、早速着けて電車に乗ろう。そうすれば「あの人マスク買えなかったのね」と分かって貰えるかな。
って、そのくらいマスクって入手困難でしたよね。

 

私はこれを配達する側でもあるので、4月末に来るって言うから、「5月の税金前に終わらせたいよね」なんて。
しかし、その後も全然マスクは到着せず、「税金と重ならないで」「お中元カタログと重ならないで」「J:COM番組表と重ならないで」なんて、大量に郵便が到着する時はやりたくないなあと。

でも全然来ません。局には「来週から配る予定だから」と連絡は来るけど、肝心の物が来ない。

先行して配り始めた局からは、「普通郵便と一緒だととても積めない」とか、「ハガキなんかと一緒にギュウギュウ詰めすると破れる」とか、どうやって配ったら配り易いか、そんなアドバイスも来てました。

が、ヤッパリ到着しない。

 

もうお客さんも、「ウチ要らないから」とか、「あんな小っこいマスク欲しくない」って。
「マスクなんて要らないから給付金急いでよ」なんて人も。

ええ、仰る通りで。💦
ウチはとにかく到着次第配るのみですから。

 

国会議員も安倍首相以外は使ってないアベノマスク、もう天下の失敗政策では? ← まあ個人的には今も失敗だと思ってますが

だけどTVで田中理恵がアベノマスク着けてるのを見てビックリよ。
あれれー、顔半分隠れちゃってるよー。顔小っさあー。
しかも超美人だから似合うこと。
マスクが小さいって文句言えなくなっちゃうよ。 ← 私も顔は大きいので小顔の人が羨ましい

2020060200010029abema0001view

 

TVでは「ほぼ全世帯配り終えて残るはあと4%」なんて言ってますが、その時点でもウチには届いてません。
ちょっと不安。
もしや忘れられてる?

 

ウチの局でもお客様から、「向かいの家は届いたのにウチには来ないんだけど」なんて電話も。

もちろん少しずつ配ってるので、「そういうこともあります」ってなるんだけど。
実はそうじゃない問題も発生。

「ウチには来ない」「ウチには2枚来た」 ← (ノ∀`)アチャー やっちゃってますね完全に

 

また2枚届いたって言うお客様が、どうしてなんだろう?と、わざわざ厚生労働省に電話。
「ウチには2枚届いたけど、そのまま頂いちゃっても良いのかしら?」
って。

あのねえ、間違えて配達しちゃったに決まってんだから、厚労省に言ったってダメでしょうが。

ウチの局に連絡くれれば、「間違えました。申し訳ありません」って回収に行くのに。

回収されると嫌だから厚労省に電話したのかな?
厚労省の回答は、「そういうこともあろうかと余分に生産しているので、遠慮せずにそのままお使い下さい」と。
そういう回答が欲しいだけなら、いやそれなら電話せずそのまま知らん顔してれば良いだけの話。
返す気があるなら郵便局に電話すべきでしょ。
わざわざ厚労省に電話するなんてのは、ちょっと悪意(ミスを大袈裟にしたい)を感じます。

厚労省は、国民には優しく「どうぞ」って言うけど、郵便局に対してはそうじゃないから。
「一体どうなってるんだ。ちゃんと管理出来ないのか」
ですよ。

 

誤配もそうだけど、やる人はいつも一緒。やらない人はやらない。

 

今回も1日配るごとに数をチェックし、どこに配ったかをチェックし、細かくやったはずなんですけどねえ。

いつものタウンプラスみたいに、あらかじめ多めに到着してドンドン配る形態が取れませんでした。
本当は200個配りたいのに100個しか無い。
全然足りないからもうとにかく100個は全部配ります。
余裕があればね、番地の途中でやめるなんて事はしません。今日は10番地まで、明日は11番地から、みたいに区切り良く配ります。

でも今回は毎日少しずつ到着するから、区切り良く残して配ると、その残りを他班が持って行っちゃったりして、進捗が遅れます。
だからとにかく手持ちは全部配り終えるようにと。
するってえと1区画の途中の家まで配って、続きはまた途中からみたいな感じに。

 

それだって間違えないでしょ普通は。ちゃんと紙に書いて、翌日に引き継ぐんだから。

でも200個(2箱)持ち出して、時間内に終わらず100個(1箱)はそのまま持ち帰るなんて無駄なことしてる配達員も居ます。
もちろん配達が遅いからです。
何時までやっても良ければ出来ますが、上からは「〇時には帰って来い」ってキツク言われますから。

 

まあ誤配もそうですが、配達が遅い人間がとにかくミスをします。

だから「ウチまだ届かないんですけど」 ← そこは〇日に配達したはずです、誰だ? やっぱりアイツか

「2個配達した家が数軒あるようです」 ← 誰だよそこの担当は 予想通り〇〇です

ってこんな具合。

どこに2個配達しちゃったか調査に行き、いつ配ったものか、誰が配ったものかを特定して、「11個回収して下さい」
11個という少ない数字にちょっとホッとしつつ、逆に「たった11個しか配らないなら、むしろ配らないで欲しかったよ」って。

ちょっと考えると分かりますが、足りない家に配るのはすぐ出来ますが、余計に配った家から回収するのは結構な手間です。
私が入院する前夜もドタバタやってました。

 

TVでは「全戸配達完了」なんて言ってるけど、現場では「いや、まだ終わってませんけど」って。

 

他にも、住んでいるけど届けを出してない人から苦情が来たり、2世帯でも2個の家と1個の家があって苦情になったり。
もうそこはポストの数で世帯数を判断してますから、って。
でも家が2軒あるのにポストが1つなんて家も。どうみたって2世帯だろが、って。

あとは空家かどうか分からないケースも。
郵便なんて1通も来ない。選挙の時だって1通も来ないんだから、きっと他に家があるはずなんだけど、「俺、ここに住んでるんだけど」って。

アパートなんかだと空き部屋には配達しちゃいけません。
ドアポストが塞がってれば良いんですが、塞がってない場合(集合ポストだと特にね)はどこが空き部屋か事前にメモして行かないと。

 

そして、いつもは全世帯じゃないから、〇〇×丁目全部に配ったら若干余ります。
で、最後はその余りをすぐ隣の△丁目に配って終了。

でも今回は余りを近隣に配ることは出来ません。1世帯1個だから。
つうか余るどころか足りなかったりして。

 

まあドタバタやってて申し訳ありません。

結構皆さん「あんなもん要らねえ」って言ってたけど、要らないと届かないでは違いますから。
やっぱり届かないと苦情になります。
そりゃそうだよ。
ウチは忘れられてんのかってなりますから。

私だって、こんなにドタバタ苦労して、いぜ自分の家には届いてないと、オイオイどうなってんだ?って。

 

もう配りたくはないけど、何かちょっとした記念品になったかな。

てなことも自分が感染してないから言えることで、この先静かに終息してくれれば良いのですが。

我慢我慢だけじゃあ、国内の感染は抑えられても、海外から人が入って来たら一発かも。
これで来年五輪なんてやるんでしょうか?
まだ来年の心配は早いか。まずはこの夏をどう乗り切るか、そこからですね。(^_-)-☆

iine

断捨離は難しいね

昨日ゴミの片付けを始めたんですが、なかなか思うように進みません。

押し入れに仕舞いたいストーブ。
元々あった場所に仕舞うだけだから簡単なはずですが、押し入れの奥の奥に仕舞うには、全部出さなきゃならない。
それだけかと思ったら、いつの間にか押入れの中も増えてたりして、出してもスペースが空かない。

うーん。そうなるとまず押入れの中を片付けないと。

何か、あっちの荷物をこっちへ移動し、こっちの荷物をそっちに移動してるだけで、全然片付かない。

結局捨てる物を捨てない事には始まらない。

 

捨てる物を軽トラとかに一気に積みでもしないと片付かない。

だって、エーとこれは、捨てられるのは金曜か。こっちは来週の月曜か。
なんて具合で、捨てられない物を確認してるだけ。

雑誌やチラシ系ならば、縛って置いておけば、後はゴミ捨て日に捨てるだけですけど、何しろ普段のゴミの日に出せない物も多いです。

PCや家電のコード類。壊れた家電。
昔使ってたMDウォークマン。 ← こんなの持ってたのかよ、忘れてたよ。

まだ動く?音楽聴ける?

 

なーんてことをやり出すと、いつの間にか音楽鑑賞にドップリ。

 

それだけじゃありません。「TRUE LOVE」を聴いたら今度は、懐かしいなあ、確か「あすなろ白書」の主題歌だったよなあ。 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あすなろ白書 DVD-BOX [DVD]
価格:16466円(税込、送料別) (2020/6/18時点)

楽天で購入

 

モテ男の掛居君、どう見ても脇役の取手君や松岡君の方がカッコ良いのに。
今みたいな「上から」じゃない、まだ控え目なキムタクですよ。
そのキムタクが「俺じゃダメか?」なんてシーン。憶えてますよ。

大学生仲良し5人組の、付いたり離れたりの恋模様。青春だなあ。

1993年あなた(私もですが)何してましたか?
あすなろ白書は面白かったなあ。

男女7人夏・秋物語なんかにも夢中になったなあ。

 

なんてことを振り返ったりするとね、いつまでも片付けが進まないんですよ。

よく、「まだこれも使えるなあ」「捨てるの勿体無いなあ」ってなるけど、それ以外にもこうして思い出に耽ったり。

段ボール箱は開けずにそのまま捨てないと、何日あっても片付かないですよね。

他人から見ればポンコツな物でも、一つ一つ頑張って稼いで買った物だから。 ← あーこれダメパターン!片付けられない男決定

 

簡単にポイポイ捨てられる男と、懐かしがってなかなか捨てられない男。
どっちも一長一短だと思いますがさて。

 

はあ、断捨離って難しいわあ。

ま、とにかくエアコン工事に向けて片付けないと。

時々ふとね、全部、ぜーんぶ捨てちゃおうかな?なんて思ったりもします。思うだけですけどね。(^_-)-☆

iine

2020年6月17日 (水)

ゴミ屋敷を片付けろ

今年の夏はかなり暑そう。去年から壊れたエアコンも買い換えないと。
買い換えと言えば、TVだって液晶が映らなくなり、アナログのブラウン管TVを引っ張り出してから随分長いことそのままです。
(もうアナログTVは映りませんが、BDレコーダーをチューナーとして、つまりTVをただのモニターとして映しています)

買わなきゃあ、お金が無いよー。

って言って先延ばしして来ましたが、8h×週5でちゃんと働いていて、そこまでお金が無いはずはありません。

 

ええ、一番の問題は部屋が汚くて、業者に工事に入って貰えないからです。

まあTVは最悪置いて行って貰って、自分で設置するってのもありです。
前のは家の前に出して置いて、これまた勝手に持って行って貰う訳ですね。
もちろん不在じゃなくて在宅しての話ですよ。

 

でもエアコン設置工事はねー、中に入って貰わないと出来ませんから。

何とか自分の部屋だけでも片付けないと。

Room
(片付け業者でも入れないとこうはなりませんよね)

 

ところが工事は自分の部屋だけでは済まなそう。

最近のエアコンは専用コンセントが必要とかで、私の部屋には無いから、そうなるとブレーカーから引っ張って来る工事も必要とのこと。
昨日電気屋で話をした(退院日に速攻で量販店に行きましたよ。夏に間に合うように)ら、場合によるとエアコン工事は出来ないらしい。
ブレーカーに空きがあるかどうか。無いと工事は中止だそうです。

ともかくあっちこっち見て貰ったり、線を引くにしても、ゴミだらけじゃあ「出来ません」って断られそう。

 

ま、とにかく掃除しないと。

具合が悪いから会社を休んだっつうのに、朝からスローペースでゴミ片付け。

ゴミって言っても、生ゴミやコンビニ袋が積み上がってる訳ではありません。
何が積み上がってるかと言うと、

チラシ、郵便、ってオイラが普段一生懸命配ってるものじゃないですか。
みんなゴミですよ。

 

何で具合が悪いのに今日やってるかと言うと、たまたまですが、今日は「資源回収」の日なのですよ。

これを逃したら、エアコン工事まであとワンチャンス。
少しでも出せる物は出さないと。

今年度からゴミを出すのも、色々種類が変わっちゃって混乱しています。

プラスチックなんか以前は「資源ゴミ」だったのに、今は「燃えるゴミ」だそう。
CDやビデオテープも「燃えるゴミ」
まあ燃えるゴミは今日はないので、まずは今日じゃなきゃダメなゴミを。

となると、新聞・雑誌、缶以外の金属、古着、などなど。

 

朝8時までに出さないとダメなので、チラシを整理して縛ってる暇は無いので、とりあえずは新聞・雑誌(書籍)を。

雑誌を何度か束にして出すも、ゴミの量としては全然減ってません。
ここは思い切って、本棚にある文庫本を一気に捨てるとしましょう。
(また読むかもって思いつつ、いつまでも飾ってるだけだから)

東野圭吾や伊坂幸太郎、宮部みゆきよサヨウナラ。

 

と、8時に間に合うように、2束ぐらいずつ小出しに運びます。

全部縛ってて、いざ持って行ったらもう回収し終わってたなんてことになると大変なので、とにかく縛ったら持って行くことに。

4束ぐらい出して、次の束を持って行ったら、ありゃりゃさっき出した本がもう無い。
「遅かったか―」
と一瞬思ったけど、他の雑誌はそのまま置いてあります。

ん?

ってことは、誰か持ってったな?

 

前に漫画本を捨てた時もそうだったけど、欲しいとすぐゴミ置き場から持って行っちゃう輩が居ます。

でも縛った文庫本の束をね、束ごと持って行くってのは、読みたいから持って行ったんじゃなくて、持って行って売る気でしょうね。

正直私もBookoffに持って行きたかったけど、時間も無いので「資源ゴミ」に出した訳。

もう要らないゴミなんだけど、持って行けばお金になるのを、泣く泣く出したのに、出した側から持って行くなんて。

 

まあ出した時点でゴミですから、当然私には所有権も無いので、何も言う権利もありません。

それに紐をほどいて散乱させた訳でも無いから、良いと言えば良いんですが、何かねえー、損したなーって。

仕方無い、ハードカバーはBookoffに売りに行くことにしましょう。

アハハ、こうやって選別してると片付かないんですよね。

ゴミ屋敷を片付けるには、軽トラックでも頼んで、要る要らないやらずに、一気にガサッと行かないとダメでしょうね。

 

とりあえず、新聞・雑誌、段ボール、そして自転車を捨てました。ふう。(;^_^A

 

さて、次は故障家電を捨てに行くとしますか。

とか言って、こんなとこで記事を書いてるようじゃあ、一生片付きませんね。テヘへ。

iine

«1泊2日の入院でした

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ